« 港区 地上29階、高さ約156mの「ニッセイ浜松町クレアタワー新築工事」 2017年2月下旬の建設状況 | トップページ | 「西武ホールディングス」が本社を移転 地上20階、高さ約100mの「西武鉄道池袋ビル建替え計画」 2017年2月下旬の建設状況 »

2017年3月12日 (日)

千代田区 「富士ビル・東京商工会議所ビル・東京會舘ビル」を一体的に建て替え 地上30階、高さ約約150mの「(仮称)丸の内3-2計画」 2017年2月下旬の建設状況

Tokyomarunouchi15111
-(仮称)丸の内3-2計画-
 
日本人に身近なリゾート地だった米国の「サイパン」から日本からの旅行者が激減しているそうです。ピークだった1997年のサイパン(テニアン、ロタを含む)は45万人でしたが、2016年には6万人まで激減したそうです。

 「森高千里」の1992年のヒット曲「私がオバさんになっても」には、 ♪夏休みには二人してサイパンへ行ったわ (中略) 来年も又サイパンへ泳ぎに行きたいわ♪ という歌詞がありました。懐かしいなあ!

 本題に戻って、「(仮称)丸の内3-2計画」は、「富士ビル、東京商工会議所ビル、東京會舘ビル」の3棟を一体的に建て替えるプロジェクトです。

 「(仮称)丸の内3-2計画」は、着工に先立ち2015年11月11日に地鎮祭が行われ、2015年11月16日に着工しました。

 引用資料 三菱地所・ニュースリリース(PDF:2015/11/11)
 三菱地所・東京商工会議所・東京會舘による共同プロジェクト 「(仮称)丸の内3-2計画」 着工 

(仮称)丸の内3-2計画の概要
◆ 所在地-東京都千代田区丸の内三丁目2番他 
◆ 階数-地上30階、塔屋2階、地下4階
◆ 高さ-最高部約150m、軒高約140m
◆ 敷地面積-9,935.02㎡
◆ 建築面積-8,355.06㎡
◆ 延床面積-173,190.18㎡
◆ 構造-(地上)鉄骨造、(地下)鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 基礎工法-直接基礎
◆ 地震対策-制震構造
◆ 用途-オフィス、会議室、バンケット、店舗、駐車場等
◆ 建築主-三菱地所、東京商工会議所、東京會舘
◆ 設計者・監理者-三菱地所設計
◆ 施工者-大成建設
◆ 解体工事-2015年01月19日~2015年11月15日
◆ 着工-2015年11月11日(地鎮祭)、2015年11月16日(着工)
◆ 竣工-2018年10月中旬予定


Tokyomarunouchi15112_6
フロア構成図です。

低層部
 「低層部」については、「三菱地所、東京商工会議所、東京會舘」による区分所有となり、「三菱地所」による丸の内仲通り路面店舗を中心とした店舗、「東京商工会議所」による貸し会議室、賃貸オフィスおよび東商事務局、「東京會舘」によるバンケットを配置します。

高層部
 「高層部」は、皇居外苑を正面に望む賃貸オフィスとなり、「三菱地所」と「東京會舘」が共有します。


Tokyomarunouchi170311
「(仮称)丸の内3-2計画」の建設現場を北西側から見た様子です。この現場は「逆打ち工法」で建設しています。


Tokyomarunouchi170312
南西側から見た様子です。タワークレーン4基で鉄骨建方を行っています。


Tokyomarunouchi170313
南側から見た様子です。タワークレーンが4基あると迫力があります。


Tokyomarunouchi170314
南東側から見た様子です。撮影時、南東側のタワークレーンがクライミングしていました。


Tokyomarunouchi170315
北東側から見た様子です。



|

« 港区 地上29階、高さ約156mの「ニッセイ浜松町クレアタワー新築工事」 2017年2月下旬の建設状況 | トップページ | 「西武ホールディングス」が本社を移転 地上20階、高さ約100mの「西武鉄道池袋ビル建替え計画」 2017年2月下旬の建設状況 »

121 東京都・千代田区②」カテゴリの記事