« 2021年7月 | トップページ | 2021年9月 »

2021年8月

2021年8月31日 (火)

総武本線新小岩駅南口 地上39階、高さ約160mの「新小岩駅南口地区第一種市街地再開発事業」 都市計画決定して完成イメージを公開!

Tokyoshinkoiwa210811
-新小岩駅南口地区第一種市街地再開発事業-

 葛飾区にある総武本線「新小岩駅」は、総武快速線と総武緩行線の2面4線のホームを有する駅です。新小岩駅南口では、「新小岩駅南口地区再開発準備組合」が「新小岩駅南口地区第一種市街地再開発事業」を計画しています。

 「新小岩駅南口地区第一種市街地再開発事業」の予定地は、JR総武・中央線「新小岩」駅南口に位置した約15,000㎡の区域です。区域内は駅前利用者が快適に過ごせる歩行者空間や潤いある緑地空間が不足していることに加え、建物の老朽化や、防災上有効なまとまりのあるオープンスペースの不足等の課題がありました。

● 都市計画決定!
 「三井不動産レジデンシャル」と「一般財団法人首都圏不燃建築公社」は、東京都葛飾区にて権利者と推進している「新小岩駅南口地区第一種市街地再開発事業」について、2021年8月10日に東京都葛飾区より都市計画決定の告示がされました。

 引用資料 三井不動産レジデンシャル(PDF:2021/08/30)
 「新小岩駅南口地区第一種市街地再開発事業」都市計画決定のお知らせ ~約1.5ha、住宅・商業・業務施設のミクストユースプロジェクト~

 建設通信新聞(2021/08/31)
 新小岩駅南口再開発/葛飾区が都計決定/2022年度本組合、2024年度着工目指す

 南口駅前広場等の整備により新小岩駅周辺の回遊性・利便性を高めるとともに、不燃性・耐震性を備えた約580戸の共同住宅、商業・業務施設を一体で開発することで、駅前の防災機能の向上と新たな魅力の創出に寄与します。

新小岩駅南口地区第一種市街地再開発事業の概要
◆ 所在地-東京都葛飾区新小岩一丁目内
◆交通-JR総武本線「新小岩」駅すぐ
◆ 階数-(B街区)地上39階、地下2階、(A街区)地上12階、地下1階
◆ 高さ-(B街区)約160m
◆ 区域面積-約15,000㎡
◆ 敷地面積-約5,600㎡
◆ 延床面積-(施設全体)約77,110㎡、(B街区)約69,000㎡、(A街区)約8,110㎡
◆ 用途-(B街区)共同住宅、店舗、事務所、(A街区)事務所、店舗
◆ 総戸数-約580戸
◆ 建築主-新小岩駅南口地区再開発準備組合
◆ 事業協力者-三井不動産レジデンシャル、一般財団法人首都圏不燃建築公社
◆ 再開発コンサルタント-日本設計
◆ 都市計画決定-2021年08月10日
◆ 再開発組合設立・事業認可-2022年度予定
◆ 権利変換計画認可-2023年度予定
◆ 着工-2024年度予定
◆ 竣工-2028年度予定


Tokyoshinkoiwa210812
「完成イメージ」です。左側が地上39階、地下2階、高さ約160mの「B街区」、右側が地上12階、地下1階の「A街区」となります。


Tokyoshinkoiwa201011
「新小岩駅南口地区第一種市街地再開発事業」の位置図です。再開発事業では「南口駅前広場」も整備します(引用:葛飾区)。


Tokyoshinkoiwa190612
最寄りの駅となる「JR新小岩駅」のホームです。


Tokyoshinkoiwa190622
最寄りの駅となる「JR新小岩駅」の改札内コンコースです。



|

2021年8月30日 (月)

本格的に行われている「京王電鉄京王線(笹塚駅~仙川駅間)連続立体交差事業」 約7.2kmの区間を高架化、7駅が高架駅に!

Tokyokeio210811
-京王電鉄京王線連続立体交差化事業-

 「東京都」と「京王電鉄」は、京王電鉄京王線の笹塚駅から仙川駅間付近にかけて、道路と鉄道との連続立体交差事業を行っています。京王線の笹塚駅~仙川駅間約7.2km(7,225m)の区間を高架化することにより、25ヶ所の踏切を除却するとともに7ヶ所の都市計画道路を立体化し、あわせて側道を整備するものです。

 「京王電鉄京王線(笹塚駅~仙川駅間)連続立体交差事業」により、「代田橋駅、明大前駅(京王線)、下高井戸駅、桜上水駅、上北沢駅、芦花公園駅、千歳烏山駅」が高架駅となります。

 当初は、計画名が「京王電鉄京王線(笹塚駅~つつじヶ丘駅間)連続立体交差化及び複々線化事業」でしたが、計画が見直され「京王電鉄京王線(笹塚駅~仙川駅間)の連続立体交差事業」に名称が変更になっています。

 2019年5月30日には、「京王電鉄京王線(笹塚駅~仙川駅間)連続立体交差事業」において新たに高架化する7駅(代田橋駅、明大前駅、下高井戸駅、桜上水駅、上北沢駅、芦花公園駅、千歳烏山駅)の外観デザインが発表されています。

 引用資料 京王電鉄・公式HP(PDF:2019/05/30)
 京王線(笹塚駅~仙川駅間)連続立体交差事業により高架化する7駅の新しい駅舎の外観デザインを決定しました!

● 工事は大幅に遅れている
 全体の工事区間を8つに分割し、2018年10月より、用地が連担して取得できている笹塚駅側の地上への取付部と代田橋駅付近の「第1工区」、明大前駅付近の「第2工区」、芦花公園駅付近の「第6工区」、仙川駅側の地上への取付部の「第8工区」の鉄道工事に着手しています。また、2021年4月より下高井戸駅付近の「第3工区」、桜上水駅付近の「第4工区」に着手しています。

 当初の事業期間は、2013年度~2022年度の予定でしたが、大幅に遅れています。2021年6月23日時点のQ&Aでは「(Q)この事業が終わるのはいつですか? (A)現在、事業期間は2022年度末までとなっておりますが、用地取得の進捗状況を踏まえ、今後の事業工程について精査を行っております。精査結果を踏まえて、事業期間の変更について関係者と調整を行って参ります。」と書かれています。

 全国の「連続立体交差事業」を見ていると分かりますが、「連続立体交差事業」が当初計画通り完成する事はまずありません。10年以上遅れる事も珍しくありません。


Tokyokeio210812
代田橋駅(だいたばしえき)

 レンガ調や透明感のある素材を組み合わせることで、近隣の歴史的な建築物や玉川上水の流れを感じさせるデザインとしました。


Tokyokeio210813
明大前駅(めいだいまええき

 透明感のある素材をリズミカルに組み合わせることで、街の賑やかさと移り変わりが間近に感じられるデザインとしました。


Tokyokeio210814
下高井戸駅(しもたかいどえき)

 温かな色彩の大庇を街へ向けて広げることで、賑わいのある商店街との繋がりを表現したデザインとしました。


Tokyokeio210815
桜上水駅(さくらじょうすいえき)

 木質調等自然と調和する質感や柔らかな配色により、静かな住宅街と共存するデザインとしました。


Tokyokeio210816
上北沢駅(かみきたざわえき)

 落ち着いた色合いと透明感のある素材を組み合わせることにより、地元のシンボルである桜並木が映えるデザインとしました。


Tokyokeio210817
芦花公園駅(ろかこうえんえき)

 木質調の縦格子を連ねることで書架を表現し、文学にゆかりのある街を感じさせるデザインとしました。


Tokyokeio210818
千歳烏山駅(ちとせからすやまえき)

 温かみのある配色と開放感のある粗目の格子により街との一体感を演出し、賑わいのある街に溶け込むデザインとしました。



|

2021年8月29日 (日)

川崎市 JR南武線(尻手駅~武蔵小杉駅間)連続立体交差化 都市計画決定と用地取得を前に、計画がなかなか進まない・・・

Kawasakinanbu210811
-JR南武線-
 「JR南武線」は、川崎駅から立川駅を結び、首都圏において環状方向の鉄道輸送の一翼を担う鉄道路線であり、川崎市域を縦断し市内の各拠点を結ぶ、川崎市において重要な交通基盤となっています。

 JR南武線は、昔はローカル線のような雰囲気でしたが、周辺人口の急増で急速に幹線化しています。それに伴い高架化も行われ、川崎市は「武蔵小杉駅付近~第3京浜道路交差部間」の約3.9km、東京都は「稲田堤駅~府中本町間」の約4.3kmを高架化しています。「東京メガループ」の幹線として2014年10月4日から「E233系電車」の導入も行われました。

JR南武線連続立体交差事業
 「川崎市」は、JR南武線の尻手駅~武蔵小杉駅間約5.5kmの連続立体交差事業の具体化に向けて、2014年6月上旬に地質調査と基本設計の作業に着手しました。対象区間は、尻手駅から武蔵小杉駅間の延長約5.5kmです。このうち、川崎市域は矢向駅から武蔵小杉駅間の延長約4.5kmとなっています。

 JR南武線の尻手駅~武蔵小杉駅の途中には「矢向駅、鹿島田駅、平間駅、向河原駅」の4駅があります。川崎市は、区間内にある13ヶ所の踏切をすべて撤去し、交通渋滞の緩和を目指します。区間の一部に横浜市域(尻手駅~矢向駅の約1km)が含まれますが、川崎市・横浜両市は連立交差事業の連携・協力に関する覚書を交わしています。
 
 引用資料 川崎市・ホームページ
 JR南武線(尻手駅~武蔵小杉駅間)連続立体交差化に向けて

 構造工法が「仮線高架」に決まったようです。他の工法と比較し、(1)概算事業費が最も安価となる、(2)横浜市域を含めて尻手駅~武蔵小杉駅間にある13の踏切を全て除却できる、(3)移転が必要となる買収対象建物が約400戸と最も少ないなどが理由です。

 しかし、最近は新しいニュースをほとんど目にしなくなりました。2020年度には「都市計画決定」が行われる予定でしたが、残念ながら見送られました。都市計画決定と用地取得を前にして、計画が止まっているように見えます。


Kawasakinanbu210812
「JR南武線連続立体交差事業区域図」です。


Kawasakinanbu210813
「尻手駅」を過ぎたあたりからスタートします。「尻手駅~矢向駅間」の約1kmは横浜市域となります。


Kawasakinanbu210814
「JR横須賀線」の手前で終わります。JR南武線の「武蔵小杉駅」は高架になりません。


Kawasakinanbu210815
E233系電車(8000番台)

 JR東日本は、「E231系電車」の後継として「E233系電車」を首都圏に大量投入しました。「E233系電車」は、2006年12月26日の中央快速線を皮切りに、京浜東北線、常磐緩行線、東海道線、京葉線、東北本線、埼京線、横浜線などに大量投入されてきました。

 2014年10月4日から南武線向け車両「8000番台」が営業運転を開始しました。その後急ピッチで「205系電車、209系電車」から「E233系電車」に置き換えが行われました。



|

2021年8月28日 (土)

青山エリアの新たなランドマーク「the ARGYLE aoyama」の対角 「(仮称)南青山三丁目計画」の新築工事に着手!

Tokyoaoyama210811
-(仮称)南青山三丁目計画-

 「(仮称)南青山三丁目計画」は、青山通りと外苑西通りに面した五光ビル跡地であり、三菱地所が開発し2020年6月に竣工した「the ARGYLE aoyama」の対角に位置しています。

 「人・街・文化が混ざり合う青山の新たな交差点」という意味を込めた「南青山 New Junction」をコンセプトに、バルコニーやルーフトップテラスに加え、敷地内を通り抜けるポケットパークなど、外部空間と連続した緑豊かな環境で働くことができる新たなオフィスを目指します。

● 新築工事に着手!
 「有限会社五光」及び「三菱地所」が共同で推進する「(仮称)南青山三丁目計画」の新築工事に着手しました。「(仮称)南青山三丁目計画」は、2021年1月28日より地下解体工事に着手しており、竣工は2023年2月を予定しています。

 引用資料 三菱地所(PDF:2021/08/11)
 「(仮称)南青山三丁目計画」着工 ~自然と人が集い、様々な環境で働くことのできる新たなオフィス空間の実現へ~

(仮称)南青山三丁目計画の概要
◆ 所在地-東京都港区南青山三丁目4番3外(計18筆)
◆ 交通-東京メトロ銀座線「外苑前」駅徒歩3分、東京メトロ銀座線・半蔵門線・千代田線「表参道」駅徒歩6分
◆ 階数-地上13階、塔屋1階、地下1階
◆ 高さ-最高部59.92m
◆ 敷地面積-2,405.82㎡
◆ 建築面積-1,280.39㎡
◆ 延床面積-14,753.09㎡
◆ 構造-鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 基礎工法-場所打ちコンクリート拡底杭
◆ 用途-オフィス、店舗、駐車場
◆ 建築主-(有)五光、三菱地所
◆ 設計者・監理者-三菱地所設計
◆ 施工者-鹿島建設
◆ 着工-2021年01月28日(地下解体工事)、2021年07月(新築工事)
◆ 竣工-2023年02月13日予定


Tokyoaoyama210812
「アウターバルコニー(イメージ)」です。


Tokyoaoyama210813
「インナーバルコニー(イメージ)」です。


Tokyoaoyama210814
「ルーフトップテラス(イメージ)」です。


Tokyoaoyama210815
「基準階平面図」です。


Tokyoaoyama210816
「周辺地図」です。「(仮称)南青山三丁目計画」は、南青山三丁目交差点に位置する青山エリアの新たなランドマーク「the ARGYLE aoyama」の対角に位置します。



|

2021年8月27日 (金)

品川区役所(品川区本庁舎・議会棟・第三庁舎)の移転 品川区新庁舎整備基本構想 新庁舎は約60,000㎡の規模を想定!

