« 葛飾区 東金町一丁目西地区市街地再開事業 地上44階、総延床面積約162,500㎡を想定! | トップページ | 品川区 地上29階、高さ約99mの大規模超高層タワーマンション「プライムパークス品川シーサイド ザ・タワー」 »

2017年12月19日 (火)

新宿副都心 本格着工した地上34階、高さ約160mの「(仮称)住友不動産 西新宿六丁目計画」

Tokyoshinjuku171221
-(仮称)住友不動産 西新宿六丁目計画-

 新宿副都心に超高層複合ビル「(仮称)住友不動産 西新宿六丁目計画」が建設されます。計画名は「住友不動産西新宿六丁目プロジェクト」とも「(仮称)西新宿六丁目計画 第5ブロック計画」とも呼ばれています。2017年6月19日に着工しました。

 引用資料 住友不動産(PDF:2017/06/20)
 拡大発展する「西新宿」エリアの街区連携を促す“オフィスと住宅”からなる複合開発 「住友不動産西新宿六丁目プロジェクト」平成29年6月着工 職住近接を図った最新鋭ビル開発×地域防災性向上×地域間連携を創造

 建設現場は、「セントラルパークタワー・ラ・トゥール新宿」と「コンシェリア西新宿TOWER’S WEST」に挟まれた場所です。かつては「西新宿六丁目西第5ブロック東地区」と呼ばれていました。

(仮称)住友不動産 西新宿六丁目計画の概要
◆ 所在地-東京都新宿区西新宿六丁目666-1番地ほか(地番)
◆ 交通-都営地下鉄大江戸線「都庁前」駅徒歩5分
◆ 階数-地上34階、塔屋2階、地下2階
◆ 高さ-最高部約160m
◆ 敷地面積-5,615.68㎡
◆ 建築面積-2,272.74㎡
◆ 延床面積-61,321.29㎡
◆ 構造-鉄骨造
◆ 基礎工法-直接基礎
◆ 地震対策-制振構造、中間免震構造(9階と10階の間に免震層を設置)
◆ 用途-オフィス、共同住宅
◆ 総戸数-102戸
◆ 建築主-住友不動産
◆ 設計者・監理者-日建設計
◆ 施工者-大成建設
◆ 着工-2017年06月19日
◆ 竣工-2019年春頃予定


Tokyoshinjuku171222
「建物構造図」です。地震対策として、上層階は揺れを伝えにくくする「免震構造」、下層階は揺れを低減する「制振構造」のハイブリッド構造を採用しています。


Tokyoshinjuku171223
「従前の計画地状況」です。街区の北側の1棟のみ集約化出来ませんでした。


Tokyoshinjuku171224
「西新宿エリア開発年図と住友不動産の参画してきた開発」です。新宿副都心は以前ほど勢いはありませんが、西側に拡大を続けています。住友不動産は新宿副都心を「金城湯池(非常に守りの堅いたとえ)」としています。


Tokyoshinjuku171225
北西側から見た「(仮称)住友不動産 西新宿六丁目計画」の建設現場です。


Tokyoshinjuku171226
北東側から見た様子です。街区図を見ると北側の1棟のみ再開発には参加しないようですが、撮影時に1階で測量が行われていました。再開発に参加するのか? 単に測量を行っていただけなのか? 不明です。


Tokyoshinjuku171227
南側がら見た様子です。


Tokyoshinjuku171228
ゲートが開いていました。撮影時「乗入れ構台」からコンクリートミキサー車で、地下躯体にコンクリートを打設していたので、「順打ち工法」を採用しているようです。


Tokyoshinjuku171229
「(仮称)住友不動産 西新宿六丁目計画」の建築計画のお知らせです。



|

« 葛飾区 東金町一丁目西地区市街地再開事業 地上44階、総延床面積約162,500㎡を想定! | トップページ | 品川区 地上29階、高さ約99mの大規模超高層タワーマンション「プライムパークス品川シーサイド ザ・タワー」 »

124 東京都・新宿区」カテゴリの記事