203 神奈川県・その他

2017年7月 6日 (木)

相模鉄道 相鉄線海老名駅を大規模にリニューアル 新駅舎は地上3階、改札口を2ヶ所増設してホームドアを設置!

Ebina170731
-相鉄線海老名駅改良工事-

 海老名駅周辺の記事が続きますが、相模鉄道と海老名市は、「相鉄線海老名駅改良工事」を行っています。新駅舎は地上3階とし、商業施設や保育施設を整備して利便性向上を図ります。

 引用資料 相模鉄道(PDF:2017/06/30)
 相鉄線海老名駅をリニューアル

 また、混雑の解消を図るため既存の改札口(1階南口)に加え、ホームの両端となる南北の2階部分に改札口をそれぞれ1ヶ所増設します。更に、ホームには「ホームドア(可動式ホーム柵)」を設置して、安全、安心、快適に利用出来る駅を目指します。

相鉄線海老名駅改良工事の概要
◆ 所在地-神奈川県海老名市めぐみ町1番2号
◆ 構造-地上3階
◆ 概要-改札口2ヶ所増設(2階北口改札口、2階南口改札口)、生活支援施設(保育施設)設置、ホームドア(可動式ホーム柵)の設置、連絡通路新設
◆ 事業主体-海老名市地域公共交通協議会
◆ 補助金-国土交通省鉄道局所管「駅総合改善事業・形成計画事業」
◆ 補助および負担率-国1/3、地方自治体1/3、鉄道事業者1/3
◆ 着工-2015年04月
◆ 竣工-2020年03月予定
◆ 総事業費-約50億円(概算)


Ebina170732
「駅舎全体イメージ図( 東口駅前広場側から)」です。


Ebina170733
南口の「2階改札口のイメージ」です。


Ebina170734
「相鉄線海老名駅」です。島式1面2線の頭端式ホームの地上駅です。改札口は南側の1ヶ所のみです。島式1面2線で121,147人(2016年度の乗降人員)をさばいているのでラッシュ時には、ホームが非常に混雑します。


Ebina170735
この上に地上3階の橋上駅舎を建設します。ホームは約9mから約13mに拡幅する工事が終わっています。


Ebina170736
ホームには「ホームドア(可動式ホーム柵)」が設置されます。写真は、「相鉄線横浜駅」の「ホームドア(可動式ホーム柵)」ですが、ほぼ同じようなデザインになると思われます。


Ebina170114
「海老名駅自由通路(小田急・相鉄駅舎部)」です。「2階南口改札口」が新設されると直結します。


Ebina170115
現在は、改札口が地上にあるため「海老名駅自由通路(小田急・相鉄駅舎部)」から下りる必要があります。



|

2017年7月 5日 (水)

海老名駅西口駅前新街区 地上25階の免震ツインタワーマンション「グレーシアタワーズ海老名」を新発表!

Ebina170721
-グレーシアタワーズ海老名-
 
 海老名駅には、「相模鉄道本線、小田急小田原線、JR相模線」の3路線が乗り入れる神奈川県内でも有数の鉄道交通の要衝です。

 小田急グループが、小田急線海老名駅とJR相模線海老名駅の両駅間に広がる大規模複合開発エリア「ViNA GARDENS」の開発に着手しましたが、相鉄グループも大規模開発を行います。

 「相鉄不動産、伊藤忠都市開発、鹿島建設」の3社は、相鉄本線・小田急小田原線・JR相模線「海老名」駅の駅前新街区「海老名市扇町」に位置する、「グレーシアタワーズ海老名(総戸数477戸)」の建設に着手しています。

