« 横浜駅周辺大改造計画 横浜駅東口地区開発(日本郵政、JR東日本、京浜急行電鉄、横浜市) | トップページ | 慶應義塾大学創立150年記念事業 「慶應義塾大学病院1号館(新病院棟)建設計画」の概要 »

2013年9月26日 (木)

三菱重工業 地上32階、高さ約165mの「(仮称)みなとみらい21中央地区37街区Ⅱ期棟計画」

Yokohamamm2113091
-(仮称)みなとみらい21中央地区37街区Ⅱ期棟計画-

 横浜市は、東京都23区や川崎市が怒涛の勢いで開発されているのを横目に、高さ100m以上の超高層ビルの建設現場が無い状態がしばらく続いています。
 
 リーマンショック前の怒涛の開発が嘘のような静かな状態です。しかし眠れる獅子「横浜市」が目を覚まそうとしています。
 2020年の東京オリンピックや中央リニア新幹線の波及効果もあり、これから怒涛の開発が始まる予感がします。
 
 「三菱重工業」は、景気減速の影響を受け、建設計画を延期していた「(仮称)みなとみらい21中央地区37街区Ⅱ期棟計画」を再始動します。
 
 2013年9月25日(水)~2013年10月9日(水)までの期間で、環境アセスメントの縦覧が行われており、下記の電子縦覧で配置図や断面図などの詳細を見る事が出来ます。
 縦覧期間を過ぎると見られなくなるので、興味のある方はPDFデータをパソコンに保存しておく事をお勧めします。
 
 横浜市・環境創造局(2013/09/25)
 (仮称)みなとみらい21中央地区37街区II期棟計画に係る計画段階配慮書の縦覧について
 
 「三菱重工業」は、1994年6月に「三菱重工横浜ビル」を1棟建設しました。概要は、地上33階、地下2階 高さ151.9mです。
 
 当初は、高層建ツインタワーの計画でしたが、1990年代後半の景気減速の影響から2棟目の建設計画を凍結していました。
 
 今回、「三菱重工業」を主体とする火力発電システム事業の合弁会社設立(三菱重工業、日立製作所)により、執務スペースを確保する必要が生じたため、2棟目を建設します。
 2期棟の概要は、地上32階、塔屋1階、地下2階、高さ約165m、延床面積約108,000㎡となっています。
 
(仮称)みなとみらい21中央地区37街区Ⅱ期棟計の概要
◆ 所在地-神奈川県横浜市西区みなとみらい三丁目3番
◆ 階数-地上32階、塔屋1階、地下2階
◆ 高さ-(最高部)約165m、(軒高)約160m
◆ 敷地面積-約20,200㎡(Ⅰ期棟含む)
◆ 建築面積-約13,800㎡(Ⅰ期棟含む)
◆ 延床面積-約219,000㎡(Ⅰ期棟含)、約108,000㎡(Ⅱ期棟のみ)
◆ 容積対象床面積-約197,000㎡ (Ⅰ期棟含)、約97,000㎡(Ⅱ期棟のみ)
◆ 用途-オフィス、商業施設
◆ 工期-2015年~2017年予定
◆ 供用-2017年予定
 
● 三菱重工と日立の火力発電システム事業統合
 「三菱重工業」と「日立製作所」は、火力発電システム事業を統合する基本契約を結んでいます。事業統合は2014年1月1日付で実施されます。
 
 統合で発足する新会社は、両社の基幹事業であるガスタービンやボイラーなどの事業を引き継ぎます。統合会社の出資比率は三菱重工業65%、日立製作所35%となっています。
 
 世界の火力発電システム事業は、アメリカの「ゼネラル・エレクトリック(GE)」とドイツの「シーメンス」が2強となっています。
 両社の火力発電システム事業が統合しても単純合算で売上高1兆1000億円規模なので、まだ世界3位ですが、2強の尻尾が見えてきました。
 
 これから、世界の火力発電システム事業は、三国志で「魏、呉、蜀」の三国が鼎立ような「ゼネラル・エレクトリック、シーメンス、三菱重工・日立連合」の3強時代に突入します。
 
 
Yokohamamm2113095
「(仮称)みなとみらい21中央地区37街区Ⅱ期棟計画」の配置図です。
 
 
Yokohamamm2113096
「(仮称)みなとみらい21中央地区37街区Ⅱ期棟計画」の断面図です。
 
 
Yokohamamm2113092
やっぱりと言うか予想通りと言うか・・・ 「横浜ランドマークタワー」69階の展望フロア「スカイガーデン」からは「三菱重工横浜ビル」が正面にあり死角になって見えません。どこから定点観測しよう・・・(涙)
 
 
Yokohamamm2113093_2
「三菱重工業」の本社は、品川グランドコモンズの「三菱重工ビル」と横浜みなとみらい21の「三菱重工横浜ビル」の2ヶ所あります。品川グランドコモンズの「三菱重工ビル」には、グローバル戦略本部、その他が入っています。
 
 
Yokohamamm2113094
横浜みなとみらい21の「三菱重工横浜ビル」には、エンジニアリング本部、その他が入っています。

|

« 横浜駅周辺大改造計画 横浜駅東口地区開発(日本郵政、JR東日本、京浜急行電鉄、横浜市) | トップページ | 慶應義塾大学創立150年記念事業 「慶應義塾大学病院1号館(新病院棟)建設計画」の概要 »

201 神奈川県・横浜市」カテゴリの記事