« 地上29階、高さ約180mの区「みなとみらい21中央地52街区開発事業計画」 「建築計画のお知らせ」掲示 2024年1月26日の状況 | トップページ | 「Kアリーナ横浜」退場時の大混雑が問題に! 混雑解消の切り札となる「(仮称)高島水際線デッキ整備事業」 2024年1月26日の建設状況 »

2024年1月29日 (月)

「ぴあアリーナMM」と歩行者デッキで直結 竣工した地上28階、高さ約146mの「横浜コネクトスクエア(三井ガーデンホテル横浜みなとみらいプレミア)」

Yokohamamm212401121
-横浜コネクトスクエア-
 「三菱重工業」は、1994年2月に「三菱重工横浜ビル」を1棟建設しました。概要は、地上34階、地下2階 高さ151.9m、延床面積109,472.69㎡です。当初は、高層建ツインタワーの計画でしたが、1990年代後半の景気減速の影響から2棟目の建設計画を凍結していました。

 「三菱重工業」は、景気減速の影響を受け、建設計画を延期していた「(仮称)みなとみらい21中央地区37街区Ⅱ期棟計画」を再始動すると2013年9月25日に発表していました。
 
 2014年2月1日に設立された火力発電システム事業の合弁会社「三菱日立パワーシステムズ(三菱重工業65%、日立製作所35%)」により、執務スペースを確保する必要が生じたため、2棟目を建設する予定でした。2棟目は結局、着工されることはありませんでした。「三菱日立パワーシステムズ」は、2020年9月1日に「三菱パワー」に社名を変更しています。

 「三菱重工業」は、「みなとみらい21中央地区37街区」のうち北側部分を「ケネディクス」に2017年3月30日付で売却しました。「合同会社KRF48」は、地上28階、塔屋1階、地下1階、高さ145.82mの超高層複合ビルを建設しました。

 「パナソニック ホームズ、鹿島建設、ケネディクス」は、横浜みなとみらい中央地区37街区にて3社による協業体制のもと大規模開発プロジェクトを推進してきました。その施設名称が「横浜コネクトスクエア」に決定しました。

 引用資料 パナソニック ホームズ(2022/10/19)
 パナソニック ホームズ、鹿島、ケネディクスが推進する横浜みなとみらい地区の大規模開発プロジェクト、施設名称が「横浜コネクトスクエア」に決定 ~三井ガーデンホテル横浜みなとみらいプレミアの出店も決定し、2023年7月のグランドオープンを目指す~

 「横浜コネクトスクエア」は、2023年1月に竣工しました。三井不動産および三井不動産ホテルマネジメントは、「三井ガーデンホテル横浜みなとみらいプレミア」を2023年5月16日に開業しました。

横浜コネクトスクエアの概要
◆ 計画名-(仮称)MM37タワー、(仮称)みなとみらい21中央地区37街区開発計画
◆ 交通-JR線「桜木町」駅徒歩7分、東横線「みなとみらい」駅徒歩4分
◆ 所在地-神奈川県横浜市西区みなとみらい三丁目3番3号(みなとみらい37街区)
◆ 階数-地上28階、塔屋1階、地下1階
◆ 高さ-最高部145.82m
◆ 敷地面積-10,082.20㎡
◆ 建築面積-6,105.89㎡
◆ 延床面積-121,726.85㎡(容積対象面積105,861.22㎡)
◆ 構造-(地下)鉄骨鉄筋コンクリート造、(地上)鉄骨造
◆ 地震対策-制振構造
◆ 用途-オフィス、ホテル、店舗、駐車場
◆ 客室数-364室(三井ガーデンホテル横浜みなとみらいプレミア)
◆ 建築主-合同会社KRF48(パナソニックホームズ、鹿島建設、ケネディクス)
◆ 設計者・監理者-鹿島建設
◆ 施工者-鹿島・フジタ・馬淵・大洋建設工事共同企業体(鹿島建設、フジタ、馬淵建設、大洋建設JV)
◆ 着工-2020年04月01日
◆ 竣工-2023年01月
◆ 開業-2023年05月16日(三井ガーデンホテル横浜みなとみらいプレミア)


Yokohamamm21221011_20221020073701
「横浜コネクトスクエア(三井ガーデンホテル横浜みなとみらいプレミア)」の完成イメージです。


Yokohamamm21221012_20221020073701
「ロビー」です。


Yokohamamm21221013_20221020073701
「ラウンジ」です。


Yokohamamm21221014
「スカイプール」です。


Yokohamamm21221015
「ジェットバス」です。


Yokohamamm21221016
「フロア構成」です。


Yokohamamm21221017
「基準階フロア」です。基準階床面積約4,151㎡のエリア最大級の解放感あふれるオフィスフロアとなります。


Yokohamamm21221018
「位置図」です。


Yokohamamm212401120
JR桜木町駅の駅前広場から、「ぴあアリーナMM」を経由して「横浜コネクトスクエア」まで歩行者デッキで結ばれています。


Yokohamamm212401114
「ぴあアリーナMM」です。


Yokohamamm212401122
「ぴあアリーナMM」の2階歩行者デッキです。


Yokohamamm212401123
直角に曲がって「歩行者デッキ」が伸びています。


Yokohamamm212401124
「みなとみたい大通り」をオーバーパスして、「ぴあアリーナMM」と「横浜コネクトスクエア」は、歩行者デッキで結ばれます。


Yokohamamm212401125
「横浜コネクトスクエア」を南西側から見た様子です。歩行者デッキでは、「横浜コネクトスクエア」の南側に接続されています。


Yokohamamm212401126
歩行者デッキでは、「横浜コネクトスクエア」の2階と接続されています。


Yokohamamm212401127
「横浜コネクトスクエア」を西側から見た様子です。


Yokohamamm212401128
「横浜コネクトスクエア」を北西側から見た様子です。


Yokohamamm212401129
「横浜コネクトスクエア」の
北面です。


Yokohamamm212401130
「横浜コネクトスクエア」を北側から見た様子です。



|

« 地上29階、高さ約180mの区「みなとみらい21中央地52街区開発事業計画」 「建築計画のお知らせ」掲示 2024年1月26日の状況 | トップページ | 「Kアリーナ横浜」退場時の大混雑が問題に! 混雑解消の切り札となる「(仮称)高島水際線デッキ整備事業」 2024年1月26日の建設状況 »

201 神奈川県・横浜市」カテゴリの記事