« 中央区 総戸数約3120戸の超高層トリプルタワーマンション「勝どき東地区第一種市街地再開発事業」 特定業務代行者を公募! | トップページ | 西武ホールディングス 品川・高輪エリアで創業以来最大規模となる再開発プロジェクトを検討 総事業費は4000億円規模! »

2015年11月 2日 (月)

横浜市 相鉄・JR直通線、相鉄・東急直通線 「日吉駅(ひよしえき)」のすぐ南側の横浜方の施工順序

Yokohamahiyoshi11051
-相鉄・JR直通線、相鉄・東急直通線-
 「相鉄・JR直通線」は、相鉄本線「西谷駅」とJR東海道貨物線「横浜羽沢駅」付近間に連絡線(約2.7km)を新設し、この連絡線を利用して相鉄線とJR線が相互直通運転を行うものです。

 「相鉄・東急直通線」は、JR東海道貨物線「横浜羽沢駅」付近と東急東横線・目黒線「日吉駅」間に連絡線(約10.0km)を新設し、この連絡線を利用して相鉄線と東急線が相互直通運転を行うものです。

 公式HP → 相鉄・JR直通線、相鉄・東急直通線 

 引用資料 相鉄・JR直通線、相鉄・東急直通線 公式HP
 日吉駅付近工事  

 「相鉄・JR直通線」は、当初2015年4月の開業を目指していましたが、JR東海道貨物線との接続部の工事の遅れなどにより、開業は3年遅れの2018年度内となります。事業費は約782憶円の予定です。

 「相鉄・東急直通線」は、開業は2019年4月の予定で、現在のところ当初計画から変更はありません。事業費約1,957憶円の予定です。

● 日吉駅が鉄道交通の要衝に!
 「相鉄・JR直通線、相鉄・東急直通線」が完成すると「日吉駅」は、東横線、目黒線、相鉄・東急直通線とのジャンクションとなります。横浜市営地下鉄「グリーンライン」の「日吉駅」もあるので鉄道交通の要衝に変身します。



Yokohamahiyoshi14081
日吉駅付近工事区間の「平面図」と「縦断図」です。


Yokohamahiyoshi12101_2 
上記の「平面図」では配線が分かりにくいので、単純化した手書きの配線図です。渋谷方と横構方が「平面図」と逆ですが、配線はこのようになります。


Yokohamahiyoshi151021
「日吉駅」の4番ホーム(東横線上り  渋谷、池袋、川越市方面)の南端から横浜方を見た様子です。


Yokohamahiyoshi151022
現状は、4本の軌道が並んでいます。東側から、①東横線下り線、②目黒線引上線、③目黒線引上線、④東横線上り線となっています。

 東横線を更に両端に移設して、中央の引き上げ線を1線に減らし、空いた部分に中央の引き上げ線を挟んで、「相鉄・東急直通線」を建設します。


Yokohamahiyoshi151023
引き上げ線が2線から1線に減りますが、「日吉駅」での折り返しが大幅に減ると思われるので運用上は問題ないと思われます。


Yokohamahiyoshi151024
「日吉駅」の1番ホーム(東横線下り 菊名、横浜、元町・中華街方面)南端から横浜方を見た様子です。


Yokohamahiyoshi151025_2
施工順序図「現況」

 現状は、4本の軌道が並んでいます。東側から、①東横線下り線、②目黒線引上線、③目黒線引上線、④東横線上り線となっています。

 引用資料 相鉄・JR直通線、相鉄・東急直通線 公式HP
 施工順序図(PDF) 


Yokohamahiyoshi151026
施工順序図「STEP1 仮設工事、東横線線路切替現況」

 「基礎杭」および「土留め壁」を構築します。更に「東横線下り線」を東端に、「東横線上り線」を西端に移設して、「相鉄・東急直通線」の用地を確保します。


Yokohamahiyoshi151027
施工順序図「STEP2 相鉄・東急直通線部構築」

 掘削して、基礎杭の上に半地下のU字型擁壁構造の「相鉄・東急直通線部」を構築します。


Yokohamahiyoshi151028
施工順序図「STEP3 完成」

 「日吉駅」のすぐ南側の横浜方では、5本の軌道が並びます。東側から、①東横線下り線、②相鉄・東急直通線(羽沢方面)、③目黒線引上線、④相鉄・東急直通線(日吉方面)、⑤東横線上り線となります。

|

« 中央区 総戸数約3120戸の超高層トリプルタワーマンション「勝どき東地区第一種市街地再開発事業」 特定業務代行者を公募! | トップページ | 西武ホールディングス 品川・高輪エリアで創業以来最大規模となる再開発プロジェクトを検討 総事業費は4000億円規模! »

104 鉄道(新線・高架化・複々線化、その他)」カテゴリの記事

201 神奈川県・横浜市」カテゴリの記事