« 豊島区 現庁舎地(本庁舎敷地及び公会堂敷地)を民間活用 民間事業者を選定する公募型プロポーザルを実施! | トップページ | さいたま市 大宮駅東口大門町2丁目中地区第一種市街地再開発事業 »

2014年5月21日 (水)

「イオングループ」がますます巨大化 「マルエツ、カスミ」も飲み込み売上高7兆円目前!

Chibaaeon14051
-イオングループ-

 昨年は長年のライバルだった「ダイエー」を飲み込んだイオングループですが、今度は長年の悲願だった「マルエツ」と「カスミ」も飲み込みました。
 
 「イオン」が主導する今回の再編では、2015年3月までに資本提携先の「マルエツ」と「カスミ」、子会社の「マックスバリュ関東」の3社が共同持株会社を設立し、イオンが7割程度、丸紅が3割程度を出資する特定目的会社を通じて連結子会社にします。
 
 引用資料 イオン・ニュースリリース(PDF:2014/05/19)
 「首都圏におけるスーパーマーケット連合」の創設に関する合意(基本合意書締結)について
 
● 連邦制経営
 イオンの前身の「ジャスコ」は、提携先とは比較的少額の資本提携のレベルにとどめる「連邦制経営」を標榜し、実際の運営は各社の自主的判断に任せていました。提携先の警戒感が薄れると徐々に出資比率を上げて連結子会社化していました。
 
 最近は、「連邦制経営」を標榜していませんが、今回の「マルエツ」、「カスミ」にも3割以上出資していましたが、緩やかな連携でした。「連邦制経営」のDNAはまだ生きているように思えます。
 
● 7兆円企業目前
 イオンの2014年2月期の連結売上高は6,395,142百万円と6兆円の大台に乗りました。2013年2月期の連結売上高は5,685,303百万円でした。積極果敢に行っているM&Aが売上高の大幅UPの要因です。
 
 「マルエツ」の2014年2月期の連結売上高は326,020百万円です。「カスミ」の2014年2月期の連結売上高は233,413百万円です。約5,500億円の売上高がプラスされるので、イオンの連結売上高は7兆円目前になります。
 ちなみに「マックスバリュ関東」は元々連結子会社なので「マックスバリュ関東」の分は増えません。
 
 「セブン&アイ・ホールディングス」の2014年2月期の連結売上高は5,631,820百万円なので大幅に引き離す事になります。
 
 ただ世界にはとんでもないバケモノがいます。「ウォルマート」です。2012年の売上高が4,692億ドル(約46兆円)です。もはや国家のGDPレベルです(笑)。世界ではこんなバケモノと戦わなければなりません。
 
 
Chibaaeon14052
首都圏SM連合に関する組織と出資関連図

 2015年3月までに資本提携先の「マルエツ」と「カスミ」、子会社の「マックスバリュ関東」の3社が共同持株会社「首都圏スーパーマーケット連合(仮称)」を設立します。
 
 共同持株会社「首都圏スーパーマーケット連合(仮称)」をイオンが7割程度、丸紅が3割程度を出資する特定目的会社を通じて連結子会社にします。
 
 「マルエツ」と「カスミ」は上場廃止となり、共同持株会社「首都圏スーパーマーケット連合(仮称)」が東証1部に上場する見込みです。
 
  
Chibaaeon13032
「イオン」の本社が入っている幕張新都心の「イオンタワー」です。近くに「イオンタワーAnnex 」もあります。
 
 イオンの前身である「ジャスコ」は、スーパーの「岡田屋(四日市市)、フタギ(姫路市)、シロ(吹田市)」の3社による共同仕入会社がルーツです。ちなみに「JUSCO」は、「Japan United Stores Company」を略しています。 

|

« 豊島区 現庁舎地(本庁舎敷地及び公会堂敷地)を民間活用 民間事業者を選定する公募型プロポーザルを実施! | トップページ | さいたま市 大宮駅東口大門町2丁目中地区第一種市街地再開発事業 »

102 経済ニュース」カテゴリの記事

231 千葉県・千葉市」カテゴリの記事