203 神奈川県・その他

2018年10月20日 (土)

海老名市 超高層ビルが林立する街「ViNA GARDENS」 オープンした商業施設「ビナガーデンズ テラス」

Ebina181011
-ViNA GARDENS-
 
海老名駅周辺が大きく変わろうとしています。海老名駅には、「相模鉄道本線、小田急小田原線、JR相模線」の3路線が乗り入れる鉄道交通の要衝です。発展する素地はありましたが、2015年10月29日の「三井ショッピングパーク ららぽーと海老名」のオープンが大きかったと思います。

 「小田急電鉄」は、小田急線海老名駅とJR相模線海老名駅の両駅間に広がる事業用地の開発計画について発表しています。開発コンセプトは「憩う・くらす・育む~ViNA GARDENS~」です。

 「ViNA GARDENS」は、超高層タワーマンションやオフィスビルが林立する街となります。「海老名駅自由通路」を挟んで、南西側と北東側に分かれます。

 引用資料 公式ホームページ
 ViNA GARDENS(ビナガーデンズ)

● ViNA GARDENS TERRACE(ビナガーデンズ テラス)
 
2017年11月15日に海老名駅駅間地区「ViNA GARDENS(ビナガーデンズ)」に飲食店を中心とした商業施設「TERRACE(テラス)」がオープンしました。

 小田急線海老名駅徒歩1分、JR相模線海老名駅、「ららぽーと海老名」へと繋がる「海老名駅自由通路」が、3階部分に接続する地上4階の建物です。

 神奈川初出店や地元で人気のカフェや居酒屋などの飲食店23店舗に加え、スーパーマーケット「成城石井」と小田急「住まいのプラザ」が出店しています。


Ebina181012
「ViNA GARDENS TERRACE(ビナガーデンズ テラス)」を南側から見た様子です。2017年11月15日にオープンしました。


Ebina181013
「海老名駅自由通路」が、3階部分に接続しています。


Ebina181014
「ViNA GARDENS TERRACE(ビナガーデンズ テラス)」を北西側から見た様子です。


Ebina180718
海老名駅自由通路

 「海老名駅自由通路」です。「ビナウォーク、相模鉄道、小田急、JR、三井ショッピングパーク ららぽーと海老名」を接続する大規模な自由通路です。


Ebina181015
「海老名駅自由通路」の下です。


Ebina180717
「海老名駅自由通路」と「ViNA GARDENS TERRACE(ビナガーデンズ テラス)」を南西側から引いて見た様子です。


Ebina181016
「ViNA GARDENS TERRACE(ビナガーデンズ テラス)」を北側から見た様子です。


Ebina181017
「ViNA GARDENS TERRACE(ビナガーデンズ テラス)」の北東側の更地には、超高層オフィスビルが建設される予定です。



|

2018年7月16日 (月)

海老名市 地上25階、高さ約92mのツインタワーマンション「グレーシアタワーズ海老名」

Ebina170721
-グレーシアタワーズ海老名- 
 
海老名駅には、「相模鉄道本線、小田急小田原線、JR相模線」の3路線が乗り入れる神奈川県内でも有数の鉄道交通の要衝です。

 「相鉄不動産、伊藤忠都市開発、鹿島建設」の3社は、相鉄本線・小田急小田原線・JR相模線「海老名」駅の駅前新街区「海老名市扇町」に位置する、「グレーシアタワーズ海老名(総戸数477戸)」の建設に着手しています。

 引用資料 公式ホームページ 
 グレーシアタワーズ海老名 

グレーシアタワーズ海老名の概要
◆ 計画名-(仮称)海老名Ⅳブロック計画 新築工事
◆ 所在地-神奈川県海老名市扇町14-12、13、14(イースト棟)、神奈川県海老名市扇町14-4(ウエスト棟)
◆ 交通-JR相模線「海老名」駅徒歩3分、相鉄本線「海老名」駅徒歩5分、小田急小田原線「海老名」駅徒歩5分
◆ 階数-地上25階、地下0階(イースト棟、ウエスト棟) 
◆ 高さ-(イースト棟)91.69m、(ウエスト棟)91.70m
◆ 敷地面積-9,366.46㎡(イースト棟4,683.23㎡、ウエスト棟4,683.23㎡) 
◆ 建築面積-2,936.94㎡(イースト棟1,470.36㎡、ウエスト棟1,466.58㎡)
◆ 延床面積-(イースト棟21,926.60㎡、ウエスト棟21,916.00㎡)
◆ 構造-鉄筋コンクリート 
◆ 基礎工法-場所打ちコンクリート拡底杭
◆ 地震対策-基礎免震構造(積層ゴム等)
◆ 用途-共同住宅
◆ 総戸数-477戸(イースト棟239戸(事業協力者住戸1戸含む)、ウエスト棟238戸)
◆ 建築主-相鉄不動産、伊藤忠都市開発、鹿島建設
◆ 設計者・監理者-鹿島建設
◆ 施工者-鹿島建設
◆ 着工-2017年05月01日(イースト棟、ウエスト棟)
◆ 竣工-(イースト棟)2019年05月下旬予定、(ウエスト棟)2020年01月下旬予定
◆ 入居開始-(イースト棟)2019年07月下旬予定、(ウエスト棟)2020年04月上旬予定