Tokyoooimachi201214
-品川区役所-
 1968年に建築された「品川区本庁舎・議会棟・第三庁舎」は、建物本体や設備の老朽化が進んでいる一方、区を取り巻く環境変化や多様化する行政需要に対応する機能が求められています。「耐震改修工事」が行われましたが、建物自体の老朽化が激しく、根本的な解決にはなっていません。

 品川区は、庁舎移転の候補地として、既存庁舎に隣接するJR広町社宅跡地(現スポル品川大井町)へ移転する案を軸に、検討を進めています。区有地とJR東日本の所有地を再編する前提で、協議に入っています。

 引用資料 品川区役所・公式HP
 新庁舎整備

● 新庁舎は約60,000㎡の規模を想定
 2021年8月26日に「第3回品川区新庁舎整備基本構想・基本計画策定委員会」が開催されました。新庁舎は約60,000㎡の規模を想定、隣接の「広町地区」が移転の候補地に決まりました。

 建設通信新聞(2021/08/27)
 品川区検討委/新庁舎規模約6万㎡想定/隣接広町地区を候補地に

 「広町地区」にはJR東日本が、「東京総合車両センター」の南側に総延床面積約259,000㎡の大規模プロジェクト「大井町駅周辺広町地区開発」を計画しています。

 品川区の庁舎移転候補地やJR東日本の「大井町駅周辺広町地区開発」は、JR京浜東北線・東急大井町線・東京臨海高速鉄道りんかい線「大井町」駅など鉄道3路線が結節する交通至便な立地です。


Tokyoooimachi210811
新庁舎建設候補地

 新庁舎建設候補地は、広町二丁目の敷地約8,300㎡です。JR東日本などの大井町駅から「徒歩約5分」の位置で、既存庁舎よりも駅に近いです。現況は、JR東日本の所有地で、複合スポーツエンターテインメント施設「スポル品川大井町」として暫定活用されています。


Tokyoooimachi210711
大井町駅周辺広町地区開発

 JR東日本は、品川区の「東京総合車両センター」の南側に総延床面積約259,000㎡の大規模プロジェクト「大井町駅周辺広町地区開発」を計画しています。

 計画地は、JR京浜東北線・東急大井町線・東京臨海高速鉄道りんかい線「大井町」駅など鉄道3路線が結節し、「品川区役所」などの行政機能も集まる品川区の中心地です。

 オフィス・共同住宅・ホテル・商業などで構成する3棟のビルを計画しています。各施設は3階レベルの高さに設けるデッキで接続し、2階にも周辺とつながる歩行者動線を整備することで、歩きやすく回遊性の高いエリアを構築します。

 引用資料 東京都環境局(2021/07/02)
 大井町駅周辺広町地区開発」環境影響評価書案

大井町駅周辺広町地区開発の概要
◆ 所在地-東京都品川区広町二丁目地内
◆ 交通-JR京浜東北線・東急大井町線・東京臨海高速鉄道りんかい線「大井町」駅
◆ 階数-(オフィス棟)23階、地下4階、(住宅・ホテル棟)地上26階、地下2階、(商業棟)地上3階、地下1階
◆ 高さ-(オフィス棟)最高部約114m、(住宅・ホテル棟)最高部約107m、(商業棟)最高部約17m
◆ 敷地面積-(A-1敷地)約22,340㎡、(A-2敷地)約7,090㎡
◆ 延床面積-(A-1敷地)約250,000㎡、(A-2敷地)約9,000㎡
◆ 構造-(A-1敷地)鉄筋コンクリート造、鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造、(A-2敷地)鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 用途-(A-1敷地)オフィス、宿泊、共同住宅、商業、駐車場等、(A-2敷地)商業、駐車場
◆ 総戸数-(A-1敷地)約300戸
◆ 建築主-JR東日本(東日本旅客鉄道)
◆ 着工-2022年度予定
◆ 竣工-2025年度予定
◆ 供用開始-2025年度予定


Tokyoooimachi210714
「配置計画図」です。西側から「商業・駐車場棟、オフィス棟、住宅・ホテル棟」の3棟が建設されます。


Tokyoooimachi210715
「大井町駅周辺地域まちづくり方針」です。大井町駅周辺にはたくさんの再開発構想があります。



|

2021年8月26日 (木)

地上33階、高さ約170mの「横浜市現市庁舎街区等活用事業」 横浜市現市庁舎街区活用事業に係る環境影響評価書の縦覧!

Yokohamacity210811
-横浜市現市庁舎街区等活用事業-

 横浜市が2019年1月から公募を実施していた「現市庁舎街区活用事業」について3件の応募があり、横浜市現市庁舎街区等活用事業審査委員会において審査が行われ、答申を受領しました。

 この答申を踏まえ、「国際的な産学連携」「観光・集客」というテーマに沿った地区の賑わいと活性化の核づくり等の観点から、最も優れた提案を行った「三井不動産」を代表者とするグループを事業予定者として決定しました。

 「三井不動産」を代表者とする計8社のグループは、「(代表者)三井不動産、(構成員)鹿島建設、京浜急行、第一生命、竹中工務店、ディー・エヌ・エー、東急、関内ホテルマネジメント(星野リゾートの全額出資子会社)」で構成されています。

 「MINATO-MACHI LIVE(ミナト マチ ライブ)」を事業コンセプトに、地上30階、地下1階、高さ160.7m、延床面積約117,017㎡の超高層複合施設を提案しました。その後、何度も概要が変更になっています。

● 環境影響評価準備書の縦覧
 横浜市環境影響評価条例に基づき、横浜市現市庁舎街区活用事業 環境影響評価書の縦覧が行われています。縦覧期間は、2021年8月25日(水)~9月24日(金)までです。

 横浜市 公式ホームページ(2021/08/25)
 横浜市現市庁舎街区活用事業に係る環境影響評価書の縦覧

 2021年1月25日の「横浜市現市庁舎街区活用事業 に係る環境影響評価準備書の縦覧」と比べると「タワー棟」が、地上32階から地上33階に変更になっています。高さは約170mで変更はありません。

横浜市現市庁舎街区等活用事業の概要
◆ 所在地-神奈川県横浜市中区港町一丁目1番地
◆ 階数-(タワー棟)地上33階(地上32階階から変更)、塔屋2階、地下1階、(行政棟)地上8階、地下1階、(LVA棟)地上2階、地下0階
◆ 高さ-(タワー棟)最高部約170m、建築物約170m、(行政棟)最高部約55m、建築物約37m、(LVA棟)最高部約17m(最高部約15mから変更)
◆ 敷地面積-16,522.87㎡
◆ 建築面積-約11,100㎡
◆ 延床面積-約130,200㎡
◆ 容積対象床面積-約120,000㎡
◆ 用途-オフィス、教育施設、観光・集客施設、商業施設、宿泊施設ほか
◆ 事業予定者-(代表者)三井不動産、(構成員)、鹿島建設、京浜急行、第一生命、竹中工務店、ディー・エヌ・エー、東急、関内ホテルマネジメント(星野リゾートの全額出資子会社)
◆ 着工-2021年予定
◆ 竣工-2025年予定
◆ 開業-2025年下期予定


Yokohamacity200511
「施設概要図」です。


Yokohamacity210812
「主なフロア構成等」です。


Yokohamacity210813
「施設断面図」です。


Yokohamacity210814
3回目の変更
 2021年8月25日の「横浜市現市庁舎街区活用事業に係る環境影響評価書の縦覧」では、「タワー棟」は、地上33階、高さは最高部約170m、建築物約170mに変更になりました。


Yokohamacity210113
2回目の変更
 2021年1月25日の「横浜市現市庁舎街区活用事業 に係る環境影響評価準備書の縦覧」では、「タワー棟」は、地上32階、高さは最高部約170m、建築物約170mに変更になりました。


Yokohamacity200514
1回目の変更
 2020年5月15日の「横浜市現市庁舎街区活用事業 環境影響評価方法書の縦覧」では、「タワー棟」は、地上34階、高さは最高部約180m、建築物約170mに変更になりました。


Yokohamacity210114
「施設配置図」です。


Yokohamacity200516
「対象事業実施区域位置図」です。


Yokohamacity190815
「横浜市現市庁舎街区等活用事業」の予定地です。



|

2021年8月25日 (水)

品川区 地上23階、高さ約88mの「戸越五丁目19番地区第一種市街地再開発事業」 「大成建設」の施工で2021年10月に着工!

Tokyotogoshi210811
-戸越五丁目19番地区第一種市街地再開発事業-
 品川区の「戸越五丁目19番地区第一種市街地再開発事業」の計画地は、老朽化した建物が密集する街区となっており、オープンスペースが少なく、緊急車両の接近が困難であるなど防災面及び安全面の課題を抱えています。

 東京都は、都市再開発法第11条第1項の規定に基づき、「戸越五丁目19番地区市街地再開発組合」の設立を認可しました。参加組合員として「三菱地所レジデンス、大成建設、東急、一般財団法人首都圏不燃建築公社、大成有楽不動産」が参画しています。

 引用資料 大成建設・公式HP(2018/12/25)
 「戸越五丁目19番地区第一種市街地再開発事業」本組合設立

● 大成建設の施工で2021年10月に着工!
 「戸越五丁目19番地区市街地再開発組合」は、再開発施設の施工者を「大成建設」に決定しました。2021年10月に着工し、2024年5月の竣工を目指します。

 建設通信新聞(2021/08/23)
 大成で10月着工/延べ2.2万平米の住宅棟計画/戸越5-19地区再開発組合

 引用資料 公式ホームページ
 戸越五丁目19番地区市街地再開発組合

戸越五丁目19番地区第一種市街地再開発事業の概要
◆ 計画名-戸越五丁目19番地区第一種市街地再開発事業 施設建築物
◆ 所在地-東京都品川区戸越五丁目19番(地番)
◆ 交通-東急大井町線「戸越公園」駅徒歩1分
◆ 階数-地上23階、地下1階
◆ 高さ-最高部88.08m、軒高84.88m
◆ 敷地面積-2,392.01㎡
◆ 建築面積-1,323.23㎡
◆ 延床面積-22,286.64㎡
◆ 構造-鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
◆ 基礎工法-場所打ちコンクリート拡底杭
◆ 用途-共同住戸、店舗、駐輪場・駐車場等
◆ 総戸数-241戸(権利者住戸含む)
◆ 建築主-戸越五丁目19番地区市街地再開発組合(参加組合員 三菱地所レジデンス、大成建設、東急、首都圏不燃建築公社、大成有楽不動産)
◆ 設計者-大成建設
◆ 施工者-大成建設
◆ 解体工事-2020年07月20日~2021年10月31日予定
◆ 着工-2021年10月01日予定
◆ 竣工-2024年05月15日予定


Tokyotogoshi210812
「商業施設」の完成予想図です(引用:戸越五丁目19番地区市街地再開発組合)。


Tokyotogoshi190112
「建物断面図」です。塔屋を含めた最高部の高さが約85mです(引用:大成建設)。


Tokyotogoshi190113
「敷地配置図」です(引用:大成建設)。


Tokyotogoshi190114
「中域図」です(引用:大成建設)。


Tokyotogoshi190115
「狭域図」です(引用:大成建設)。



|

2021年8月24日 (火)

全く知らなかったので嬉しいサプライズ! JR東日本 品川駅北口に、地上10階、高さ約59m、延床面積約49,340㎡の「駅ビル」を建設!

Tokyoshinagawa210877
-JR品川駅の大規模改良工事-

 「品川駅」は、JR東日本管内で乗車人員が5番目のターミナル駅で、通勤・通学時間帯には北側コンコース・自由通路が混雑しており、また山手線外回り(渋谷・新宿方面)と京浜東北線(大宮方面)を乗り換える際はホームが別のため、階段・コンコースを経由する必要があります。

 今後、品川駅周辺の開発や乗降客の増加が見込まれることから、乗り換えの利便性の向上やコンコース・自由通路の混雑緩和などの取り組みを実施し、より快適で安心して利用出来る駅づくりを目指します。

 「品川駅」では2027年以降、順次、北側コンコース内に改札口を2か所新設し、通路を7mから18mに拡幅します。また、バリアフリールートを拡充するため北側コンコースと各ホームを接続するエレベーターを8基増設し、商業施設の整備も行います。

 引用資料 JR東日本(PDF:2019/02/26)
 品川駅のお乗り換え利便性向上と混雑緩和及びバリアフリールートの拡充に取り組みます

● 品川駅北口に駅ビルを建設!
 JR東日本は、JR品川駅で計画する北口の駅改良工事と駅ビル整備について、「大林組」を代表企業とする共同企業体の施工で2022年8月上旬に着工します。竣工は2031年11月下旬を予定しています。

 建設通信新聞(2021/08/24)
 大林JVで来夏着工/JR東日本 品川駅北口改良・駅ビル

 「品川駅北口駅改良・駅ビル整備」の概要は、地上10階、地下1階、高さ約59m、延床面積約49,340㎡です。用途は、駅施設、店舗、事務所などとなっています。

 「駅ビル」の建設に関しては全く知らない情報だったのでビックリしました。品川駅北口の改良工事は、2019年2月26日に発表されていましたが、その時は「駅ビル」に関しては全く触れられていませんでした。私は、「駅ビルも整備したらいいのに!」とずっと妄想していたので、うれしいサプライズです。

品川駅北口駅改良・駅ビル整備の概要
◆ 所在地-東京都港区港南二丁目66番、港区高輪三丁目464番
◆ 交通-JR「品川」駅直結
◆ 階数-地上10階、地下1階
◆ 高さ-最高部約59m
◆ 敷地面積-約34,900㎡
◆ 建築面積-約11,020㎡
◆ 延床面積-約49,340㎡
◆ 構造-鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 基礎工法-場所打ちコンクリート杭
◆ 用途-駅施設、店舗、オフィス
◆ 建築主-JR東日本
◆ 設計者-JR東日本東京工事事務所
◆ 施工者-大林組を代表企業とする共同企業体
◆ 着工-2022年08月上旬予定
◆ 竣工-2031年11月下旬予定


Tokyoshinagawa190252
「北側コンコース」のイメージ図」です(引用:JR東日本)。


Tokyoshinagawa190253
「現状(2019年2月現在)」です(引用:JR東日本)。


Tokyoshinagawa190254
「計画(完成時)」です。北側に新たに整備する人工地盤の上に「駅ビル」を建設すると思われます。更に北側には「UR都市機構」により、「品川駅北口駅前広場」が整備されます(引用:JR東日本)。


Tokyoshinagawa190255
「山手線・京浜東北線のホーム改良ステップ図」です。2番線ホームは欠番となります(引用:JR東日本)。


Tokyoshinagawa210612_20210619073101
品川駅周辺土地区画整理事業
 「品川駅周辺土地区画整理事業」の事業の概要です。

 引用資料 UR都市機構(PDF)
 品川駅周辺土地区画整理事業 


Tokyoshinagawa210613_20210619073201
品川駅北口駅前広場
 「品川駅北口駅前広場」の範囲です。拡幅される「北側コンコース」の更に北側に建設されます。「品川駅北口駅前広場」は、線路上に人工地盤を構築して整備します。面積約8,800㎡とかなり広いです。

 「北側コンコース」の拡幅は「JR東日本」が行い、「品川駅北口駅前広場」の整備は「UR都市機構」が行いますが、2つの事業は一体的に行われます(引用:UR都市機構)。



|

2021年8月23日 (月)

国家戦略特区 赤坂エンタテインメント・シティ計画 「環境影響評価書案に係る見解書」の閲覧 「内閣府」の概要とどちらが正しい??


