« JR横浜線と東急東横線の乗換駅 大規模な改良工事により橋上駅舎化された「JR菊名駅」 Part2・JR菊名駅のコンコース編 | トップページ | JR浦和駅の西口が大きく変わる Part1・オープンした「JR浦和駅西口ビル(アトレ浦和 West Area、ジェクサー・フィットネス&スパ浦和)」 »

2018年10月10日 (水)

超高層ビルが林立 「大宮駅グランドセントラルステーション化構想(大宮GCS化構想)」は実現するのか?

Saitamaomiya180212
-大宮駅グランドセントラルステーション化構想-
 さいたま市は、「大宮駅グランドセントラルステーション化構想(大宮GCS化構想)」における駅及び交通基盤等の「取組内容」と「実現のための方策」に関して調整を図る場として大宮グランドセントラルステーション推進会議(大宮GCS推進会議)基盤整備推進部会を設置しています。

 引用資料 さいたま市・公式ホームページ
 大宮駅グランドセントラルステーション化構想

 東西自由通路整備を含めた大宮駅の機能高度化や重層的な駅前広場、道路ネットワークの整備などを一体的に進める構想です。あくまでも構想ですが、実現すると大宮駅周辺が激変します。

 JR大宮駅の東口に超高層ビルが4棟描かれています。駅ビルも建て替えられています。東口では、「大門町2丁目中地区第一種市街地再開発事業」が行われています。地上18階、地下3階、高さ約95mですが、4棟は倍近くの高さで描かれているので、高さ160m~180mくらいありそうです。


Saitamaomiya181011
スタディパターン①

 中央通りに交通広場を配置し、中央通路からも東西通路からもアクセスしやすい位置に交流広場を配置した案


Saitamaomiya181012
スタディパターン②

 中央通路からも東西通路からもアクセスしやすい位置に交通広場を配置し、東西通路と連続した位置に交流広場を配置した案


Saitamaomiya181013
スタディパターン③

 南地区の建物一階部分に交通広場を配置し、銀座通りや中央通りに交流広場を配置した案


Saitamaomiya181014
スタディパターン④
 
中地区の建物一階部分に交通広場を配置し、銀座通りや中央通りに交流広場を配置した案


Saitamaomiya181015
JR大宮駅の東口です。


Saitamaomiya181016
JR大宮駅の「ルミネ大宮1」が入っている東口の駅ビルです。巨大ターミナルJR大宮駅の駅ビルにしては貧弱です。


Saitamaomiya181017
JR大宮駅の東口正面の街区です。低層の雑居ビルが密集しています。とても人口1,290,029人(2018年4月1日の推計人口)の玄関口には見えません。


Saitamaomiya181018
「大宮タカシマヤ(高島屋大宮店)」がある街区です。



|

« JR横浜線と東急東横線の乗換駅 大規模な改良工事により橋上駅舎化された「JR菊名駅」 Part2・JR菊名駅のコンコース編 | トップページ | JR浦和駅の西口が大きく変わる Part1・オープンした「JR浦和駅西口ビル(アトレ浦和 West Area、ジェクサー・フィットネス&スパ浦和)」 »

104 鉄道(新線・高架化・複々線化、その他)」カテゴリの記事

251 埼玉県・さいたま市」カテゴリの記事