« 蒲田にかまって! 京急蒲田駅前の拠点となる「京急蒲田西口駅前地区第一種市街地再開発事業」 | トップページ | 2012年度百貨店店舗別売上高ランキング発表 »

2013年8月21日 (水)

巨大プロジェクト 有明ガーデンシティー「有明北3-1地区(11街区)」の現状は?

Tokyoariake13081
-臨海副都心「有明北3-1地区(11街区)」-

 東京都と都市再生機構が臨海副都心で進めていた江東区の「有明北3-1地区」の共同売却公募で2010年12月16日、「住友不動産」が事業進出予定者に決定しました。
 「住友不動産」は、総事業費約1028億円(用地代含む)を投じ、住宅や大型ショッピングセンターなど総延床面積約28万㎡超の大規模開発を行い、2015年年1月の一部開業を目指す予定でした。

 事業コンセプトは、「ARIAKE Garden City~住・商・業・文化が複合したまちづくり~」で、地上32階、地下1階、高さ約115m×2棟(総戸数2,000戸)の超高層住宅を中心に、大型ショッピングセンター、業務棟、ホールを新設、2棟の超高層住宅が南側、その他の施設が北側を中心に整備する予定でした。
 
 しかし、その後一向に動きがありません。敷地面積110,188㎡ (港湾局用地74,038㎡、都市整備局用地24,885㎡、都市再生機構用地11,265㎡)と広すぎるのがネックになっていると思われます。
 1社で開発するにはあまりにも広すぎてリスクが高すぎます。敷地を3分割か4分割にして売却していたら一部は竣工していたかも知れません。
 
 下記のブログを見ると水面下では近隣に「住民説明会」が行われているようです。当初計画からかなり変更になっているようで、3棟の超高層タワーマンションが計画されているようで、それぞれ戸数300戸、900戸、300戸になるようです。
 
 マンション購入を真剣に考えるブログ(2013/05/27)
 有明ガーデンシティーの住民説明会が開かれました
 
◆ すべては2020年オリンピック招致の結果次第?
 このあたりは、「東京2020オリンピック・パラリンピック」の招致の結果次第によって土地の持つ意味が劇的に変わります。
 
 デベロッパーも2013年9月7日のIOC総会の結果を見極めている段階だと思われます。もし招致に成功すると規模の大幅な拡大も考えられます。

|

« 蒲田にかまって! 京急蒲田駅前の拠点となる「京急蒲田西口駅前地区第一種市街地再開発事業」 | トップページ | 2012年度百貨店店舗別売上高ランキング発表 »

127 東京都・江東区」カテゴリの記事