« 「(仮称)札幌駅南口北4西3地区第一種市街地再開発事業」の環境影響評価方法書の縦覧 地上40階、高さ約220m、延床⾯積約230,000㎡に決定! | トップページ | 中央区 地上50階、高さ約187mの「月島三丁目南地区第一種市街地再開発事業」 市街地再開発組合の設立を2020年11月5日に認可! »

2020年11月 4日 (水)

三井不動産ロジスティクスパーク船橋の敷地内 国際スケート連盟基準準拠の「三井不動産アイスパーク船橋」 2020年12月13日(日)オープン!

Chibafunabashi201111
-三井不動産ロジスティクスパーク船橋-
 「三井不動産」は、「船橋オートレース場」跡地に「三井不動産ロジスティクスパーク船橋」を整備中です。2016年10月には、延床面積198,399.99㎡の「MFLP船橋Ⅰ」が竣工、2019年10月には、延床面積薬224,834㎡の「MFLP船橋Ⅱ」が竣工しています。

 現在は、第3弾の「MFLP船橋Ⅲ期」を建設中です。2019年9月に着工した「MFLP船橋Ⅲ期」は、「三井不動産」の最大施設となる予定で、2021年6月の竣工を目指します。

● 三井不動産アイスパーク船橋
 「三井不動産」は、三井不動産ロジスティクスパーク船橋敷地内に誘致するスケートリンクについて、ネーミングライツを取得し、施設名称を「三井不動産アイスパーク船橋(MITSUI FUDOSAN ICE PARK FUNABASHI)」とすることを決定しました。

 2020年12月13日(日)にオープン予定であり、近隣にて三井不動産が運営する「三井ショッピングパーク ららぽーとTOKYO-BAY」とも連携して賑わいを生み出すことにより、船橋エリアのさらなる活性化に寄与します。

 引用資料 三井不動産(2020/11/02)
 三井不動産ロジスティクスパーク船橋 敷地内にスケートリンクを誘致 「三井不動産アイスパーク船橋(MITSUI FUDOSAN ICE PARK FUNABASHI)」が12月オープン

 「三井不動産アイスパーク船橋」は、国際スケート連盟基準準拠の「Aリンク(60m×30m)」に加え、練習場としての機能を担う「Bリンク(24m×38m)」の2面のリンクを独立して完備した民設・民営の通年営業のアイススケートリンクです。2021年春からは、「MFフィギュアスケートアカデミー」を開校予定です。

三井不動産アイスパーク船橋の概要
◆ 施設名称-三井不動産アイスパーク船橋(MITSUI FUDOSAN ICE PARK FUNABASHI)
◆ 計画名-(仮称) 南船橋アイスアリーナ建設工事
◆ 所在地-千葉県船橋市浜町二丁目1番53の一部
◆ 交通-JR京葉線「南船橋」駅徒歩15分
◆ 延床面積-5,447.87㎡
◆ Aリンク-60m×30m=1,800㎡
◆ Bリンク-24m×38m=912㎡
◆ 用途-スケートリンク
◆ 建築主-パティネレジャー(施設運営者、建物所有者)
◆ 設計者・監理者-JFEシビル
◆ 施工者-JFEシビル
◆ 着工-2020年02月01日 (労災保険関係成立票より)
◆ 竣工-2020年11月30日
◆ オープン-2020年12月13日


Chibafunabashi201112
「施設位置図」です。2021年7月完成予定の約20,000㎡の緑地空間内に、先行して「三井不動産アイスパーク船橋」が 2020年12月13日にオープンします。


Chibafunabashi200912_20200923125001
2020年9月下旬の「三井不動産アイスパーク船橋」の建設現場を北側から見た様子です(写真提供読者さん)。


Chibafunabashi200913_20200923125001
「三井不動産アイスパーク船橋」の建設現場を南東側から見た様子です(写真提供読者さん)。


Chibafunabashi200914_20200923125001
「三井不動産アイスパーク船橋」の建設現場を南側から見た様子です(写真提供読者さん)。



|

« 「(仮称)札幌駅南口北4西3地区第一種市街地再開発事業」の環境影響評価方法書の縦覧 地上40階、高さ約220m、延床⾯積約230,000㎡に決定! | トップページ | 中央区 地上50階、高さ約187mの「月島三丁目南地区第一種市街地再開発事業」 市街地再開発組合の設立を2020年11月5日に認可! »

234 千葉県・湾岸部」カテゴリの記事