 相模鉄道 ニュースリリース(PDF:2017/07/03)
 「グレーシアタワーズ海老名」を新発表<相鉄不動産(株)>

 引用資料 公式ホームページ 
 グレーシアタワーズ海老名 

 「グレーシアタワーズ海老名」は、海老名駅西口土地区画整理事業で新しく誕生した「海老名市扇町」内に建設されるツインタワーマンション(イースト棟・ウエスト棟)です。

 神奈川県内の小田急沿線の拠点の座を「相模大野駅、海老名駅、本厚木駅」の3駅周辺が争っていますが、海老名駅周辺が圧勝しそうな勢いです。

グレーシアタワーズ海老名の概要
◆ 所在地-神奈川県海老名市扇町14-12、13、14(イースト棟)、神奈川県海老名市扇町14-4(ウエスト棟)   
◆ 交通-JR相模線「海老名」駅徒歩3分、相鉄本線「海老名」駅徒歩5分、小田急小田原線「海老名」駅徒歩5分
◆ 階数-地上25階、地下0階(イースト棟、ウエスト棟) 
◆ 高さ-(不明)
◆ 敷地面積-9,366.46㎡(イースト棟4,683.23㎡、ウエスト棟4,683.23㎡) 
◆ 建築面積-1,470.36㎡(イースト棟)、1,466.58㎡(ウエスト棟) 
◆ 延床面積-21,926.60㎡(イースト棟)、21,916.00㎡(ウエスト棟)
◆ 構造-鉄筋コンクリート 
◆ 基礎工法-場所打ちコンクリート拡底杭
◆ 地震対策-基礎免震構造(積層ゴム等)
◆ 用途-共同住宅
◆ 総戸数-477戸(イースト棟239戸(事業協力者住戸1戸含む)、ウエスト棟238戸)
◆ 建築主-相鉄不動産、伊藤忠都市開発、鹿島建設
◆ 設計者-鹿島建設
◆ 施工者-鹿島建設
◆ 竣工-(イースト棟)2019年05月下旬予定、(ウエスト棟)2020年01月下旬予定
◆ 入居開始-(イースト棟)2019年07月下旬予定、(ウエスト棟)2020年04月上旬予定


Ebina170722
「海老名駅西口土地区画整理事業エリア概念図」です。


Ebina170723
「グレーシアタワーズ海老名」の建設予定地です。手前の「ホテルルートイン海老名駅前」の奥に建設されます。


Ebina170724
すぐ西側は「三井ショッピングパーク ららぽーと海老名」となっています。「海老名駅西口土地区画整理事業」の一環として建設され、2015年10月29日にグランドオープンしました。


|

2017年7月 1日 (土)

海老名駅周辺の大規模複合開発「ViNA GARDENS」 第一弾となる地上31階の超高層タワーマンション「リーフィアタワー海老名アクロスコート」が始動

Ebina170711
-ViNA GARDENS-
 
海老名駅周辺が大きく変わろうとしています。海老名駅には、「相模鉄道本線、小田急小田原線、JR相模線」の3路線が乗り入れる鉄道交通の要衝です。発展する素地はありましたが、2015年10月29日の「三井ショッピングパーク ららぽーと海老名」のオープンが大きかったと思います。

 その少し前の2015年8月28日に「小田急電鉄」は、小田急線海老名駅とJR相模線海老名駅の両駅間に広がる事業用地(駅間地区)の開発計画の概要について発表しました。

 開発コンセプトは「憩う・くらす・育む~ViNA GARDENS~」です。複数の超高層タワーマンションが林立する街となります。

● 第一弾のリーフィアタワー海老名アクロスコート
 「小田急不動産、三菱地所レジデンス、小田急電鉄」は、小田急線海老名駅とJR相模線海老名駅の両駅間に広がる大規模複合開発エリア「ViNA GARDENS」内に誕生する免震タワーマンション「リーフィアタワー海老名アクロスコート」を本格的に始動します。

 小田急電鉄 ニュースリリース(PDF:2017/06/30)
 「リーフィアタワー海老名アクロスコート」建設プロジェクトを本格的に始動

 「ViNA GARDENS」内に建設する初めての住宅施設として、2017年9月に着工、2019年10月に竣工を予定しており、海老名市内で最高層のタワーマンションとなる予定です。

 着工前ですが、「リーフィアタワー海老名アクロスコート」の公式ホームページが、2017年6月30日(金)に早くもオープンしました。

 引用資料 公式ホームページ
 リーフィアタワー海老名アクロスコート

リーフィアタワー海老名アクロスコートの概要

◆ 所在地-神奈川県海老名市めぐみ町512番11
◆ 交通-小田急小田原線「海老名」駅徒歩3分、相模鉄道本線「海老名」駅徒歩3分、JR相模線「海老名」駅徒歩4分
◆ 階数-地上31階、地下0階
◆ 高さ-(不明)
◆ 敷地面積-5,035.77㎡(販売対象面積)、6,038.59㎡(建築確認対象面積)
◆ 建築面積-2,500.73㎡(販売対象面積)、2,720.23㎡(建築確認対象面積) 
◆ 延床面積-33,612.58㎡(販売対象面積)、33,811.77㎡(建築確認対象面積)
◆ 構造-鉄筋コンクリート、一部鉄骨造 
◆ 基礎工法-場所打ちコンクリート拡底杭
◆ 地震対策-基礎免震構造(天然ゴム系積層ゴム支承、鉛プラグ入り積層ゴム支承、弾性すべり支承、オイルダンパー)
◆ 用途-共同住宅
◆ 総戸数-304戸
◆ 建築主-小田急不動産、三菱地所レジデンス、小田急電鉄
◆ 設計者-アー ル・アイ・エー
◆ 施工者-三井住友建設
◆ 着工-2017年09月予定
◆ 竣工-2019年10月下旬予定
◆ 入居開始-2020年01月下旬予定


