« 国土交通省 民間都市再生事業計画(羽田空港跡地第1ゾーン整備事業(第一期事業))を認定! | トップページ | 横浜みなとみらい21地区 横浜アンパンマンこどもミュージアム&モール移転プロジェクト 2018年12月中旬の建設状況 »

2018年12月27日 (木)

横浜みなとみらい21地区の「新港地区客船ターミナル(仮称)整備」 YOKOHAMA HAMMERHEAD PROJECT 2018年12月中旬の建設状況 

Yokohamamm21180611
新港地区客船ターミナル(仮称)等整備事業
 「横浜市港湾局」は、横浜みなとみらい21地区で「新港9号岸壁」を客船バースとして改修を進めています。その背後には、CIQ(税関・出入国審査・検疫)施設とサービス・商業施設からなる「新港地区客船ターミナル(仮称)」の整備を行います。

 整備に当たっては、民間の資金やノウハウを積極的に活用するため、公民連携事業による事業提案方式で公募を実施ました。「(仮称)Yokohama Pier9」からの提案を選考し、事業予定者に決定しました。

 「新港地区客船ターミナル(仮称)等整備事業」は、2018年6月4日に起工式を執り行い建築工事に着手しました。着工に合わせて事業名を「YOKOHAMA HAMMERHEAD PROJECT(ヨコハマ ハンマーヘッド プロジェクト)」へと改称しました。

 引用資料 野村不動産(PDF:2018/06/04)
 ~新港地区客船ターミナル(仮称)等整備事業~「YOKOHAMA HAMMERHEAD PROJECT」着工のお知らせ

新港地区客船ターミナル(仮称)等整備事業の概要
◆ 所在地-神奈川県横浜市中区新港二丁目14番1
◆ 交通-みなとみらい線「馬車道」駅徒歩10分
◆ 階数-地上5階
◆ 敷地面積-約17,400㎡
◆ 延床面積-約30,290㎡
◆ 主要施設-CIQ(税関・出入国審査・検疫)施設、商業施設、ホテル
◆ 客室数-約200室(1階~5階)
◆ 事業予定者-(仮称)Yokohama Pier9
◆ 構成企業-(代表企業)横浜岡田屋、(構成企業)小此木、藤木企業、川本工業、T・Yホールディングス、横浜グランドインターコンチネンタルホテル、野村不動産、京浜港ワッチマン業協同組合
◆ 設計者-梓設計
◆ 施工者-五洋建設
◆ 着工-2018年06月04日(起工式)
◆ 供用開始-2019年予定


Yokohamamm21180612
「完成予想パース」です。


Yokohamamm21171012
「位置図」です。


Yokohamamm21181231
横浜ランドマークタワー」69階の展望フロア「スカイガーデン」から見た様子です。


Yokohamamm21181232
「YOKOHAMA HAMMERHEAD PROJECT」の建設現場です。


Yokohamamm21181233
クローラークレーン2台で「鉄骨建方」を行っています。


Yokohamamm21181234
ジャケット式桟橋

 「新港9号岸壁」を客船バースとして改修を進めています。「ジャケット式桟橋」が採用されています。「ジャケット式桟橋」とは、基礎杭に、鋼管で組み立てた立体トラスを被せた桟橋です。老朽化した岸壁の改修工事などでよく採用されています。



|

« 国土交通省 民間都市再生事業計画(羽田空港跡地第1ゾーン整備事業(第一期事業))を認定! | トップページ | 横浜みなとみらい21地区 横浜アンパンマンこどもミュージアム&モール移転プロジェクト 2018年12月中旬の建設状況 »

201 神奈川県・横浜市」カテゴリの記事