Tokyoakasaka210811
-(仮称)赤坂二・六丁目地区開発計画-

 「三菱地所」と「東京放送ホールディングス」は2019年1月30日に、東京・赤坂にある「国際新赤坂ビル(東館、西館、アネックス)」などの建て替えに関する事業協定を締結した事を発表しています。

 「東京都環境局」は、2021年4月9日に「(仮称)赤坂二・六丁目地区開発計画」に係る環境影響評価書案の縦覧を行いました。「環境影響評価書案」により、「東館」は、地上44階、塔屋1階、地下4階、最高高さ約240m、延床面積約179,000㎡、「西館」は、地上23階、塔屋1階、地下2階、最高高さ約120m、延床面積約42,000㎡と判明しました。

 「環境影響評価書案の縦覧」では、外観がイメージしにくかったですが、2021年5月14日に「TBSホールディングス」から詳細なイメージパースが公開されました。

 引用資料 TBSホールディングス(PDF:2021/05/14)
 赤坂エンタテインメント・シティ計画

● 第19回 東京都都市再生分科会 配布資料
 「内閣府」から2021年6月29日に、国家戦略特区の「第19回 東京都都市再生分科会 配布資料」が公開されました。「東京都都市再生分科会 配布資料」の多数のイメージパースや多数の図面により、詳細が判明しました。

 内閣府 国家戦略特区(2021/06/29)
 第19回 東京都都市再生分科会 配布資料

 引用資料 内閣府(PDF:2021/06/29)
 都市再生特別地区(赤坂二・六丁目地区)都市計画(素案)の概要

 残念ながら、2021年4月9日の東京都環境局の ”「(仮称)赤坂二・六丁目地区開発計画」に係る環境影響評価書案の縦覧” より規模が縮小されました。

(東館) 地上44階、地下4階、最高高さ約240m、延床面積約179,000㎡ → 地上41階、地下4階、最高高さ約230m、延床面積約170,000㎡
(西館) 地上23階、地下2階、最高高さ約120m、延床面積約42,000㎡ → 地上19階、地下3階、最高高さ約110m、延床面積約40,000㎡

● 環境影響評価書案に係る見解書の縦覧
 2021年8月20日(金)~9月8日(水)まで、「(仮称)赤坂二・六丁目地区開発計画」環境影響評価書案に係る見解書の縦覧が行われています。閲覧には、Windows7~10、Internet Explorer及びAdobe Acrobat Reader DCが必要です。

 東京都環境局(2021/08/20)
 「(仮称)赤坂二・六丁目地区開発計画」環境影響評価書案に係る見解書の縦覧

 「環境影響評価書案に係る見解書の縦覧」では、2021年4月9日の「環境影響評価書案の縦覧」と同じで概要が元のままです。「環境影響評価書案に係る見解書」と「内閣府」のどちらの概要が正しいのでしょうか? 

 赤坂エンタテインメント・シティ計画の概要
◆ 計画名-(仮称)赤坂二・六丁目地区開発計画
◆ 所在地-東京都港区赤坂二丁目、六丁目
◆ 交通-東京メトロ千代田線「赤坂」駅直結
◆ 階数-(東館)地上41階、地下4階(地上44階、地下4階)、(西館)地上19階、地下3階(地上23階、地下2階)
◆ 高さ-(東館)最高部約230m(最高部約240m)、(西館)最高部約110m(最高部約120m)
◆ 計画地面積-(施設全体)約17,400㎡
◆ 敷地面積-(施設全体)約14,200㎡、(東館)約8,800㎡、(西館)約5,400㎡
◆ 建築面積-(施設全体)約9,800㎡、(東館)約5,500㎡、(西館)約4,300㎡
◆ 延床面積-(施設全体)約210,000㎡(約221,000㎡)、(東館)約170,000㎡(約179,000㎡)、(西館)約40,000㎡(約42,000㎡)
◆ 容積対象床面積-(施設全体)約170,200㎡、(東館)約139,200㎡、(西館)約31,000㎡

◆ 構造-(地上)鉄骨造、(地下)鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造
◆ 基礎工法-場所打ちコンクリート拡底杭
◆ 用途-(東館)オフィス、店舗、産業支援施設、駐車場等、(西館)劇場、ホール、宿泊滞在施設、店舗、駐車場等
◆ 建築主-三菱地所、TBSホールディングス
◆ 都市計画決定-2021年度予定
◆ 解体工事着工-2022年度予定
◆ 着工-2024年度予定
◆ 竣工-2028年度予定
◆ 供用開始-2028年度予定

(備考) 黒が「内閣府(2021年6月29日)」、赤が「環境影響評価書案に係る見解書(2021年8月20日)」の数値です。


Tokyoakasaka210712
「赤坂エンタテインメント・シティ」のイメージパースです。パッと見は「六本木ヒルズ森タワー」に似ていますが、上から見ると横長のビルです(引用:内閣府)。


Tokyoakasaka210523
夜の「赤坂エンタテインメント・シティ」のイメージパースです(引用:TBSホールディングス)。


Tokyoakasaka210713
「低層部の夜景イメージ」です(引用:内閣府)。


Tokyoakasaka210714
「完成イメージ」です(引用:内閣府)。


Tokyoakasaka210524
「フロア構成図」です(引用:TBSホールディングス)。


Tokyoakasaka210525
「フロア構成図」です(引用:TBSホールディングス)。


Tokyoakasaka210715
「整備イメージ」です(引用:内閣府)。


Tokyoakasaka210716
「平面イメージ」です(引用:内閣府)。


Tokyoakasaka210717
「配置図」です(引用:内閣府)。


Tokyoakasaka210718
「位置図」です(引用:内閣府)。


Tokyoakasaka210321
「赤坂エンタテインメント・シティ計画」の予定地の空撮です。


Tokyoakasaka210324
国際新赤坂ビル(東館・西館)
 
「国際新赤坂ビル」です。「東館」と「西館」に分かれています。

国際新赤坂ビルの概要
◆ 所在地-東京都港区赤坂二丁目14-27(東館)、東京都港区赤坂六丁目1-20(西館)
◆ 交通-東京メトロ千代田線「赤坂」駅直結
◆ 階数-(東館)地上24階、塔屋1階、地下3階、(西館)地上18階、塔屋1階、地下2階
◆ 高さ-(東館)99.75m *塔を含む最高部139.3m、(西館)76.95m 
◆ 敷地面積-11,772.35㎡(東館+西館)
◆ 延床面積-81,160.39㎡(東館+西館)
◆ 構造-鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 用途-オフィス、店舗
◆ 建築主-国際自動車
◆ 設計者・監理者-三菱地所
◆ 施工者-大林組(東館)、大成建設(西館)
◆ 竣工-1980年09月



|

2021年8月22日 (日)

新宿副都心 地上40階の超高層タワーマンション「西新宿五丁目中央南地区第一種市街地再開発事業」 2021年12月に着工!

Tokyoshinjuku210811
-西新宿五丁目中央南地区第一種市街地再開発事業

 西新宿五丁目では、北側から「西新宿五丁目北地区」、「西新宿五丁目中央北地区」、「西新宿五丁目中央南地区」の再開発計画があります。第一弾の「西新宿五丁目中央北地区第一種市街地再開発事業」は、地上60階、地下2階、高さ208.97mの超高層タワーマンション「ザ・パークハウス 西新宿タワー60」として、2017年10月31日に竣工しました。現在は、第二弾の「西新宿五丁目北地区」が建設中です。

 東京都は、都市再開発法第11条第1項の規定に基づき、2019年7月4日に「西新宿五丁目中央南地区市街地再開発組合」の設立を認可しました。不燃化推進特定整備地区である「西新宿五丁目地区」のコア事業として、建物の不燃化や地区施設の整備により地域の防災性・安全性を向上させるとともに、複合市街地を形成し、土地の合理的かつ健全な高度利用と都市機能の更新を図ります。

 「三井不動産レジデンシャル」は、東京都新宿区にて推進している「西新宿五丁目中央南地区第一種市街地再開発事業」が、2021年6月16日に権利変換計画について東京都の認可を受けました。

 引用資料 三井不動産レジデンシャル(PDF:2021/06/17)
 「西新宿五丁目中央南地区第一種市街地再開発事業」権利変換計画認可のお知らせ ~約0.8ha、住宅・商業・業務・子育て支援施設のミクストユースプロジェクト~

● 熊谷組の施工で2021年12月に着工!
 「西新宿五丁目中央南地区市街地再開発組合」は、「西新宿五丁目中央南地区第一種市街地再開発事業」を2021年12月1日に着工します。このような報道が出るという事は、現地に「建築計画のお知らせ」が掲示された可能性があります。

 建設通信新聞(2021/08/17)
 熊谷で12月着工/西新宿五丁目中央南再開発

西新宿五丁目中央南地区の概要
◆ 計画名-西新宿五丁目中央南地区第一種市街地再開発事業
◆ 所在地-東京都新宿区西新宿五丁目5、13他
◆ 階数-地上40階、地下1階
◆ 高さ-160m(建築物の高さの限度)
◆ 施行区域面積-約8,000㎡
◆ 敷地面積-約5,922㎡
◆ 延床面積-約53,742㎡
◆ 構造-鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
◆ 地震対策-中間免震構造
◆ 用途-共同住宅、商業・業務、駐車場、保育所
◆ 総戸数-470戸予定
◆ 建築主-西新宿五丁目中央南地区市街地再開発組合(参加組合員 三井不動産レジデンシャル)
◆ 事業推進コンサルタント-INA新建築研究所
◆ 設計者-(基本設計)INA新建築研究所、(実施設計)熊谷組
◆ 施工者-熊谷組
◆ 着工-2021年12月1日予定
◆ 竣工-2024年度予定 


Tokyoshinjuku210652
「完成予想 CG」です(引用:三井不動産レジデンシャル)。


Tokyoshinjuku210653
「断面イメージ図」です。地震対策として、「免震構造(中間免震)」を採用する予定です(引用:三井不動産レジデンシャル)。


Tokyoshinjuku210654
「配置図」です(引用:三井不動産レジデンシャル)。


Tokyoshinjuku210812
正確な高さは発表されていませんが、「建築物の高さの限度160m」となっています。

 引用資料 新宿区・公式ホームページ
 西新宿五丁目中央南地区第一種市街地再開発事業(事業中)


Tokyoshinjuku210655
「位置図」です(引用:三井不動産レジデンシャル)。


Tokyoshinjuku210656 
「西新宿五丁目中央南地区第一種市街地再開発事業」の予定地です。



|

2021年8月21日 (土)

中央区 地上28階、高さ約171mの「(仮称)新TODAビル計画 新築工事」 2021年8月18日に起工式を挙行!

Tokyotoda210811
-(仮称)新TODAビル計画 新築工事-

 「京橋一丁目東地区」は、旧ブリヂストン本社ビルや戸田建設の本社ビルのある約1.6haを対象に、都市再生特別地区、土地区画整理事業、日本橋・東京駅前地区地区計画を活用して開発します。「京橋一丁目東地区」の街区名称は「京橋彩区」に決定しています。

 先行して「A街区」に、地上23階、塔屋2階、地下2階、高さ149.56mの超高層ビル「ミュージアムタワー京橋(MUSEUM TOWER KYOBASHI)」が建設され、2019年7月5日に「竣工式」が執り行われました。

 引き続き、「戸田建設」の本社ビルが解体され跡地には、地上28階、地下3階、 高さ171.00m、延床面積約94,795㎡の「(仮称)新TODAビル計画 新築工事」が建設されます。

 引用資料 戸田建設
 (仮称)新TODAビル計画について

● 2021年8月18日に起工式を挙行!
 「戸田建設」8月18日に「(仮称)新TODAビル計画 新築工事」の起工式を執り行いました。本社機能をはじめ、ミュージアムや飲食店舗などが入ります。

 日刊建建設工業新聞(2021/08/19)
 戸田建設/新TODAビルが起工/24年4月竣工へ技術力を結集

 地上1階~3階に「シェアオフィス、飲食店舗」、4階~5階に「カンファレンスホール」、6階に「ミュージアム」、8階~12階に「戸田建設本社」、13階~27階が「オフィスフロア」となります。

 地震対策として、1階床下に「免震装置」を設置します。地上部は建物中央にRC造のコアウオールを大黒柱のように据え、地震力の大半を負担させます。私は、オフィスビルなので「鉄骨造」が主体かと思っていましたが、「鉄筋コンクリート造」が主体になるようです。

(仮称)新TODAビル計画 新築工事の概要
◆ 所在地-東京都中央区京橋一丁目7番1号ほか(地番)
◆ 交通-JR「東京」駅、東京メトロ「日本橋」駅、東京メトロ「京橋」駅
◆ 階数-地上28階、地下3階
◆ 高さ-最高部171.00m
◆ 敷地面積-6,147.44㎡
◆ 建築面積-4,679.32㎡
◆ 延床面積-94,813.34㎡(日刊建設工業新聞では約94,795㎡)
◆ 構造-鉄筋コンクリート造、鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 基礎工法-直接基礎
◆ 地震対策-免震構造(1階床下に免震装置を設置)、建物中央に鉄筋コンクリート造のコアウオールを据え地震力の大半を負担
◆ 用途-オフィス、集会場、美術館、物販店舗、飲食店舗、自動車車庫
◆ 建築主-戸田建設
◆ 設計者-戸田建設
◆ 施工者-戸田建設
◆ 解体工事-2019年12月17日~2022年02月15日予定
◆ 着工-2021年08月18日(起工式)
◆ 竣工-2024年04月30日予定


Tokyobridgestone200211
「新社屋完成イメージ」です。


Tokyotoda210812
西側から見た下層階のイメージです。


Tokyotoda210813
「6階屋上庭園イメージ」です。


Tokyotoda210814
北西側から見た下層階のイメージです。


Tokyotoda210815
(仮称)アートスクエア

 中央通りに対し解放された広場「(仮称)アートスクエア」です。「(仮称)アートスクエア」は敷地全体を免震化しています。


Tokyotoda210816
共通ロビー

 広場から連続する共通ロビーは「(仮称)アートスクエア」として、芸術・文化を通して人と寄り添う空間となります。共通ロビーと広場は可動式の開口部を開け放つことで内外一体利用でき、さまざまなイベントに対応できます。


Tokyotoda210817
地震対策として、「免震構造(1階床下に免震装置を設置)」を採用します。


Tokyobridgestone200213
「京橋彩区(京橋一丁目東地区)」の配置図です。


Tokyobridgestone200214
「街区再編前」と「街区再編後」です。街区再編により、纏まった3つの街区の形成や老朽化した建築物の機能更新、歩車分離を行い地区全体の防災性、交通の安全性の向上を図ります。


Tokyotoda210511
「(仮称)新TODAビル計画 新築工事」の建設予定地です(写真提供読者さん)。


Tokyotoda210513
「(仮称)新TODAビル計画 新築工事」の建築計画のお知らせです(写真提供読者さん)。



|

2021年8月20日 (金)

JR船橋駅南口 セブン&アイが「(仮称)西武船橋店再開発計画」の計画を見直し 「大和ハウス工業」が土地と建物を取得! 