Ebina170722
「海老名駅西口土地区画整理事業エリア概念図」です。


Ebina180721
「グレーシアタワーズ海老名」の建設現場を南西側から見た様子です。


Ebina180722
「イースト棟」が先行して建設されています。


Ebina180723
少し角度を変えた様子です。


Ebina180724
「地組(じぐみ)」された鉄筋を上手に吊り上げていました。


Ebina180725
空いている部分に「ウエスト棟」が建設されます。


Ebina180726
「グレーシアタワーズ海老名」は、「ホテルルートイン海老名駅前」の北側に建設されています。すぐ西側は「三井ショッピングパーク ららぽーと海老名」です。



|

2018年7月15日 (日)

海老名駅周辺の大規模複合開発「ViNA GARDENS」 地上31階、高さ約100mの「リーフィアタワー海老名アクロスコート」

Ebina170711
-ViNA GARDENS-
 
海老名駅周辺が大きく変わろうとしています。海老名駅には、「相模鉄道本線、小田急小田原線、JR相模線」の3路線が乗り入れる鉄道交通の要衝です。発展する素地はありましたが、2015年10月29日の「三井ショッピングパーク ららぽーと海老名」のオープンが大きかったと思います。

 その少し前の2015年8月28日に「小田急電鉄」は、小田急線海老名駅とJR相模線海老名駅の両駅間に広がる事業用地(駅間地区)の開発計画の概要について発表しました。

 開発コンセプトは「憩う・くらす・育む~ViNA GARDENS~」です。複数の超高層タワーマンションが林立する街となります。

● 第一弾のリーフィアタワー海老名アクロスコート
 「小田急不動産、三菱地所レジデンス、小田急電鉄」は、小田急線海老名駅とJR相模線海老名駅の両駅間に広がる大規模複合開発エリア「ViNA GARDENS」内に「リーフィアタワー海老名アクロスコート」を着工しました。

 引用資料 公式ホームページ
 リーフィアタワー海老名アクロスコート

 「ViNA GARDENS」内に建設する初めての住宅施設として、2019年10月に竣工を予定しており、海老名市内で最高層のタワーマンションとなる予定です。

リーフィアタワー海老名アクロスコートの概要
◆ 計画名-(仮称)海老名駅間マンション計画
◆ 所在地-神奈川県海老名市めぐみ町512番11(地番)
◆ 交通-小田急小田原線「海老名」駅徒歩3分、相模鉄道本線「海老名」駅徒歩3分、JR相模線「海老名」駅徒歩4分
◆ 階数-地上31階、地下0階
◆ 高さ-建築物99.95m
◆ 敷地面積-5,035.77㎡(販売対象面積)、6,038.59㎡(建築確認対象面積)
◆ 建築面積-2,500.73㎡(販売対象面積)、2,720.23㎡(建築確認対象面積) 
◆ 延床面積-33,612.58㎡(販売対象面積)、33,811.77㎡(建築確認対象面積)
◆ 構造-鉄筋コンクリート、一部鉄骨造 
◆ 基礎工法-場所打ちコンクリート拡底杭(36本)
◆ 地震対策-基礎免震構造(天然ゴム系積層ゴム支承、鉛プラグ入り積層ゴム支承、弾性すべり支承、オイルダンパー)
◆ 用途-共同住宅、店舗
◆ 総戸数-304戸
◆ 建築主-小田急不動産、三菱地所レジデンス、小田急電鉄
◆ デザイン監修-アー ル・アイ・エー
◆ 設計者・監理者-三井住友建設
◆ 施工者-三井住友建設
◆ 着工-2017年08月01日
◆ 竣工-2019年10月下旬予定
◆ 入居開始-2020年01月下旬予定

