« 国家戦略特区 東京圏の国家戦略特区計画素案 国際的なビジネス拠点を11ヶ所整備! | トップページ | 中央区 日本橋室町三丁目地区第一種市街地再開発事業 特定業務代行者を「鹿島建設、清水建設、佐藤工業JV」に決定! »

2014年10月 6日 (月)

2020年東京オリンピック・パラリンピックの施設整備が始動 「有明アリーナ(仮称)」の基本設計を公告!

Tokyoariake14101
-有明アリーナ(仮称)の公募型プロポーザル-
 2020年東京オリンピックに向けた施設整備は、国立競技場の解体工事の入札の再度のやり直しや、他の施設も代替施設の調査や規模縮小などの見直しでかなり遅れ気味です。そんな中でも少しずつ着実に前進しています。

 東京都財務局は2014年10月6日に、オリンピックでバレーボール競技、パラリンピックではシッティングバレーボール競技の会場となる「有明アリーナ(仮称)」の基本設計委託に伴う公募型プロポーザルを公告します。2015年1月上旬にも委託者を選定し、基本設計に着手する見通しです。

 建設通信新聞(2014/10/06)
 有明アリーナ基本設計を公告/五輪施設整備が始動/東京都財務局

● 有明アリーナ(仮称)
 有明地区には、既存施設の改修を行う「有明テニスの森」以外に、「有明アリーナ、有明BMXコース、有明ベロドローム、有明体操競技場」の4競施設が新たに建設されますが、「有明アリーナ」以外は仮設のため大会終了後には解体されます。

 公式HP → 競技会場プラン

 「有明アリーナ」は、オリンピックでバレーボール競技、パラリンピックではシッティングバレーボール競技の会場となります。

 大会終了後は、様々な室内競技大会やイベントを行うことができる大規模体育館となります。
 バレーボールの国内リーグの会場となるほか、東京がこれまで多数開催してきたような、国際大会の際も使用されます。

 ただ交通に問題があります。最寄りの駅はゆりかもめの「新豊洲駅」もしくは「有明テニスの森」になりますが、かなり歩く必要があります。交通の問題を解決しないと大会終了後の集客に苦労する事が予想されます。

有明アリーナ(仮称)の概要
◆ 所在地-東京都江東区有明一丁目9
◆ 延床面積-約32,170㎡
◆ 座席数-約12,700席(オリンピック開催時は約15,000席)

|

« 国家戦略特区 東京圏の国家戦略特区計画素案 国際的なビジネス拠点を11ヶ所整備! | トップページ | 中央区 日本橋室町三丁目地区第一種市街地再開発事業 特定業務代行者を「鹿島建設、清水建設、佐藤工業JV」に決定! »

107 巨大スタジアム・ホール・展示場めぐり」カテゴリの記事

127 東京都・江東区」カテゴリの記事