Ebina170712
「リーフィアタワー海老名アクロスコート」の完成イメージです。住宅棟と駐車場棟で構成されています。


Ebina170713
「ViNA GARDENS」は、超高層ビルが林立する街になります。


Ebina170714
「ゾーニング概念図」です。「ViNA GARDENS」は、小田急線海老名駅とJR相模線海老名駅の両駅間に広がる大規模複合開発エリアです。「海老名駅自由通路」を挟んで、南西側と北東側に分かれます。


Ebina170715
「ViNA GARDENS」のメインとなる「海老名駅自由通路」の南西側です。


Ebina170716
このあたりに「リーフィアタワー海老名アクロスコート」が建設されます。


Ebina170111
海老名駅自由通路
 「海老名駅自由通路」です。「ビナウォーク、相模鉄道、小田急、JR、三井ショッピングパーク ららぽーと海老名」を接続する大規模な自由通路です。


Ebina170717
「ViNA GARDENS」の「海老名駅自由通路」の北東側です。「商業施設」などが建設されます。



|

2017年6月25日 (日)

小田急電鉄「本厚木駅」 地上22階、高さ約85m「本厚木駅南口地区市街地再開発事業」の予定地

Atsugi170611
-本厚木駅南口地区市街地再開発事業-

 「厚木市」は、神奈川県の中央に位置し、豊かな自然に恵まれるとともに、交通の要衝として首都圏における流通・業務機能を担う拠点都市として成長してきました。

 小田急電鉄小田原線の「本厚木駅」は、厚木市の中心として栄え、駅周辺エリアには、商業ビルやオフィスビルが集積し、国や県の出先機関や文化施設などもあり、行政・文化の中心地でもあります。

 本厚木駅前は、北口は発展していますが、南口は開発から取り残されたような状態です。「本厚木駅南口地区市街地再開発事業」」を行う事により、交通結節点の機能強化を図るとともに、商業・業務・居住などの複合的な都市機能の整備を促進し、魅力ある駅周辺の顔づくりを目指します。

 引用資料 厚木市・公式HP(最終更新日2017/04/05)
 本厚木駅南口地区市街地再開発事業について

 引用資料 公式ホームページ
 本厚木駅南口地区市街地再開発組合

 2017年5月23日に「本厚木駅南口地区第一種市街地再開発事業に伴う既存建物等解体工事」の説明会が開催されました。近いうち既存建物の解体工事が始まると思われます。

本厚木駅南口地区第一種市街地再開発事業の概要
◆ 所在地-神奈川県厚木市旭町一丁目、泉町ほか 
◆ 交通-小田急線「本厚木」駅すぐ
◆ 階数-地上22階、地下2階
◆ 高さ-約85m
◆ 施行区域面積-約8,000㎡
◆ 敷地面積-約2,367㎡
◆ 建築面積-約1,800㎡
◆ 延床面積-約23,240㎡
◆ 構造-鉄筋コンクリート造
◆ 用途-共同住宅(4階~22階)、商業・業務施設(1階~3階)、駐車場、駐輪場
◆ 総戸数-156戸
◆ 建築主-本厚木駅南口地区市街地再開発組合(参加組合員 三菱地所レジデンス)
◆ 設計者・監理者-アール・アイ・エー
◆ 施工者-フジタ、小島組JV
◆ 着工-2017年度予定(既存建築物除却工事、建築本体工事着手)
◆ 竣工-2019年度予定


Atsugi170612
完成イメージです。地上22階、地下2階、高さ約85m、延床面積約23,240㎡の再開発ビルが建設されます。塔屋を含めると高さ90mくらいありそうですね。


Atsugi170613
「断面図」です。共同住宅(4階~22階)、商業・業務施設(1階~3階)、駐車場(地下1階)、駐輪場(地下1階)となります。


Atsugi170614
「施工区域」です。


Atsugi170615
駅前広場は約3,460㎡から約4,270㎡に拡張されます。再開発ビル2階と直結する「歩行者デッキ」も整備されます。


Atsugi170616
「本厚木駅南口地区市街地再開発事業」」の予定地です。2017年5月23日に「本厚木駅南口地区第一種市街地再開発事業に伴う既存建物等解体工事」の説明会が開催されました。


Atsugi170617
「本厚木駅南口地区市街地再開発事業」」の予定地を北側から見た様子です。


Atsugi170618
南西側から見た様子です。


Atsugi170619
南東側から見た様子です。


Atsugi170620
現在の駅前広場です。


Atsugi170621
北口は発展しています。



|

2017年6月18日 (日)

小田急電鉄 「相模大野駅、海老名駅、本厚木駅」など利用者10万人以上の全駅にホームドア設置!