Chibafunabashi181212
-(仮称)西武船橋店再開発計画 -
 千葉県の「船橋駅」の南口に「西武船橋店」がありましたが、2018年2月28日に閉店しました。「本館」と道路を挟んだ「LOFT館」で構成していました。

 「セブン&アイ・ホールディングス」の商業施設ディベロッパー「セブン&アイ・クリエイトリンク」が「西武船橋店」跡に計画する再開発の検討状況が明らかになっています。

 地上48階、地下2階、高さ約150mの商業施設付きの超高層タワーマンションを想定しています。船橋市には低層階に「船橋市民文化ホール」を移転することを提案しています。

 計画名は「(仮称)西武船橋店再開発計画」です。本館跡は、地下2階に「機械室、住宅駐輪場」、地下1階に「商業施設、住宅駐輪場、住宅駐車場」、地上1階に「商業施設、商業・公益バックヤード」、地上2階に「商業施設、住宅エントランス」、3階に「商業施設、住宅共用室」、4階・5階に「公益施設(新市民ホール)」、6階~48階に「共同住宅」を配置します。

 その後、船橋市は、現在の中央公民館などを改修工事を行うことになり、市民文化ホール・中央公民館を移転する計画を取りやめることを決定しています。

● 大和ハウス工業が土地と建物を取得!
 「建設通信新聞」と「日刊建設工業新聞」の報道により計画が大きく見直される事が判明しました。開発主体が「セブン&アイ・ホールディングス」から「大和ハウス工業」に変更になるようです。

 「大和ハウス」は、LOFT館・駐車場館跡地と既存建物を2020年3月に取得、本館跡地と既存建物を「セブン&アイホールディングス」と「ユアサ・フナショク」から2021年5月19日に取得したようです。

 建設通信新聞(2021/08/19)
 LOFT館跡 業務ビル施工は大林組/大和ハウス/西武船橋店跡地開発

 日刊建設工業新聞(2021/08/19)
 船橋駅南口再開発(千葉県船橋市)/大和ハウスが既存施設解体/土地・建物の譲渡完了


Chibafunabashi210711
西武船橋店LOFT館・駐車場館跡地
 2018年2月28日に閉店した「西武船橋店LOFT館」は敷地面積約4,506㎡です。「大和ハウス工業」は、敷地と既存建物を2020年3月に取得しています。2020年5月11日~2021年5月末に解体工事を終えて更地になっています(写真提供読者さん)。

● 大和ハウスが2棟のオフィスビルを建設
 跡地北側には「大和ハウス工業」の自社ビルを建て、西船橋にある千葉中央支社を移すようです。南側は業務ビルを設ける計画です。


Chibafunabashi210811
西武船橋店本館跡地
 2018年2月28日に閉店した「西武船橋店本館」は敷地面積約6,580㎡です。「西武船橋店本館」はまだ解体工事が行われていません(写真提供読者さん)。

● 2021年9月に解体工事に着手!
 土地と建物はそごう・西武を傘下に置く「セブン&アイホールディングス」が約7割、総合食品商社の「ユアサ・フナショク」が約3割を保有していました。「大和ハウス工業」が、2021年5月19日に敷地と既存建物を取得しています。

 2021年8月末に公開空地を閉鎖し、「長谷工コーポレーション」の施工で2021年9月から解体工事に入ります。2024年9月に解体工事を終える予定です。


Chibafunabashi210712
角度を変えて見た様子です(写真提供読者さん)。



|

2021年8月19日 (木)

国家戦略特区 高さ約190mと高さ約185mの「南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業」 「内閣府」より詳細な資料が公開!

Tokyoikebukuro210812
-南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業-

 東京都豊島区では、南池袋二丁目C地区に2棟の超高層タワーマンションを計画しています。「国家戦略都市計画建築物等整備事業(南池袋二丁目C地区)」として計画が動き出しています。

 「東京都」は、「南池袋二丁目C地区市街地再開発組合」の設立を認可しています。市街地再開発事業の施行により、地上及び地下の回遊性を高める安全・快適な歩行者ネットワークを形成するとともに、土地の合理的かつ健全な高度利用と多様な都市機能の集積による、賑わいのあるまちの形成を図ります。

● 第20回 東京都都市再生分科会 配布資料
 「内閣府」から2021年8月16日に、国家戦略特区の「第20回 東京都都市再生分科会 配布資料」が公開されました。「東京都都市再生分科会 配布資料」の多数のイメージパースや多数の図面により、詳細が判明しました。

 内閣府 国家戦略特区(2021/08/16)
 第20回 東京都都市再生分科会 配布資料

 引用資料 内閣府(PDF:2021/08/16)
 南池袋二丁目C地区再開発等促進区を定める地区計画 都市計画(素案)の概要  

 「南池袋二丁目C地区市街地再開発組合」は、「北街区」の新築工事を2022年4月に着手します。2025年12月の竣工を目指しています。施工者は「清水・前田建設共同企業体(清水建設、前田建設工業JV)」となっています。

南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業の概要
◆ 所在地-東京都豊島区南池袋二丁目地内
◆ 階数-(北街区)地上52階、地下2階、(南街区)地上47階、地下2階
◆ 高さ-(北街区)最高部約190m、(南街区)最高部約185m
◆ 敷地面積-(北街区)約8,800㎡、(南街区)約6,300㎡
◆ 延床面積-(北街区)約112,000㎡、(南街区)約75,400㎡
◆ 容積対象床面積-(北街区)約70,100㎡、(南街区)約50,400㎡ 
◆ 構造-鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
◆ 用途-(北街区)共同住宅、店舗、事務所、駐車場 等、(南街区)共同住宅、店舗、子育て支援施設、駐車場 等
◆ 総戸数-1,495戸(北街区+南街区)
◆ 建築主-南池袋二丁目C地区市街地再開発組合(参加組合員 住友不動産、野村不動産、独立行政法人都市再生機構)
◆ コンサルタント-ポリテック・エイディディ・INA新建築研究所共同企業体
◆ 設計者-INA・清水・前田設計共同企業(INA新建築研究所、清水建設、前田建設工業JV)
◆ 施工者-清水・前田建設共同企業体(清水建設、前田建設工業JV)
◆ 解体工事-2021年08月予定
◆ 着工-2022年04月予定(北街区)
◆ 竣工-2025年12月予定(北街区)


Tokyoikebukuro210711
 2017年12月13日のイメージパース

  2017年12月13日の「第13回 東京都都市再生分科会 配布資料」で公開された「イメージパース」です。公開時の概要は、共に地上51階、地下2階、高さは北街区が約190m、南街区が約185mでした。

 
Tokyoikebukuro210811
2021年8月16日のイメージパース

 2021年8月16日の「第20回 東京都都市再生分科会 配布資料」で公開された「イメージパース」です。2017年12月13日に公開された「イメージパース」と比べるとデザインがかなり変更されています。


Tokyoikebukuro210813
「環状5-1号線北側からみたイメージ」です。


Tokyoikebukuro210814
「敷地内通路と広場のイメージ」です。


Tokyoikebukuro210815
「補助81号沿道から見たイメージ」です。


Tokyoikebukuro210816
「断⾯イメージ」です。


Tokyoikebukuro210817
「計画敷地内の緑化のイメージ」です。


Tokyoikebukuro210818
「位置図」です。


Tokyoikebukuro170114
サンシャインシティの「SKY CIRCUSサンシャイン60展望台」から見た「南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業」の予定地です。西側には、豊島区役所の新庁舎「としまエコミューゼタウン(Brillia Tower池袋)」があります。



|

2021年8月18日 (水)

国家戦略特区 地上40階、高さ約240mと地上52階、高さ約225mの「日本橋一丁目東地区」 「内閣府」より詳細な資料が公開!

Tokyonihonbashi210811
-日本橋一丁目東地区-
 「日本橋一丁目東地区」では、「日本橋一丁目東地区市街地再開発準備組合」が再開発を検討しています。事業協力者として「三井不動産、東急不動産、日鉄興和不動産、清水建設」が参画しています。

 2021年6月10日に日刊建設工業新聞」と「建設通信新聞」が、「日本橋一丁目東地区」と「日本橋一丁目1・2番地区」の概要を報じました。「A街区」は、地上40階、地下4階、高さ 約240m、延床面積 約274,000㎡、「B街区」は、地上52階、地下3階、高さ約225m、延床面積約120,000㎡です。

● 第20回 東京都都市再生分科会 配布資料
 「内閣府」から2021年8月16日に、国家戦略特区の「第20回 東京都都市再生分科会 配布資料」が公開されました。「東京都都市再生分科会 配布資料」の多数のイメージパースや多数の図面により、詳細が判明しました。

 内閣府 国家戦略特区(2021/08/16)
 第20回 東京都都市再生分科会 配布資料

 引用資料 内閣府(PDF:2021/08/16)
 都市再生特別地区(日本橋一丁目東地区)都市計画(素案)の概要

日本橋一丁目東地区の概要
◆ 所在地-東京都中央区日本橋一丁目、日本橋本町一丁目、日本橋小網町
◆ 区域面積-約36,000㎡(街区全体)
◆ 延床面積- 約19,210㎡(街区全体)
◆ 延床面積- 約394,650㎡ (街区全体)
◆ 容積対象面積-約296,560㎡ (街区全体)
◆ 建築主-日本橋一丁目東地区市街地再開発準備組合
◆ 事業協力者-三井不動産、東急不動産、日鉄興和不動産、清水建設
◆ コンサルタント-日本設計
◆ 解体工事-2024年度予定
◆ 着工-2026年度予定
◆ 竣工-2037年度予定

A街区の概要(日本橋一丁目内の南側)
◆ 階数-地上40階、地下4階
◆ 高さ- 約240m
◆ 敷地面積-約10,620㎡
◆ 延床面積- 約274,000㎡
◆ 容積対象面積-約221,900㎡ 
◆ 用途-オフィス、店舗、集会施設(カンファレンス)、駐車場等
◆ 解体工事-2024年度予定
◆ 着工-2026年度予定
◆ 竣工-2030年度予定

B街区の概要(日本橋郵便局のエリア)
◆ 階数-地上52階、地下3階
◆ 高さ-約225m
◆ 敷地面積-約5,450㎡
◆ 延床面積-約120,000㎡
◆ 容積対象面積-約74,100㎡ 
◆ 用途-共同住宅、サービスアパートメント、生活支援施設、店舗、駐車場等
◆ 解体工事-2030年度予定
◆ 着工-2031年度予定
◆ 竣工-2034年度予定


Tokyonihonbashi210812
「計画概要」です。


Tokyonihonbashi210813
「夜景」です。


Tokyonihonbashi210814
「展望テラス」です。


Tokyonihonbashi210815
「日本橋川周辺のオープンスペース」です。


Tokyonihonbashi210816
「断面イメージ」です。


Tokyonihonbashi210817
「配置図」です。


Tokyonihonbashi210818
「位置図」です。日本橋川沿いには5地区の再開発計画があります。


Tokyonihonbashi1908102_20190831100001
「日本橋一丁目東地区」の予定地を南西側から見た様子です。


Tokyonihonbashi1908103_20190831100101
南側から見た様子です。


Tokyonihonbashi1908104_20190831100101
北側から見た様子です。


Tokyonihonbashi1908105_20190831100101 
編入を視野に検討中だった北西角の「日本橋郵便局」の参画が決定しています。


Tokyonihonbashi1908106_20190831100101
「日本橋郵便局」を北東側から見た様子です。


Tokyonihonbashi1908107_20190831100201
北東側から見た様子です。


Tokyonihonbashi210819
日本橋ダイヤビルディング

 地上18階、塔屋1階、地下1階、高さ89.281m、延床面積30,029.44㎡の「日本橋ダイヤビルディング」です。「日本橋ダイヤビルディング」 の西側も「日本橋一丁目東地区」に入っています。


Tokyonihonbashi210820
「日本橋ダイヤビルディング」の西側の広場は「B街区」に含まれます。



|

2021年8月17日 (火)

総延床面積約565,000㎡ 「(仮称)神宮外苑地区市街地再開発事業」環境影響評価書案の縦覧 完成イメージや断面図などが公開!

Tokyojingu210811
-東京都市計画神宮外苑地区地区計画-

 「東京都」は、神宮外苑地区における国立競技場の建替計画の具体化を契機に、同地区一帯の再整備を進めるための「東京都市計画神宮外苑地区地区計画」を決定しています。

 2015年4月1日の東京都の報道発表では、「神宮球場」と「秩父宮ラグビー場」の土地を交換した上で、「秩父宮ラグビー場」を先に取り壊し、2020年の東京オリンピック期間中は「新国立競技場」の駐車場などとして利用を予定していました。

 2020年の東京オリンピック翌年以降跡地に新しい球場を建設、完成は2022年度を想定、新球場が完成するまでは、現在の球場を利用、「秩父宮ラグビー場」は、球場を取り壊したあとで整備し、完成は2025年度を想定していました。

● 環境影響評価書案の縦覧!
 「(仮称)神宮外苑地区市街地再開発事業」環境影響評価書案の縦覧が行われています。縦覧期間は、2021年8月16日(月)~9月14日(火)までです。閲覧には、Windows7~10、Internet Explorer及びAdobe Acrobat Reader DCが必要です。

 引用資料 東京都環境局(2021/08/16)
 (仮称)神宮外苑地区市街地再開発事業」環境影響評価書案

 「(仮称)神宮外苑地区市街地再開発事業」は、「三井不動産、宗教法人明治神宮、独立法人日本スポーツ振興センター、伊藤忠商事」による再開発プロジェクトです。

 計画地面積約174,700㎡に総延床面積約565,000㎡の施設群を整備するビッグプロジェクトになります。2022年度に解体工事に着手する見通しで、全体工事の完了は2035年度を予定しています。

(仮称)神宮外苑地区市街地再開発事業の概要
◆ ラグビー場棟-地上7階、地下1階、高さ約55m、延床面積約76,700㎡
◆ 複合棟A-地上40階、塔屋1階、地下2階、高さ約185m、延床面積約127,300㎡
◆ 複合棟B-地上18階、塔屋1階、地下1階、高さ約80m、延床面積約30,300㎡
◆ 文化交流施設棟-地上1階、地下0階、高さ約6m、延床面積約2,000㎡
◆ 野球場及び球場併設ホテル棟-地上14階、塔屋1階、地下1階、高さ約60m、延床面積約115,700㎡
◆ 事務所棟-地上38階、地下5階、高さ約190m、延床面積約213,000㎡


Tokyojingu210812
「緑化のイメージ(広場)」です。


Tokyojingu210813
「配置計画図」です。


Tokyojingu210814
「建築計画の概要」です。


Tokyojingu210815
「複合棟A」と「野球場及び球場併設ホテル棟」の断面図です。


Tokyojingu210816
「複合棟B」の断面図です。


Tokyojingu210817
「ラグビー場棟」の断面図です。


Tokyojingu210818
「事務所棟」の断面図です。


Tokyojingu210819
段階建て替えイメージ図

 2015年4月1日の東京都の報道発表時点では、「野球場」を先に整備する予定でしたが、何度か計画が見直されて「ラグビー場」を先に整備する予定に変更になっています。

完成までの作業工程
(1) 「神宮第二球場」を解体
(2) 神宮第二球場の跡地に「ラグビー場棟Ⅰ期」を建設
(3) 「秩父宮ラグビー場」を解体
(4) 秩父宮ラグビー場の跡地に「野球場及び球場併設ホテル棟」を建設
(5) 「神宮球場」を解体
(6) 神宮球場の跡地に「ラグビー場棟Ⅱ期」を建設、残りの敷地には「広場」を整備


Tokyojingu210820
「工事工程表」です。


Tokyojingu210715
秩父宮ラグビー場

 「秩父宮ラグビー場」は1947年11月に東京ラグビー場として完成して、1953年から現在の名称になっています。収容人数は24,871人で、大学ラグビーやトップリーグが行われ、東大阪市の「近鉄花園ラグビー場」と共に日本ラグビー界の聖地となっています。


Tokyojingu210716
「秩父宮ラグビー場」を角度を変えて見た様子です。



|

2021年8月16日 (月)

都立日比谷公園の再生整備計画 民間資金を活用して「都立日比谷公園大音楽堂の再整備」 完成は2027年度末の見込み!

