« 武蔵小杉地区 地上54階、高さ約190mの超高層ツインタワーマンション「(仮称)小杉町二丁目開発計画」の詳細 | トップページ | 墨田区 大規模な改修工事が終わりメチャメチャ綺麗になった「とうきょうスカイツリー駅(TS-02)」 »

2013年2月16日 (土)

まるで別の駅! 大規模に行われている「神田駅改良他工事」 2012年秋の建設状況

Tokyokanda120714
-神田駅改良他工事-
 
ロシア・ウラル地方チェリャビンスク州を襲った隕石の落下・爆発は、まるで1998年の映画「ディープ・インパクト」のように恐ろしいですね。
 
 あの頃は映画大好き人間だったので、「ディープ・インパクト」は、映画館で6回観ました。
 そう言えばニュースレポーター役で主演だった「ティア・レオーニ」を最近あまり見ませんね。
 
 本題に戻って、「JR神田駅」は、島式の3面6線の高架駅です。神田駅は、道路で南北に分断され、それぞれに改札口を持ちます。
 高架柱の林立する駅構内はホーム階に上がる途中に踊場がある2重構造になっています。

 更に、駅自体はかなり老朽化している上に、エレベーターが未設置であったり、エスカレーターの数が少なかったり、駅構内に段差が多いなどバリアフリーも面でも問題がありました。

 これらの
解消および耐震改修、内装改修、外装改修、設備更新を同時に行う「神田駅改良他工事」が、2010年6月~2014年2月の工期で行われています。
 
 神田駅の真上では、「東北縦貫線」の工事が行われています。ダイナミックな「東北縦貫線」の工事に目が行ってしまいますが、「神田駅改良他工事」も非常に規模が大きい工事です。
 
 神田駅改良他工事(鹿島建設・鹿島ダイジェスト)
 駅改良・バリアフリー化~電車と人の流れを止めない駅の改修
 
神田駅改良他工事の概要

◆ エレベーターの7基の新設(1基+3基+3基)
◆ エスカレーター15基の新設(7基+8基)

◆ 段差解消
◆ 耐震改修
◆ 内装改修、外装改修、設備更新
◆ 工期-2010年06月~2014年02月予定
  
 
Tokyokanda13021
JR神田駅の東口です。上に見えるのは「東北縦貫線」の高架橋です。
 
 
Tokyokanda13022
ほぼ同じ場所の完成イメージ図です。東側は新幹線の高架橋も全面ガラスの防音壁で覆われ全く別の駅のように生まれ変わります。
 
 
Tokyokanda13023
「東北縦貫線」のトラス状の構造物は、防音壁を取り付けるガイドでしょうか?
 
 
Tokyokanda13024
ホーム側から見た様子です。
 
 
Tokyokanda13025
「東北縦貫線」の高架橋に何か取り付けられています。
 
 
Tokyokanda13026
全面ガラスの防音壁のようです。
 
 
Tokyokanda13027
東側の「神田駅改良他工事」の様子です。仮囲いで囲まれています。
 
 
Tokyokanda13028
手前が新幹線の高架橋です。奥の在来線の橋脚は耐震改修だけでなく、橋脚自体を新しく造り替えているように見えますが、下部が見えないので正確には分かりません。
 
 
Tokyokanda13029
北口側から見た様子です。「東北縦貫線」の高架橋が見えます。
 
 
Tokyokanda130210
西側の「神田駅改良他工事」の様子です。仮囲いで囲まれています。
 
 
Tokyokanda130211
JR神田駅のホームから見た様子です。「東北縦貫線」の高架橋が姿を現し、全く別の駅のような雰囲気です。
 
 
Tokyokanda130212
ホーム上では至る所で工事が行われており、ホームがかなり狭くなっています。
 
 
Tokyokanda130213
こちらは「エスカレーター」の設置工事です。
 
 
Tokyokanda130214
1階改札内コンコースの工事の様子です。

|

« 武蔵小杉地区 地上54階、高さ約190mの超高層ツインタワーマンション「(仮称)小杉町二丁目開発計画」の詳細 | トップページ | 墨田区 大規模な改修工事が終わりメチャメチャ綺麗になった「とうきょうスカイツリー駅(TS-02)」 »

104 鉄道(新線・高架化・複々線化、その他)」カテゴリの記事

121 東京都・千代田区②」カテゴリの記事