Odakyu170611
-小田急電鉄 利用者10万人以上の全駅にホームドア設置-

 「小田急電鉄」は2017年6月16日に、「相模大野駅、海老名駅、本厚木駅」など新たに8駅でホームドアを設置すると発表しました。2022年度までに整備します。

 小田急電鉄 ニュースリリース(PDF:2017/06/16)
 1日の利用客数が10万人以上の全駅へのホームドア設置を推進

 「小田急電鉄」は、2012年9月に「新宿駅」の4番・5番番急行ホームでホームドアの使用を開始しました。2016年10月には、「代々木八幡駅、代々木上原駅、東北沢駅、下北沢駅、世田谷代田駅、梅ヶ丘各駅」に2018年度~2020年度にかけて設置することを発表していました。

 今回の発表では、2022年度までにホームドアを設置する駅として、「新宿駅、登戸駅、新百合ヶ丘駅、町田駅、相模大野駅、海老名駅、本厚木駅、大和駅」の8駅を加えました。これにより、1日の利用者数が10万人以上の駅は、全てホームドアが設置されることになりました。

● 「いきものがかり」にゆかりの駅
 今回は、放牧宣言(活動休止)中の「いきものがかり」にゆかりがある「相模大野駅、海老名駅、本厚木駅」の3駅を選んでみました。

 「いきものがかり」は、路上ライブから全国区にのし上がったのは有名な話です。ボーカルの「吉岡聖恵(きよえちゃん)」が加わる前の「水野良樹(リーダー)」と「山下穂尊(ほっち)」が、2人組で活動していた頃は相模大野駅周辺で、主に相模女子大学高等部の女子高生を相手に演奏活動を行っていました。

 「吉岡聖恵」の加入を機に本厚木駅や海老名駅周辺に拠点を移しました。その後、インディーズ・デビュー、更にメジャー・デビューを果たし、スターの道へ駆け上がっていきます。

 ちなみに小田急の本厚木駅ではいきものがかりの「YELL」が、海老名駅ではいきものがかりの「SAKURA」が接近メロディに採用されています。


Odakyu170612
相模大野駅(さがみおおのえき)

 「相模大野駅」は、神奈川県相模原市にある「小田急電鉄」の駅です。島式2面4線+通過線2線を有する地上駅です。


Odakyu170613
「橋上駅舎」となっています。


Odakyu170614
橋上駅舎の「改札内コンコース」です。改札内コンコースはメチャメチャ広いです。


Odakyu170615
海老名駅(えびなえき)

 「海老名駅」は、神奈川県海老名市にある「小田急電鉄、相模鉄道、JR東日本」の3社の駅です。小田急電鉄の「海老名駅」は島式2面4線の地上駅です。


Odakyu170616
「橋上駅舎」となっています。


Odakyu170617
橋上駅舎の「改札内コンコース」です。


Odakyu170618
本厚木駅(ほんあつぎえき)

 「本厚木駅」は、神奈川県厚木市にある「小田急電鉄小田原線」の駅です。島式2面4線の高架駅です。


Odakyu170619
商業施設「本厚木ミロード」と直結する「ミロード口」があります。


Odakyu170620
地上の「改札内コンコース」です。



|

2017年1月 6日 (金)

「いきものがかり」を育てた街「海老名駅周辺」 海老名駅自由通路(ビナウォーク・相鉄・小田急・JR・ららぽーと海老名)のあまりの激変にビックリ!