Tokyohibiya201211
-都立日比谷公園の再生整備計画-
 
乃木坂46の28枚目シングル(タイトル未定)の選抜発表がありました。新センターは4期生の「賀喜遥香(20)」でした。彼女の頑張りを見ていると納得のセンターです。私的には冷遇されている2期生が選抜に3人も入ったのがうれしかったです。

 本題に戻って、「都立日比谷公園」は、1903年(明治36年)6月1日、日本の近代洋風公園の先駆けとして開園して以来、各時代の東京の「今」を映し、数々のエピソードを生んできました。その文化的価値は唯一無地のものであり、東京、日本を代表する世界に誇る公園です。日比谷公園の面積は161,636.66㎡(2020年4月1日現在)です。

 「都立日比谷公園の再生整備計画」は、100年余りの時代を経て日比谷公園に蓄積した魅力に更に磨きをかけ、これまでも、そしてこれからも、東京の「今」を映すこれからの新しい公園像を目指すものです。

 東京都公園審議会は、2019年10月8日に知事から諮問を受け、「都立日比谷公園の再生整備計画」について検討を進めてきました。公園審議会は「都立日比谷公園の再生整備計画(中間のまとめ)」を公表し、広く都民からの意見を募集しています。

 引用資料 東京都・報道発表(2020/12/08)
 日比谷公園の再生整備計画(中間のまとめ)意見募集

● 都立日比谷公園大音楽堂の再整備
 「東京都」は、東京都公園審議会答申「都立日比谷公園再生整備計画について」を受け、改築後約40年が経過し老朽化が進んでいる日比谷公園大音楽堂について、民間資金を活用して再整備を行い、施設の機能向上や日比谷公園の更なる賑わい創出を図ることを目指しています。

 このため、大音楽堂の再整備事業に関心のある事業者から、参入意欲や事業イメージなどを伺い、事業効果や実現可能性の高い事業実施につなげることを目的として、マーケットサウンディング調査を実施します。 

 引用資料 東京都・報道発表(2021/07/15)
 都立日比谷公園大音楽堂の再整備に関するマーケットサウンディング調査を実施します

 東京都が想定するスケジュールは、2022年度に整備・運営を担う事業者を募集、2023年度に事業者を決めて2024年度着工します。完成は2027年度末を見込みます。


Tokyohibiya210811
「事業対象範囲」です。


Tokyohibiya210812
「整備対象区域(約12,000㎡)」です。


Tokyohibiya201212
2033年の夜間イメージです。


Tokyohibiya201216
2033年の「日比谷公園の将来イメージ(施設計画)」です。 



|

2021年8月15日 (日)

時価総額約2兆円 新横浜に本社がある世界唯一のオンリーワン企業「レーザーテック」  2021年6月期の連結業績は驚異的な好決算!

Yokohamalasertec200711
レーザーテック-
 新横浜駅近くの神奈川県横浜市港北区新横浜二丁目10-1に「レーザーテック」という会社があるのをご存知でしょうか? 「レーザーテック」は投資家から熱い視線を浴びていて、2021年8月13日終値時点の時価総額は1,924,385百万円と2兆円弱となっています。

 半導体セクターは5Gインフラの本格化に加え、テレワーク市場の拡大に伴うデータセンター増設など構造的な需要拡大局面への移行が見込まれています。更に高集積化の流れが加速するなか、EUV(極端紫外線)技術を活用した露光装置の市場拡大も顕著です。「レーザーテック」は、EUV向けマスクブランクス検査装置を供給する世界唯一のオンリーワン企業として注目されています。

 最先端半導体を量産するために「EUV露光装置」の製造ラインへ導入が本格化しています。7ナノ以降(5ナノや3ナノ)の線幅に対応するには「EUV(Extreme Ultraviolet:極端紫外線)露光装置」が必要です。

 「EUV露光装置」の開発には、現在のところオランダの大手半導体製造装置メーカー「ASML」のみが成功しています。そのため「ASML」が市場シェア100%を獲得しています。しかし、「露光装置」だけでは半導体は製造出来ません。

● グローバルニッチ戦略
 「レーザーテック」は、「グローバルニッチ戦略」を採用しています。グローバルニッチ市場とは、世界市場の中で高い技術力が必要ですが大企業が参入するほど市場は大きくなく、一方で中小企業には経験や技術の点で参入が極めて困難な市場です。

 「レーザーテック」は、半導体製造装置の中でも「マスク」と「マスクブランクス」の検査装置に特化して、EUV向けマスクブランクス検査装置を供給する世界唯一のオンリーワン企業となっています。

● ジャイアントキリング(弱者が強者を倒す)
 日本の投資家が「レーザーテック」に夢中にになるのは「ジャイアントキリング(弱者が強者を倒す)」を地で行くような会社だからです。「レーザーテック」の最大のライバルは、アメリカに本社を置く半導体検査装置メーカーで世界シェアNo.1の「KLA-Tencor(ケーエルエー・テンコール)」です。

 遥かに巨大な「KLA-Tencor」が開発出来ていないEUV向けマスクブランクス検査装置を遥かに規模の小さな「レーザーテック」が開発に成功したのです。日本の投資家が応援したくなるのも当然です。

 「KLA-Tencor」がEUV向けマスクブランクス検査装置に参入するのは時間の問題だと思います。ただ超高度な技術のためすぐには参入出来ません。それまでに「レーザーテック」は企業規模を大きくして、「KLA-Tencor」が参入しても資金力で対抗できる企業規模にしておく必要があります。


Yokohamalasertec210811
レーザーテック(Lasertec)

 「レーザーテック」は日本の企業では珍しい6月決算を採用しています。2021年6月期(2020年7月1日~2021年6月30日)の連結決算では、売上高70,248百万円(前年比65.0%増)、営業利益26,074百万円(前年比73.1%増)となりました。

 売上高が遂に700億円を突破しました。これは企業予想の620億円を大幅に上回り、アナリスト予想(コンセンサス)の667.65億円も上回るサプライズの好決算でした。

 レーザーテック 決算短信(PDF:2021/08/06)
 2021年6月期 決算短信〔日本基準〕(連結)

● 2022年6月期の連結業績予想
 2022年6月期の連結業績予想(2021年7月1日~2022年6月30日)は、売上高83,000百万円、営業利益27,000百万円と、売上高・営業利益共に過去最高の業績予想をしています。しかし、あまりにも保守的な予想だったので、空前の好決算にも関わらず、決算発表後に失望売りにより株価は下落しました。

 ちなみにアナリスト予想(コンセンサス)では、売上高97,780百万円、営業利益36,566百万円と遥かに高い予想をしています。積み上がった「受注高・受注残高」などから推計すると、半導体市場に大きなの変調が無い限り、アナリスト予想(コンセンサス)に近い決算になると思われます。

レーザーテックの連結決算(売上高/営業利益)
-----------------------------------------
2002年6月      6,524百万円    1,271百万円
2003年6月      6,156百万円    1,005百万円)
2004年6月      7,504百万円    1,169百万円
2005年6月      9,972百万円    1,911百万円
2006年6月    12,033百万円    2,963百万円
2007年6月    15,874百万円    3,895百万円
2008年6月    14,136百万円    3,100百万円
2009年6月      9,266百万円    △657百万円
2010年6月      8,931百万円       746百万円
-----------------------------------------
2011年6月    12,722百万円     2,441百万円
2012年6月    12,337百万円     3,088百万円
2013年6月    11,397百万円     2,149百万円
2014年6月    13,607百万円     3,097百万円
2015年6月    15,187百万円     4,722百万円
2016年6月    15,291百万円     4,428百万円
2017年6月    17,369百万円     4,960百万円
2018年6月    21,252百万円     5,685百万円
2019年6月    28,769百万円     7,941百万円
2020年6月    42,572百万円   15,062百万円
-----------------------------------------
2021年6月    70,248百万円   26,074百万円

2022年6月期予想
2022年6月     83,000百万円   27,000百万円(会)
2022年6月     97,780百万円   36,566百万円(コ)

(備考) (会)は会社予想、(コ)はアナリスト予想(コンセンサス)です。


Yokohamalasertec210812
2022年6月期製品別予想

 「2022年6月期 製品別予想(売上/受注/受注残)」です。アナリスト予想(コンセンサス)が会社予想より遥かに売上高を高く予想しているのは、「受注高・受注残高」が大きく積み上がっているためです。

 引用資料 レーザーテック(PDF:2021/08/10)
 2021年6月期 決算説明会資料


Yokohamalasertec210813
EUV関連装置

 EUV関連の半導体製造装置は非常に高価で、「ASML」の「EUV露光装置」は1台が200億円を超えると言われています。「レーザーテック」の検査装置はそこまで高くありませんが、それでもかなり高価です。

 「レーザーテック」は価格を非公表ですが、1台数億円から十数億円でと言われています。中でも高額なのが、EUVマスクプランクス欠陥検査装置「ABICS E120」が1台約40億円、EUVマスク欠陥検査装置「ACTIS A150」が1台推定50~80億円と言われています。



|

2021年8月14日 (土)

東武鉄道 東武スカイツリーラインの東武動物公園駅西口に商業施設 2021年9月16日(木)にオープン!

Saitamatobu210811
-東武動物公園駅西口に商業施設-

 「東武鉄道」では、東武スカイツリーライン東武動物公園駅西口に、地域住民と来街者が交流する「お買い物とまちづくりの活動拠点」をコンセプトとした商業施設を、2021年9月16日(木)にオープンします。

 引用資料 東武鉄道(PDF:2021/08/13)
 2021年9月16日(木) 東武動物公園駅西口に商業施設がオープンします!

 東武グループは、経営方針に掲げている「地域社会とともに持続的に発展」することを目指し、これまで様々な事業を推進してきました。本施設は、地域コミュニティとつながる駅前開発として、宮代町・杉戸町で暮らす住民の利便性向上と、「東武動物公園」をはじめとした本地域への来街者と地域の住民との交流を生み出す商業施設を目指しており「東武ストア」と「無印良品」が出店します。

 地域産品や生鮮食料品、生活雑貨等の販売により地域の住民の日常生活を支えつつ、地域に開かれた交流広場「みんなの広場」の整備、飲食店営業等の商いへの挑戦を後押しするシェアキッチンの設置、高齢化が進む地域のニーズを捉えた移動販売等、地域課題解決や地域活性化につながるサービスを提供します。

東武動物公園駅西口商業施設の概要
◆ 所在地-埼玉県南埼玉郡宮代町中央一丁目2番1号
◆ 交通-東武スカイツリーライン「東武動物公園」駅から徒歩1分
◆ 敷地面積-約16,428㎡
◆ 延床面積-約4,899㎡
◆ 開業-2021年09月16日


Saitamatobu210812
「東武ストア 東武動物公園駅前店(イメージ)」です。


Saitamatobu210813
「無印良品 東武動物公園駅前(イメージ)」です。


Saitamatobu210814
「交流広場「みんなの広場」(イメージ)」です。


Saitamatobu210815
「東武動物公園駅西口商業施設(案内図)」です。



|

2021年8月13日 (金)

フィリピン首都マニラ 野村不動産・三越伊勢丹HD・フェデラルランドの4棟の超高層コンドミニアムプロジェクト「ザ・シーズンズレジデンス」

Philippine210811
-ザ・シーズンズレジデンス-

 「野村不動産」は、野村不動産が「三越伊勢丹ホールディングス」とフィリピン大手不動産会社「フェデラルランド(Federal Land Incorporated)」の3社で共同推進するフィリピン・マニラにおける分譲住宅「ザ・シーズンズレジデンス」が、世界の優れた不動産プロジェクトを表彰する「International Property Award」の Residential High-rise Development 分野に於いて、フィリピンの最優秀賞ならびにアジア・パシフィック地域における FIVE STAR(最優秀賞候補)に選ばれました。

 引用資料 野村不動産(PDF:2021/08/04)
 フィリピン、マニラにおける分譲住宅「ザ・シーズンズレジデンス」 優れた不動産プロジェクトを表彰する「International Property Award」にてフィリピンの最優秀賞を受賞、アジア・パシフィック地域のFIVE STARに選定 -日本国内の分譲住宅事業で培った商品企画力、堅牢な構造設計等が高く評価-

 引用資料 公式ホームページ
 ザ シーズンズ レジデンス

 「ザ・シーズンズレジデンス」は、マニラ首都圏の新ビジネス地区(CBD)として開発が進むボニファシオ・グローバル・シティ(BGC)に開発中の大規模複合開発における住宅棟であり、分譲タワー型コンドミニアム4棟と下層階の商業施設を組み合わせたフィリピンでは初の日系のデベロッパーと小売企業の共同参画による複合開発です。

 日建設計等日本の設計会社と協業した外装計画や、ゲストルームなどに於いて日本の四季を感じさせる空間を創出する“JAPAN CONCEPT”の各種取り組みや、各タワーに制震ダンパーを設置した地震や台風などの自然災害に強い建物設計などの点が評価され、受賞に至りました。

ザ・シーズンズレジデンスの概要
◆ 所在地-8th Avenue,1630,Bonifacio Global City,Taguig City,Metro Manila
◆ 敷地面積-約15,000㎡
◆ 階数-地下3 階~最高棟地上54階×4棟 住宅部分(地上3階~最高棟54階)、(商業施設部分)地下1階~地上3階
◆ 延床面積-(住宅部分)約120,000㎡、(商業施設部分)約28,000㎡
◆ 地震・台風対策-制震ダンパー
◆ 総戸数-約1,400戸(施設全体)
◆ スケジュール-2027年全体竣工予定


Philippine210812
「ザ・シーズンズレジデンス」は、マニラ首都圏の新ビジネス地区(CBD)として開発が進む「ボニファシオ・グローバル・シティ(BGC)」に開発中です。


Philippine210813
下層階の商業施設には「三越」が出店します。


Philippine210814
屋上庭園のイメージです。


Philippine210815
日本の四季を感じさせる空間となっています。


Philippine210816
日本の四季をイメージした「HARU TOWER(ハルタワー)、NATSU TOWER(ナツタワー)、AKI TOWER(アキタワー)、FUYU TOWER(フユタワー)」の4棟で構成されます。



|

2021年8月12日 (木)

2008年9月の第一報から約13年 「TOCビル」の建て替え 地上30階、高さ約150m、延床面積約276,000㎡の「新TOCビル」

Tokyotoc210811
-TOCビル-
 「TOCビル」は、「テーオーシー」が品川区西五反田七丁目に所有する巨大なビルです。地上13階、地下3階、延床面積174,013.32㎡で、1970年3月にオープンしました。

 今から約13年前の2008年9月16日に「テーオーシー」は、「TOCビル」を建て替える方針を明らかにしました。当時の計画では、2011年度をめどに事業に着手し、事業全体の完了には、10年程度の期間を見込んでいました。しかし、その後は一向に動きがありませんでした。

新TOCビル
 第一報から約13年か経過した2021年8月10日に、「テーオーシー」は、「TOCビル」の建て替え計画である「新TOCビル」に関するお知らせを正式に発表しました。

 テーオーシー IRライブラリ(PDF:2021/08/10)
 新TOCビル計画に関するお知らせ

 概要は、地上30階、地下3階、高さ約150m、延床面積約276,000㎡で、オフィス、店舗、共同住宅、駐車場で構成される巨大な超高層複合ビルとなります。2023年春頃から解体着工、2027年春頃の竣工予定となっています。

