« 千代田区 超高層ツインタワー「大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業」の続報 | トップページ | 東京メトロ 大規模な改良工事「有楽町線・副都心線小竹向原駅~千川駅間立体交差化工事」 »

2013年9月 1日 (日)

これは凄い!まさにどこでもドア! 電車に合わせて戸袋が移動する「戸袋移動型ホーム柵」の実証実験を西武鉄道新所沢駅で開始!

Saitamaseibu13091
-戸袋移動型ホーム柵の実証実験-

 ”百聞は一見に如かず” と言います。「戸袋移動型ホーム柵」が、「東京大学生産技術研究所」と「神戸製鋼所」により共同開発されているのは知っていましたが、昨日のニュースで実際に稼働している映像を見て感動しました。これは本当に凄い技術です。
 
 西武鉄道は、2013年8月31日(土)から乗客の線路への転落を防ぐ新しい乗降位置可変型ホーム柵「どこでも柵」を埼玉県所沢市の「新所沢駅」で実証実験を開始しました。
  
 朝日新聞デジタル(2013/08/31)
 移動式ホームドア、実証試験開始 20秒で組み替え可能
 
 西武鉄道・ニュースリリース(PDF:2013/08/27)
 8月31日(土)より、新所沢駅において「戸袋移動型ホーム柵」の実証実験に協力します。
 
 扉の数や位置が異なる電車に対応し、柵が自在に移動してドアが開閉します。まさに「ドラえもんの”どこでもドア”」ですね(笑)。
 
 設置期間は8月31日の始発列車~2014年2月末までの約6ヶ月間としています。約半年間、安全性や耐久性を確かめ、来春以降の実用化を目指します。
   
戸袋移動型ホーム柵の凄さ
 
乗客の転落や電車との接触を防ぐホームドアは、乗降客の乗降時にドアが開閉する固定式が主流です。そのために車両の長さ、ドアの数、ドアの位置が異なる電車が混在すると導入出来ません
 
 これに対し、今回実験する「戸袋移動型ホーム柵」は、電車の扉の位置にあわせて、ホームドアを収納する戸袋も一緒に移動するのが最大の特徴です。
 
 東京大学生産技術研究所・神戸製鋼所(PDF:2013/03/05)
 乗降位置可変型ホーム柵「どこでも柵」
 
 
Saitamaseibu13092
従来のホームドアは、ドアの数はもちろんですが、車両の長さやドアの位置がほぼ同じでないと導入出来ません。
 
 実証実験が開始された「戸袋移動型ホーム柵」以外にも各社は開発にしのぎを削っています。
 「ホームドア」は、高額な設置費用が導入を阻んでいるために、大掛かりなホーム柵ではなく、「ワイヤー」や「バー」だけの簡易なタイプの開発も進められています。
 
 相模鉄道・ニュースリリース(PDF:2013/03/05)
 昇降式ホームドアの実証試験を実施します

|

« 千代田区 超高層ツインタワー「大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業」の続報 | トップページ | 東京メトロ 大規模な改良工事「有楽町線・副都心線小竹向原駅~千川駅間立体交差化工事」 »

104 鉄道(新線・高架化・複々線化、その他)」カテゴリの記事

253 埼玉県・所沢市」カテゴリの記事