(備考) 同規模の「B棟」は、2018年1月4日着工、2022年1月末日竣工予定です。


Ebina170712
「リーフィアタワー海老名アクロスコート」の完成イメージです。住宅棟と駐車場棟で構成されています。


Ebina170713
「ViNA GARDENS」は、超高層ビルが林立する街になります。


Ebina170714
「ゾーニング概念図」です。「ViNA GARDENS」は、小田急線海老名駅とJR相模線海老名駅の両駅間に広がる大規模複合開発エリアです。「海老名駅自由通路」を挟んで、南西側と北東側に分かれます。


Ebina180711
海老名駅自由通路から見た「ViNA GARDENS」です。


Ebina180712
「リーフィアタワー海老名アクロスコート」の建設現場です。タワークレーン2基で建設しています。


Ebina180713
同規模の「B棟」が、2018年1月4日に着工しているようですが、よく分かりませんでした。


Ebina180714
撮影していると対潜哨戒機「P-3C オライオン」がタワークレーンを横切って行きました。東側にアメリカ海軍と海上自衛隊が共同で使用している「厚木海軍飛行場」があります。


Ebina180715
角度を変えて見た様子です。


Ebina180716
南西側から見た様子です。


Ebina180717
北東側に「海老名駅自由通路」があります。


Ebina180718
海老名駅自由通路

 「海老名駅自由通路」です。「ビナウォーク、相模鉄道、小田急、JR、三井ショッピングパーク ららぽーと海老名」を接続する大規模な自由通路です。



|

2018年1月 9日 (火)

海老名市 本格着工した地上25階、高さ約92mのツインタワーマンション「グレーシアタワーズ海老名」

Ebina170721
-グレーシアタワーズ海老名- 
 
海老名駅には、「相模鉄道本線、小田急小田原線、JR相模線」の3路線が乗り入れる神奈川県内でも有数の鉄道交通の要衝です。

 「相鉄不動産、伊藤忠都市開発、鹿島建設」の3社は、相鉄本線・小田急小田原線・JR相模線「海老名」駅の駅前新街区「海老名市扇町」に位置する、「グレーシアタワーズ海老名(総戸数477戸)」の建設に着手しています。

 引用資料 公式ホームページ 
 グレーシアタワーズ海老名 

グレーシアタワーズ海老名の概要
◆ 計画名-(仮称)海老名Ⅳブロック計画 新築工事
◆ 所在地-神奈川県海老名市扇町14-12、13、14(イースト棟)、神奈川県海老名市扇町14-4(ウエスト棟)
◆ 交通-JR相模線「海老名」駅徒歩3分、相鉄本線「海老名」駅徒歩5分、小田急小田原線「海老名」駅徒歩5分
◆ 階数-地上25階、地下0階(イースト棟、ウエスト棟) 
◆ 高さ-(イースト棟)91.69m、(ウエスト棟)91.70m
◆ 敷地面積-9,366.46㎡(イースト棟4,683.23㎡、ウエスト棟4,683.23㎡) 
◆ 建築面積-2,936.94㎡(イースト棟1,470.36㎡、ウエスト棟1,466.58㎡)
◆ 延床面積-(イースト棟21,926.60㎡、ウエスト棟21,916.00㎡)
◆ 構造-鉄筋コンクリート 
◆ 基礎工法-場所打ちコンクリート拡底杭
◆ 地震対策-基礎免震構造(積層ゴム等)
◆ 用途-共同住宅
◆ 総戸数-477戸(イースト棟239戸(事業協力者住戸1戸含む)、ウエスト棟238戸)
◆ 建築主-相鉄不動産、伊藤忠都市開発、鹿島建設
◆ 設計者・監理者-鹿島建設
◆ 施工者-鹿島建設
◆ 着工-2017年05月01日(イースト棟、ウエスト棟)
◆ 竣工-(イースト棟)2019年05月下旬予定、(ウエスト棟)2020年01月下旬予定
◆ 入居開始-(イースト棟)2019年07月下旬予定、(ウエスト棟)2020年04月上旬予定


Ebina170722
「海老名駅西口土地区画整理事業エリア概念図」です。


Ebina190111
「グレーシアタワーズ海老名」の建設現場を南西側から見た様子です。


Ebina190112
撮影時は、アースドリル掘削機で「場所打ちコンクリート拡底杭」を構築していました。


Ebina190113
北西側から見た様子です。


Ebina190114
「グレーシアタワーズ海老名」は、「ホテルルートイン海老名駅前」の北側に建設されています。すぐ西側は「三井ショッピングパーク ららぽーと海老名」です。


Ebina190115
計画名は「(仮称)海老名Ⅳブロック計画 新築工事」です。


Ebina190116
「開発行為等計画の概要」です。



|

2018年1月 8日 (月)

