« 足立区 地上30階、高さ約112m「千住一丁目地区第一種市街地再開発事業」の建設予定地 | トップページ | 千代田区 神田地区の歴史的景観のひとつとなっていた博報堂旧本館を復元した複合ビル「テラススクエア」 »

2015年12月15日 (火)

日本スポーツ振興センター 候補2案「新国立競技場整備事業に関する技術提案書」を公表!

Tokyojpnsport15121
-新国立競技場-
 すったもんだの末に、2020年東京オリンピックのメーン会場となる新国立競技場の建設計画の見直しが行われ、「日本スポーツ振興センター(JSC)」は、12月14日に新国立競技場の新整備計画で選定する候補案をウェブサイト上で公表しました。

 引用資料 日本スポーツ振興センター(2015/12/14)
 新国立競技場整備事業に関する技術提案書

 公表された資料は、審査の中立性・公平性の確保などの観点から、案者名は記されていませんが、応募したのは「大成建設」を中心としたチームと、「竹中工務店と清水建設、大林組」などから成るチームの2つの陣営とみられます。

 「ザハ・ハディド・アーキテクツ」による新競技場の当選案を忠実に実現すると、建設費が最大で3,000億円程度に達する恐れのあることが判明したため、実現可能な形状に変更すると共に規模が縮小されました。
 更に計画の見直しが行われ、開閉式屋根を先送りしました。それでも1,625億円を大幅に上回る2,520億円と試算されていました。

 国民からの反発が物凄かったため「ザハ・ハディド・アーキテクツ」の案は白紙撤回されました。「ザハ・ハディド・アーキテクツ」による案に比べると、「A者」も「B者」も平凡で地味です。でも私はこれで良かったと思っています。

 国民の反発の中で血税をつぎ込んで、「ザハ・ハディド・アーキテクツ」による案での建設を強行していたら、完成後はずっと「森○朗古墳」と呼ばれていたと思います(笑)。


Tokyojpnsport15122
「A者」の技術提案書に描かれたパースです。建設費は約1,490億円で、2019年11月末の完成予定です。


Tokyojpnsport15123
「A者」の配置図です。


Tokyojpnsport15124
「B者」の技術提案書に描かれたパースです。建設費は約,1497億円で、2019年11月末の完成予定です。


Tokyojpnsport15125
「B者」の配置図です。


Tokyojpnsport15126
霞ケ丘アパート

 建設予定地南側にある都営団地「霞ケ丘アパート」です。「霞ケ丘アパート」は解体されて「新明治公園」になる予定です。現在、別の都営住宅への引っ越し作業が行われています。

|

« 足立区 地上30階、高さ約112m「千住一丁目地区第一種市街地再開発事業」の建設予定地 | トップページ | 千代田区 神田地区の歴史的景観のひとつとなっていた博報堂旧本館を復元した複合ビル「テラススクエア」 »

107 巨大スタジアム・ホール・展示場めぐり」カテゴリの記事

124 東京都・新宿区」カテゴリの記事

125 東京都・渋谷区」カテゴリの記事