« 相模鉄道 相鉄線海老名駅改良工事 海老名駅を大規模にリニューアルして橋上駅舎化! | トップページ | 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向けて! 東京ビッグサイトの玄関口で行われている「国際展示場駅前広場改修工事」 »

2019年6月23日 (日)

横浜市 2019年11月30日開業予定の「相鉄・JR直通線」 相鉄本線と相鉄・JR直通線が分岐・合流する「西谷駅周辺工事」

Yokohamanishiya190611
-相鉄・JR直通線、相鉄・東急直通線-
 「相鉄・JR直通線」は、相鉄本線「西谷駅」とJR東海道貨物線「横浜羽沢駅」付近間に連絡線(約2.7km)を新設し、この連絡線を利用して相鉄線とJR線が相互直通運転を行うものです。

 「相鉄・東急直通線」は、JR東海道貨物線「横浜羽沢駅」付近と東急東横線・目黒線「日吉駅」間に連絡線(約10.0km)を新設し、この連絡線を利用して相鉄線と東急線が相互直通運転を行うものです。

 公式HP → 相鉄・JR直通線、相鉄・東急直通線

 「相鉄・JR直通線」は、当初2015年4月の開業を目指していましたが、工事の遅れにより、開業は2019年11月30日(予定)となっています。「相鉄・東急直通線」は、当初2019年4月の開業を目指していましたが、工事の遅れにより、開業は2022年度下期(予定)となっています。


Yokohamanishiya190612
相鉄・JR直通線

 「相鉄・JR直通線」は、神奈川東部方面線の機能の一部として、相鉄本線「西谷駅」からJR東海道貨物線「横浜羽沢駅」付近までの区間に連絡線を建設するものです。

 この相鉄・JR直通線の整備により、横浜市西部及び神奈川県央部と東京都心部の地域間の速達性が向上し、広域鉄道ネットワークの形成と機能の高度化が図られるとともに、横浜駅やJR東海道線等の既設路線の混雑緩和や乗換回数の減少、地域の活性化等に寄与するものです。


Yokohamanishiya190613
西谷駅周辺工事

 「相鉄・JR直通線」の整備のうち、相鉄線西谷駅付近の工事については、現在の相鉄本線に近接することから、整備主体である鉄道・運輸機構より相模鉄道が委託を受けて工事を行います。

 「西谷駅」を中心として、横浜方約500mの直通線の西谷トンネルを開削工法で建設する区間を西谷1工区、海老名方約700mの引上げ線を整備する区間を西谷2工区として、区間別に工事を進めていく予定です。

 引用資料 → 西谷駅周辺工事


Yokohamanishiya190614
西谷駅

 「西谷駅」は、「にしたにえき」ではなく「にしやえき」と読みます。神奈川県横浜市保土ケ谷区西谷町にある「相模鉄道本線」の駅です。現在は「各駅停車」のみが停車します。

 「西谷駅」は橋上駅舎を有する島式2面2線の地上駅です。本来は待避線を有する島式2面4線ですが、「西谷駅周辺工事」のため「1番線、4番線」は使用停止中です。


Yokohamanishiya190615
駅の西側直上を「東海道新幹線」の高架橋が横切っています。


Yokohamanishiya190616
西側(二俣川・大和・海老名・いずみ野線直通 いずみ野・湘南台方面)を見た様子です。「シーサスクロッシング」の分岐器が3ヶ所設置されます。


Yokohamanishiya190617
中央に引上げ線を2本整備します。


Yokohamanishiya190618
3番線ホーム(上り線)です。4番線ホームは使用停止中です。


Yokohamanishiya190619
3番線ホーム(上り線)を反対側のホームから見た様子です。


Yokohamanishiya190620
ホームを造り替えています。


Yokohamanishiya190621
2番線ホーム(下り線)です。1番線ホームはは使用停止中です。


Yokohamanishiya190622
1番線の線路は撤去されていましたが、新たに敷かれています。


Yokohamanishiya190623
東側(星川・横浜方面)を見た様子です。


Yokohamanishiya190624
この部分で「相鉄本線」と「相鉄・JR直通線」が分岐・合流します。


Yokohamanishiya190625
「羽沢横浜国大駅」方面からのトンネルの出口が見えます。



|

« 相模鉄道 相鉄線海老名駅改良工事 海老名駅を大規模にリニューアルして橋上駅舎化! | トップページ | 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向けて! 東京ビッグサイトの玄関口で行われている「国際展示場駅前広場改修工事」 »

201 神奈川県・横浜市」カテゴリの記事

104 鉄道(新線・高架化・複々線化、その他)」カテゴリの記事