● 高さ約150mは航空法の高さ制限ギリギリ!
 「羽田空港高さ制限回答システム」で航空法の高さ制限を調べると、制限高(標高)約160m~約162m「建築等可能高=制限高-照会地の地盤の高さ(標高)」となっています。「国土地理院」のアプリで、標高を調べると標高約10m~11mです。

 高さ約150mは航空法の高さ制限ギリギリである事が分かります。地上30階、地下3階、高さ約150m、延床面積約276,000㎡とかなり太いビルになりますが、「羽田空港」と距離的に近いのでしかたがないです。

新TOCビルの概要
◆ 所在地-東京都品川区西五反田七丁目22番17号
◆ 交通-JR・都営地下鉄「五反田」駅より徒歩8分、東急電鉄目黒線「不動前」駅より徒歩6分、東急電鉄池上線「大崎広小路」駅より徒歩5分
◆ 階数-地上30階、地下3階
◆ 高さ-約150m
◆ 敷地面積-約21,536㎡
◆ 建築面積-約15,000㎡
◆ 延床面積-約276,000㎡
◆ 用途-オフィス、店舗、共同住宅、駐車場
◆ 建築主-テーオーシー
◆ 解体工事-2023年春頃予定
◆ 竣工-2027年春頃予定


Tokyotoc210812
TOCビル

 「TOCビル」は、品川区西五反田七丁目にある巨大ビルです。地上13階、地下3階、延床面積174,013.32㎡で、1970年3月2日にオープンしました。TOCは「東京卸売センター」の略称です。

TOCビルの概要
◆ 所在地-東京都品川区西五反田七丁目22番17号
◆ 交通-JR・都営地下鉄「五反田」駅より徒歩8分、東急電鉄目黒線「不動前」駅より徒歩6分、東急電鉄池上線「大崎広小路」駅より徒歩5分
◆ 階数-地上13階、地下3階
◆ 敷地面積-21,522.23㎡
◆ 建築面積-15,594.80㎡
◆ 延床面積-174,013.32㎡
◆ 構造-鉄骨鉄筋コンクリート
◆ 用途-店舗、コンベンションセンター
◆ 建築主-テーオーシー
◆ 設計者-大成建設
◆ 施工者-大成建設
◆ 竣工-1970年03月
◆ オープン-1970年03月02日


Tokyojp210811
五反田計画(仮称)

 「日本郵政不動産」は、「旧ゆうぽうと」跡地において、大規模複合開発「五反田計画(仮称)」の新築工事に着手しました。ホテル部分について、運営者が星野リゾートに決定しました。

 引用資料 日本郵政不動産(PDF:2021/08/10)
 「旧ゆうぽうと」跡地が生まれ変わる。大規模複合開発「五反田計画(仮称)」新築工事着工

五反田計画(仮称)の概要
◆ 所在地-東京都品川区西五反田八丁目4番13号
◆ 交通-東急池上線「大崎広小路」駅、JR山手線「五反田」駅、都営浅草線「五反田」駅
◆ 階数-地上20階、地下3階
◆ 高さ-最高部約97m
◆ 敷地面積-6,710.93㎡
◆ 建築面積-4,770.00㎡
◆ 延床面積-69,230.00㎡
◆ 構造-鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 基礎工法-直接基礎
◆ 用途-オフィス、ホテル、多目的ホール(約400席)、商業施設等
◆ 建築主-日本郵政不動産
◆ 設計者-(基本設計) 日本郵政、(実施設計)大林組
◆ 施工者-大林組
◆ 着工-2021年08月上旬
◆ 竣工-2023年12月末予定


Tokyojp190915
「位置図」です。「五反田計画(仮称)」のすぐ西側に「TOCビル」があります。このあたりは超高層ビルの空白地帯でしたが、「第二京浜国道」を挟んで高さ約150mと高さ約97mの超高層ビルが出現する事になります。



|

2021年8月11日 (水)

五反田駅近くの「ゆうぽうと」跡地 日本郵政不動産 地上20階、 高さ約97mの大規模複合開発「五反田計画(仮称)」を着工!

Tokyojp210811
-五反田計画(仮称)-

 五反田駅近くに、宿泊施設やホールや会議室などが入っていた複合施設「ゆうぽうと」がありましたが、2015年9月30日に閉館しました。「ゆうぽうと」の地上躯体は解体されました。

 「日本郵政不動産」は、「旧ゆうぽうと」跡地において、大規模複合開発「五反田計画(仮称)」の新築工事に着手しました。ホテル部分について、運営者が星野リゾートに決定しました。

 引用資料 日本郵政不動産(PDF:2021/08/10)
 「旧ゆうぽうと」跡地が生まれ変わる。大規模複合開発「五反田計画(仮称)」新築工事着工

 「五反田計画(仮称)」は、地上20階、地下3階、高さ約97m、基準階約1,000坪のオフィスを中心とし、ホテル、商業、シェアオフィス、ホールからなる大規模複合開発です。「TOKYO, NEXT CREATION」をコンセプトに、多様な出会いと交流、新しい価値創造を促す次世代の街の拠点を目指します。

五反田計画(仮称)の概要
◆ 所在地-東京都品川区西五反田八丁目4番13号
◆ 交通-東急池上線「大崎広小路」駅、JR山手線「五反田」駅、都営浅草線「五反田」駅
◆ 階数-地上20階、地下3階
◆ 高さ-最高部約97m
◆ 敷地面積-6,710.93㎡
◆ 建築面積-4,770.00㎡
◆ 延床面積-69,230.00㎡
◆ 構造-鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 基礎工法-直接基礎
◆ 用途-オフィス、ホテル、多目的ホール(約400席)、商業施設等
◆ 建築主-日本郵政不動産
◆ 設計者-(基本設計) 日本郵政、(実施設計)大林組
◆ 施工者-大林組
◆ 着工-2021年08月上旬
◆ 竣工-2023年12月末予定


Tokyojp210812
「夜景」です。


Tokyojp210813
「メインエントランス(五反田の森)」です。


Tokyojp210814
「フロントテラス(中原街道沿い)」です。


Tokyojp210815
「施設概要」です。


Tokyojp190915
「位置図」です。

● 活性化する品川区西五反田周辺
 「五反田計画(仮称)」のすぐ西側に「TOCビル」がありますが、「TOCビル」の建て替えが、2021年8月10日に正式発表されました。地上30階、地下3階、高さ約150m、延床面積約276,000㎡の巨大な超高層ビルに建て替えられます。



|

2021年8月10日 (火)

東京理科大学  葛飾キャンパスにおける学部学科の再編 「東京理科大学葛飾キャンパスⅡ期計画新築工事」が着工!

Tokyokatsushika210811
-東京理科大学 葛飾キャンパス-
 JR常磐線の金町駅(かなまちえき)の西側で、「中川」の東側一帯に「三菱製紙中川工場」がありました。工場は閉鎖され、工場跡地が大規模に再開発されています。ちなみに「新宿」は「にいじゅく」と読み「しんじゅく」ではありません。
 
 敷地面積約182,000㎡のと広大です。葛飾区は「まちづくり方針」に基づき、住宅、大学、福祉、商業施設、公園などの整備を進めています。「A街区」の一部の敷地面積41,069.88㎡には、「東京理科大学」が、「神楽坂キャンパス」の校地・校舎狭隘問題を抜本的に解決するために、2013年4月に「葛飾キャンパス」を開設しました。

 「東京理科大学」は、葛飾キャンパスにおける学部学科の再編について検討を進めていましたが、2018年2月21日開催の理事会にて決定しました。「葛飾第二期用地」の敷地面積約4,827㎡を葛飾区から約21億円で購入し、新校舎を建設します。

● 2021年6月28日に起工式を挙行!
 2021年6月28日に「葛飾キャンパス第二期新棟建設工事に係る起工式」が執り行われました。新棟は、既存の建築デザインを踏襲し、一体感のあるキャンパス景観を創出します。

 引用資料 東京理科大学(2021/06/29)
 葛飾キャンパス第二期新棟建設工事に係る起工式を開催

 1階はオープンな構成でキャンパスから公園への視覚的な繋がりを創り、低層階には公園に面した眺めの良いラウンジを設置するなど、学生たちが自分の好みや目的に応じて居場所を選ぶことができる多彩な場を特徴としています。

 開校は2024年4月予定で、葛飾キャンパスに移転するのは、「野田キャンパス(千葉県野田市)」の薬学部約1,000人、理工学部の一部約320人に加え、「長万部キャンパス(北海道長万部町)」の基礎工学部1年生約360人を予定しています。

東京理科大学葛飾キャンパスⅡ期計画新築工事の概要
◆ 所在地-東京都葛飾区新宿六丁目3602番地ほか(地名地番)
◆ 交通-JR常磐線(東京メトロ千代田線)「金町」駅より徒歩8分 、京成金町線「京成金町」駅駅より徒歩8分 
◆ 階数-地上11 階、地下2階
◆ 高さ-最高部55.0m、軒高45.0m
◆ 敷地面積-41,069.88㎡
◆ 建築面積-約3,500㎡
◆ 延床面積-約38,000㎡
◆ 構造-鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 基礎工法-既成コンクリート杭
◆ 用途-学校(大学)
◆ 建築主-学校法人東京理科大学
◆ 設計者-日建設計
◆ 施工者-大成建設
◆ 着工-2021年06月28日(起工式)
◆ 竣工-2024年04月01日予定
◆ 開校-2024年04月予定



Tokyokatsushika210812
「東京理科大学 葛飾キャンパス」のキャンパスマップです。

 引用資料 東京理科大学・公式ホームページ
 葛飾キャンパス キャンパスマップ


Tokyokatsushika210813
「東京理科大学葛飾キャンパスⅡ期計画新築工事」の場所です。



Tokyokatsushika210814
「A街区」の一部の敷地面積41,069.88㎡に、「東京理科大学 葛飾キャンパス」が2013年4月に開校しました。


Tokyokatsushika210815
「研究棟」の西側が、「東京理科大学葛飾キャンパスⅡ期計画新築工事」の用地です。敷地面積約4,827㎡です。



|

2021年8月 9日 (月)

「明治安田生命新宿ビル」他の跡地 地上23階、高さ約129mの「(仮称)西新宿一丁目地区プロジェクト」 2021年8月1日に着工!

Tokyomeijiyasuda210811
-(仮称)西新宿一丁目地区プロジェクト-
 「明治安田生命」は、新宿駅西口に近接する「明治安田生命新宿ビル」などの解体工事に2020年4月1日に着手しました。「明治安田生命新宿ビル」と隣接する6棟を一体的に解体します。

 解体区域の敷地面積は約6,300㎡とかなり広いです。解体工事の施工は「大成建設」が担当します。解体工事の工期は2022年8月31日までを予定しています。

 解体されるビルは、「(1)明治安田生命新宿ビル、(2)明治安田生命新宿ビル別館、(3)第一スカイビル、(4)高倉第二ビル、(5)明治安田生命新宿第三ビル跡地、(6)永和ビル跡地」の合計6棟です。「(7)KSビル跡地」の解体工事は、鉄道弘済会が発注しました。

 跡地に建設される「(仮称)西新宿一丁目地区プロジェクト」の概要は、地上23階、地下4階、高さ(最高部128.71m(設備突出部)、建築部125.71m)、延床面積96,901.94㎡です。オフィス、商業、ホール、駐車場などで構成する予定です。

 引用資料 新宿区景観まちづくり審議会(2020/07/17)
 第69回新宿区景観まちづくり審議会

● 2021年8月1日に着工!
 「明治安田生命保険」は、「(仮称)西新宿一丁目地区プロジェクト」の施工者を「大成・竹中建設共同企業体(大成建設、竹中工務店JV)」に決定しました。「大成建設」は既存建物の解体工事も施工しています。

 日刊建設工業新聞(2021/07/27)
 明治安田生命/明治安田生命新宿ビルなど建替(東京都新宿区)/施工は大成建設JVに

 「明治安田生命保険」が推進し、「森ビル」がプロジェクトマネジメントに参画する「(仮称)西新宿一丁目地区プロジェクト」が、2021年8月1日に着工しました。

 「森ビル」は、開発段階からプロジェクトマネジメントに参画するほか、竣工・開業後のプロパティマネジメント業務を受託し、事務所および店舗のテナントリーシング、ビルの管理・運営業務支援を行う予定です。

 森ビル(2021/08/02)
 「(仮称)西新宿一丁目地区プロジェクト」に参画 明治安田生命新宿ビル建て替え計画 プロジェクトマネジメントや開業後のリーシングを受託

(仮称)西新宿一丁目地区プロジェクト
◆ 所在地-東京都新宿区西新宿一丁目9番1~12
◆ 交通-JR「新宿」駅徒歩2分、東京メトロ丸の内線「新宿」駅徒歩4分、小田急線「新宿」駅徒歩4分、京王線「新宿」駅徒歩4分、京王新線(都営新宿線)「新宿」駅徒歩5分、都営大江戸線「新宿」駅徒歩5分
◆ 階数-地上23階、地下4階
◆ 高さ-最高部128.71m(設備突出部)、建築部125.71m
◆ 敷地面積-6,294.72㎡
◆ 建築面積-3,819.26㎡
◆ 延床面積-96,901.94㎡
◆ 構造-鉄骨造、一部(鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造)
◆ 基礎工法-直接基礎
◆ 用途-オフィス、店舗、ホール、子育て支援施設、駐車場
◆ 建築主-明治安田生命保険
◆ プロジェクトマネジメント-森ビル
◆ 設計者・監理者-日建設計
◆ 施工者-大成・竹中建設共同企業体(大成建設、竹中工務店JV)
◆ 解体工事-2020年04月01日~2022年08月31日予定
◆ 着工-2021年08月01日
◆ 竣工-2025年11月30日予定


Tokyomeijiyasuda200722
「駅前広場を取り囲む光の演出」です。低層部の柱や壁面をライトアップして、駅前広場を取り囲むような夜間景観を演出する計画です。


Tokyomeijiyasuda200723
「(仮称)西新宿一丁目地区プロジェクト」のイメージパースです。建物は暖色系の「PCカーテンウォール」を外装に使い、駅前のランドマークを形成する外観を目指します。

Tokyomeijiyasuda200724
「断面図」です。


Tokyomeijiyasuda200725
「配置図」です。


Tokyomeijiyasuda200726
「位置図」です。


Tokyomeijiyasuda210615 
「(仮称)西新宿一丁目地区プロジェクト」の建築計画のお知らせです(写真提供読者さん)。



|

2021年8月 8日 (日)

みなとみらいに本格アウトドアテーマパーク 「DREAM DOOR YOKOHAMA HAMMERHEAD(ドリームドアヨコハマハンマーヘッド)」をオープン!

Yokohamadreamdoor210811
-みなとみらいに都市型アウトドアテーマパーク-

 「SOULPLANET」は、みなとみらい臨海エリアの新たな賑わい創出を目的としたプロジェクトとして、「カップヌードルミュージアムパーク」の敷地内に2021年8月24日(火)に、カフェを併設した本格 BBQ施設「DREAM DOOR YOKOHAMA HAMMERHEAD(ドリームドアヨコハマハンマーヘッド)」をオープンします。

 引用資料 SOULPLANET(2021/07/15)
 本格アウトドアテーマパーク「DREAM DOOR YOKOHAMA HAMMERHEAD」が2021年8月24日(火)に横浜・みなとみらいにGRAND OPEN !!