Ebina170111
-海老名駅周辺-
 
「いきものがかり」が1月5日、公式サイトで「いきものがかり放牧宣言」を発表しました。グループとしての活動を一時休止し、個々で活動、充電していくことを報告しました。私は「いきものがかり」の大ファンなので大ショックです・・・

 「いきものがかり」は、路上ライブからスタートしました。ボーカルの「吉岡聖恵(きよえちゃん)」が加わる前の「水野良樹(リーダー)」と「山下穂尊(ほっち)」が、2人組で活動していた頃は相模大野駅周辺でした。

 「きよえちゃん」の加入を機に本厚木駅や海老名駅周辺に拠点を移しました。その後、インディーズ・デビュー、更にメジャー・デビューを果たし、スターの道へ駆け上がっていきました。 

海老名駅周辺が激変
 正に「いきものがかり」を育てた街と言ってもいい海老名駅周辺ですが、激変しています。私が海老名駅周辺に行ったのは2010年5月以来でしたが、あまりの変わりようにビックリしました。

 海老名駅には、「相模鉄道本線、小田急小田原線、JR相模線」の3路線が乗り入れる鉄道交通の要衝です。発展する素地はありましたが、「三井ショッピングパーク ららぽーと海老名」のオープンが大きかったと思います。


Ebina170127
海老名駅自由通路

 「海老名駅自由通路」の配置図です。「ビナウォーク、相模鉄道、小田急、JR、三井ショッピングパーク ららぽーと海老名」を接続する大規模な自由通路です。

 引用資料 → 海老名駅自由通路整備事業(海老名市)


Ebina170112
ビナウォーク&海老名駅自由通路(東口駅広部)
 東口の大型商業施設「ビナウォーク」です。「海老名駅自由通路(東口駅広部)」が整備され、2002年12月に供用開始されています。


Ebina170113
「東口」です。


Ebina170114
海老名駅自由通路(小田急・相鉄駅舎部)
 「海老名駅自由通路(小田急・相鉄駅舎部)」です。2010年8月に供用開始されています。


Ebina170115
自由通路に沿って、相模鉄道本線・海老名駅の改札口があります。


Ebina170116
自由通路に沿って、小田急小田原線・海老名駅の改札口があります。


Ebina170117
「海老名駅自由通路(小田急・相鉄駅舎部)」の北西端です。ここから先は「海老名駅自由通路(駅間部・西口部)」となります。


Ebina170118
海老名駅自由通路(駅間部・西口部)
 「海老名駅自由通路(駅間部・西口部)」です。2015年10月1日に供用開始されています。元々あった陸橋を、「海老名駅西口土地区画整理事業」に合わせて架け替えました。新たな自由通路は幅12mと大幅に拡幅され、屋根が付けられました。


Ebina170119
動く歩道も整備されました。


Ebina170120
「デジタルサイネージ」も採用されています。


Ebina170121
しばらく歩くとJR相模線・海老名駅が見えてきます。JR相模線は、首都圏のJR線では珍しく全線単線なのでローカル線の雰囲気が漂っています。


Ebina170122
自由通路に沿って、JR相模線・海老名駅の改札口があります。


Ebina170123
JR相模線・海老名駅から「三井ショッピングパーク ららぽーと海老名」は目の前です。


Ebina170124
三井ショッピングパーク ららぽーと海老名
 「三井ショッピングパーク ららぽーと海老名」は、「海老名駅西口土地区画整理事業」の一環として建設され、2015年10月29日にグランドオープンしました。

 「三井ショッピングパーク ららぽーと海老名」の集客力は凄まじく、海老名駅自由通路を挟んで「ビナウォーク」と「三井ショッピングパーク ららぽーと海老名」という2つの核が生まれて大きな動線が出現しました。


Ebina170125
いきものがかりのデビュー10周年記念ライブ
 昨年の夏に「いきものがかり」のデビュー10周年記念ライブ「超いきものまつり 地元でSHOW!!〜海老名でしょー!!!〜」の1日目(8月27日)に参戦しました。土砂降りの雨でしたが、今となってはいい思い出です。


Ebina170126
会場は海老名運動公園
 会場は「海老名運動公園」でした。開演まではカメラでの撮影OKでした。ステージの不気味なキャラクターは、「いきものがかり」のマスコットキャラクターの「イッキーモンキー」です。

 開演前からずっと雨でカッパを着てもびしょ濡れになりました。でもこの日はスペシャルゲストで「明石家さんま」が登場して大盛り上がりでした。

 MCで「海老名駅」周辺で路上ライブを行っていた話が出ました。「その頃は、ビナウォークもららぽーとも無かった。海老名はすっかり変わった。」という話をしていました。

 無理してこのライブに行って良かったと思います。まさか約4ヶ月後に「いきものがかり放牧宣言」を発表して活動を一時休止しするとは夢にも思っていませんでした。
 今後の活動がどうなるか分かりませんが、場合によったらこれが私にとって「いきものがかり」最後のライブになる可能性もある訳ですから・・・



|

2015年8月29日 (土)

小田急線海老名駅とJR相模線海老名駅間の駅間地区 「いきものがかり」を育てた海老名駅周辺が超高層ビルが林立する街に!

