« 墨田区 両国駅北口地区再開発等促進区 「アパホテル」が、両国国技館の隣接地に、地上31階、高さ約108mの超高層ホテルを建設! | トップページ | 港区 JR田町駅直結の「(仮称)TGMM芝浦プロジェクト」 都市再生特別措置法の認定により「B棟」の詳細が判明! »

2015年12月 3日 (木)

JR東日本 東京駅が大きく変わる! 総工費450億円「東京駅北通路周辺整備」 中央通路と北自由通路間を大規模に改良!

Tokyojrtokyo15121
-東京駅北通路周辺整備-

 「JR東日本」では、「東京駅が街になる」という 「Tokyo Station City」のコンセプトのもと、丸の内駅舎の保存・復原、グラントウキョウノースタワー・グラントウキョウサウスタワー・グランルーフの開業、八重洲駅前広場の整備など、東京駅構内・駅周辺の整備を順次進めています。

 2012年に着手した「改札内北通路」の改良工事とあわせ、「中央通路」と「北自由通路」間の改良工事に着手します。
 これにより、バリアフリールートの増設、待合広場の開設をはじめとした駅サービス機能の強化、新たな店舗展開等により、利便性・快適性の向上、魅力的なエキナカの展開を図り、日本の表玄関にふさわしい駅へと更なる進化を図ります。

 引用資料 JR東日本(PDF:2015/12/02)
 東京駅北通路周辺整備について

 日刊建設通信新聞(2015/12/03)
 JR東日本/東京駅北通路周辺を再整備/16年1月着工、総工費450億円 

 2016年1月に着工し、2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催前の完成を目指し工事を進めます。総工費は、2012年から行われている「改札内北通路」の改良工事と合わせて450億円程度を見込んでいます。


Tokyojrtokyo15122
地下1 階「地下中央待合広場(仮称)」吹抜け空間付近の完成時イメージです。


Tokyojrtokyo15123
工事の「位置図」です。


Tokyojrtokyo15124
東京駅北通路周辺整備計画

 工事範囲は、駅構内の「中央通路」と「北自由通路」に挟まれた部分で、地上1階部分を再整備し、地下1階部分を掘削して新設します。2層分の整備面積は約17,600㎡です。

◆ 地上1階部分は既存店舗(ノースコート、セントラルストリートの一部)を閉鎖し、全面的に再整備します。一部の範囲(約2,600㎡)を掘削し、新たな店舗スペースやコンコースを配置します。

◆ 地下1階部分は、大部分の範囲(約6,300㎡)を掘削し、駅施設や店舗のスペースを新設します。

◆ 地下1階から地上1階、ホーム階をつなぐエレベーターを4基(段差対応エレベーター1基含む)新設します。改良後の北通路と地下1階、ホーム階をつなぐエスカレーターは13基設けます。

◆ 中央地下通路沿いに、吹抜けのあるシンボリックな空間を持つ「地下中央待合広場(仮称)」約500㎡を整備します。待合広場の周辺にベビー休憩室や免税カウンターなどを配置し、駅のサービス機能を強化します。

◆ 店舗面積は合計で約6,300㎡を計画しています。飲食店や物販店を配置し、にぎわいのある魅力的な空間を創出します。店舗開発運営は「鉄道会館」が行います。


Tokyojrtokyo15125
東京駅八重洲口です。奥にTBSドラマ「下町ロケット」で、「帝国重工本社ビル」として描かれている「JPタワー」が見えます(笑)。

 「下町ロケット」は魂が揺さぶられるドラマですね! それにしても、帝国重工宇宙航空部部長役の「吉川晃司」はカッコ良すぎるくらいカッコイイですね。男から見ても惚れるくらいカッコイイです。ちなみに「阿部寛」は、「ドラゴン桜」の頃から私が一番好きな男優さんです。

|

« 墨田区 両国駅北口地区再開発等促進区 「アパホテル」が、両国国技館の隣接地に、地上31階、高さ約108mの超高層ホテルを建設! | トップページ | 港区 JR田町駅直結の「(仮称)TGMM芝浦プロジェクト」 都市再生特別措置法の認定により「B棟」の詳細が判明! »

104 鉄道(新線・高架化・複々線化、その他)」カテゴリの記事

121 東京都・千代田区②」カテゴリの記事