« 横浜市 51haのテーマパーク「KAMISEYA PARK(仮称)」 「三菱地所」に加え「相鉄ホールディングス、東急、東急不動産、三菱倉庫」が参画! | トップページ | 京急川崎駅隣接地 メインアリーナの収容人数最大15,000人 「川崎新!アリーナシティ・プロジェクトに係る条例環境影響評価準備書」の縦覧! »

2024年4月 1日 (月)

横浜文化体育館再整備事業 横浜市に4カ所目の新アリーナ「横浜BUNTAI(よこはまぶんたい)」 2024年4月1日(月)開館!

Yokohamabuntai240311
-横浜BUNTAI-

 1962年に完成した「横浜文化体育館」は竣工から50年以上が経過し老朽化が激しくなっていました。そこで横浜市は本館をメインアリーナとして建て替えた上で、隣接する横浜市立横浜総合高等学校旧校舎跡地にサブアリーナ「横浜武道館」を新設することになりました。2020年7月には先行して「横浜武道館」が開館しました。

 横浜市中区の旧横浜文化体育館の後継施設「横浜BUNTAI」が、2024年4月1日に開館します。これに先立ち3月23日に現地で「横浜BUNTAI開館記念式典」を開催しました。

 観客席収容人数は約5,000席で、アリーナ床面積は約2,560㎡(横約64m×縦約40m)となっています。アリーナは横に長いため、ステージ席とアリーナ席が近く、音楽ライブやスポーツ大会時などは、一体感と臨場感のある鑑賞・観戦が可能となります。

 開館は2024年4月1日ですが、こけら落とし公演は、横浜出身の人気アーティスト・ゆずの「YUZU LIVE 2024 AGAIN AGAIN in 横浜BUNTAI」を4月6日・7日に実施します。

 引用資料 公式ホームページ
 横浜BUNTAI

 引用資料 大成建設
 横浜支店 横浜文化体育館再整備事業に係るメインアリーナ建設業務作業所

● 横浜市に4カ所目のアリーナ!
 横浜市のアリーナ会場が、「Kアリーナ横浜(座席数20,033席)、横浜アリーナ(収容人数17,000人)、ぴあアリーナMM(収容人員12,141人」の3カ所ありますが、観客席約5,000席の「横浜BUNTAI」が新たに加わります。正にアリーナのメッカですね!

横浜BUNTAIの概要
◆ 計画名-横浜文化体育館再整備事業(仮称)メインアリーナ
◆ 所在地-神奈川県横浜市中区不老町二丁目7番地1
◆ 交通-JR京浜東北線・根岸線「関内」駅徒歩6分、横浜市営地下鉄「伊勢佐木長者町」駅徒歩4分、横浜市営地下鉄「関内」駅徒歩8分
◆ 階数-地上3階、塔屋1階、地下0階
◆ 高さ-約21m
◆ 敷地面積-10,057.23㎡
◆ 建築面積-7,997.46㎡
◆ 延床面積-15,462.95㎡
◆ 構造-鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
◆ 用途-観覧場
◆ 観客席-約5,000席
◆ 建築主-横浜市(株式会社YOKOHAMA文体)
◆ 設計者-梓設計・アーキボックス・大成建設設計共同企業体
◆ 監理者-梓設計・アーキボックスJV
◆ 施工者-大成建設・渡辺組建設共同企業体
◆ 着工-2022年01月01日
◆ 竣工-2024年01月31日(竣工)、2024年03月23日(開館記念式典)
◆ 開館-2024年04月01日(開館)、2024年04月06日(こけら落とし公演)


Yokohamabuntai240312
「横浜BUNTAI」です。


Yokohamabuntai240313
「横浜BUNTAI」です。


Yokohamabuntai240314
「スポーツ時」です。


Yokohamabuntai240315
「ライブ時」です。


Yokohamabuntai240317
「2階平面図」と「断面図」です。アリーナは、横約64m×縦約40mと横長になります。


Yokohamabuntai240316
「位置図」です。JRや横浜市営地下鉄の「関内駅」の近くです。



|

« 横浜市 51haのテーマパーク「KAMISEYA PARK(仮称)」 「三菱地所」に加え「相鉄ホールディングス、東急、東急不動産、三菱倉庫」が参画! | トップページ | 京急川崎駅隣接地 メインアリーナの収容人数最大15,000人 「川崎新!アリーナシティ・プロジェクトに係る条例環境影響評価準備書」の縦覧! »

201 神奈川県・横浜市」カテゴリの記事