海老名駅周辺の大規模複合開発「ViNA GARDENS」 本格着工した地上31階、高さ約100mの「リーフィアタワー海老名アクロスコート」

Ebina170711
-ViNA GARDENS-
 
海老名駅周辺が大きく変わろうとしています。海老名駅には、「相模鉄道本線、小田急小田原線、JR相模線」の3路線が乗り入れる鉄道交通の要衝です。発展する素地はありましたが、2015年10月29日の「三井ショッピングパーク ららぽーと海老名」のオープンが大きかったと思います。

 その少し前の2015年8月28日に「小田急電鉄」は、小田急線海老名駅とJR相模線海老名駅の両駅間に広がる事業用地(駅間地区)の開発計画の概要について発表しました。

 開発コンセプトは「憩う・くらす・育む~ViNA GARDENS~」です。複数の超高層タワーマンションが林立する街となります。

● 第一弾のリーフィアタワー海老名アクロスコート
 「小田急不動産、三菱地所レジデンス、小田急電鉄」は、小田急線海老名駅とJR相模線海老名駅の両駅間に広がる大規模複合開発エリア「ViNA GARDENS」内に「リーフィアタワー海老名アクロスコート」を着工しました。

 引用資料 公式ホームページ
 リーフィアタワー海老名アクロスコート

 「ViNA GARDENS」内に建設する初めての住宅施設として、2019年10月に竣工を予定しており、海老名市内で最高層のタワーマンションとなる予定です。

リーフィアタワー海老名アクロスコートの概要
◆ 計画名-(仮称)海老名駅間マンション計画
◆ 所在地-神奈川県海老名市めぐみ町512番11(地番)
◆ 交通-小田急小田原線「海老名」駅徒歩3分、相模鉄道本線「海老名」駅徒歩3分、JR相模線「海老名」駅徒歩4分
◆ 階数-地上31階、地下0階
◆ 高さ-建築物99.95m
◆ 敷地面積-5,035.77㎡(販売対象面積)、6,038.59㎡(建築確認対象面積)
◆ 建築面積-2,500.73㎡(販売対象面積)、2,720.23㎡(建築確認対象面積) 
◆ 延床面積-33,612.58㎡(販売対象面積)、33,811.77㎡(建築確認対象面積)
◆ 構造-鉄筋コンクリート、一部鉄骨造 
◆ 基礎工法-場所打ちコンクリート拡底杭(36本)
◆ 地震対策-基礎免震構造(天然ゴム系積層ゴム支承、鉛プラグ入り積層ゴム支承、弾性すべり支承、オイルダンパー)
◆ 用途-共同住宅、店舗
◆ 総戸数-304戸
◆ 建築主-小田急不動産、三菱地所レジデンス、小田急電鉄
◆ デザイン監修-アー ル・アイ・エー
◆ 設計者・監理者-三井住友建設
◆ 施工者-三井住友建設
◆ 着工-2017年08月01日
◆ 竣工-2019年10月下旬予定
◆ 入居開始-2020年01月下旬予定

(備考) 同規模の「B棟」は、2018年1月4日着工、2022年1月末日竣工予定です。


Ebina170712
「リーフィアタワー海老名アクロスコート」の完成イメージです。住宅棟と駐車場棟で構成されています。


Ebina170713
「ViNA GARDENS」は、超高層ビルが林立する街になります。


Ebina170714
「ゾーニング概念図」です。「ViNA GARDENS」は、小田急線海老名駅とJR相模線海老名駅の両駅間に広がる大規模複合開発エリアです。「海老名駅自由通路」を挟んで、南西側と北東側に分かれます。


Ebina190121
「ViNA GARDENS」のメインとなる「海老名駅自由通路」の南西側です。


Ebina190122
「リーフィアタワー海老名アクロスコート」の建設現場です。


Ebina190123
撮影時は、アースドリル掘削機で「場所打ちコンクリート拡底杭」を構築していました。


Ebina190124
敷地の北東側に「リーフィアタワー海老名」のマンションギャラリーがあります。


Ebina190125
手前の更地に「ViNA GARDENS」のロゴが描かれていました。


Ebina190126
「リーフィアタワー海老名アクロスコート」の建設現場を東側から見た様子です。「ローソン」があります。


Ebina190127
南西側から見た様子です。「リーフィアタワー海老名」の街区全体が仮囲いで囲われています。


Ebina190128
海老名駅自由通路

 「海老名駅自由通路」です。「ビナウォーク、相模鉄道、小田急、JR、三井ショッピングパーク ららぽーと海老名」を接続する大規模な自由通路です。


Ebina190129
「開発行為等計画の概要」です。「リーフィアタワー海老名アクロスコート」がA棟で、同規模のB棟も建設されます。計画名は「(仮称)海老名駅間マンション計画」です。



|

2018年1月 3日 (水)

