« ドアの位置や幅が異なる車両に対応 東京メトロが東西線妙典駅で大開口ホームドアの実証試験を実施! | トップページ | 文京区 大規模な改修工事が行われた「東京大学安田講堂」 »

2015年2月 8日 (日)

中央区 地上24階、高さ約123mの「(仮称)新東京武田ビル」 2015年2月6日着工!

Tokyonihonbashi15021
-(仮称)新東京武田ビル-

 「武田薬品不動産、武田薬品工業、三井不動産」の3社共同で推進する「(仮称)日本橋本町二丁目特定街区開発計画」地において、2015年2月6日に「(仮称)新東京武田ビル」の地鎮祭が行われ、着工しました。

 引用資料 三井不動産・ニュースリリース(2015/02/06)
 (仮称)新東京武田ビルの着工について

 「(仮称)新東京武田ビル」は、地上24階、地下4階、高さ約123mで、竣工後は「武田薬品」が現在の東京本社に代わる、新たな東京本社として使用することに加え、1階・2階には一般の方々も自由に出入りすることができる共用スペースを設ける他、地下1階にはテナント(店舗)が入居する予定です。

(仮称)新東京武田ビルの概要
◆ 所在地-東京都中央区日本橋本町二丁目1番
◆ 階数-地上24階、地下4階
◆ 建物高さ-約123m
◆ 敷地面積-約2,740㎡
◆ 建築面積-約2,220㎡
◆ 延床面積-約45,000㎡
◆ 構造-鉄骨造、一部(鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造)
◆ 基礎工法-直接基礎
◆ 地震対策-免震構造
◆ 用途-オフィス、店舗、集会場
◆ 建築主-武田薬品不動産、武田薬品工業、三井不動産
◆ 設計者-日本設計
◆ 施工者-竹中工務店
◆ 着工-2015年02月06日
◆ 竣工-2017年10月予定


Tokyonihonbashi15022
「(仮称)新東京武田ビル」の位置図です。


Tokyonihonbashi15023
「(仮称)新東京武田ビル」が建設される北街区を南西側から見た様子です。写真では既存のビルが解体中ですが、現在は更地になっています。


Tokyonihonbashi15024
南街区の「(仮称)福徳の森」の完成予想図です。「福徳神社」と一体となった広場空間「(仮称)福徳の森」を整備します。2016年度竣工予定です。

 引用資料 三井不動産・ニュースリリース(2014/10/23)
 日本橋における新たな「地域コミュニティの核」が誕生 「福徳神社」竣工・「(仮称)福徳の森」概要決定


Tokyonihonbashi15025
「南街区」を南東側から見た様子です。敷地北東側の白い賃貸マンション「パンテオン日本橋三越前」は再開発に参加しません。


Tokyonihonbashi15026
「福徳神社(別号:芽吹神社)」です。2014年10月23日に竣工し、10月23日夜には「遷座祭(せんざさい:ご神体を仮殿から新築神社に遷す儀式)」が行われ、10月25日に「奉祝祭(ほうしゅくさい:ご神体が奉還されたことを祝う祭典)」が行われました。


Tokyonihonbashi15027
「福徳神社」の鳥居です。


Tokyonihonbashi15028
「福徳神社」の拝殿です。屋根形状を入母屋造り正面向拝及び千鳥破風付としています。木造に見えますが、構造は「鉄骨造(S造)」です。耐火材料で建物を包んで、無垢の吉野桧(よしのひのき)で仕上げています。


Tokyonihonbashi15029
「福徳神社」を北西側から見た様子です。1階が「福徳神社(本殿、拝殿、神輿庫)」、地下1階が「駐輪場・ミニバイク置場(99台)」、地下2階が「防災用備蓄倉庫(364.50㎡)」となっています。

|

« ドアの位置や幅が異なる車両に対応 東京メトロが東西線妙典駅で大開口ホームドアの実証試験を実施! | トップページ | 文京区 大規模な改修工事が行われた「東京大学安田講堂」 »

123 東京都・中央区」カテゴリの記事