« 慶應義塾大学創立150年記念事業 大規模に行われている「慶應義塾大学病院1号館(新病院棟)建設計画」 | トップページ | JR東日本 中央線「飯田橋駅」のホームを新宿方に200m移設して直線化 旧牛込駅の遺構や牛込見附など「飯田橋駅」周辺は見所がいっぱい! »

2015年9月20日 (日)

JR東日本 八高線「拝島駅」上りホームに試行導入された高見沢サイバネティックス製の「昇降式ホーム柵」

Tokyohaijima150911
-拝島駅(はいじまえき)-

 「拝島駅(はいじまえき)」は、東京都昭島市と福生市にまたがる「JR東日本、日本貨物鉄道(JR貨物)、西武鉄道」の駅です。こんな趣味が無かったら関西人の私は一生来ることは無かったと思います。


Tokyohaijima150912
JR拝島駅の改札内コンコースです。JR拝島駅は橋上駅舎となっています。


Tokyohaijima150913
「JR東日本」は、2015年3月28日から、拝島駅の八高線拝島駅上りホーム(5番線)で「昇降式ホーム柵」の試験運用を開始しています。

 JR東日本 プレスリリース(PDF:2014/12/16)
 昇降式ホーム柵の試行導入について 


Tokyohaijima150914
JR拝島駅に着いた時に電車が出てしまいました。次の電車は30分後でした。スケジュールがタイトだったので待つ事が出来ず、残念ながら「昇降バー」が上昇した時の写真はありません。


Tokyohaijima150915
3本の「昇降バー」を使ったタイプです。


Tokyohaijima150916
高見沢サイバネティックス製

 ホームでの事故を防ぐ「切り札」といえる「ホームドア(可動式ホーム柵)」は、高額な設置コストが、さらなる普及の妨げとなっています。
 そこで注目を集めているのが、「昇降式ホーム柵」です。安全を確保する「仕切り」が左右にではなく上下に動くものです。

 JR拝島駅の「昇降式ホーム柵」は、相模鉄道「弥生台駅」で1年間に渡って試験運用が行われてきた「高見沢サイバネティックス製」の改良型です。

 高見沢サイバネティックス(2014/12/17)
 東日本旅客鉄道株式会社様 八高線 拝島駅 「昇降式ホーム柵システム」のご採用について 


Tokyohaijima150917
八高線拝島駅上りホーム(5番線)の4両編成分に設置しています。


Tokyohaijima150918
横から見た様子です。


Tokyohaijima150919
幅の広いタイプです。


Tokyohaijima150920
幅の狭いタイプです。


Kobejr150111
JR西日本の昇降式ホーム柵(六甲道駅)
 
JR西日本が開発を進めてきた「昇降式ホーム柵」は、ホームドアの代わりにワイヤーロープを設置し、列車のドアが開く際にワイヤーロープを上昇させる方式のホーム柵です。これまでのホームドアとは異なり、車両のドアの位置や数が変わっても対応出来ます。

 JR西日本は、神戸線の「六甲道駅」の上り線3番のりばに「昇降式ホーム柵」を設置し、2014年12月13日~2015年3月末まで試行運用を行っていましたが、実用化の目処が立ったため、2015年4月以降も継続設置されています。

 この結果、JR京都線の「高槻駅」で工事を進めている「新快速専用の新設ホーム」に「昇降式ホーム柵」を整備することとなりました。
 2016年春の「新快速専用の新設ホーム」の供用開始と同時に「昇降式ホーム柵」も供用開始されます。

|

« 慶應義塾大学創立150年記念事業 大規模に行われている「慶應義塾大学病院1号館(新病院棟)建設計画」 | トップページ | JR東日本 中央線「飯田橋駅」のホームを新宿方に200m移設して直線化 旧牛込駅の遺構や牛込見附など「飯田橋駅」周辺は見所がいっぱい! »

104 鉄道(新線・高架化・複々線化、その他)」カテゴリの記事

151 東京都・ 23区以外」カテゴリの記事