« 東京ディズニーリゾート 第3のテーマパークは「空」をテーマに検討 名称を「ディズニースカイ」とする案も浮上! | トップページ | 港区 地上40階、高さ約140mの「白金一丁目西部中地区第一種市街地再開発事業」 環境影響調査計画書の縦覧! »

2018年2月 5日 (月)

JR東日本 中央線「御茶ノ水駅」を全面的に造り替え 大規模に行われている「JR御茶ノ水駅バリアフリー整備等工事」

Tokyoochanomizu13092
-JR御茶ノ水駅バリアフリー整備等工事-
 
JR御茶ノ水駅は、中央・総武線(各駅停車)と中央快速線の接続や地下鉄との乗り換えもできる鉄道交通の要衝です。
 しかし、駅の北側の「神田川」をはじめ、「聖橋」や「お茶の水橋」、「茗渓通り」に囲まれた狭隘(きょうあい)な位置にあることも影響し、これまでバリアフリー設備が未整備でした。

 JR東日本は、2013年秋からバリアフリー整備等の改良工事に本格着手しました。バリアフリー整備とあわせて「聖橋口」の駅前広場機能整備も進めます。バリアフリー整備は2018年度、駅前広場機能整備は2020年度までの完了を目指します。

 引用資料 JR東日本(PDF:2013/09/03)
 JR中央線御茶ノ水駅バリアフリー整備等の本体工事着手について 

● バリアフリー整備
 「御茶ノ水駅」のホームと線路上空に、御茶ノ水橋口と聖橋口を結ぶ人工地盤(約2,900㎡)を設置します。

 各ホームにエレベーター1基、エスカレーター2基を配置し、御茶ノ水橋口~聖橋口への2方向バリアフリールートを整備して利便性の向上を図ります。

● 聖橋口駅前広場機能の整備
 バリアフリー整備に合わせて、千代田区と連携して「聖橋口駅前広場機能」の整備も進めます。

 新たに整備される駅前広場は約500㎡で、駅舎も現在の茗渓通り側から聖橋側(人工地盤上)に移設されます。


Tokyoochanomizu180211
西側の「お茶の水橋」から見た「仮設桟橋」です。中央線の茶ノ水駅は、神田川に沿って構築された盛土上にあり、神田川と台地側切土に挟まれた狭隘(きょうあい)な地形上に位置しています。

 そのため神田川に「仮設桟橋」を設置して、「仮設桟橋」の上から工事を行うしか方法がありません。工事名は「御茶ノ水駅改良工事」で「鹿島建設、大成建設JV」により行われています。工期は2012年9月7日~2020年3月31日までとなっています。


Tokyoochanomizu180212
縦アングルです。


Tokyoochanomizu180213
「御茶ノ水駅」の上にクレーンが設置されています。


Tokyoochanomizu180214
クレーンを設置するための「構台」が設けられています。


Tokyoochanomizu180215
新しい駅舎の「人工地盤」を支えるための巨大な「梁」が姿を現しています。


Tokyoochanomizu180216
真横から見た様子です。同時に既存の「法面(のりめん)」を補強して「耐震補強工事」も行われました。


Tokyoochanomizu180217
ホームから見た様子です。


Tokyoochanomizu180218
ホームと線路上空に新しい駅舎の「人工地盤」を支えるための巨大な「梁」が姿を現しています。


Tokyoochanomizu180219
新しい駅舎の「人工地盤」を支えるための巨大な「橋脚」です。基礎は「場所打ちコンクリート杭」です。いつもながら「こんな狭い場所によく構築したなあ!」と感心します。


Tokyoochanomizu180220
ホームから見ると「橋脚」の巨大さが分かります。


Tokyoochanomizu180221
既存のホームは解体されて、仮設のホームに造り替えられています。ホーム床には黒いゴムマットが敷かれています。ホームも全面的に造り替えられます。


Tokyoochanomizu180222
「御茶ノ水駅」の建築計画のお知らせです。



|

« 東京ディズニーリゾート 第3のテーマパークは「空」をテーマに検討 名称を「ディズニースカイ」とする案も浮上! | トップページ | 港区 地上40階、高さ約140mの「白金一丁目西部中地区第一種市街地再開発事業」 環境影響調査計画書の縦覧! »

104 鉄道(新線・高架化・複々線化、その他)」カテゴリの記事

121 東京都・千代田区②」カテゴリの記事