« 渋谷駅西口の新たな歩行者デッキが、2020年9月26日(土)初電から供用開始! その後、旧東急百貨店東横店建物の解体工事に着手予定! | トップページ | 大規模再開発「内幸町再開発」の隣接地 有楽町駅~新橋駅間の高架下商業空間「日比谷OKUROJI(ヒビヤ オクロジ)」 2020年9月10日(木)オープン! »

2020年8月24日 (月)

「イオン」が次世代ネットスーパー事業に本格参入 千葉市緑区に最先端のAI及びロボティクス機能を導入した「大規模自動倉庫」を建設!

Chibaaion200811
-イオン次世代ネットスーパー-

 「イオン」は、2019年11月にイギリスのテクノロジー及びネットスーパー企業「Ocado Group plc(本社:ロンドン)」の子会社である「Ocado Solutions」と日本国内における独占パートナーシップ契約を締結しました。

 2019年12月に、「イオンネクスト準備株式会社」を設立し、2023年に、最先端のAI及びロボティクス機能を導入した日本初の「CFC」建設とネットスーパー事業の本格稼働を目指し、準備をすすめています。

 2020年8月19日に、「イオンネクスト」は、千葉市緑区誉田町に国内初となるCFC建設予定用地の取得に関する予約契約を「エム・ケー株式会社」と締結しました。

 引用資料 イオン(2020/08/19)
 イオン次世代ネットスーパーに着手、イオンネクスト準備株式会社が千葉誉田に建設用地取得の予約契約締結

● CFCの特長
 「CFC」は、「Customer Fulfillment Center=顧客フルフィルメントセンター)」の略です。CFCの特長は、センター内で約50,000品目の商品を品揃えすることができ、さらにロボットとAIによる24時間稼働や効率的なピックアップにより、安定的な供給力を誇る点です。

 Ocadoのソリューションを活用し、CFC内のロボットは50点の商品を約6分間で処理することが可能です。また、最先端のAIアルゴリズムを用いて、常に最適な配送ルートを特定することができることから、最も効率よく顧客に商品を届けることが可能になります。

千葉誉田物件概要
◆ 所在地-千葉県千葉市緑区誉田町二丁目22-3他
◆ 敷地面積-約72,623㎡
◆ 建築面積-約27,500㎡
◆ 延床面積-約43,070㎡
◆ 着工-2021年春予定
◆ 事業開始-2023年春予定

イオンネクスト準備株式会社の概要
◆ 社名-イオンネクスト準備株式会社
◆ 設立日-2019年12月20日
◆ 本社所在地-千葉県千葉市美浜区中瀬一丁目5番地1
◆ 代表取締役-バラット・ルパーニ
◆ 事業内 容-暮らしの必需品を中心に、オンラインで顧客から注文を受けて宅配するオンライン・スーパーマーケットの運営
◆ 出資比率-イオン株式会社100%


Chibaaion200812
「CFC」内のロボットのイメージです。 50点の商品を約6分間で処理することが可能です。


Chibaaion200813
「(仮称)ネクストコア千葉誉田」の区画図です。「エム・ケー株式会社」が千葉市より産業用地整備支援事業の認定を受け、官民連携による産業用地整備を実施しています。完成イメージを見ると、「イオンネクスト」は、「B-2宅地」と「B-4宅地」を使用すると思われます。

 引用資料 エム・ケー株式会社(PDF:2020/03/16)
 「ネクストコア千葉誉田」施設の工事完了


Chibaaion200814
「(仮称)ネクストコア千葉誉田」の位置図です。

 引用資料 千葉市・公式HP
 千葉市産業用地整備支援事業

 「(仮称)ネクストコア千葉誉田」は、千葉外房有料道路「高田IC」から約1km、千葉東金道路「高田IC」から約3km、JR外房線「誉田駅(ほんだえき)」から徒歩約10分に位置します。



|

« 渋谷駅西口の新たな歩行者デッキが、2020年9月26日(土)初電から供用開始! その後、旧東急百貨店東横店建物の解体工事に着手予定! | トップページ | 大規模再開発「内幸町再開発」の隣接地 有楽町駅~新橋駅間の高架下商業空間「日比谷OKUROJI(ヒビヤ オクロジ)」 2020年9月10日(木)オープン! »

231 千葉県・千葉市」カテゴリの記事