小金井市 本格着工した地上26階、高さ約100m、延床面積約108,000㎡の「武蔵小金井駅南口第2地区第一種市街地再開発事業」

Tokyokoganei170111
-武蔵小金井駅南口第2地区第一種市街地再開発事業-
 
新年あけましておめでとうございます。今年も頑張ってホームページやブログを更新する予定ですのでよろしくお願い致します。

 東京都小金井市のJR武蔵小金井駅の南口で、「武蔵小金井駅南口第2地区再開発組合」が「武蔵小金井駅南口第2地区第一種市街地再開発事業」を計画しています。

 「野村不動産」が参画し、計画を推進中の「武蔵小金井駅南口第2地区第一種市街地再開発事業」が、2017年1月13日に権利変換計画について東京都知事の認可を受け、2017年8月9日に起工式が行われました。

 引用資料 野村不動産(PDF:2017/08/09)
 「武蔵小金井駅南口第2地区第一種市街地再開発事業」着工のお知らせ
 

武蔵小金井駅南口第2地区第一種市街地再開発事業の概要
◆ 所在地-東京都小金井市本町六丁目1827番1他
◆ 交通-JR中央本線「武蔵小金井」駅徒歩3分
◆ 階数-(A棟)地上26階、塔屋1階、地下2階、(B棟)地上24階、塔屋1階、地下2階
◆ 高さ-(A棟)最高部99.582m、軒高94.182m、(B棟)最高部91.982m
◆ 敷地面積-14,155.17㎡(施設全体)
◆ 建築面積-9,837.46㎡(施設全体)
◆ 延床面積-108,347.72㎡(施設全体)
◆ 構造- 鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
◆ 基礎工法-直接基礎
◆ 用途-共同住宅、物販業を営む店舗、飲食店、自動車車庫
◆ 総戸数-約720戸(施設全体)
◆ 建築主-武蔵小金井駅南口第2地区市街地再開発組合(参加組合員 野村不動産)
◆ 設計者・監理者-佐藤総合計画
◆ 施工者-清水建設
◆ 着工-2017年07月01日(着工)、2017年08月09日(起工式)
◆ 竣工-2020年05月31日予定
◆ 入居開始-2020年06月予定


Tokyokoganei170112
「建物イメージパース(北側より望む)」です。


Tokyokoganei170113
「再開発施行区域」です。JR武蔵小金井駅の南側になります。


Tokyokogane180111
「仮設計画図(断面図)」です。タワークレーン3基(フロアクライミング方式×各1基、中央にマストクライミング方式×1基)で建設します。下記の資料の中に「B棟 最高高さ91.982m」と載っているので、「B棟」の高さは91.982mです。


 引用資料 公式ホームページ
 武蔵小金井駅南口第2地区市街地再開発組合


Tokyokogane180112
「武蔵小金井駅南口第2地区第一種市街地再開発事業」の建設現場を北側から見た様子です。


Tokyokogane180113
街区の南西側に、地上26階、塔屋1階、地下2階、高さ99.582mの「A棟」が建設されます。


Tokyokogane180114
街区の北東側に、地上24階、塔屋1階、地下2階、高さ91.982mの「B棟」が建設されます。


Tokyokogane180115
「武蔵小金井駅南口第2地区第一種市街地再開発事業」の建築計画のお知らせです。


Tokyokoganei16067
JR武蔵小金井駅

 最寄りの駅となる「JR武蔵小金井駅」です。JR中央本線(三鷹~立川間)他連続立体交差事業により、2012年5月20日に上り線の4番線が高架に移行してすべてのホームで高架移行が完了して、島式2面4線の高架駅となりました。



|

2017年9月17日 (日)

京急久里浜線「三浦海岸駅」で実証実験 1車両あたり2ドア・3ドア・4ドアといった違いに対応する「マルチドア対応ホームドア(どこでもドア)」

Keikyu170911
-マルチドア対応ホームドア(どこでもドア)-
 
「京浜急行電鉄」では、三菱重工グループの「三菱重工交通機器エンジニアリング」が開発を進めてきた「マルチドア対応ホームドア(どこでもドア)」の実証実験を2016年10月24日から京急久里浜線三浦海岸駅において約1年間実施をしています。

 京浜急行 ニュースリリース(2016/10/14)
 「マルチドア対応ホームドア(どこでもドア®)」実証実験 京急久里浜線 三浦海岸駅 にて10月24日(月)始発より開始します

