« JR東日本 新宿駅の迷宮を解消する「新宿駅東西自由通路」 2013年末の建設状況 | トップページ | ワールドクラスクオリティの商業施設 銀座六丁目10地区第一種市街地再開発事業 2014年4月2日着工! »

2014年4月 2日 (水)

川崎市 竣工した「ラゾーナ川崎東芝ビル(スマートコミュニティセンター)」

Kawasakitoshiba140311
-ラゾーナ川崎東芝ビル(スマートコミュニティセンター)-
 港区白金六丁目、川崎市の鹿島田一丁目と建設中の超高層タワーマンションで、不具合による再施工が続いています。
 技能者不足、資材費や人件費の高騰が深刻なのは分かりますが、建設会社はもっとしっかりして欲しいです。スーパーゼネコンがこの体たらくでは何を信じていいのか・・・
 
 本題に戻って、「(仮称)ラゾーナ川崎C地区開発計画」は、JR川崎駅西口の東芝の「川崎事業所(旧堀川町工場)」跡地に建設された「ラゾーナ川崎プラザ」の南西角に建設されたオフィスビルです。建築計画のお知らせでは、「(仮称)ラゾーナ川崎東芝ビル新築工事」となっていました。

 正式名称は「ラゾーナ川崎東芝ビル」で、地上15階、塔屋1階、地下0階、高さ約71m(軒高約65m)、延床面積104,594.45㎡の大規模なオフィスビルです。
 基準階面積約2,000坪、天井高3,000mmとなっています。基準階面積2,000坪は日本最大級の面積になります。
 
 竣工前から「東芝」が全フロア一括賃借する事が決まっており、2013年10月31日に東芝の「スマートコミュニティセンター」が開所しました。
   
 東芝・プレスリリース(2013/10/31)
 川崎市に「スマートコミュニティセンター」を開所

 「スマートコミュニティセンター」には、東芝の部門・事業・グループ会社間を横断した技術の融合、価値の創造を目指し、グループ会社を含む社会インフラ部門やクラウドソリューション部門など、スマートコミュニティ事業に関連する部門の従業員約7,800名が集結しています。
 
 異部門間でのコミュニケーションを円滑に行える環境にすることで、シナジー効果の創出を図るとともに、川崎周辺に位置する東芝の研究所、工場との連携を強化することで、スマートコミュニティ事業のグローバル展開を一層加速します。
 
ラゾーナ川崎東芝ビル(スマートコミュニティセンター)の概要
◆ 計画名-(仮称)ラゾーナ川崎東芝ビル新築工事
◆ 所在地-神奈川県川崎市幸区堀川町72番地34(地番)
◆ 交通-JR川崎駅徒歩1分、京急川崎駅徒歩5分
◆ 階数-地上15階、塔屋1階、地下0階
◆ 高さ-最高部約71m、軒高64.830m
◆ 敷地面積-9,765.58㎡
◆ 建築面積-7,777.15㎡
◆ 延床面積-104,594.45㎡
◆ 構造-鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 基礎工法-場所打ちコンクリート拡底杭
◆ 地震対策-免震構造(積層ゴム84本、オイルダンパー16本)
◆ 用途-オフィス、博物館、駐車場
◆ 建築主-NREG東芝不動産(出資比率:野村不動産ホールディングス65%、東芝35%)
◆ プロジェクトマネジメント-野村不動産
◆ 基本設計-野村不動産、日建設計
◆ 実施設計・監理-野村不動産、大林組
◆ 設計監修-日建設計
◆ 施工者-大林組
◆ 着工-2011年07月
◆ 竣工-2013年03月31日
◆ オープン-2013年10月31日(スマートコミュニティセンター開所)
◆ 総事業費-500億円弱(土地代を含む)
 
 
Kawasakitoshiba140312
「ラゾーナ川崎東芝ビル」は、1階に車寄せ、2階に「東芝未来科学館」のショールーム、3階にゲストエントランス・ワーカーエントランス、ミーティングルーム、4階にカフェテリアスペース、5階~15階にオフィスフロアを配置した構成となっています。
 
 地震対策として揺れを抑える「積層ゴム」84本と長周期振動を減衰させる「オイルダンパー」16本を配した「免震構造」を採用しています。
 
 「BCP(事業継続計画)」を非常に重視しており、電力は、特別高圧2回線受電方式にし、1500kVAの非常用発電機2機を設置して共用部とテナント部にそれぞれ72時間電力を供給できる体制を整えています。
 さらに2000kVAの発電機2機を設置できるスペースも設けています。大容量の上水・雑用水受水槽も備えています。
 
 
Kawasakitoshiba140313
南西側から見た様子です。高さはあまりありませんが、大きいので迫力があります。ビルは、ほぼ立方体のキューブ型となっています。
 
 
Kawasakitoshiba140314
「ラゾーナ川崎プラザ」側から見た様子です。
 
 
Kawasakitoshiba140315_2
「TOSHIBA」のロゴです。
 
 
Kawasakitoshiba140316
外壁前面に庇の役割を担うバルコニー「エコ・シェルフ」と縦ルーバーを組み合わせた特徴的な外観です。
 
 バルコニーとルーバーを配して日照を抑えています。空調設備は各階バルコニーに置いて効率を高めています。
 
 
Kawasakitoshiba140317
「ラゾーナ川崎プラザ」からもビルに入る事が出来ます。
 
 
Kawasakitoshiba140318
「ラゾーナ川崎プラザ」側の東側の入り口です。「ラゾーナ川崎東芝ビル」3階床レベルの高さで接続されます。
 
 
Kawasakitoshiba140319
「ラゾーナ川崎プラザ」側にある3階ピロティは開放されています。
   
  
Kawasakitoshiba140320_2
「ラゾーナ川崎東芝ビル」3階の「ゲストエントランス」です。
 
 
Kawasakitoshiba140321_4
2階部分です。「ラゾーナ川崎東芝ビル」の2階は「東芝未来科学館」のショールームとなっています。
 
 
Kawasakitoshiba140322_2
西側から見た様子です。階段とエスカレーター部分が3層吹き抜けとなっています。
 
 
Kawasakitoshiba140323
「ラゾーナ川崎プラザ」南側にも「ラゾーナ川崎東芝ビル」に通じる外周通路があります。
 
 
Kawasakitoshiba140324
「ラゾーナ川崎プラザ」の外周通路です。この通路は、「JR川崎駅」の橋上駅舎2階のコンコースと直結します。
 
 
Kawasakitoshiba140325
「ラゾーナ川崎東芝ビル」北側の入口です。
 
 
Kawasakitoshiba140326
敷地南側の歩道です。
 
 
Kawasakitoshiba140327
敷地西側の歩道です。

|

« JR東日本 新宿駅の迷宮を解消する「新宿駅東西自由通路」 2013年末の建設状況 | トップページ | ワールドクラスクオリティの商業施設 銀座六丁目10地区第一種市街地再開発事業 2014年4月2日着工! »

202 神奈川県・川崎市」カテゴリの記事