« 荒川区 JR常磐線三河島駅前の「三河島駅前北地区再開発」 2020年度の都市計画決定を目指す! | トップページ | 丸紅新本社ビル 地上22階、高さ約112mの「(仮称)大手町1-4-2計画」 2019年10月上旬の建設状況 »

2019年10月10日 (木)

投資額が最大2,500億円「苫小牧国際森林リゾートプロジェクト」の第1期 日本初の本格的ラグジュアリー・ウェルネスリゾート「Jayasom Wellness Resort 北海道」

Tomakomai191011
-Jayasom Wellness Resort 北海道-

 不動産開発大手の「森トラスト」の「森章会長」がオーナーを務める投資会社「MAプラットフォーム」は10月8日に、「苫小牧市」に計画する大規模リゾートについて、事業を大幅に拡大し、投資額が当初見込みの4倍超となる最大2,500億円になることを明らかにしました。訪日観光客の増加で、巨額投資に見合う効果が得られると判断しました。

 「MA プラットフォーム」は、日本初の本格的ラグジュアリー・ウェルネスリゾートとなる、「ジャヤソム ウェルネスリゾート北海道(Jayasom Wellness Resort)」を誘致し、2023年から2024年の開業を目指すことを決定しました。

 引用資料 MAプラットフォーム(PDF:2019/10/09)
 北海道に日本初の本格的ラグジュアリーウェルネスリゾート開発を発表

 「新千歳国際空港」の近接地に所有する約1,000ヘクタールの森林に計画中の「苫小牧国際森林リゾートプロジェクト」の第一弾として開発するもので、ラグジュアリー・ウェルネスリゾートの運営を行う「Jayasom Pte. Ltd. 社(本社:シンガポール)」をオペレーターに任命しました。


Tomakomai191012
「苫小牧国際森林リゾートプロジェクト第1期」のイメージです。設計が「大成建設、森村設計」、デザイン監修が「隈研吾建築都市設計事務所」となっています。


Tomakomai191013
「苫小牧国際森林リゾートプロジェクト」は、敷地規模約1,000ヘクタールです。


Tomakomai191014
「第1期」に続き、「第2期」、「第3期」、更に「将来計画」もあります。投資額が最大2,500億円になる予定です。



|

« 荒川区 JR常磐線三河島駅前の「三河島駅前北地区再開発」 2020年度の都市計画決定を目指す! | トップページ | 丸紅新本社ビル 地上22階、高さ約112mの「(仮称)大手町1-4-2計画」 2019年10月上旬の建設状況 »

401 空撮じゃないけれど 札幌市編」カテゴリの記事