 「どこでもドア」は、これまで課題であった、ドア数やドア位置などが異なる車両が運行する路線に対応するホームドアとして開発を進めているもので、車両改修を必要とせず地上設備のみでホームドア開閉の連携が可能な「地上完結型連携システム」を採用しており、営業路線において、実際に稼働させるのは全国で初となります。

 「どこでもドア」と言えば、「東京大学生産技術研究所」と「神戸製鋼所」により共同開発されて、埼玉県所沢市の「新所沢駅」で実証実験が行われた「戸袋移動型ホーム柵」が有名ですが、「マルチドア対応ホームドア(どこでもドア)」は戸袋が固定です。

● 戸袋固定でどのようにマルチドア対応?
 戸袋が固定でどのようにマルチドア対応?? 動画を見て納得しました。戸袋が固定でもドアが左右にスライドする事によって、1車両あたり2ドア・3ドア・4ドアといった違いに対応します。正に「目から鱗が落ちる」という感じです。 このアイデアを考えた方は凄いと思います。

 三菱重工交通機器エンジニアリング(動画あり)
 プラットホームドア


Keikyu170912
「マルチドア対応ホームドア(どこでもドア)」の実証実験は、京急久里浜線三浦海岸駅の下りホームの最後部1両分で行われています。


Keikyu170913
下りホームから見た様子です。


Keikyu170914
普通のホームドアと比べると構造が複雑です。


Keikyu170915
裏側から見た様子です。


Keikyu170916
こちらは片方が「2重引き戸式」になっています。


Keikyu170917
裏側から見た様子です。


Keikyu170918
真横から見た様子です。


Keikyu170919
「マルチドア対応ホームドア(どこでもドア)」が開いた状態です。


Keikyu170920
片方が「2重引き戸式」部分の閉じる様子です。


Keikyu170921
右側のドアが左右にスライドしています。


Keikyu170922
2重引き戸式」部分も閉じています。


Keikyu170923
「マルチドア対応ホームドア(どこでもドア)」が閉じた状態です。



|

2017年8月24日 (木)

横須賀市 竣工した地上38階、高さ約143mの「ザ・タワー横須賀中央」

Yokosukaotaki170811
-ザ・タワー横須賀中央-

 「大滝町2丁目地区市街地再開発事業」は、京浜急行「横須賀中央駅」近くにあった「西友横須賀店」の再開発プロジェクトです。

 地上38階、塔屋2階、地下2階、高さ約143mで、フロア構成は、1階~4階が店舗・オフィス、5階以上が297戸(販売総戸数253戸、事業協力者戸数44戸含む)の共同住宅になります。共同住宅部分の正式名称は「ザ・タワー横須賀中央」です。

 2015年11月17日に竣工しました。2016年4月3日には、下層階の大型商業施設「LIDRE(リドレ)横須賀」が、グランドオープンしました。

ザ・タワー横須賀中央の概要
◆ 計画名-大滝町2丁目地区第一種市街地再開発事業施設建築物等建設工事
◆ 所在地-神奈川県横須賀市大滝町二丁目6番(地番)
◆ 交通-京浜急行電鉄本線「横須賀中央」駅より徒歩3分
◆ 階数-地上38階、塔屋2階、地下2階
◆ 高さ-最高部約143m
◆ 敷地面積-6,103.28㎡(開発総面積)、3,997.53㎡(敷地面積)
◆ 建築面積-3,327.24㎡
◆ 延床面積-49,969.70㎡
◆ 構造-鉄筋コンクリート造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 基礎工法-直接基礎
◆ 地震対策-制震構造(摩擦ダンパーを3階~33階に設置、粘性制震装置を1階・2階に設置) 
◆ 用途-共同住宅(5階~38階)、店舗・オフィス(1階~4階)
◆ 総戸数-297戸(販売総戸数253戸、事業協力者戸数44戸含む)
◆ 建築主-大滝町2丁目地区市街地再開発組合(売主 京浜急行電鉄、大和ハウス工業)
◆ 設計者・監理者-INA新建築研究所 
◆ 施工者-浅沼組
◆ 解体-2012年06月01日~2013年03月31日
◆ 着工-2013年04月01日
◆ 竣工-2015年11月17日
◆ 入居開始-2015年11月下旬、2016年04月03日(LIDRE横須賀グランドオープン)


Yokosukaotaki170812
最高部です。最高高さ約143mです。最高部143.60m、建築物138.85m、軒高134.85mという情報がありますが、正確な数値かは不明です。


