« 横浜市 地上31階、高さ約150mの「関内駅前港町地区第一種市街地再開発事業」 事業協力に関する基本協定書を締結! | トップページ | 総武本線新小岩駅南口 「新小岩駅南口地区再開発」は、地上39階、高さ約160m、2街区総延床面積約74,680㎡を想定! »

2020年10月 3日 (土)

大和ハウス工業 ブリヂストン旧横浜工場跡地 周辺環境に配慮した次世代型物流施設「DPL横浜戸塚」 2020年10月1日に着工!

Yokohamanadpl201011
-DPL横浜戸塚-

 「大和ハウス工業」は、神奈川県横浜市戸塚区の「ブリヂストン旧横浜工場」跡地において、次世代型物流施設「DPL横浜戸塚」を2020年10月1日に着工しました。

 引用資料 大和ハウス工業(2020/09/28)
 柏尾川の桜が見渡せる屋外デッキやカフェテリアを地域住民に開放 周辺環境に配慮した次世代型物流施設「DPL横浜戸塚」着工

 「大和ハウス工業」は、神奈川県において、マルチテナント型物流施設「DPL横浜大黒」や「DPL新横浜Ⅰ(DPL横浜港北Ⅰ)」をはじめ、BTS型物流施設など22棟、総延床面積約1,035,000㎡の物流施設の開発を手掛けてきました。

 今回開発する「DPL横浜戸塚」は、柏尾川の桜が見渡せる敷地内の屋外デッキや、カフェテリアを地域住民に開放するなど、周辺環境に配慮した次世代型物流施設です。また、従業員の働き方改革支援として、従業員専用の保育施設や全館空調設備を設けました。 

 立地面では、横浜新道「上矢部インターチェンジ」から約4km、横浜横須賀道路「日野インターチェンジ」から約4.5kmで、東名高速道路や首都圏中央連絡自動車道(圏央道)にアクセスしやすく、首都圏から広域には東日本全域や東海地方までアクセスできる場所に位置しています。

DPL横浜戸塚の概要
◆ 計画名-(仮称)DPL横浜戸塚新築工事
◆ 所在地-神奈川県横浜市戸塚区戸塚町775
◆ 交通-横浜新道「上矢部インターチェンジ」から約4km、横浜横須賀道路「日野インターチェンジ」から約4.5km、JR東海道線・横浜線・湘南新宿ライン、横浜市営地下鉄「戸塚駅」から約2.7km(車で約10分)
◆ 階数-地上4階、地下0階
◆ 敷地面積-56,373.23㎡
◆ 建築面積-32,766.35㎡
◆ 延床面積-126,155.78㎡
◆ 賃貸面積-107,867.76㎡(最大16テナント、1区画6,670㎡から入居可能、1フロアの賃貸借面積13,037㎡)
◆ 構造-RCS造(柱が鉄筋コンクリート造+梁が鉄骨造)
◆ 地震対策-免震構造
◆ 用途-マルチテナント型物流施設
◆ 建築主-横浜戸塚施設開発特定目的会社
◆ 設計者-三井住友建設
◆ 施工者-三井住友建設
◆ 着工-2020年10月01日
◆ 竣工-2022年06月予定
◆ 入居開始-2022年07月予定


Yokohamanadpl201012
「外観パース」です。


Yokohamanadpl201013
「屋外デッキイメージ」です。


Yokohamanadpl201014
「位置図」です。



|

« 横浜市 地上31階、高さ約150mの「関内駅前港町地区第一種市街地再開発事業」 事業協力に関する基本協定書を締結! | トップページ | 総武本線新小岩駅南口 「新小岩駅南口地区再開発」は、地上39階、高さ約160m、2街区総延床面積約74,680㎡を想定! »

201 神奈川県・横浜市」カテゴリの記事