« 港区 地上37階の超高層タワーマンション「(仮称)高輪一丁目共同建替計画」 | トップページ | 新宿区 地上60階、高さ約209mの「西新宿五丁目中央北地区第一種市街地再開発事業」に建築計画のお知らせ掲示! »

2013年8月11日 (日)

東村山市 「西武鉄道新宿線、国分寺線及び西武園線(東村山駅付近)連続立体交差事業」が2014年度着工へ! 

Tokyoseibu13081
-東村山駅付近の連続立体交差事業-

 「西武鉄道新宿線、国分寺線及び西武園線(東村山駅付近)連続立体交差事業」は、東村山駅を中心に約4.5km(西武新宿線約2.3km、西武国分寺線約0.8km、西武西武園線約1.4km)の区間について鉄道を高架化し、道路と鉄道を連続的に立体交差化するものです。 
 
 この計画の実施により、府中街道など5か所の踏切が除却され、踏切での慢性的な交通渋滞の解消、道路と鉄道それぞれの安全性の向上が図られるとともに、鉄道により分断されていた地域が一体化され、安全で快適なまちづくりが実現されます。
 
 東村山市(PDF:2012/10/02)
 連続立体交差化計画の概要図
 
 東京都と西武鉄道は、「西武鉄道新宿線、国分寺線及び西武園線(東村山駅付近)連続立体交差事業」の事業化に向け、2013年度の都市計画事業認可取得を目指しています。
 
 用地取得状況を見ながら早ければ2014年度に着手する見通しです。2024年度の完成を予定し、総事業費は610億円を見込んでいます。
 
 
Tokyoseibu13082
現在の「東村山駅」は、島式3面6線の地上駅ですが、島式2面4線の高架駅に生まれ変わります。
 
 駅構造物の幅員約31~43m、高さ約17m、ホームの長さ約210mです。ホームの数は減りますが、「新宿線、西武園線、国分寺線」の3路線が乗り入れ、4方向の列車が利用できる構造は同じです。

|

« 港区 地上37階の超高層タワーマンション「(仮称)高輪一丁目共同建替計画」 | トップページ | 新宿区 地上60階、高さ約209mの「西新宿五丁目中央北地区第一種市街地再開発事業」に建築計画のお知らせ掲示! »

104 鉄道(新線・高架化・複々線化、その他)」カテゴリの記事

151 東京都・ 23区以外」カテゴリの記事