Yokosukaotaki170813
南側から見た様子です。


Yokosukaotaki170814
南側から見た下層階の様子です。

● LIDRE横須賀
 1階~4階までは商業・医療フロア「LIDRE(リドレ)横須賀」です。2016年4月3日にグランドオープンしました。テナント数は16店です。


Yokosukaotaki170815
西側から見た様子です。「横須賀中央駅」に着いた時は快晴だったのに、撮影していると一気に雲に覆われました。本来ならバックが快晴の青空で卒業ですが、電車代も高いし、横須賀まで行く気力がありません・・・


Yokosukaotaki170816
西側から見た下層階の様子です。


Yokosukaotaki170817
北側から見た様子です。


Yokosukaotaki170818
北側から見た下層階の様子です。


Yokosukaotaki170819
東側から見た様子です。


Yokosukaotaki170820
東側から見た下層階の様子です。



|

2017年7月 6日 (木)

相模鉄道 相鉄線海老名駅を大規模にリニューアル 新駅舎は地上3階、改札口を2ヶ所増設してホームドアを設置!

Ebina170731
-相鉄線海老名駅改良工事-

 海老名駅周辺の記事が続きますが、相模鉄道と海老名市は、「相鉄線海老名駅改良工事」を行っています。新駅舎は地上3階とし、商業施設や保育施設を整備して利便性向上を図ります。

 引用資料 相模鉄道(PDF:2017/06/30)
 相鉄線海老名駅をリニューアル

 また、混雑の解消を図るため既存の改札口(1階南口)に加え、ホームの両端となる南北の2階部分に改札口をそれぞれ1ヶ所増設します。更に、ホームには「ホームドア(可動式ホーム柵)」を設置して、安全、安心、快適に利用出来る駅を目指します。

相鉄線海老名駅改良工事の概要
◆ 所在地-神奈川県海老名市めぐみ町1番2号
◆ 構造-地上3階
◆ 概要-改札口2ヶ所増設(2階北口改札口、2階南口改札口)、生活支援施設(保育施設)設置、ホームドア(可動式ホーム柵)の設置、連絡通路新設
◆ 事業主体-海老名市地域公共交通協議会
◆ 補助金-国土交通省鉄道局所管「駅総合改善事業・形成計画事業」
◆ 補助および負担率-国1/3、地方自治体1/3、鉄道事業者1/3
◆ 着工-2015年04月
◆ 竣工-2020年03月予定
◆ 総事業費-約50億円(概算)


Ebina170732
「駅舎全体イメージ図( 東口駅前広場側から)」です。


Ebina170733
南口の「2階改札口のイメージ」です。


Ebina170734
「相鉄線海老名駅」です。島式1面2線の頭端式ホームの地上駅です。改札口は南側の1ヶ所のみです。島式1面2線で121,147人(2016年度の乗降人員)をさばいているのでラッシュ時には、ホームが非常に混雑します。


Ebina170735
この上に地上3階の橋上駅舎を建設します。ホームは約9mから約13mに拡幅する工事が終わっています。


Ebina170736
ホームには「ホームドア(可動式ホーム柵)」が設置されます。写真は、「相鉄線横浜駅」の「ホームドア(可動式ホーム柵)」ですが、ほぼ同じようなデザインになると思われます。


Ebina170114
「海老名駅自由通路(小田急・相鉄駅舎部)」です。「2階南口改札口」が新設されると直結します。


Ebina170115
現在は、改札口が地上にあるため「海老名駅自由通路(小田急・相鉄駅舎部)」から下りる必要があります。



|

2017年7月 5日 (水)

海老名駅西口駅前新街区 地上25階の免震ツインタワーマンション「グレーシアタワーズ海老名」を新発表!

Ebina170721
-グレーシアタワーズ海老名-
 
 海老名駅には、「相模鉄道本線、小田急小田原線、JR相模線」の3路線が乗り入れる神奈川県内でも有数の鉄道交通の要衝です。

 小田急グループが、小田急線海老名駅とJR相模線海老名駅の両駅間に広がる大規模複合開発エリア「ViNA GARDENS」の開発に着手しましたが、相鉄グループも大規模開発を行います。

 「相鉄不動産、伊藤忠都市開発、鹿島建設」の3社は、相鉄本線・小田急小田原線・JR相模線「海老名」駅の駅前新街区「海老名市扇町」に位置する、「グレーシアタワーズ海老名(総戸数477戸)」の建設に着手しています。