 公式ホームページ
 DREAM DOOR YOKOHAMA HAMMERHEAD

 本格的なアウトドアへの入口となるような体験型テーマパークの敷地内は、 横浜ハンマーヘッドサイドの象徴的な円型プロムナードデッキの「ツリーランドサークル」、 女神橋サイドの森林を活かしたグランピング体験エリア「ファイヤーフォレスト」、両エリアに挟まれた多目的フィールドの「ワンダーフィールド」という3つのエリアに分かれており、それぞれ特色の違う楽しみ方を提案しています。


Yokohamadreamdoor210812
TREE LAND CIRCLE

 「TREE LAND CIRCLE(ツリーランドサークル)」は、受付やBAR、パークレンジャーズロッジを備えたパークの中心施設です。2階デッキからの横浜港の眺望は圧巻です。


Yokohamadreamdoor210813
「TREE LAND CIRCLE(ツリーランドサークル)」のイメージです。


Yokohamadreamdoor210814
「TREE LAND CIRCLE(ツリーランドサークル)」のイメージです。


Yokohamadreamdoor210815
「FIRE FOREST(ファイヤーフォレスト)」のイメージです。



|

2021年8月 7日 (土)

2021年版世界企業番付 フォーチュン「Global(グローバル)500」 世界の大企業の売上高ランキング 日本企業53社がランクイン!

Tokyoiglobal500210811
-Global 500-
 毎年夏になるとフォーチュンの「Global(グローバル)500」が発表されます。2021年版は8月2日に正式発表さました。私は企業ヲタでもあるので、毎年メチャメチャ楽しみにしています。

 新型コロナウイルス感染症の世界的流行の影響を受け、2021年版にランクインした500社の売上高は2020年版より約5%減少し、約31兆7000億ドル(1$=109円として約3,458兆円)でした。

 会社のランキングは色々あります。時価総額のランキングもありますが、「グローバル500」は売上高のランキングです。下記のランキングの単位は百万ドルです。英語版は分かりにくいので、分かりやすく日本語版を作成しました。昨年に続いて今年も記事を作成しましたが、物凄く時間がかかりました。

 引用資料 2021年版(フォーチュン) 
 Global 500 (英語版)


世界のベスト20

 中国企業がベスト20に6社も入っています。「国家電網公司(ステートグリッド)」は、世界最大の電力会社、「中国石油天然気集団公司(子会社にペトロチャイナ)」と「中国石油化工集団公司(シノペック)」は、石油・天然ガスの生産・供給する企業です。「中国建築股份有限公司」は、世界最大の建設会社です。人口が多く、なおかつ国全体が工事現場のような中国は、建設会社も桁違いに巨大です。

 アメリカの「CVSヘルス」は、主にドラッグストア運営する会社、「ユナイテッドヘルス・グループ」は世界最大のヘルスケア企業、「マクケッソン・コーポレーション」と「アメリソース・バーゲン」は、大手医薬品卸売会社です。アメリカの医薬品市場は桁違いに巨大な事が分かります。

01 ウォルマート(アメリカ) $559,151
02 国家電網公司:ステートグリッド(中国) $386,617.7
03 アマゾン・ドット・コム・インク(アメリカ) $386,064
04 中国石油天然気集団公司(中国) $283,957.6
05 中国石油化工集団公司:シノペック(中国) $283,727.6
06 アップル(アメリカ) $274,515
07 CVSヘルス(アメリカ) $268,706
08 ユナイテッドヘルス・グループ(アメリカ) $257,141
09 トヨタ自動車(日本) $256,721.7
10 フォルクスワーゲン(ドイツ) $253,965
---------------------------------
11 バークシャー・ハサウェイ(アメリカ) $245,510
12 マクケッソン・コーポレーション(アメリカ) $238,228
13 中国建築股份有限公司(中国) $234,425
14 サウジアラムコ(サウジアラビア) $229,766.2
15 サムスン電子(韓国) $200,734.4
16 中国平安保険(中国) $191,509.4
17 アメリソース・バーゲン(アメリカ) $189,893.9
18 BP(イギリス) $183,500
19 ロイヤル・ダッチ・シェル(オランダ) $183,195
20 中国工商銀行(中国) $182,794.4


国別のランクイン数

 中国(香港を含む)の企業数が、昨年初めてアメリカを上回りましたが、今年は更に差を広げて中国(香港を含む)135社、アメリカ122社となりました。日本の企業数は昨年に続いて53社でした。ここ5~6年は51社~54社の間を行ったり来たりしています。

 日本企業はコロナ禍で大幅に減る事を覚悟していましたが、コロナ禍は世界中を襲ったため、日本企業の売上高は減少しましたが、世界中の企業の売上高も減少したため、日本企業の減少はありませんでした。下記の国別ランキング(カッコは前年の企業数)を見るとヨーロッパ企業のダメージが特に大きかったようです。

01 中国 135社(124社)
02 アメリカ 122社(121社)
03 日本 53社(53社)
04 ドイツ 27社(27社)
05 フランス 26社(31社)
06 イギリス 22社(22社)
07 韓国 15社(14社)
08 スイス 13社(14社)
09 カナダ 12社(13社)
10 オランダ 11社(13社)
11 台湾 8社(9社)
12 スペイン 7社(9社)
12 インド 7社(7社)
14 ブラジル 6社(7社)
14 イタリア 6社(6社)
16 オーストラリア 4社(5社)
16 ロシア 4社(4社)
16 シンガポール 4社(2社)
19 アイルランド 3社(4社)


日本企業のランキング

 ランクインした日本企業53社のランキングです。初めの数字が日本企業のランキングで、次の数値が世界のランキングです。「53(494)」の「アルフレッサ ホールディングス」は、2021年3月期の連結決算の売上高が2,603,169百万円です。「Global 500」に入るには、日本円で約2兆6000億円の売上高が必要ということです。

 前年の2020年は、日本円で3兆円くらい売上高がないと「Global 500」に入れなかったので、コロナ禍で世界の企業の売上高が大幅に下がった事が分かります。世界の企業業績が大幅に回復しているので、2022年は3兆円を超える売上高がないと「Global 500」には入れないと思います。

01(009) トヨタ自動車 $256,721.7
02(048) ホンダ  $124,240.6
03(051) 三菱商事 $121,542.7
04(055) 日本電信電話(NTT) $112,670.3
05(058) 日本郵政 $110,561.3
06(071) 伊藤忠商事 $97,753.1
07(088) ソニー $84,893.1
08(095) 日立製作所 $82,344.6
09(100) イオン $81,227.8
10(111) 日本生命保険 $76,984.3
---------------------------------
11(114) 三井物産 $75,562.4
12(116) 日産自動車 $74,169.5
13(119) 第一生命ホールディングス $73,841.5
14(154) パナソニック $63,191.3
15(165) 丸紅 $59,735.2
16(166) ENEOSホールディングス $59,540
17(167) 豊田通商 $59,517.1
18(180) 三菱UFJフィナンシャル・グループ $56,838.4
19(184) ソフトバンクグループ $56,213.6
20(187) 東京電力ホールディングス $55,343.1
---------------------------------
21(188) セブン&アイ・ホールディングス $54,442.4
22(208) 東京海上ホールディングス $51,516.7
23(217) KDDI $50,115
24(244) デンソー $46,569.3
25(245) MS&ADインシュアランスグループホールディングス $46,149.7
26(249) 日本製鉄 $45,555.7
27(261) 住友商事 $43,817.9
28(300) 三菱電機 $39,538.8
29(306) 大和ハウス工業 $38,928.8
30(313) 明治安田生命保険 $38,003.6
---------------------------------
31(318) 出光興産 $37,792.3
32(325) 三井住友フィナンシャルグループ $36,811.4
33(331) SOMPOホールディングス $36,283.3
34(347) 三菱重工業 $34,902.5
35(358) 富士通 $33,862.5
36(365) アイシン $33,259.7
37(367) 住友生命保険 $33,183.4
38(401) 三菱ケミカルホールディングス $30,729.1
39(404) JFEホールディングス $30,443.7
40(406) みずほフィナンシャルグループ $30,357.1
---------------------------------
41(408) メディパルホールディングス $30,291.3
42(409) 武田薬品工業 $30,165.7
43(412) スズキ $29,980.8
44(414) キヤノン $29,598.9
45(417) 関西電力 $29,171.3
46(420) 東芝 $28,812.6
47(432) 日本電気(NEC) $28,243.3
48(434) ブリヂストン $28,046.8
49(440) 中部電力 $27,690.4
50(442) 住友電気工業 $27,531.7
---------------------------------
51(449) マツダ $27,187.2
52(459) SUBARU(スバル) $26,698
53(494) アルフレッサ ホールディングス $24,556.39



|

2021年8月 6日 (金)

板橋区 東武東上本線・上板橋駅前の「上板橋駅南口駅前東地区第一種市街地再開発事業」  特定業務代行者を「大成建設JV」に決定!

Tokyoitabashi210811
-上板橋駅南口駅前東地区第一種市街地再開発事業-
 
板橋区の東武東上本線「上板橋駅」は、島式2面4線の地上駅です。「北口」と「南口」があります。北口には小さい駅前広場がありますが、南口は狭い道路を挟んですぐ住宅となっており駅前広場もありません。狭隘な道路が多く、木造住宅や店舗併用住宅などが密集しており、土地の高度利用が図られていません。

 「上板橋駅南口駅前東地区市街地再開発組合」は、東京都板橋区上板橋一丁目及び二丁目で事業推進する「上板橋駅南口駅前東地区市街地再開発事業」について、2021年3月26日付で東京都知事より市街地再開発組合の設立認可を受け、2021年4月18日に再開発組合を設立しました。

 引用資料 住友不動産(PDF:2021/04/20)
 「上板橋駅南口駅前東地区市街地再開発事業」再開発組合設立のお知らせ

● 特定業務代行者を決定!
 「上板橋駅南口駅前東地区市街地再開発組合」は、プロジェクトの特定業務代行者を「大成建設・長谷工コーポレーション・越野建設・大成ロテックJV」に決定しました。特定業務代行者には、再開発ビルの実施設計と施工を任せます。

 日刊建設工業新聞(2021/08/03)
 上板橋駅南口駅前東地区再開発(東京都板橋区)/特定業務代行者を大成JVに/組合

 「東街区」が、地上27階、地下2階、延床面積約38,550㎡、「中街区」が、地上19階、地下1階、延床面積約10,040㎡、「南街区」が、地上6階、地下0階、延床面積約1,890㎡となっています。

上板橋駅南口駅前東地区第一種市街地再開発事業の概要
◆ 所在地-東京都板橋区上板橋一丁目及び二丁目地内
◆ 階数-(東街区)地上27階、地下2階、(中街区)地上19階、地下1階、(南街区)地上6階、地下0階
◆ 地区面積-約17,000㎡(施設全体)
◆ 延床面積-(東街区)約38,550㎡、(中街区)約10,040㎡、(南街区)約1,890㎡
◆ 用途-(東街区)共同住宅、店舗、(中街区)共同住宅、店舗、(南街区)事務所、店舗
◆ 総戸数-約440戸
◆ 建築主-上板橋駅南口駅前東地区市街地再開発組合(参加組合員 住友不動産)
◆ 基本設計-INA新建築研究所
◆ 特定業務代行者-大成建設、長谷工コーポレーション、越野建設、大成ロテック
◆ 着工-2025年04月予定
◆ 竣工-2028年12月予定
◆ 総事業費-約400億円


Tokyoitabashi210412
「東街区」の外観完成イメージです。「東街区」は、下層階の階高が高いのと3層の高い塔屋があるので、最高部の高さは100mを超えると思われます。


Tokyoitabashi210312
「断面イメージ」です。


Tokyoitabashi210313
「配置図」です。


Tokyoitabashi210314
「位置図」です。



|

2021年8月 5日 (木)

JR東日本 「羽田空港アクセス線(仮称)整備事業」に係る環境影響評価書案 終点の「羽田空港新駅(仮称)」は島式1面2線の地下駅

Tokyojr210511_20210520165601
-羽田空港アクセス線(仮称)整備事業-

 JR東日本は、羽田空港と東京駅、新宿駅、新木場駅の3つの駅を結ぶ「羽田空港アクセス線構想」を発表しています。実現すれば、東京駅まで最短18分(現在は最短28分)、新宿駅まで最短23分(現在は最短41分)、臨海部の新木場駅まで最短20分(現在は最短41分)でいずれも乗り換えなしで結ばれ、空港へのアクセス時間が大幅に短縮されます。

(1) 東山手ルート(東京駅ルート)
 
最短18分(現在は最短28分):羽田空港(新設)→羽田空港新線(新設)→東京貨物ターミナル→大汐線(改修)→大汐短絡線(新設)→田町駅付近で東海道本線に合流→東海道本線→東京駅

(2) 西山手ルート(新宿駅ルート)
 
最短23分(現在は最短41分):羽田空港(新設)→羽田空港新線(新設)→東京貨物ターミナル→東品川短絡線(新設)→大井町駅~品川シーサイド駅間でりんかい線に合流→りんかい線→埼京線→新宿駅

(3) 臨海部ルート(新木場駅ルート)
 
最短20分(現在は最短41分):羽田空港(新設)→羽田空港新線(新設)→東京貨物ターミナル→りんかい線の引込線(複線化)→品川埠頭分岐部信号場→りんかい線→新木場駅

● 羽田空港新駅は島式1面2線 
 JR東日本から「羽田空港アクセス線(仮称)整備事業」に係る環境影響評価書案が提出されました。縦覧期間は、2021年8月3日(火)~9月1日(水)までです。

 引用資料 東京都環境局(2021/08/03)
 「羽田空港アクセス線(仮称)整備事業」に係る環境影響評価書案が提出されました。

 終点の「羽田空港新駅(仮称)」は、「第1ターミナル」と「第2ターミナル」の間に設けられ、島式1面2線の地下駅となります。ホーム長約311m、ホーム幅約7~12mで、15両編成(1両の長さ約20m)に対応します。2層構造になっており、ホーム・コンコースは、地下1階となっています。

 事業費は3,000億円、開業は2029年度を予定しています。運転本数は1時間8本(上下線) 、1日144本(上下線)とされています。片道では、1時間4本となるので、15分間隔での運転を想定しています。


Tokyojr210512_20210520165601
「事業区間平面図及び断面図」です。事業区間は12.4kmです。JR田町駅付近から東京貨物ターミナルまでを既存線路の「改良区間」、東京貨物ターミナルから羽田空港までを「新線建設」として整備します。延長は「改良区間」が約7.4km、「アクセス新線」が約5.0kmとなります。


Tokyojr210821
「アクセス新線区間」です。


Tokyojr210822
「羽田空港新駅(仮称)」の断面図です。島式1面2線の地下駅となります。函体の幅員約22m、函体の深さ約20m、ホーム幅約7~12mとなります。


Tokyojr210823
「羽田空港新駅(仮称)」の縦断図です。ホーム・コンコースは、地下1階となります。ホーム長約311mで、15両編成(1両の長さ約20m)に対応します。「東京モノレール」や「京急空港線」の地下構造物を避けたギリギリのスペースに建設する事が分かります。



|

2021年8月 4日 (水)

JR東日本 新宿駅の近く 「JR東京総合病院」の病棟等の建替え 感染症対策も強化!

