« 横浜みなとみらい21地区 桜木町駅から新港ふ頭客船ターミナルへの歩行者ルート 「ハンマーヘッドウォーク」が開通! | トップページ | 地上40階、高さ約150mの「(仮称)北仲通北地区A1・2地区プロジェクト」 「コンラッド横浜」と「(仮称)ラ・トゥール横浜」が進出 2024年4月6日の建設状況 »

2024年4月10日 (水)

JR関内駅前 地上33階、高さ約169mの「(仮称)横浜市旧市庁舎街区活用事業新築等工事」 「鉄骨建方」が本格化 2024年4月6日の建設状況

Yokohamacity220711
-横浜市現市庁舎街区等活用事業-

 横浜市が2019年1月から公募を実施していた「現市庁舎街区活用事業」について3件の応募があり、横浜市現市庁舎街区等活用事業審査委員会において審査が行われ、答申を受領しました。

 この答申を踏まえ、「国際的な産学連携」「観光・集客」というテーマに沿った地区の賑わいと活性化の核づくり等の観点から、最も優れた提案を行った「三井不動産」を代表者とするグループを事業予定者として決定しました。

 「三井不動産」を代表者とする計8社のグループは、「(代表者)三井不動産、(構成員)鹿島建設、京浜急行、第一生命、竹中工務店、ディー・エヌ・エー、東急、関内ホテルマネジメント(星野リゾートの全額出資子会社)」で構成されています。

 横浜市役所は、旧市庁舎のある関内駅前から北仲通地区の馬車道駅(桜木町駅)へ新築移転し、2020年6月29日に全面供用開始しました。そのため計画名が「横浜市現市庁舎街区等活用事業」から「横浜市旧市庁舎街区活用事業」に変更になっています。

 「三井不動産」を代表企業として、「鹿島建設、京浜急行電鉄、第一生命保険、竹中工務店、ディー・エヌ・エー、東急、星野リゾート」の8社により推進中の「横浜市旧市庁舎街区活用事業」が着工いたしました。2025年12月に竣工・供用開始、2026年春にグランドオープンを予定です。

 引用資料 三井不動産(2022/07/12)
 JR「関内」駅前に「横浜市旧市庁舎街区活用事業」着工 旧市庁舎行政棟を保存・活用し、横浜の歴史や文化を継承 「新旧融合」の新たな街が2026年春グランドオープン

横浜市旧市庁舎街区活用事業の概要
◆ 計画名-(仮称)横浜市旧市庁舎街区活用事業新築等工事
◆ 所在地-神奈川県横浜市中区港町一丁目1番地
◆ 交通-JR根岸線「関内」駅徒歩1分、横浜市営地下鉄ブルーライン「関内」駅徒歩1分、横浜高速鉄道みなとみらい線「日本大通り」駅徒歩7分
◆ 階数-(タワー棟)地上33階、塔屋2階、地下1階、(行政棟)地上8階、地下1階、(LVA棟)地上2階、地下0階
◆ 高さ-(タワー棟)最高部168.79m、(行政棟)最高部約55m、建築物約37m、(LVA棟)最高部約17m
◆ 敷地面積-16,522.02㎡
◆ 建築面積-約10,439㎡
◆ 延床面積-約128,567㎡
◆ 構造-鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 基礎工法-場所打ちコンクリート拡底杭
◆ 地震対策-(タワー棟)高性能制震オイルダンパーと座屈拘束ブレースを用いた制震構造、(行政棟)免震構造
◆ 用途-オフィス、教育施設、観光・集客施設、商業施設、宿泊施設ほか
◆ 客室数-約280室
◆ 建築主-(代表者)三井不動産、(構成員)鹿島建設、京浜急行電鉄、第一生命保険、竹中工務店、ディー・エヌ・エー、東急、星野リゾート
◆ 設計者-鹿島建設、竹中工務店
◆ 施工者-鹿島建設、竹中工務店
◆ 着工-2022年07月01日
◆ 竣工-2025年12月31日予定
◆ グランドオープン-2026年春予定


Yokohamacity220712
MINATO-MACHI LIVE(みなとまち ライブ)

 街づくりコンセプトは「MINATO-MACHI LIVE(みなとまち ライブ)」です。「新旧融合」を特色に、旧市庁舎行政棟を保存・活用し横浜の文化を継承し、格式ある景観を形成します。また、次世代の横浜を象徴するエンターテインメント&イノベーションの拠点となり、新たな感動とにぎわいの源泉となる街を創造します。

● OMO7(おもせぶん)横浜 by 星野リゾート(仮称)
 旅のテンションをあげる都市ホテルブランド「OMO by 星野リゾート」は、地上8階の旧市庁舎行政棟を保存活用し、国内外の観光客を受け入れ、新たな横浜探訪の拠点となる都市観光ホテル「OMO7横浜 by 星野リゾート(仮称)」を開業予定です。客室数は約280室を予定しています。


Yokohamacity220713
「ライブビューイングアリーナ外観および駅前広場イメージ」です。


Yokohamacity220714
「ライブビューイングアリーナ内部イメージ」です。


Yokohamacity220715
「タワー棟断面」です。


Yokohamacity220716
「オフィス高層バンク平面」です。オフィス基準階は、1フロア2,000㎡超、天井高2,800mm、奥行き最大約18mの整形無柱空間を実現し、内階段の設置にも対応可能な効率的なオフィスレイアウトを実現します。


Yokohamacity220717
「街区配置図およびデッキ動線」です。


Yokohamacity220718
「位置図」です。


Yokohamacity240411
「(仮称)横浜市旧市庁舎街区活用事業新築等工事」の2024年4月6日の建設状況です。横浜スタジアムで行われた日向坂46の「齊藤京子卒業コンサート」と「5回目のひな誕祭」に行った友人に撮影してもらいました。


Yokohamacity240412
東側から見た様子です。


Yokohamacity240413
「鉄骨建方」が本格化しています。


Yokohamacity240414
北側角です。


Yokohamacity240415
北側から見た様子です。


Yokohamacity240416
北側から引いて見た様子です。


Yokohamacity240417
西側から見た様子です。


Yokohamacity240418
南西側から見た様子です。


Yokohamacity240419
東側から見た様子です。


Yokohamacity221219
「(仮称)横浜市旧市庁舎街区活用事業新築等工事」の建築計画のお知らせです。


Yokohamacity240420
「横浜スタジアム」で、2024年4月5日~7日にかけて「日向坂46」のライブが行われました。初日に「齊藤京子卒業コンサート」、2日目と3日目にデビュー5周年を記念したコンサート「5回目のひな誕祭」が行われました。


Yokohamacity240422
「横浜スタジアム」です。


Yokohamacity240421
「横浜赤レンガ倉庫」でグッズ販売が行われました。


Yokohamacity240423
2024年4月5日に「齊藤京子卒業コンサート」が行われました。


Yokohamacity240424
2024年4月6日と4月7日に「5回目のひな誕祭」が行われました。「齊藤京子卒業コンサート」と同じ枠を使ってますね。



|

« 横浜みなとみらい21地区 桜木町駅から新港ふ頭客船ターミナルへの歩行者ルート 「ハンマーヘッドウォーク」が開通! | トップページ | 地上40階、高さ約150mの「(仮称)北仲通北地区A1・2地区プロジェクト」 「コンラッド横浜」と「(仮称)ラ・トゥール横浜」が進出 2024年4月6日の建設状況 »

201 神奈川県・横浜市」カテゴリの記事