« JR東日本 本体工事に着工した地上20階、高さ約97mの「さいたま新都心ビル(仮称)新築事業」 | トップページ | 銀座エリア最大級 ワールドクラスクオリティの商業施設 大規模に開発が進む「銀座六丁目10地区第一種市街地再開発事業」 »

2015年7月19日 (日)

JR東日本 大規模に行われている「中央線御茶ノ水駅付近耐震補強工事」 2015年5月末の建設状況

Tokyoochanomizu13071
-中央線御茶ノ水駅付近耐震補強工事-

 JR東日本は、災害に強い鉄道づくりを掲げており、2012年度からの約5年間を重点的な整備期間として、総額約3,000億円の耐震補強対策などに取り組んでいます。

 JR東日本は、首都直下地震に備えた中央線御茶ノ水駅付近の耐震補強工事を行っています。耐震補強工事が行わているのは、御茶ノ水駅付近の「昌平橋(しょうへいばし)~水道橋」間の約1.2kmです。

 引用資料 JR東日本(PDF:2013/07/02)
 中央線御茶ノ水駅付近耐震補強工事の着手について 

 線路下の土中に長さ約15m、直径約20cmの「棒状補強材」を埋め込み、のり面の表面に設置したのり枠工や既設の構造物と一体化させて、大規模地震による崩壊を防止します。

 中央線の茶ノ水駅付近の線路は、神田川に沿って構築された盛土上にあり、神田川と台地側切土に挟まれた地形上に位置しています。
 大げさに言えば山岳鉄道のような構造になっているので、東京都内でも地震対策が最も急がれる場所の1つです。


Tokyoochanomizu150711
「お茶の水橋」の西側部分です。


Tokyoochanomizu150712
このあたりの「補強方法(標準)」です。


Tokyoochanomizu150713
北側に突き出たあたりです。この部分には「のり枠工」が設置され、線路下の土中に「棒状補強材」を埋め込み、大規模地震による崩壊を防止します。


Tokyoochanomizu150714
アップです。


Tokyoochanomizu150715
対岸の北側から北様子です。


Tokyoochanomizu150716
このあたりのはすでに完成しているようです。「のり面」の表面に鉄筋コンクリートの「枠工」が設置されています。埋め込まれた「棒状補強材」の頭部分も見えます。


Tokyoochanomizu150717
「お茶の水橋」のすぐ西側部分です。


Tokyoochanomizu150718
アップです。足場が設置されています。


Tokyoochanomizu150719
「聖橋(ひじりばし)」の東側部分です。


Tokyoochanomizu150720
このあたりの「補強方法(標準)」です。


Tokyoochanomizu150721
「東京メトロ丸ノ内線」の西側部分です。


Tokyoochanomizu150722
「東京メトロ丸ノ内線」の東側部分です。

|

« JR東日本 本体工事に着工した地上20階、高さ約97mの「さいたま新都心ビル(仮称)新築事業」 | トップページ | 銀座エリア最大級 ワールドクラスクオリティの商業施設 大規模に開発が進む「銀座六丁目10地区第一種市街地再開発事業」 »

104 鉄道(新線・高架化・複々線化、その他)」カテゴリの記事

121 東京都・千代田区②」カテゴリの記事