« 新宿区 Tomihisa Cross Comfort Tower(富久クロス コンフォートタワー) 2013年末の建設状況 | トップページ | 完成した八重洲口の「グランルーフ(GranRoof)」 & 東京駅 グランルーフ クリスタルイルミネーション »

2013年12月31日 (火)

川崎市 シティタワー武蔵小杉 & (仮称)アリオ武蔵小杉 2013年末の建設状況

Kawasakikosugi13011
-株式会社東京機械製作所玉川製造所再開発計画-
 いろいろあった2013年もあっという間に過ぎ、今日は大晦日です。今年1年、ホームページやブログを応援して頂いて本当にありがとうございました。
 
 個人的な事ですが、この1年で音楽の趣味が大きく変わりました。中学生の時に洋楽にハマって以来、ほぼ洋楽しか聞かなかったのですが、今年の3月頃からJポップも聞くようになりました。
 1年間前には「安室ちゃん」や「いきものがかり」のライブに行く自分が全く想像出来なかったですが、人間の趣味や価値観ってある日を境にコロッと変わる事を身をもって経験した2013年でした。
 
 本題に戻って、「株式会社東京機械製作所玉川製造所再開発計画」は、区域面積37,207.66㎡、延床面積約212,600㎡という大規模プロジェクトです。
 
 北側の「A-1地区」には、大規模商業施設「(仮称)アリオ武蔵小杉」が、南側の「B-1地区」には、地上53階、地下3階の超高層タワーマンションが「シティタワー武蔵小杉」が建設中です。
 
 
Kawasakikosugi13121
● シティタワー武蔵小杉

 「B-1地区」の「(仮称)武蔵小杉計画新築工事」の建設現場です。正式名称は「シティタワー武蔵小杉」となっています。
 
 概要は、地上53階、地下3階、高さ(最高高さ約190m、建物高さ185.00m)です。ただし、2013年2月27日~3月28日に公開された川崎市の「環境影響評価関係図書」の電子縦覧では、高さ(最高高さ約194m、建物高さ約185m)となっていたので、最高部は約194mの可能性もあります。
  
シティタワー武蔵小杉の概要
◆ 計画名-(仮称)武蔵小杉計画新築工事
◆ 所在地-神奈川県川崎市中原区中丸子2番1他、市ノ坪449番3他
◆ 交通-JR横須賀線「武蔵小杉」駅から徒歩4分、湘南新宿ライン(宇都宮線・横須賀線)「武蔵小杉」駅から徒歩4分、東急東横線「武蔵小杉」駅から徒歩4分、JR南武線「武蔵小杉」駅から徒歩7分、JR南武線「向河原」駅から徒歩8分
◆ 階数-地上53階、地下3階
◆ 高さ-最高部約190m、建築物185.00m (注)最高部約194mの資料もあります。
◆ 敷地面積-8,628.28㎡
◆ 建築面積-3,992.98㎡
◆ 延床面積-104,160.88㎡
◆ 構造-鉄筋コンクリ-ト造、一部鉄骨造
◆ 基礎工法-直接基礎(基壇部下家除く)
◆ 地震対策-中間免震構造(2階と3階の間に積層ゴムとダンパーを設置)
◆ 用途-共同住宅、店舗、保育所(ワンルーム)
◆ 総戸数-800戸
◆ 建築主-住友不動産
◆ 設計者・監理者-前田建設工業
◆ 施工者-前田建設工業
◆ 着工-2012年11月15日
◆ 竣工-2016年01月中旬予定
◆ 入居開始-2016年03月下旬予定  
 
 
Kawasakikosugi13122
ゲートが開いていました。基礎工法は基壇部下家を除いて「直接基礎」となっています。武蔵小杉周辺の地盤は多摩川沿いですが意外に強固で、ほとんどの超高層タワーマンションが「直接基礎」となっています。
 
 
Kawasakikosugi13123
北東側から見た様子です。北東角にマンションギャラリーがあります。
 
 
Kawasakikosugi13124
「シティタワー武蔵小杉」の完成予想図です。「シティタワー武蔵小杉」は、地震対策として「中間免震構造」を採用しています。
 
 2階と3階の間に「積層ゴム」と「ダンパー」を設置します。下層階に窓の無い階がありますが、その部分です。
 
 公式HP → シティタワー武蔵小杉
 
 
Kawasakikosugi13125
● (仮称)アリオ武蔵小杉

 「A-1地区」の「(仮称)武蔵小杉SC新築工事」の建設現場です。「セブン&アイ・ホールディングス」の大型複合商業施設「(仮称)アリオ武蔵小杉」となっていますが、正式名称も「アリオ武蔵小杉」になると思われます。
 
 延床面積約106,400㎡(うち店舗面積約37,000㎡、店舗面積のうち約2,668㎡が飲食・サービスの非物販店舗)です。
 
 
Kawasakikosugi13126
ゲートが開いていました。
 
 
Kawasakikosugi13127
柱が「プレキャストコンクリート」、梁が「鉄骨造」となっています。以前は低層の大型ショッピングセンターや巨大倉庫と言えば「鉄骨造(S造)」でした。
 
 最近はコンクリートのプレキャスト化や高強度化が進み、「鉄筋コンクリート造(RC造)」が増えてきています。

|

« 新宿区 Tomihisa Cross Comfort Tower(富久クロス コンフォートタワー) 2013年末の建設状況 | トップページ | 完成した八重洲口の「グランルーフ(GranRoof)」 & 東京駅 グランルーフ クリスタルイルミネーション »

108 大規模商業施設めぐり」カテゴリの記事

202 神奈川県・川崎市」カテゴリの記事