« 成田国際空港 東京オリンピックの開催を見据え 第2ターミナル到着口をリニューアル! | トップページ | 「アリババグループ(阿里巴巴集団)」がニューヨーク証券取引所に上場 「ソフトバンク」の含み益はなんと8兆円弱! »

2014年9月19日 (金)

東京オリンピック・パラリンピックの「選手村」 2016年度から基盤整備、宿泊棟建設などの工事に着手!

Tokyo202014091
-東京オリンピック・パラリンピックの選手村-
 東京都は、市街地再開発事業で整備する「東京オリンピック・パラリンピック」の選手村について、民間事業者の意見などを参考にして年内に建築のモデルプランを策定します。

 東京都が再開発事業の施行者として道路などの基盤施設を整備し、民間事業者は特定建築者として宿泊棟を建設します。
 
 2015年度に防潮堤などを先行整備した上で、2016年度から基盤整備、宿泊棟建設などの工事に着手し、2020年開催の「東京オリンピック・パラリンピック」に備えます。

 建設通信新聞(2014/09/17)
 東京都の五輪選手村/防潮堤から先行着手/16年度に民間が宿泊棟建設

 選手村のイメージ等(PDF)
 東京2020オリンピック・パラリンピック招致委員会

 「選手村」は、中央区晴海四丁目、五丁目の都有地約44haに計画しています。整備対象地は、大部分が高潮対策がなされていません。
 そのため、東京都が2015年度に防潮堤などの港湾施設の工事を実施します。再開発事業認可後、2016年度から道路や盛土工事など基盤施設の工事に入ります。

 民間企業が建設する「選手村」の宿泊棟は、「東京オリンピック・パラリンピック」開催時に総延床面積約368,300㎡、2階~14階を使って約1万7000ベッドを確保します。

 大会期間中は、「東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会」が借り上げ、大会終了後に返却します。
 民間事業者は大会終了後に住宅に改修して、分譲・賃貸することで開発資金を回収します。2021年度からの入居を予定しています。

|

« 成田国際空港 東京オリンピックの開催を見据え 第2ターミナル到着口をリニューアル! | トップページ | 「アリババグループ(阿里巴巴集団)」がニューヨーク証券取引所に上場 「ソフトバンク」の含み益はなんと8兆円弱! »

123 東京都・中央区」カテゴリの記事