« (仮称)東品川4丁目C街区新築工事 地上29階、高さ約99mの「プライムパークス品川シーサイド ザ・タワー」として始動! | トップページ | ホテルオークラ東京本館建替計画 高低差を克服しながら大規模に行われている地上38階、高さ約188mの「(仮称)虎ノ門2-10計画」 »

2016年11月11日 (金)

JR川崎駅 全く別の駅に生まれ変わる「川崎駅北口自由通路整備・駅改良等工事」 人工地盤の構築が進む!

Kawasakijr140213
川崎駅北口自由通路整備・駅改良等工事-
 JR川崎駅では大規模な駅の改良工事が行われています。「川崎駅北口自由通路整備・駅改良等工事」です。

 JR川崎駅には、現在は幅員約25mの「東西自由通路」がありますが、北側の「東京方跨線橋(こせんきょう)」があった部分に、東口駅前広場と西口北広場を結ぶ「北口自由通路」を新設します。
 「北口自由通路」は幅員10mで、「北口自由通路」の南側には「北改札(10機)」を新設します。

 更に、「東西自由通路」と「北口自由通路」の間を橋上駅舎化して改札内コンコースと大規模なエキナカ商業施設を新設します。
 「北口自由通路」の北側も橋上駅舎化してエキナカ商業施設を新設します。エキナカ商業施設は合計で延床面積約8,600㎡を予定しています。

● 全面開業は2018年10月頃予定
 全面開業時期が予定より7ヶ月程度遅れ、2018年10月頃になる見込です。北口自由通路予定地の地下25m付近から大量の直径約15cm~30cmの玉石が見つかり、基礎杭の施工の障害になっているためです。

 川崎駅から北に1kmも離れていない場所に「多摩川」が流れていることから、川崎市では「駅の敷地の一部が、かつては多摩川かその支流の河原だったのではないか」と推定しています。

 東西自由通路に面した「中央北改札」は2017年7月頃、新設される「北口自由通路」と、この通路沿いの「北改札」などは2018年3月頃に供用開始する予定です。

川崎駅北口自由通路整備・駅改良等工事の概要
◆ 計画名-(仮称)JR川崎駅増築工事
◆ 所在地-神奈川県川崎市川崎区駅前本町26-1 外40筆
◆ 階数-地上5階(既存駅ビル部は地上8階)
◆ 高さ-44.98m(既存駅ビル部)
◆ 敷地面積-29,997.00㎡(施設全体)
◆ 建築面積-増床部分5,556.52㎡(既存駅・駅ビル9,613.32㎡)
◆ 延床面積-増床部分14,237.21㎡(既存駅・駅ビル52,846.16㎡)
◆ 構造-鉄骨造
◆ 用途-店舗、その他(駅舎)
◆ 北口自由通路-有効幅員10m、延長約115m(両デッキ部含むと延長約230m)
◆ 駅施設等-コンコース・改札(北・中央北)整備、既存(中央南)改札改修、エレベーター(3基)・エスカレーター(6基)整備、ベビー休憩室整備、等
◆ 店舗等-約8,600㎡(増床部分)
◆ 建築主-JR東日本、川崎市
◆ 設計者・監理者-ジェイアール東日本建築設計事務所、ジェイアール東日本コンサルタンツJV
◆ 施工者-川崎駅北口自由通路新設・駅改良共同企業体(鉄建建設、大林組JV)
◆ 着工-2013年05月24日(安全祈願祭)
◆ 竣工-2018年10月頃予定(施設全体)
◆ 総事業費-約190億円(川崎市負担約94億円、JR東日本負担約96億円)


Kawasakijr161111
「JR川崎駅北口自由通路等整備事業(整備概要)」です。

 引用資料 川崎市(PDF)
 JR川崎駅北口自由通路等整備事業(整備概要) 


Kawasakijr140214
「北口自由通路東側」のイメージです。


Kawasakijr140215
「東口駅前広場から」のイメージです。


Kawasakijr140216
「北改札付近」のイメージです。


Kawasakijr161112
北側から見た様子です。


Kawasakijr161113
少し方向を変えた様子です。


Kawasakijr161114
タワークレーンが登場しています。


Kawasakijr161115
西側から見た様子です。


Kawasakijr161116
「ラゾーナ川崎プラザ」から見た橋上駅舎部分です。


Kawasakijr161117
この部分にも橋上駅舎が構築されます。


Kawasakijr161118
ホームから見た様子です。


Kawasakijr161119
橋上駅舎です。当初計画より工事は遅れていますが、人工地盤の構築が進んでいます。


Kawasakijr161120
橋上駅舎の内部には、仮設の乗換通路が確保されています。


Kawasakijr161121
橋上駅舎の下です。


Kawasakijr161122
人工地盤を支える巨大な柱です。


Kawasakijr161123
ホームの上に人工地盤の杭を打設して、かまぼこ型の巨大な橋上駅舎が建設されます。


Kawasakijr161124
「1番線(東海道本線)」東側の工事の様子です。「場所打ちコンクリート杭」の構築が終わった場所から順次柱が建てられています。


Kawasakijr161125
「ラゾーナ川崎プラザ」の2階と接続する「ペデストリアンデッキ」の工事も行われています。


Kawasakijr161126
「ラゾーナ川崎プラザ」の2階広場側から見た「ペデストリアンデッキ」との接続部分です。

|

« (仮称)東品川4丁目C街区新築工事 地上29階、高さ約99mの「プライムパークス品川シーサイド ザ・タワー」として始動! | トップページ | ホテルオークラ東京本館建替計画 高低差を克服しながら大規模に行われている地上38階、高さ約188mの「(仮称)虎ノ門2-10計画」 »

104 鉄道(新線・高架化・複々線化、その他)」カテゴリの記事

202 神奈川県・川崎市」カテゴリの記事