« 2014年(1月~12月) 世界の自動車メーカー別の新車販売台数ランキング | トップページ | 長周期地震動対策で先行する新宿副都心 新たに「新宿野村ビル」でも長周期地震動対策を実施! »

2015年2月20日 (金)

JR南武線(稲田堤駅~府中本町駅間)連続立体交差事業 2015年3月1日から「稲城長沼駅」で新上り線を使用開始!

Tokyoinagi150211
-JR南武線の連続立体交差事業-

 「東京都」と「JR東日本(東日本旅客鉄道)」は、「JR南武線(稲田堤駅~府中本町駅間)連続立体交差事業」を進めています。

  事業延長は、約4.3km(第一期区間:約1.9km、第二期区間約2.4km)で、事業費約598億円、事業期間1992年度~2015年度(予定)となっています。

 東京都 報道発表資料(2014/12/19)
 JR南武線 稲城長沼駅で新上り線が完成

 引用資料 概要図(PDF)
 JR南武線(稲田堤駅~府中本町駅間)連続立体交差事業

 2013年12月23日には全線高架化が完了し、15ヶ所すべての踏切を除却しました。引き続き沿道環境の保全や側道整備、「稲城長沼駅」における駅舎工事や線路工事などを実施しています。

● 稲城長沼駅(いなぎながぬまえき)
 「稲城長沼駅(いなぎながぬまえき)」は、東京都稲城市にあります。高架化工事前は、単式ホーム・島式ホームの2面3線の地上駅でした。

 2011年12月24日に下り線(3番線・4番線)が高架化しました。更に2013年12月23日に上り線(2番線)が高架化しました。
 現在は2面3線(相対式1面1線+島式1面2線)ですが、2015年3月1日(日)の初電から新上り線(1番線)を使用開始し、島式2面4線となります。

 これにより、「JR南武線(稲田堤駅~府中本町駅間)連続立体交差事業」の線路工事が完了します。


Tokyoinagi150212
「稲城長沼駅ホーム概要図」です。現在は2面3線ですが、2015年3月1日(日)の初電から新上り線(1番線)を使用開始します。

 これにより、島式2面4線のホームが完成し、「JR南武線(稲田堤駅~府中本町駅間)連続立体交差事業」の線路工事が完了します。


Tokyoinagi150213
高架化工事が進む「稲城長沼駅」です。


Tokyoinagi150214
2011年12月24日に高架化された下り線(3番線・4番線)ホームを南東側から見た様子です。


Tokyoinagi150215
「エレベーター」です。


Tokyoinagi150216
「待合室」です。


Tokyoinagi150217
「エスカレーター」です。


Tokyoinagi150218
2011年12月24日に高架化された下り線(3番線・4番線)ホームを北西側から見た様子です。


Tokyoinagi150219
軌道は「弾性バラスト軌道」となっています。


Tokyoinagi150220
2013年12月23日に高架化された上り線(2番線)ホームを南東側から見た様子です。


Tokyoinagi150221
仮囲いの向こう側(北側)で、上り線(1番線)ホームが建設中です。2015年3月1日(日)の初電から新上り線(1番線)を使用開始します。


Tokyoinagi150222
2013年12月23日に高架化された上り線(2番線)ホームを北西側から見た様子です。

|

« 2014年(1月~12月) 世界の自動車メーカー別の新車販売台数ランキング | トップページ | 長周期地震動対策で先行する新宿副都心 新たに「新宿野村ビル」でも長周期地震動対策を実施! »

104 鉄道(新線・高架化・複々線化、その他)」カテゴリの記事

151 東京都・ 23区以外」カテゴリの記事