« 中央区 The Coffee Bean & Tea Leaf(コーヒービーン&ティーリーフ)の日本1号店が出店した「東京建物日本橋ビル」 | トップページ | 今日は大晦日 2016年は国家戦略特区「六本木五丁目西地区、虎ノ門・麻布台地区、八重洲二丁目中地区」の超巨大プロジェクトが都市計画決定? »

2015年12月30日 (水)

川崎市 武蔵小杉地区を大きく変えた大規模商業施設「グランツリー武蔵小杉」

Kawasakigrandtree151211
-グランツリー武蔵小杉-

 武蔵小杉地区の「株式会社東京機械製作所玉川製造所再開発計画」は、区域面積37,207.66㎡、延床面積約212,600㎡という大規模プロジェクトです。

 北側の「A-1地区」には、大規模商業施設「(仮称)武蔵小杉SC新築工事」が建設され、南側の「B-1地区」には、地上53階、地下3階の超高層タワーマンションが「(仮称)武蔵小杉計画新築工事」が建設中です。

 北側の「A-1地区」の正式名称は「グランツリー武蔵小杉」、南側の「B-1地区」の正式名称は「シティタワー武蔵小杉」となっています。

 「A-1地区」の「(仮称)武蔵小杉SC新築工事」は、「セブン&アイ・ホールディングス」の大型複合商業施設「(仮称)アリオ武蔵小杉」となっていたので、正式名称も「アリオ武蔵小杉」になると思われていましたが、「グランツリー武蔵小杉」となりました。

 施設名称が「GRAND TREE MUSASHIKOSUGI」、通称が「グランツリー武蔵小杉」となっています。延床面積約106,400㎡(うち店舗面積約37,000㎡)、店舗数約160店舗で、2014年11月22日(土)にグランドオープンしました。

 武蔵小杉地区は鉄道交通の要衝で、日本屈指の超高層タワーマンションの林立する街となっています。足りなかったのは大規模商業施設ですが、「グランツリー武蔵小杉」のオープンにより、一気に拠点性が高まりました。 


Kawasakigrandtree151212
北側壁面です。


Kawasakigrandtree151213
北西側のエントランス「東急武蔵小杉駅口」です。東急・JRの「武蔵小杉駅」に近い北西側のエントランスが「メインエントランス」となります。店舗の配置もそのようになっています。


Kawasakigrandtree151214
「グランツリー武蔵小杉」を北西側から見た様子です。


Kawasakigrandtree151215
東側壁面です。


Kawasakigrandtree151216
東側の歩道です。


Kawasakigrandtree151217
「グランツリー武蔵小杉」東側の「綱島街道」の拡幅工事が行われて見違えるように広くなりました。「自転車専用レーン」も整備されています。


Kawasakigrandtree151218
南東角のエントランス「綱島街道南口」です。


Kawasakigrandtree151219
南側壁面です。


Kawasakigrandtree151220
南側の歩道です。「シティタワー武蔵小杉」との間の道路が拡幅されて広くなりました。


Kawasakigrandtree151221
「グランツリー武蔵小杉」を南西側から見た様子です。こちら側に南西側のエントランス「府中街道口」があります。


Kawasakigrandtree151222
ぐらんぐりんガーデン(GRAND GREEN GARDEN)
 「グランツリー武蔵小杉」の屋上には、様々な種類の季節の樹木や花々を楽しめる、約4,300㎡の日本最大級の屋上庭園「ぐらんぐりんガーデン(GRAND GREEN GARDEN)」が整備されています。


Kawasakigrandtree151223
「ぐらんぐりんガーデン(GRAND GREEN GARDEN)」です。


Kawasakigrandtree151224
「ぐらんぐりんガーデン(GRAND GREEN GARDEN)」は、様々な種類の季節の樹木や花々が楽しめます。

|

« 中央区 The Coffee Bean & Tea Leaf(コーヒービーン&ティーリーフ)の日本1号店が出店した「東京建物日本橋ビル」 | トップページ | 今日は大晦日 2016年は国家戦略特区「六本木五丁目西地区、虎ノ門・麻布台地区、八重洲二丁目中地区」の超巨大プロジェクトが都市計画決定? »

108 大規模商業施設めぐり」カテゴリの記事

202 神奈川県・川崎市」カテゴリの記事