« 西武池袋線石神井公園駅前 地上26階、高さ約103mの「石神井公園駅南口西地区市街地再開発事業」 | トップページ | 国家戦略特区 地上46階、高さ約240mの「(仮称)八重洲二丁目中地区第一種市街地再開発事業」 2019年度の組合設立を目指す! »

2018年11月 6日 (火)

北海道日本ハムファイターズ 北海道北広島市における新球場建設を正式発表 「北海道ボールパーク(仮称)」は開閉式の三角屋根!

Sapporodome181111
北海道ボールパーク(仮称)
 「日本ハム、北海道日本ハムファイターズ」及び「北海道ボールパーク」は、2018年3月26日の建設候補地内定以降も新球場建設構想に関して多角的な観点で調査・検討を行ってきました。

 協議を重ねた結果、2023年3月開業に向けて正式に新球場を建設することを決定しました。2020年春頃に建設着工、2023年3月に開業する予定です。

 引用資料 北海道日本ハムファイターズ(2018/11/05)
 北海道北広島市における新球場建設を正式発表 

 YouTube(2分41秒) → HOKKAIDO BALLPARK 

 一般的なドーム型ではなく、屋根は、雪が落ちやすい三角形の切り妻屋根を採用し、スライドして開け閉めをします。屋根は夏は原則開放し、冬は閉めて温度を保ちます。

 球場は野球専用で、最大20m掘り下げてグラウンドレベルを地下1階に設置し、すり鉢形の客席は傾斜を緩くし、観客が移動しやすくします。収容人員は約35,000人で、札幌ドームの40,476席(野球開催時)より少なく、地上高も札幌ドームより低くなります。

 天然芝グラウンドは左右非対称で、大型ビジョンや、採光用の透明素材の壁を一部設けます。天然芝の保護などのため、コンサートなどのイベント開催は限定的になる見通しです。

 球場は商業、娯楽施設などで構成するボールパークの核となるほか、災害時の拠点機能も備えます。広大な敷地を生かし、球場周辺にはバーベキュースやグランピングを楽しめる公園や商業施設なども整備されます。

北海道ボールパーク(仮称)の概要
◆ 所在地-北海道北広島市共栄(きたひろしま総合運動公園)
◆ 階数-地上4階、地下1階
◆ 建築面積-約50,000㎡ 
◆ 延床面積-約100,000㎡
◆ 構造-鉄筋コンクリート造、鉄骨造
◆ 仕様-開閉式屋根 天然芝フィールド
◆ 収容人数-約35,000人
◆ 建築主-日本ハムグループを主体とした新球場保有・運営会社(2019年秋設立予定)#
◆ 設計者-大林組グループ(大林組、HKS) ※設計施工一体型発注
◆ 施工者-大林組グループ(大林組、HKS) ※設計施工一体型発注 
◆ 着工-2020年春頃予定
◆ 竣工-2023年01月予定
◆ 開業-2023年03月予定
◆ 建設費用-約600億円(球場周辺外構部及び球場内設備・機器等を含む)


Sapporodome181112
三角形の切り妻屋根
 
開閉式屋根を閉じた状態です。緑の多い周辺環境と調和するよう、外観は濃い茶色で統一します。屋根は、積雪地帯の北海道でよく見られる雪が落ちやすい三角形の切り妻屋根を採用します。

● 約25分で開閉
 屋根は大小2枚構造で、大きい屋根が稼働するリトラクタブルルーフを採用、センターからホームプレート側に160mスライドし、約25分で開閉します。


Sapporodome181113
ガラス壁面が織り成す圧倒的な開放感
 センター方向の壁には、特徴的なガラス壁面を採用して、圧倒的な開放感の実現しています。


Sapporodome12
当初のイメージ図
 当初の「スタジアムのイメージ図」です。大幅にデザインが変更になりました

 引用資料 北海道日本ハムファイターズ(2017/06/29)
 新球場建設構想に関して



Sapporodome180411
「位置図」です。

 引用資料 北広島市・公式ホームページ
 ボールパーク誘致


Sapporodome15
札幌ドーム
 「札幌ドーム」は、2001年6月2日にオープンしました。施設は札幌市が所有し、札幌市と道内財界各社が出資する第三セクター「(株)札幌ドーム」が運営管理を行っています。

 プロ野球の「北海道日本ハムファイターズ」の本拠地球場として使用されています。また、Jリーグの「北海道コンサドーレ札幌」のホームスタジアムとしても使用されています。

 サッカーの試合の時は、手前にある屋外の天然芝サッカー場が室内に移動する「ホヴァリングサッカーステージ」を世界で初めて採用しています。

 「札幌ドーム」は非常に広い球場です。野球開催時は、収容能力が40,476席もあります。最高のコンテンツである「北海道日本ハムファイターズ」が撤退すると札幌市はいったいどうするのでしょうか?か?

● こじれた日本ハムと札幌市の関係
 
球団と球団のある都市は、「持ちつ持たれつ」の関係です。福岡市、広島市、仙台市などは協力関係が非常にうまくいっています。しかし、札幌市はサッパリです・・・

 「北海道日本ハムファイターズ」は、札幌市の活性化や札幌ドームの稼働率や収益に貢献していると自負しています。

 しかし、どんなに多く試合を開催しても、観客動員数を増やしても、飲食や物品の収益は札幌ドームに入ります。球団は一部を受け取るに過ぎません。高額の賃貸料も支払わなければならなりません。

 札幌市の上から目線の融通の利かないお役所的な態度が日本ハムの不信を買ってこのような結果を招いたと思います。札幌市にとっては、取り返しのつかない事態になってしまいました・・・



|

« 西武池袋線石神井公園駅前 地上26階、高さ約103mの「石神井公園駅南口西地区市街地再開発事業」 | トップページ | 国家戦略特区 地上46階、高さ約240mの「(仮称)八重洲二丁目中地区第一種市街地再開発事業」 2019年度の組合設立を目指す! »

401 空撮じゃないけれど 札幌市編」カテゴリの記事