« 青山通りのランドマーク エイベックス・グループ・ホールディングスの本社ビル「(仮称)南青山3丁目プロジェクト」 & 解体された「青山ベルコモンズ」 | トップページ | 台東区 地上23階、高さ約117mの「(仮称)松坂屋上野店南館建替計画 新築工事」 2016年9月の建設状況 »

2016年9月10日 (土)

2020年東京オリンピック 座席数約12,700席(オリンピック開催時約15,000席)の「有明アリーナ」 建築計画のお知らせ掲示!

Tokyoolympic16013
-有明アリーナー
 2020年の東京オリンピックで使用される競技施設「有明アリーナ」の建設が動き出します。「有明アリーナ」は座席数約12,700席(オリンピック開催時約15,000席)で、オリンピックでは「バレーボール(インドア)」の会場となります。

 有明地区には、既存施設の改修を行う「有明テニスの森」以外に、「有明アリーナ、有明BMXコース、有明体操競技場」の3競施設が新たに建設されますが、「有明アリーナ」以外は仮設のため大会終了後には解体されます。

 「有明アリーナ」は大会終了後、様々な室内競技大会やコンサートなどのイベントを行うことができる大規模体育館となります。そのため機材搬入用の大型車が入れるようメーンアリーナの床はコンクリートとなります。

 首都圏では、「代々木第一体育館、日本武道館、横浜アリーナ、さいたまスーパーアリーナ、幕張イベントホール(幕張メッセ)」に次ぐ6ヶ所目の「アリーナツアー」が開催出来るライブ会場が誕生する事になります。

有明アリーナの概要
◆ 計画名-有明アリーナ(仮称)
◆ 所在地-東京都江東区有明一丁目7番6他
◆ 階数-地上5階
◆ 高さ-約37m
◆ 敷地面積-約36,576㎡
◆ 建築面積-約25,500㎡
◆ 延床面積-約47,000㎡
◆ 座席数-約12,700席、約15,000席(オリンピック開催時)
◆ 構造-鉄筋コンクリート造、一部(鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造)
◆ 用途-体育館、観覧場等
◆ 建築主-東京都
◆ 設計者-(基本設計)久米設計、(実施設計)竹中工務店
◆ 施工者-竹中工務店
◆ 着工-2017年03月予定
◆ 竣工-2019年12月予定
◆ 落札額-360億2880万円(税込み)


Tokyoariake16091
「有明アリーナ」の建設予定地を北西側から見た様子です。


Tokyoariake16092
2000年~2005年にかけて「有明貯木場」が埋め立てられた部分に建設されます。


Tokyoariake16093
現在は草ボーボーです。


Tokyoariake16094
敷地面積約36,576㎡なのでかなり広いです。


Tokyoariake16095
敷地内は埋め立て後ずっと立入禁止となっています。


Tokyoariake16096
「有明アリーナ(仮称)」の建築計画のお知らせです。東京都の最近の「建築計画のお知らせ」は2回に分けて掲示されます。これは「外観図、配置図」が掲載されている1回目のバージョンです。当たり前ですが、東京都知事の名前が「小池百合子」になっています(笑)。


Tokyoariake16097
「立面図」です。


Tokyoariake16098
「配置図」です。

|

« 青山通りのランドマーク エイベックス・グループ・ホールディングスの本社ビル「(仮称)南青山3丁目プロジェクト」 & 解体された「青山ベルコモンズ」 | トップページ | 台東区 地上23階、高さ約117mの「(仮称)松坂屋上野店南館建替計画 新築工事」 2016年9月の建設状況 »

107 巨大スタジアム・ホール・展示場めぐり」カテゴリの記事

127 東京都・江東区」カテゴリの記事