« 幕張新都心 「幕張ベイパーク」により人口急増 千葉市立幕張新都心若葉住宅地区小学校(仮称) 2024年1月上旬の状況 | トップページ | 地上29階、高さ約180mの区「みなとみらい21中央地52街区開発事業計画」 「建築計画のお知らせ」掲示 2024年1月26日の状況 »

2024年1月27日 (土)

武蔵小杉地区 地上43階、高さ約165m、総戸数約500戸「(仮称)小杉町一丁目計画」に係る条例方法審査書の公告!

Kawasakikosugi200415
-(仮称)小杉駅北口地区開発計画-

 「三井不動産レジデンシャル」が、川崎市中原区に計画する「(仮称)小杉駅北口地区開発計画」が動きだします。2016年8月から地元向けの説明会を既に4回開催、この中で規模を延床面積約50,000㎡、建物高さ約170mを想定していることを明らかにしました。

 2017年度の環境アセスメント評価書公告とともに都市計画手続き、既存施設の解体に着手します。2018年度から新築工事に着手し、2021年度の完成を目指します。

 街区には、「ホテル・ザ・エルシィ跡地(現在は駐車場)、旧:NEC小杉ビル、小杉ビルディング」がありますが、「小杉ビルディング」は参加しません。建設予定地は、「ホテル・ザ・エルシィ跡地(現在は駐車場)」と「旧NEC小杉ビル」の敷地を合わせた約4,000㎡です。

 計画では、敷地の東側と西側に広場を設けるとともに北側部分は2階レベルで近接するJX日鉱日石エネルギー社宅跡地の「パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン」とペデストリアンデッキで接続します。

 しかし、「(仮称)小杉駅北口地区開発計画」は進む事なく、長期間保留になっていました。長期間眠っていたプロジェクトが「(仮称)小杉町一丁目計画」としていよいよ動き出すようです。

 「(仮称)小杉町一丁目計画に係る条例環境影響評価方法書」の縦覧が、2023年9月25日~11月8日まで行われました。2016年8月から約7年経過していますが、概要はほとんど変更がありませんでした。

● 条例方法審査書の公告!
 「(仮称)小杉町一丁目計画に係る条例方法審査書の公告」が行われています。概要は、地上43階、地下2階、高さ約165m、延床面積約53,200㎡、総戸数約500戸となっています。

 引用資料 川崎市・公式HP(2024/01/24)
 (仮称)小杉町一丁目計画に係る条例方法審査書の公告

(仮称)小杉町一丁目計画の概要
◆ 所在地-神奈川県中原区小杉町一丁目403-53外
◆ 交通-東急東横線・目黒線「武蔵小杉」駅、JR南武線・横須賀線・湘南新宿ライン「武蔵小杉」駅
◆ 階数-地上43階、地下2階
◆ 高さ-最高部約165m、建築物約155m
◆ 敷地面積-約4,100㎡
◆ 建築面積-約2,000㎡
◆ 延床面積-約53,200㎡
◆ 容積対象床面積-約37,300㎡
◆ 構造-鉄筋コンクリート造
◆ 用途-共同住宅、商業施設、駐車場等
◆ 総戸数-約500戸
◆ 建築主-三井不動産レジデンシャル


Kawasakikosugi230911
「計画建物断面図」です。


Kawasakikosugi230912
「土地利用計画図」です。


Kawasakikosugi230913
「計画地位置図(詳細)」です。


Kawasakikosugi230914
「計画地位置図(広域)」です。


Kawasakikosugi200416
「ホテル・ザ・エルシィ跡地(現在は駐車場)」です。


Kawasakikosugi200417
「旧:NEC小杉ビル」です。「三井不動産レジデンシャル」が所有しています。


Kawasakikosugi200411
小杉駅北口駅前まちづくり方針

 「川崎市」は、小杉駅北口駅前約1.5haを対象に、民間の土地利用を適切に誘導するとともに、駅北側で進むまちづくりを支える駅前広場などの都市基盤を強化するため、「小杉駅北口駅前まちづくり方針(案)」を2020年4月24日に取りまとめました。

 駅前広場の再配置の可能性もあり、この広場の両サイドにゾーニングした「にぎわい・交流ゾーン」について工事着手後5年程度での整備完了を目指します。

 駅北口駅前は、低未利用な土地が残っているとともに、歩行者の安全性やバリアフリーなどの面で多くの課題がみられます。これらの課題に対応し、土地利用に「小杉駅北側の玄関口としてのさまざまな都市機能の集積」「快適で居心地のよいにぎわい・交流機能の充実」などを掲げるまちづくり方針を策定します。


Kawasakikosugi200412
「対象区域図」です(引用:川崎市)。


Kawasakikosugi200413
駅前広場の再配置も視野に入れています。


Kawasakikosugi200414
正面が敷地面積約1,646㎡の「小杉ビルディング」です。所有者は「JR東日本」です。



|

« 幕張新都心 「幕張ベイパーク」により人口急増 千葉市立幕張新都心若葉住宅地区小学校(仮称) 2024年1月上旬の状況 | トップページ | 地上29階、高さ約180mの区「みなとみらい21中央地52街区開発事業計画」 「建築計画のお知らせ」掲示 2024年1月26日の状況 »

202 神奈川県・川崎市」カテゴリの記事