« 国土交通省 成田国際空港「LCC専用ターミナル」の新たなエプロン整備を許可! | トップページ | 国分寺市 超高層ツインタワー「国分寺駅北口地区第一種市街地再開発事業」 »

2014年4月30日 (水)

武蔵小金井市 地上27階、高さ約95mの「武蔵小金井駅南口第2地区市街地再開発事業」

Tokyokoganei14041
-武蔵小金井駅南口第2地区市街地再開発事業-

 「JR武蔵小金井駅」は、JR中央本線(三鷹~立川間)他連続立体交差事業により、2012年5月20日に上り線の4番線が高架に移行してすべてのホームで高架移行が完了して、島式2面4線の高架駅となりました。
 
 そのJR武蔵小金井駅の南口で、「武蔵小金井駅南口第2地区再開発準備組合」が「武蔵小金井駅南口第2地区市街地再開発事業」を計画しています。
 2014年4月25日には、「武蔵小金井駅南口第2地区市街地再開発事業に係る都市計画(原案)」の説明会が開催されました。
 
 武蔵小金井市(詳細な資料はPDF)
 武蔵小金井駅南口第2地区市街地再開発事業に係る都市計画(原案)説明会を開催します。
  
 再開発準備組合HP
 武蔵小金井駅南口第2地区再開発準備組合
 
 施行区域は武蔵小金井市本町六丁目地内の約18,000㎡で、約9,800㎡を建築面積に充てます。再開発建築物は共同住宅の「A棟」と「B棟」および商業施設で構成されています。
 
 「A棟」は、地上27階、高さ約95mで、1階・2階が商業施設、3階~27階が共同住宅となる予定です。
 「B棟」は、地上19階、1階~4階が商業施設、5階~19階が共同住宅となります。総戸数は合計で約680戸を予定しています。
 
 2014年8月中の都市計画決定を経て、2015年度の本組合設立を目指します。順調に行けば2017年度には解体工事と本体工事に着手し、2019年度の完成を目指します。
 
武蔵小金井駅南口第2地区市街地再開発事業の概要
◆ 所在地-東京都武蔵小金井市本町六丁目地内
◆ 階数-地上27階(A棟)、地上19階(B棟)
◆ 建物高さ-約95m(A棟)
◆ 施行区域面積-約18,000㎡(施設全体)
◆ 建築面積-約9,800㎡(施設全体)
◆ 延床面積-約105,000㎡(施設全体)
◆ 用途-共同住宅、商業施設
◆ 総戸数-約680戸(施設全体)
◆ 建築主-武蔵小金井駅南口第2地区再開発準備組合
◆ コンサルタント業務-佐藤総合計画
◆ 事業協力者-清水建設
◆ 着工-2017年度予定
◆ 竣工-2019年度予定
◆ 総事業費-約384億円
 
 
Tokyokoganei14042
位置図です。JR武蔵小金井駅の南側になります。 
 
 
Tokyokoganei14043
配置図です。共同住宅の「A棟」と「B棟」および商業施設で構成されています。
 
 
Tokyokoganei14044
武蔵小金井駅(むさしこがねいえき)-

 「武蔵小金井駅」は、2012年5月20日に上り線の4番線が高架に移行してすべてのホームで高架移行が完了して、島式2面4線の高架駅となりました。
 
 見えているタワーマンションは、地上25階、最高高さ約95mの「プラウドタワー武蔵小金井」ですが、すぐ南側にほぼ同じ高さのタワーマンションが建つことになります。

|

« 国土交通省 成田国際空港「LCC専用ターミナル」の新たなエプロン整備を許可! | トップページ | 国分寺市 超高層ツインタワー「国分寺駅北口地区第一種市街地再開発事業」 »

151 東京都・ 23区以外」カテゴリの記事