 相模鉄道 ニュースリリース(PDF:2017/07/03)
 「グレーシアタワーズ海老名」を新発表<相鉄不動産(株)>

 引用資料 公式ホームページ 
 グレーシアタワーズ海老名 

 「グレーシアタワーズ海老名」は、海老名駅西口土地区画整理事業で新しく誕生した「海老名市扇町」内に建設されるツインタワーマンション(イースト棟・ウエスト棟)です。

 神奈川県内の小田急沿線の拠点の座を「相模大野駅、海老名駅、本厚木駅」の3駅周辺が争っていますが、海老名駅周辺が圧勝しそうな勢いです。

グレーシアタワーズ海老名の概要
◆ 所在地-神奈川県海老名市扇町14-12、13、14(イースト棟)、神奈川県海老名市扇町14-4(ウエスト棟)   
◆ 交通-JR相模線「海老名」駅徒歩3分、相鉄本線「海老名」駅徒歩5分、小田急小田原線「海老名」駅徒歩5分
◆ 階数-地上25階、地下0階(イースト棟、ウエスト棟) 
◆ 高さ-(不明)
◆ 敷地面積-9,366.46㎡(イースト棟4,683.23㎡、ウエスト棟4,683.23㎡) 
◆ 建築面積-1,470.36㎡(イースト棟)、1,466.58㎡(ウエスト棟) 
◆ 延床面積-21,926.60㎡(イースト棟)、21,916.00㎡(ウエスト棟)
◆ 構造-鉄筋コンクリート 
◆ 基礎工法-場所打ちコンクリート拡底杭
◆ 地震対策-基礎免震構造(積層ゴム等)
◆ 用途-共同住宅
◆ 総戸数-477戸(イースト棟239戸(事業協力者住戸1戸含む)、ウエスト棟238戸)
◆ 建築主-相鉄不動産、伊藤忠都市開発、鹿島建設
◆ 設計者-鹿島建設
◆ 施工者-鹿島建設
◆ 竣工-(イースト棟)2019年05月下旬予定、(ウエスト棟)2020年01月下旬予定
◆ 入居開始-(イースト棟)2019年07月下旬予定、(ウエスト棟)2020年04月上旬予定


Ebina170722
「海老名駅西口土地区画整理事業エリア概念図」です。


Ebina170723
「グレーシアタワーズ海老名」の建設予定地です。手前の「ホテルルートイン海老名駅前」の奥に建設されます。


Ebina170724
すぐ西側は「三井ショッピングパーク ららぽーと海老名」となっています。「海老名駅西口土地区画整理事業」の一環として建設され、2015年10月29日にグランドオープンしました。


|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

101 テレビドラマ・映画ロケ地めぐり | 102 経済ニュース | 103 いろいろなランキング | 104 鉄道(新線・高架化・複々線化、その他) | 105 大学キャンパスめぐり | 106 巨大工場めぐり | 107 巨大スタジアム・ホール・展示場めぐり | 108 大規模商業施設めぐり | 121 東京都・千代田区① | 121 東京都・千代田区② | 122 東京都・港区① | 122 東京都・港区② | 123 東京都・中央区 | 124 東京都・新宿区 | 125 東京都・渋谷区 | 126 東京都・豊島区 | 127 東京都・江東区 | 128 東京都・品川区 | 129 東京都・目黒区 | 130 東京都・文京区 | 131 東京都・台東区 | 132 東京都・荒川区 | 133 東京都・墨田区(東京スカイツリー) | 134 東京都・中野区 | 135 東京都・世田谷区 | 136 東京都・大田区 | 137 東京都・練馬区 | 143 東京都・23区内その他 | 151 東京都・ 23区以外 | 201 神奈川県・横浜市 | 202 神奈川県・川崎市 | 203 神奈川県・その他 | 231 千葉県・千葉市 | 232 千葉県・浦安市 | 233 千葉県・成田市(成田空港) | 234 千葉県・湾岸部 | 235 千葉県・内陸部 | 251 埼玉県・さいたま市 | 252 埼玉県・川口市 | 253 埼玉県・所沢市 | 254 埼玉県・その他 | 271 茨城県 | 281 栃木県 | 282 群馬県 | 311 大阪市・北部 | 312 大阪市・中部 | 313 大阪市・南部 | 314 大阪市・湾岸部 | 321 大阪府・堺市 | 325 大阪府・その他 | 351 兵庫県・神戸市 | 355 兵庫県・尼崎市 | 356 兵庫県・西宮市 | 357 兵庫県・芦屋市 | 359 兵庫県・その他 | 401 空撮じゃないけれど 札幌市編 | 411 空撮じゃないけれど 仙台市編 | 501 空撮じゃないけれど 香港(ホンコン)編 | 511 空撮じゃないけれど 澳門(マカオ)編 | 601 ちょっとひと休み