« JR東日本 東京2020オリンピックを見据えて「千駄ケ谷駅」を大規模に改良 新宿方面の専用ホームを設置 2017年2月下旬の建設状況 | トップページ | 港区 地上29階、高さ約156mの「ニッセイ浜松町クレアタワー新築工事」 2017年2月下旬の建設状況 »

2017年3月10日 (金)

2017年4月20日(木)オープン 銀座エリア最大の商業施設「GINZA SIX」 先行してビルを貫通する「あづま通り」が通行可能に!

Tokyoginza16101
-銀座六丁目10地区第一種市街地再開発事業-

 「松坂屋銀座店」は2013年6月30日(日)で閉店しました。「松坂屋銀座店」を中心に合計17棟(合計延床面積約74,294㎡)は再開発のため解体されました。

 「J.フロント リテイリング、森ビル、L Real Estate、住友商事」は、銀座六丁目10地区第一種市街地再開発事業」を2014年4月2日に着工しました。

● GINZA SIXが2017年4月20日(木)オープン!
 「銀座六丁目10地区第一種市街地再開発事業」の施設名称は「GINZA SIX(ギンザ シックス)」に決定しています。商業施設の開業日は2017年4月20日(木)の予定です。

 引用資料 公式ホームページ
 GINZA SIX

 銀座エリア最大の商業施設面積約47,000㎡、銀座エリア最大241店舗(物販210、飲食24、サービス7)もの多彩なブランドが集結するワールドクラスクオリティの商業空間を実現します。

 銀座の象徴である中央通りに面した全長(間口)約115mに、世界を代表する6つのラグジュアリーブランドが旗艦店として2~5層の大型メゾネット店舗を構え、個性的なファサードにより銀座の新たな顔を創り出します。

 6つのラグジュアリーブランドの旗艦店は、「① The House of Dior(ザ ハウス オブ ディオール) 、② CÉLINE(セリーヌ) 、③ SAINT LAURENT(サンローラン)、④ Van Cleef & Arpels(ヴァン クリーフ & アーペル) 、⑤ VALENTINO(ヴァレンティノ)、⑥ FENDI(フェンディ)」です。

GINZA SIXの概要
◆ 計画名-銀座六丁目10地区第一種市街地再開発事業
◆ 所在地 -東京都中央区銀座六丁目1-1他
◆ 階数-地上13階、地下6階
◆ 高さ-約66m(建築基準法上の高さ約56m)
◆ 敷地面積-9,077.49㎡
◆ 建築面積-8,921.10㎡
◆ 延床面積-148,711.83㎡
◆ 構造-鉄骨造、鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 基礎工法-直接基礎
◆ 地震対策-制震構造
◆ 用途-店舗、オフィス、文化・交流施設、地域冷暖房施設、駐車場
◆ 建築主-銀座六丁目10地区市街地再開発組合
◆ 運営-GINZA SIXリテールマネジメント(大丸松坂屋百貨店、森ビル、L Real Estate、住友商事が共同出資)
◆ 設計者-銀座六丁目地区市街地再開発計画設計共同体(鹿島建設、谷口建築設計研究所JV)
◆ 施工者-鹿島建設
◆ 着工-2014年04月02日
◆ 竣工-2017年01月31日
◆ 開業-2017年04月20日予定


Tokyoginza16102
「中央吹き抜けイメージ」です。


Tokyoginza16104
「松坂屋銀座店」跡地を含む2つの街区(銀座六丁目10番、11番)を一体的に整備する再開発事業です。


Tokyoginza16103
「GINZA SIX(ギンザ シックス)」の全体概要です。

 引用資料 J.フロント リテイリング(PDF:2016/10/26)
 世界のGINZAを次のステージへ。銀座エリア最大の商業施設「GINZA SIX」2017年4月20日誕生。 


Tokyoginza170311
「GINZA SIX(ギンザ シックス)」を北側から見た様子です。大きすぎてレンズに収まりません。


Tokyoginza170312
北側から見た「中央通り」沿いの様子です。


Tokyoginza170313
北端は「FENDI(フェンディ)」の旗艦店です。隣が「VALENTINO(ヴァレンティノ)」の旗艦店です。


Tokyoginza170314
中央通り沿いの北側寄りの「GINZA SIX(ギンザ シックス)」の出入口です。


Tokyoginza170315
中央通り沿いの南側寄りの「GINZA SIX(ギンザ シックス)」の出入口です。


Tokyoginza170316
南端は「The House of Dior(ザ ハウス オブ ディオール)」の旗艦店です。隣が「CÉLINE(セリーヌ)」の旗艦店です。


Tokyoginza170317
「GINZA SIX(ギンザ シックス)」を西側から見た様子です。大きすぎてレンズに収まりません。


Tokyoginza170318
建物中央を貫通する「あづま通り」の機能です。「あづま通り」は、再開発されて東側の「三原通り」に付け替えられています。


Tokyoginza170319
「あづま通り」は付け替えられていますが、北側一方通行の道路の機能は残っています。


Tokyoginza170320
西側に歩道が整備されていますが、すでに供用開始されています。一般の人が普通に歩いていました。


Tokyoginza170321
「あづま通り」は、北側一方通行のため駐車場の入口は南側の「交詢社(こうじゅんしゃ)通り」側になります。


Tokyoginza170322
「GINZA SIX(ギンザ シックス)」を南側から見た様子です。


Tokyoginza170323
南側から見た「三原通り」沿いの様子です。東側の「三原通り」は「あづま通り」が付け替えられて道路が拡幅されています。


Tokyoginza170324
車道も拡幅されるのかと思っていましたが、拡幅された部分は歩道になるようです。確かにこの部分だけ車道を拡幅しても、前後が拡幅されないと意味がありませんね。



|

« JR東日本 東京2020オリンピックを見据えて「千駄ケ谷駅」を大規模に改良 新宿方面の専用ホームを設置 2017年2月下旬の建設状況 | トップページ | 港区 地上29階、高さ約156mの「ニッセイ浜松町クレアタワー新築工事」 2017年2月下旬の建設状況 »

108 大規模商業施設めぐり」カテゴリの記事

123 東京都・中央区」カテゴリの記事