« 中央区 (仮称)晴海三丁目西地区第一種市街地再開発事業計画 B街区 2012年秋の建設状況 | トップページ | バブルの象徴 「旧:日本長期信用銀行本店ビル」解体へ! 2017年春に新ビル竣工予定 »

2012年12月 6日 (木)

港区 グランスイート麻布台ヒルトップタワー 2012年秋の建設状況

Tokyoazabudai12111
-グランスイート麻布台ヒルトップタワー-
 「(仮称)港区麻布台3丁目計画」は、「ロシア大使館」の50mくらい西側に建設中です。建設現場から道路(外苑東通り)を挟んで北側には外務省飯倉公館や日本郵政麻布局があります。
 
 「日本IBM飯倉ビル」跡地を「丸紅」が取得し、地上29階(建築基準法上 地上28階、地下1階)、高さ99.95m、総戸数166戸(他に管理事務室1戸)の超高層タワーマンションを建設中です。
 
 正式名称は「グランスイート麻布台ヒルトップタワー」となっており、公式ホームページもオープンしています。 
 
 
Tokyoazabudai12112
北側の「外苑東通り」が高いかなり高低差がある傾斜地に建設されています。
 
 
Tokyoazabudai12113
旧躯体の外壁を「山留め壁」の代わりに残しています。基礎は「場所打ちコンクリート杭」となっています。
 
 「場所打ちコンクリート杭」は、大林組が開発した「スマートパイルヘッド工法」が採用されています。
 
 杭頭と基礎を完全に固定しない(杭頭半剛接接合)工法で、杭径よりも小さな鋼管コンクリートで杭と基礎を連結し、地震発生時に杭頭が容易に回転し損傷を軽減する機構により耐震性を向上させます。
 
 大林組・プレスリリース(2011/08/30)
 場所打ち杭の杭頭半剛接接合工法「スマートパイルヘッド」を開発、実用化
 
 
Tokyoazabudai12114
公式HPによると、北側の「外苑東通り」沿いに茶室導線が設けられメインエントランスが設けられます。
 
 かなり高低差がある傾斜地に建設されているので、「外苑東通り」側の1階に見える部分は、4階になるようです。

|

« 中央区 (仮称)晴海三丁目西地区第一種市街地再開発事業計画 B街区 2012年秋の建設状況 | トップページ | バブルの象徴 「旧:日本長期信用銀行本店ビル」解体へ! 2017年春に新ビル竣工予定 »

122 東京都・港区②」カテゴリの記事