« アメリカの半導体大手「エヌビディア(NVIDIA)」が驚異的な好決算! 圧倒的王者だった「インテル」を2023年期の売上高で遂に抜いた! | トップページ | JR中野駅の駅ビル 中野駅西側南北通路・橋上駅舎等事業「(仮称)中野駅西口開発」 2024年2月上旬の建設状況 »

2024年2月27日 (火)

スーパーゼネコン(鹿島建設、大林組、清水建設、大成建設) 2024年3月期第3四半期決算短信が出揃う 「清水建設」が株式上場以来初めて営業赤字

Tokyotrading220811
-スーパーゼネコン5社-
 スーパーゼネコンは、「鹿島建設、大林組、清水建設、大成建設、竹中工務店(売上高順)」の5社を指します。「鹿島建設、大林組、清水建設、大成建設」は上場企業ですが、「竹中工務店」は非上場企業です。

 非上場企業の「竹中工務店」を除く、スーパーゼネコン4社の2024年3月期第3四半期決算短信が出揃いました。2024年2月5日に「大林組」、2月8日に「清水建設、大成建設」、2月13日に「鹿島建設」の決算発表がありました。建設業界は、原材料価格の高騰などの影響を受けて、経営環境は厳しい状況が続いています。

 ここ数年は「鹿島建設」の強さが際立っています。それを「大林組」が懸命に追う構図になっています。マンション建設に特化した「長谷工コーポレーション」は、売上高が1兆円を超えて、スーパーゼネコンに次ぐ位置を確保しています。

● 清水建設が株式上場以来初めて営業赤字
 「清水建設」の2024年3月期の連結営業損益が330億円の赤字になる見通しです。従来予想の575億円の黒字から905億円下振れします。営業赤字は1962年の株式上場以来初めてとなります。

 建築事業の完成工事利益率が大幅に悪化する見込みとなったことが響きました。国内の複数の大型の建築工事で契約・着工から資材調達までの期間が長期化している間に資材が高騰しました。今後も労務費上昇が響き多額の工事損失の発生が見込まれます。

5社の2024年3月期連結決算予想(売上高/営業利益)
1位 鹿島建設-2,610,000百万円(144,000百万円)
2位 大林組-2,280,000百万円(74,000百万円)
3位 清水建設-1,980,000百万円(△33,000百万円)
4位 大成建設-1,690,000百万円(64,000百万円)
5位 竹中工務店-1,490,000百万円(27,000百万円)
6位 長谷工コーポレーション-1,080,000百万円(88,000百万円)
--------------------------------------------------
参考 大和ハウス工業-5,020,000百万円(385,000百万円)
参考 積水ハウス-3,080,000百万円(265,000百万円)

5社の2023年3月期連結決算(売上高/営業利益)
1位 鹿島建設-2,391,579百万円(123,526百万円)
2位 大林組-1,983,888百万円(93,800百万円)
3位 清水建設-1,933,814百万円(54,647百万円)
4位 大成建設-1,642,712百万円(54,740百万円)
5位 竹中工務店-1,375,400百万円(28,300百万円)
6位 長谷工コーポレーション-1,027,277百万円(90,162百万円)
--------------------------------------------------
参考 大和ハウス工業-4,908,199百万円(465,370百万円)
参考 積水ハウス-2,928,835百万円(261,489百万円)

(備考)「鹿島建設、大林組、清水建設、大成建設、長谷工コーポレーション」は3月決算です。「竹中工務店」は12月決算です。「積水ハウス」は1月決算です。「竹中工務店」は非上場企業ですが、上場企業の「決算短信」に相当する「決算概要」を発表しています。


Generalcontractor220511
売上高1位 鹿島建設
 「鹿島建設」の2024年3月期第3四半期(2023年4月1日~2023年12月31日)の連結業績は、売上高1,994,626百万円(前年比+13.8%)、営業利益102,115百万円(前年比+9.5%)です。

 鹿島建設(PDF:2024/02/13)
 2024年3月期第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結)

● 2024年3月期の連結業績予想
 2024年3月期(2023年4月1日~2024年3月31日)の連結業績予想は、売上高2,610,000百万円(前年比+9.1%)、営業利益144,000百万円(前年比+16.6%)となっています。


Generalcontractor220512
売上高2位 大林組

 「大林組」の2024年3月期第3四半期(2023年4月1日~2023年12月31日)の連結業績は、売上高1,701,549百万円(前年比+18.1%)、営業利益51,208百万円(前年比△22.1%)です。

 大林組(PDF:2024/02/05)
 2024年3月期第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結)

● 2024年3月期の連結業績予想
 2024年3月期(2023年4月1日~2024年3月31日)の連結業績予想は、売上高2,280,000百万円(前年比+14.9%)、営業利益74,000百万円(前年比△21.1%)となっています。


Generalcontractor220514
売上高3位 清水建設

 「清水建設」の2024年3月期第3四半期(2023年4月1日~2023年12月31日)の連結業績は、売上高1,448,513百万円(前年比+9.7%)、営業利益△51,953百万円(前年比--%)です。

 清水建設(PDF:2024/02/08)
 2024年3月期 第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結)

● 2024年3月期の連結業績予想
 2024年3月期(2023年4月1日~2024年3月31日)の連結業績予想は、売上高1,980,000百万円(前年比+2.4%)、営業利益△33,000百万円(前年比--%)となっています。


Generalcontractor220513
売上高4位 大成建設

 「大成建設」の2024年3月期第3四半期(2023年4月1日~2023年12月31日)の連結業績は、売上高1,146,324百万円(前年比+3.8%)、営業利益17,512百万円(前年比△58.2%)です。

 大成建設(PDF:2024/02/08)
 2024年3月期第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結)

● 2024年3月期の連結業績予想
 2024年3月期(2023年4月1日~2024年3月31日)の連結業績予想は、売上高1,690,000百万円(前年比+2.9%)、営業利益64,000百万円(前年比+16.9%)となっています。


Generalcontractor220515
売上高5位 竹中工務店

 「竹中工務店」は、非上場企業のため四半期ごとの決算は発表していません。

 竹中工務店(2023/02/27)
 2022年度(第85期)決算概要 及び 次期業績見通し

● 2023年12月期の連結業績予想
 2023年12月期(2023年1月1日~2023年12月31日)の連結業績予想は、売上高1,490,000百万円(前年比+8.3%)、営業利益27,000百万円(前年比△4.7%)となっています。


Tokyohaseko230811
売上高6位 長谷工コーポレーション

 「長谷工コーポレーション」の2024年3月期第3四半期(2023年4月1日~2023年12月31日)の連結業績は、売上高768,852百万円(前年比+8.8%)、営業利益61,439百万円(前年比+8.6%)です。

 長谷工コーポレーション(PDF:2024/02/09)
 2024年3月期 第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結)

● 2024年3月期の連結業績予想
 2024年3月期(2023年4月1日~2024年3月31日)の連結業績予想は、売上高1,080,000百万円(前年比+5.1%)、営業利益88,000百万円(前年比△2.4%)となっています。



|

« アメリカの半導体大手「エヌビディア(NVIDIA)」が驚異的な好決算! 圧倒的王者だった「インテル」を2023年期の売上高で遂に抜いた! | トップページ | JR中野駅の駅ビル 中野駅西側南北通路・橋上駅舎等事業「(仮称)中野駅西口開発」 2024年2月上旬の建設状況 »

102 経済ニュース」カテゴリの記事