« 葛飾区 地上24階、高さ約100mの「金町六丁目駅前地区第一種市街地再開発事業」 | トップページ | 埼玉県上尾市 竣工した「A-GEO・TOWN(エージオタウン)のシティタワー上尾駅前」 »

2014年4月13日 (日)

JR中央本線(三鷹~立川間)他連続立体交差事業 2面3線の高架に完全移行した「国立駅」

Tokyokunitachi140411
-国立駅(くにたちえき)-

 JR央本線は、「JR中央本線(三鷹~立川間)他連続立体交差事業」を行っています。2009年1月11日に「西国分寺駅」~「立川駅」の下り線が高架に移行しました。
 
 引き続き工事が行われ、2010年11月7日に上り線の「西国分寺駅」~「立川駅」が高架に移行しました。
 これによりJR央本線は、「JR中央本線(三鷹~立川間)他連続立体交差事業」は全区間で高架に移行完了しました。
 
 「国立駅」は最終的には2面3線となりますが、最後まで残っていた3番線(三鷹・新宿・東京方面)の工事が完了し、2012年12月16日から供用開始されました。
 
国立駅の高架移行順序
◆ 1番線(下り線)-2009年01月11日から
◆ 2番線(上り線)-2010年11月07日から
◆ 3番線(上り線)-2012年12月16日から
 
 2013年3月16日(土)のダイヤ改正から最高速度が現行の95km/hから100km/hにアップされました。
 「新宿駅」~「八王子駅」間の所要時間は、「中央特快」で最大3分短縮され最短33分となりました。
 
 「JR中央本線(三鷹~立川間)他連続立体交差事」は、関連工事も含めて2014年3月末に完了予定でしたが、実際に完了したのかは調べても分かりませんでした。
 
 
Tokyokunitachi140412
「国立駅」の上り線のホーム西端から西側方向(立川・八王子・高尾方面)を見た様子です。
 
 
Tokyokunitachi140413
アップです。
 
 
Tokyokunitachi140414
「2番線」は、下り線と上り線の両方から接続されている事が分かります。
 
 
Tokyokunitachi140415
上り線のホーム西端から東側を見た様子です。
 
 
Tokyokunitachi140416
2012年12月16日から供用開始された3番線(上り線)ホームです。3番線が、上り線(三鷹・新宿・東京方面)の本線になりました。
 
 
Tokyokunitachi140417
北口側の壁面はガラスとなっています。「一橋大学」などがある学園都市の玄関口として配慮したのか壁面には広告が一切無くスッキリしています。
 
 
Tokyokunitachi140418
軌道はJR東日本が独自に開発した弾性まくらぎ直結軌道の「弾性バラスト軌道」となっています。
 
 
Tokyokunitachi140419
ホームは結構広いです。
 
 
Tokyokunitachi140420
今まで大活躍していた2番線は「待避線」となり、上り線(三鷹・新宿・東京方面)の一部列車しか停車しなくなりました。
 
 
Tokyokunitachi140421
「発車標」の時刻を見ても分かりますが、データイムの2番線は1時間くらい電車が無くて開店休業状態になっています。
 
 ただし、朝のラッシュ時には、上り列車が2番線と3番線を交互に利用する相互発着が行われており、フル回転します。
 
 
Tokyokunitachi140422
上り線のホーム東端から西側を見た様子です。
 
 
Tokyokunitachi140423
「国立駅」の上り線のホーム東端から東側方向(三鷹・新宿・東京方面)を見た様子です。
 
 
Tokyokunitachi140424
アップです。「2番線」は、下り線と上り線の両方から接続されている事が分かります。
 
 
Tokyokunitachi140425
2009年1月11日から供用開始された1番線(下り線)ホームです。下り線は相対式1面1線となっています。

|

« 葛飾区 地上24階、高さ約100mの「金町六丁目駅前地区第一種市街地再開発事業」 | トップページ | 埼玉県上尾市 竣工した「A-GEO・TOWN(エージオタウン)のシティタワー上尾駅前」 »

104 鉄道(新線・高架化・複々線化、その他)」カテゴリの記事

151 東京都・ 23区以外」カテゴリの記事