« 相鉄・JR直通線 & 相鉄・東急直通線 「相模鉄道」が2種類の新型車両を開発する理由 | トップページ | 千葉市新庁舎整備工事 延床面積約49,400㎡の新庁舎を2020夏頃に築工事着手! »

2019年1月15日 (火)

JR東日本 新宿駅の迷宮を解消する「新宿駅東西自由通路」 地下空間では凄い工事が行われている!

Tokyoshinjuku180231
-新宿駅東西自由通路-
 
新宿駅は1日の乗降客が約350万人を超える国内最大のターミナルです。常にどこかで工事が行われている新宿駅ですが、2012年9月から「新宿駅東西自由通路」の工事が行われています。

 「新宿駅東西自由通路」は、JR新宿駅の東口改札と西口改札を結ぶ改札内通路(北通路)を拡幅し、改札位置を変更して東西の行来を可能とする通路であり、新宿駅周辺における歩行者の回遊性向上に貢献します。

 引用資料 新宿区 公式ホームページ
 新宿駅東西自由通路の整備を進めています

 「新宿駅東西自由通路」は、幅員約25m、延長約100mの地下通路で、2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催にあわせた供用を目指しています。


Tokyoshinjuku190111
「現況」と「整備後」です。


Tokyoshinjuku190112
「① 工事着手前」です。


Tokyoshinjuku190113
「② 工事桁架設/土砂掘削(1次)/既設構造物撤去」です。


Tokyoshinjuku190114
「③ 高架橋構築/土砂掘削(2次)」です。現在はこの段階のようです。


Tokyoshinjuku190115
「④ 自由通路完成」です。

● 施工手順をみるだけでも難工事
 現在の線路の下に新た広大な地下空間を掘削する難工事です。掘削による線路のわずかな沈下も絶対に許されません。それだけで難工事ですが、それを膨大な乗降客の動線と安全を確保しながら行う必要があります。

 
Tokyojr14032
現地に掲示されている「全景イメージ」です。

 
Tokyojr14033
現地に掲示されている「将来の西口改札イメージ」です。



|

« 相鉄・JR直通線 & 相鉄・東急直通線 「相模鉄道」が2種類の新型車両を開発する理由 | トップページ | 千葉市新庁舎整備工事 延床面積約49,400㎡の新庁舎を2020夏頃に築工事着手! »

104 鉄道(新線・高架化・複々線化、その他)」カテゴリの記事

124 東京都・新宿区」カテゴリの記事