« 2017年1月下旬竣工予定 大手町ホトリア 地上29階、高さ約150mの「大手町パークビルディング」 | トップページ | 千代田区 地上39階、高さ約200mと地上31階、高さ約160mの超高層ツインタワー 大規模に行われている「(仮称)OH-1計画」 »

2016年11月16日 (水)

JR東日本 埼京線ホームを山手線と並列の位置への移設する「渋谷駅改良工事」 供用開始された「仮設連絡通路」の第一弾

Tokyoshibuyajr161111
-JR渋谷駅改良工事-

 JR東日本は「渋谷駅」について、2014年4月より駅改良の準備工事に着手し、2015年9月より本体工事に着手しています。

 引用資料 JR東日本(PDF:2015/07/14)
 JR渋谷駅改良工事の本体工事着手について

 現在、駅南側にある「埼京線ホーム」について、2020年春を目標として、山手線と並列の位置への移設工事を進めます。


Tokyoshibuya150732
準備工事着手時点(2014年4月時点)のホーム配置図


Tokyoshibuya150733_2
完成時のホーム配置図

◆ 現在駅南側にある埼京線ホームを北側へ約350m移設することで、山手線ホームと並列の位置とし、乗換利便性の向上を図ります。ホーム幅員は最大12mで、2020年春を目標として整備します。

◆ 山手線ホームを2面2線(内回りが島式ホーム片側利用、外回りが単式ホーム)からの1面2線化します。ホーム幅員は最大16mです。


Tokyoshibuya150734
3階の乗換動線(完成時)
 完成時の3階の乗換動線です。東京メトロ銀座線とJR山手線・埼京線、京王井の頭線の乗換えルートの流れが直線的になり、非常に分かりやすくなります。


Tokyoshibuya150735
1階の乗換動線(完成時)
 
完成時の1階の乗換動線です。1階北側に幅員22m、1階中央部に幅員23mの「東西自由通路」を整備します。それぞれの「東西自由通路」の南側に改札口を設置します。


Tokyoshibuyajr161112
埼京線の軌道上の連絡通路

 「埼京線」の軌道の上には、埼京線ホームへの「連絡通路」があります。「埼京線ホーム」を山手線と並列の位置へ移設するには、「連絡通路」を撤去する必要があります。

 超難工事だとは分かっていましたが、現場を見ると本当に難しい工事だと実感します。(1)仮設の連絡通路の構築、(2)連絡通路の撤去の順番で行うと思われますが、どのように工事を行うのか? 皆目見当がつきません・・・


Tokyoshibuyajr161113
このように「埼京線」の軌道の真上に埼京線ホームへの「連絡通路」があります。


Tokyoshibuyajr161114
供用開始された「仮設連絡通路」の第一弾です。


Tokyoshibuyajr161115
「仮設連絡通路」の内部です。


Tokyoshibuyajr161116
「仮設連絡通路」は、「2番線(山手線)」と「3番線(埼京線)」の間に柱を建てて、構築されています。


Tokyoshibuyajr161117
「仮設連絡通路」の南端です。


Tokyoshibuyajr161118
「2番線(山手線内回り)」のホーム南端から見た「仮設連絡通路」です。


Tokyoshibuyajr161119
仮設の構造物ですが、柱は立派です。


Tokyoshibuyajr161120
「仮設連絡通路」の南側の既存の「連絡通路」です。


Tokyoshibuyajr161121
北側に振り返った様子です。


Tokyoshibuyajr161122
「仮設連絡通路」は更に南側に伸びそうな雰囲気です。


Tokyoshibuyajr161123
更に南側部分の「2番線(山手線)」と「3番線(埼京線)」の間に柱を建てる準備がされています。


Tokyoshibuyajr161124
この部分に柱を建てると思われます。

|

« 2017年1月下旬竣工予定 大手町ホトリア 地上29階、高さ約150mの「大手町パークビルディング」 | トップページ | 千代田区 地上39階、高さ約200mと地上31階、高さ約160mの超高層ツインタワー 大規模に行われている「(仮称)OH-1計画」 »

104 鉄道(新線・高架化・複々線化、その他)」カテゴリの記事

125 東京都・渋谷区」カテゴリの記事