« 千代田区 「三井物産ビル、大手町パルビル、大手町一丁目三井ビルディング」の再開発 地上39階、高さ約200mの「(仮称)OH-1計画」着工! | トップページ | JR東日本 「原宿駅」を大規模に改良 線路及びホーム上に2層の駅舎を新設、臨時ホームを外回り専用ホームに改良! »

2016年6月10日 (金)

JR東日本 東京2020オリンピック・パラリンピックを見据えて「千駄ケ谷駅」を大規模に改良 新宿方面の専用ホームを設置!

Tokyosendagaya16061
-JR千駄ケ谷駅-

 「JR東日本」は、「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会」を見据えて、「千駄ケ谷駅、信濃町駅」及び「原宿駅」の3駅を大規模に改良します。

 引用資料 JR東日本(PDF:2016/06/08)
 駅改良の工事計画について 

 3駅ともに、「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会」前の供用を目指します。3駅の総工事費は約250億円で、設計は3駅ともに「ジェイアール東日本建築設計事務所、ジェイアール東日本コンサルタンツ」らが担当します。

 渋谷区にある「千駄ヶ谷駅」は、2面あるホームのうち、現在、使用していない「臨時ホーム」を「中央・総武線(各駅停車)」の新宿方面専用ホームに改良します。

 改札口やコンコースを拡張するほか、新宿寄りに改札口を移設します。安全性を向上させるためホームドアを新設し、エレベーターを増設してバリアフリー設備を拡充するほか、トイレも拡充します。

JR千駄ケ谷駅改良工事の概要
◆ 現在、使用していない臨時ホームを新宿方面の専用ホームに改良する
◆ 改札口やコンコースを拡張し、混雑緩和を図る
◆ 乗降客の動線がスムーズになるよう、新宿寄りに改札口を移設する
◆ ホームドアを新たに設置し、安全性の向上を図る
◆ エレベーターの増設等、バリアフリー設備を拡充するほか、トイレを拡張する


Tokyosendagaya16062
駅改良工事後の「千駄ケ谷駅」の配置図です。


Tokyosendagaya16063
「駅外観」です。


Tokyosendagaya16064
「改札内コンコース」です。


Tokyosendagaya16065
大規模に改良される「千駄ヶ谷駅」です。2020年のオリンピックに備えて大規模に改良されるのは間違いないと予想して事前に撮影しておきました。

 近くに、新宿区と渋谷区の境界線があります。「千駄ヶ谷駅」は新宿区にあるようなイメージがありますが、駅施設のすべてが「渋谷区」内にあります。


Tokyosendagaya16066
臨時ホーム
 「1番線(新宿・三鷹・高尾方面)ホーム」の南側には1964年の東京オリンピック開催時に設置された「臨時ホーム」があります。現在は使用していません。

 2020年のオリンピックに備えて復活するのは間違いないと思って事前に撮影しておきました。「中央・総武線(各駅停車)」の新宿方面専用ホームに改良して復活する事が決まりました。私の予想はあまり当たりませんが、今回は珍しく当たりました(笑)。


Tokyosendagaya16067
「臨時ホーム」を反対側から見た様子です。「臨時ホーム」はかなりボロボロなので解体して新たに造り替えると思われます。


Tokyosendagaya16068
「2番線(御茶ノ水・千葉・東京方面 )ホーム」の北側には、「中央線(快速)」の軌道があります。


|

« 千代田区 「三井物産ビル、大手町パルビル、大手町一丁目三井ビルディング」の再開発 地上39階、高さ約200mの「(仮称)OH-1計画」着工! | トップページ | JR東日本 「原宿駅」を大規模に改良 線路及びホーム上に2層の駅舎を新設、臨時ホームを外回り専用ホームに改良! »

104 鉄道(新線・高架化・複々線化、その他)」カテゴリの記事

125 東京都・渋谷区」カテゴリの記事