Tokyojr210811
-JR東京総合病院-

 「JR東京総合病院」の病棟は、1980年の建設から40年以上経過し、建物、設備の老朽化が進んできたため建替えを行います。あわせて、人間ドックセンターおよびJR東京総合病院高等看護学園が入る健康管理棟(仮称)を新設します。

 引用資料 JR東日本(PDF:2021/08/02)
 JR東京総合病院の病棟等の建替えについて

 これを機に、新型コロナウイルス感染症等感染症対策の強化、自然換気の導入等による病室の療養環境向上、救急医療の拡充、災害対応の強化、人間ドックの拡充等、病院のさまざまな機能を向上させることで、地域の住民により質の高い医療サービスを提供し、人生100年時代の社会に貢献していきます。

JR東京総合病院建替え計画の概要
◆ 所在地-東京都渋谷区代々木二丁目1-3(JR東京総合病院敷地内)
◆ 建築面積-約9,500㎡(施設全体)
◆ 延床面積-約61,600㎡(施設全体)
◆ 新病棟(入院棟)-地上16階、地下2階、延床面積約33,500㎡
◆ 健康管理棟(仮称)-地上7階、地下2階、延床面積約9,600㎡
◆ 外来棟(既存)-地上7階、地下3階、延床面積約18,000㎡
◆ 主な施設-<新病棟(入院棟)>総合受付・救急外来・病棟、<健康管理棟(仮称)>人間ドックセンター・JR東京総合病院高等看護学園、<外来棟(既存)>外来診療・手術室・カフェスペース
◆ 病床数-401床
◆ 建築主-JR東日本
◆ 設計者-久米設計、竹中工務店
◆ 施工者-竹中工務店
◆ 着工-<新病棟(入院棟)>2022年春予定、<健康管理棟(仮称)>2022年春予定
◆ 開院-<新病棟(入院棟)>2025年春頃予定、<健康管理棟(仮称)>2024年春頃予定


Tokyojr210812
「外観イメージ(鳥瞰図)」です。


Tokyojr210813
「新病棟(入院棟)内イメージ(4床病室の一例)」です。

● 病室の療養環境の向上
 自然光を活かした採光や部屋ごとの自然換気の導入等により、患者がより安心して治療を受けられる環境を整えます。


Tokyojr210814
「感染症患者対応病棟のイメージ」です。

● 感染症対策の強化
 陰圧病室の拡充、救急外来から病室への動線分離可能なレイアウト等により、感染症発生時の機動的な運用を可能にします。



|

2021年8月 3日 (火)

横浜市 山下ふ頭に「IR(カジノを含む統合型リゾート施設)」 民間2グループが提案した施設の完成イメージを公開!

Yokohamayamashita210811
-山下ふ頭(山下埠頭)-
 政府は、「IR(カジノを含む統合型リゾート施設)」を国内に3ヶ所整備する方針を打ち出しています。「横浜市」は、「IR(カジノを含む統合型リゾート施設)」を誘致する方針を固めています。

 立地場所は、「山下ふ頭」の47.1haを想定しています。「広大でシンボル性の高い敷地。横浜都心部、羽田空港からの距離も近く、航空、鉄道、道路による各方面からのアクセスの利便性が高い。中心市街地や住宅地から、高速道路等により分離されている上、海上に隔離された立地になっている。」などの理由に挙げています。

● 横浜イノベーションIR企画展示
 「横浜市」は7月27日に、「山下ふ頭」への誘致を目指す「IR(カジノを含む統合型リゾート施設)」に関連し民間2グループが提案した施設の完成イメージを公開しました。

 展示期間は、2021年7月27日(火)~8月7日(土)まで、横浜市役所2階の展示スペースで、IRで体験できることをイメージした動画や大きな床面展示、施設のパース図などを展示しています。

 引用資料 横浜市・公式HP(2021/07/29)
 「横浜イノベーションIR企画展示」について

 引用資料 日刊建設工業新聞(2021/07/28)
 横浜市/IR施設、2グループからの提案イメージ公表/8月7日まで市役所2階で展示

 IR事業者を決める公募型プロポーザルには、2グループから提案がありました。グループの一つは代表企業がゲンティン・シンガポール・リミテッド(シンガポール)です。大林組と鹿島建設、セガサミーホールディングス、綜合警備保障、竹中工務店の5社が構成員として参画しています。もうひとつのグループの社名は非公表です。代表1社、構成員2社の3社グループとなっています。


Yokohamayamashita210812
施設イメージです。


Yokohamayamashita210813
施設イメージです。


Yokohamayamashita190512
「山下ふ頭」です。面積は約47.1haです。



|

2021年8月 2日 (月)

イトーピア浜離宮建替え計画 地上32階、高さ約117mの免震タワーマンション「ブリリアタワー浜離宮」 2021年7月末の建設状況

Tokyotakeshiba201011
-イトーピア浜離宮建替え計画-
 「東京建物」が事業協力者として参画し、「イトーピア浜離宮」管理組合と共に進めている「イトーピア浜離宮」の建替え事業において、マンション管理組合の臨時総会で区分所有者数及び議決権総数の5分の4以上の賛成をもって建替え決議が可決されました。

 「イトーピア浜離宮」は、敷地規模2,820.88㎡、総戸数328戸(ほか1 階店舗2区画)、地上14階で、1979年竣工の分譲マンションです。竣工から年月が経ち、建物・設備の老朽化が進行していました。

 「東京建物」が事業協力者として参画し、東京都港区所在の「イトーピア浜離宮」のマンション建替組合と共に進めているの建替え事業において、2020年9月26日に本体建築工事に着手しました。

 引用資料 東京建物(PDF:2020/10/06)
 都心大規模マンション(300戸超)建替えの先行事例となる「イトーピア浜離宮建替え事業」 着工~発展著しい“竹芝”エリアにおいて、職住近接の「住」を担う事業

● ブリリアタワー浜離宮
 正式名称は「東京建物」のブリリアを冠した「ブリリアタワー浜離宮」に決定して、公式ホームページもオープンしています。竣工は2023年9月下旬予定、入居開始は2024年1月上旬予定となっています。

 公式ホームページ → ブリリアタワー浜離宮

 あくまでも私が把握している限りですが、管理組合による高さ100mを超える超高層マンションへの建て替えは、白金台マンションとクラウン白金台を建て替えた「プラウドタワー白金台」、現在、高輪一丁目共同建替計画マンション建替組合が行ってる「プレミストタワー白金高輪」に次いで3例目だと思われます。

ブリリアタワー浜離宮
◆ 計画名-(仮称)イトーピア浜離宮建替計画 新築工事
◆ 所在地-東京都港区海岸一丁目19番1(地番)
◆ 交通-JR山手線「浜松町」駅徒歩5分、JR京浜東北線「浜松町」駅徒歩5分、東京モノレール「モノレール浜松町」駅徒歩5分、都営大江戸線「大門」駅徒歩6分、都営浅草線「大門」駅徒歩6分、ゆりかもめ「竹芝」駅徒歩2分
◆ 階数-地上32階、地下1階
◆ 高さ-最高部117.22m
◆ 敷地面積-2,820.88㎡
◆ 建築面積-1,274.25㎡
◆ 延床面積-29,590.35㎡
◆ 構造-鉄筋コンクリート造
◆ 基礎工法-場所打ちコンクリート拡底杭
◆ 地震対策-免震構造
◆ 用途-共同住宅、保育園
◆ 総戸数-420戸(募集対象外住戸307戸、提携企業勤務者優先住戸3戸含む)
◆ 建築主-イトーピア浜離宮管理組合(売主 東京建物)
◆ 設計者-松田平田設計、長谷工コーポレーション
◆ 監理者-松田平田設計
◆ 施工者-長谷工コーポレーション
◆ 着工-2020年09月26日
◆ 竣工-2023年09月下旬予定
◆ 入居開始-2024年01月上旬予定


Tokyotakeshiba201012
「東京湾を一望する屋上テラス」です。屋上にはウォーターフロントの眺望を楽しめる約120㎡のテラスを計画しています。


Tokyotakeshiba201013
「安らぎを感じる緑地空間」です。総合設計制度を利用し、敷地内に緑豊かな公開空地を確保しています。


Tokyotakeshiba201014
「位置図」です。西側に「旧芝離宮恩賜庭園」が近接する好立地です。


Tokyotakeshiba210711
「ブリリアタワー浜離宮」の2021年7月末の建設状況です(写真提供SOCIO34050氏)。


Tokyotakeshiba210712
「タワークレーン」が姿を現しています(写真提供SOCIO34050氏)。


Tokyotakeshiba210713
「ブリリアタワー浜離宮」の建設現場です(写真提供SOCIO34050氏)。


Tokyotakeshiba210714
地震対策として「免震構造」を採用します(写真提供SOCIO34050氏)。


Tokyotakeshiba210715
地下躯体の鉄筋の配筋を行っています(写真提供SOCIO34050氏)。


Tokyotakeshiba210716
南東側から見た様子です(写真提供SOCIO34050氏)。


Tokyotakeshiba210717
南西側から見た様子です(写真提供SOCIO34050氏)。


Tokyotakeshiba190715
解体前の「イトーピア浜離宮」を東側から見た様子です。概要は、地上14階、地下0階、高さ46.40m、延床面積11,193.04㎡(登記簿床面積)、総戸数328戸、店舗2区画、1979年8月竣工でした。



|

2021年8月 1日 (日)

国家戦略特区 高さ約232m、総延床面積約55万㎡の超高層ツインタワー「(仮称)芝浦一丁目計画 新築工事」 2021年7月末の状況

Tokyotoshiba210311
-(仮称)芝浦一丁目計画 新築工事

 「浜松町ビルディング(東芝ビルディング)」の敷地に計画されている「(仮称)芝浦一丁目計画 新築工事」は、総延床面積549,869.65㎡のビッグプロジェクトです。

 2期に分けて施工する計画で、先に南側の「S棟」を建設します。「清水建設」の施工で2021年9月に着工する予定です。「S棟」の竣工後に、「浜松町ビルディング(東芝ビルディング)」を解体して、跡地に「N棟」を建設します。2031年3月の全体完成を目指します。

 「S棟」が、地上45階、地下3階、高さ232.55m、「N棟」が、地上47階、地下3階、高さ232.55mの巨大な超高層ツインタワーで、用途は、「オフィス、商業施設、ホテル、共同住宅、駐車場、DHC施設等」となります。

 引用資料 野村不動産(PDF:2017/08/15)
 浜松町ビルディング(東芝ビルディング)建替事業 「(仮称)芝浦一丁目計画」 整備方針について

 現在は、「(仮称)芝浦一丁目計画第Ⅰ期新築工事範囲解体工事」が行われています。解体工事の工期は、2021年2月1日~2021年9月30日(予定)となっており、「清水建設」の施工で行われています。

(仮称)芝浦一丁目計画 新築工事の概要
◆ 所在地-東京都港区芝浦一丁目1番1他 51筆
◆ 交通-(浜松町ビルディング基準)JR、東京モノレール「浜松町」駅徒歩5分、都営地下鉄大江戸線・浅草線「大門」駅徒歩8分、ゆりかもめ「日の出」駅徒歩6分
◆ 階数-(S棟)地上45階、地下3階、(N棟)地上47階、地下3階
◆ 高さ-(S棟)最高部232.55m、(N棟)最高部232.55m
◆ 敷地面積-40,104.74㎡(施設全体)
◆ 建築面積-約29,800㎡(施設全体)
◆ 延床面積-549,869.65㎡(施設全体)
◆ 構造-鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄骨造、鉄筋コンクリート造
◆ 基礎工法-直接基礎
◆ 用途-オフィス、商業施設、ホテル、共同住宅、駐車場、DHC施設等
◆ 総戸数-約350戸
◆ 建築主-野村不動産ビルディング、JR東日本
◆ 設計者-槇総合計画事務所、清水建設
◆ 施工者-(S棟)清水建設、(N棟)未定
◆ 解体工事(S棟)2021年02月01日~2021年09月30日予定
◆ 着工-(S棟)2021年09月01日予定
◆ 竣工-(全体)2031年03月31日予定


Tokyotoshiba170812
「イメージパース 芝浦運河対岸より計画地を望む」です。


Tokyotoshiba170813
「計画断面イメージ」です。


Tokyotoshiba170814
「配置図」です。


Tokyotoshiba16011
浜松町ビルディング(東芝ビルディング)
 「(仮称)芝浦一丁目建替計画新築工事」の予定地に建っている「浜松町ビルディング(東芝ビルディング)」です。地上40階、塔屋1階、地下3階、高さ165.9mの超高層オフィスビルです。「東芝ビルディング」として、1984年3月に竣工しました。

浜松町ビルディング(東芝ビルディング) の概要
◆ 所在地-東京都港区芝浦一丁目1番1号
◆ 交通-JR、東京モノレール「浜松町」駅徒歩5分、都営地下鉄大江戸線・浅草線「大門」駅徒歩8分、ゆりかもめ「日の出」駅徒歩6分
◆ 階数-地上40階、塔屋1階、地下3階
◆ 高さ-最高部165.9m 
◆ 敷地面積-34,506.91㎡
◆ 建築面積-14,741.10㎡(東芝浜松町ビルを含む場合16,464.58㎡)
◆ 延床面積-162,612.86㎡(東芝浜松町ビルを含む場合176,567.92㎡)
◆ 構造-鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 地震対策-制震構造(水平方向の揺れを吸収するダイナミックスクリューとオイルダンパーを低層階を中心に102ヶ所設置)
◆ 用途-オフィス、店舗
◆ 建築主-港建物、第一生命保険
◆ 設計者-清水建設
◆ 施工者-清水建設、鹿島建設JV
◆ 着工-1981年08月
◆ 竣工-1984年03月


Tokyotoshiba210711
「(仮称)芝浦一丁目計画 新築工事」の2021年7月末の状況です。2021年2月1日~2021年9月30日(予定)の工期で、「(仮称)芝浦一丁目計画第Ⅰ期新築工事範囲解体工事」が行われています(写真提供SOCIO34050氏)。


Tokyotoshiba210712
敷地北側です(写真提供SOCIO34050氏)。


Tokyotoshiba210713
地上躯体の解体工事はほぼ終わっています(写真提供SOCIO34050氏)。


Tokyotoshiba210714
敷地南側です(写真提供SOCIO34050氏)。


Tokyotoshiba210715
敷地南端です(写真提供SOCIO34050氏)。


Tokyotoshiba210716
敷地西側の歩道です。上空を「東京モノレール」が走っています(写真提供SOCIO34050氏)。


Tokyotoshiba210717
南西側から見た様子です(写真提供SOCIO34050氏)。


Tokyotoshiba210220
「(仮称)芝浦一丁目計画第Ⅰ期新築工事範囲解体工事」が行われています(写真提供SOCIO34050氏)。


Tokyotoshiba210221
「解体工事のお知らせ」です。解体工事の工期は、2021年2月1日~2021年9月30日(予定)となっており、「清水建設」の施工で行われています(写真提供SOCIO34050氏)。


Tokyotoshiba210222
「(仮称)芝浦一丁目計画 新築工事」の建築計画のお知らせです(写真提供SOCIO34050氏)。



|

« 2021年7月 | トップページ | 2021年9月 »