Kanagawaebina15081
-海老名駅間地区の開発計画-
 
私が、「Perfume(パフューム)」の大ファンになって1年経過しました。メジャーデビュー後の曲はほぼ覚えました。どれだけ詳しくなったんだろうか? と思って「P.T.A.検定試験」に挑戦してみました。

 公式HP → 「P.T.A.検定試験」全問題&回答

 「カルトQ」のような難解な問題で、4分の1くらいしか分かりませんでした。結果は下から2番目の「Pe(ぺ)」レベルでした(笑)。でも各問題の意味が分かるのでかなりの進歩?

 本題に戻って、「いきものがかり」は、路上ライブから全国区にのし上がったのは有名な話です。ボーカルの「吉岡聖恵(きよえちゃん)」が加わる前の「水野良樹(リーダー)」と「山下穂尊(ほっち)」が、2人組で活動していた頃は相模大野駅周辺でした。

 「きよえちゃん」の加入を機に本厚木駅や海老名駅周辺に拠点を移しました。その後、インディーズ・デビュー、更にメジャー・デビューを果たし、スターの道へ駆け上がっていきます。
 ちなみに小田急の本厚木駅ではいきものがかりの「YELL」が、海老名駅ではいきものがかりの「SAKURA」が接近メロディに採用されています。

● 海老名駅周辺が超高層ビルが林立する街に!
 
その海老名駅周辺が大きく変わろうとしています。JR老名駅の北側には、「三井ショッピングパーク ららぽーと海老名」が、2015年10月29日(木)にグランドオープンします。

 「小田急電鉄」は、小田急線海老名駅とJR相模線海老名駅の両駅間に広がる事業用地(駅間地区)の開発計画の概要について決定しました。

 引用資料 小田急電鉄(PDF:2015/08/28)
 海老名駅間地区の開発計画の概要が決定

 日本経済新聞(2015/08/29)
 小田急とJRの2つの海老名駅間を再開発 600億円投資 

 開発計画があるのは知っていましたが、私が想像していたより遥かに規模が大きく、超高層ビルが林立する凄い街になります。日経新聞によると居住エリアは、地上31階の分譲マンション3棟だそうです。

 「いきものがかり」のライブに行くとMCで「海老名駅」周辺で路上ライブを行っていた話がよく出ますが、数年後のライブでは、「海老名駅前がすっかり変わって、ビックリしたよ!」という話が出るかも知れません(笑)。

海老名駅間地区開発計画の概要
◆ 所在地-神奈川県海老名市上郷字鎌倉町514の1他(小田急線海老名駅とJR相模線海老名駅間の駅間地区)
◆ 敷地面積-約35,000㎡
◆ 開発コンセプト-憩う・くらす・育む~ViNA GARDENS~
◆ 着工-2016年度
◆ 竣工-2025年度
◆ 投資額-約600億円


Kanagawaebina15082
「海老名駅間地区の開発計画」です。


Kanagawaebina15066
奥の駐車場の部分が、「海老名駅間地区の開発計画」の予定地です。


Kanagawaebina15083
「これまでの海老名駅周辺の開発について」です。


Kanagawaebina10079
小田急と相模鉄道の海老名駅東口にある駅前ロータリーです。東口は海老名市の中心部で、大型商業施設が集積しています。 


Kanagawaebina100711
東口の「ビナウォーク」の間にある「海老名中央公園」です。


Kanagawaebina100712
「海老名中央公園」にはミニチュアの7重の塔があります。


Kanagawaebina100713
小田急と相模鉄道の海老名駅東口にあるタワーマンション「
ビナマークス」です。地上23階、地下1階のEAST棟と地上22階、地下1階のWEST棟です。

|

2015年7月13日 (月)

横須賀市 地上38階、高さ約144mの「ザ・タワー横須賀中央」 2015年5月末の建設状況

Yokosukaotaki150711
-ザ・タワー横須賀中央-

 「大滝町2丁目地区市街地再開発事業」は、京浜急行「横須賀中央駅」近くにあった「西友横須賀店」の再開発プロジェクトです。

  地上38階、塔屋2階、地下2階、高さ約144mで、フロア構成は、1階~4階が店舗・オフィス、5階以上が297戸(販売総戸数253戸、事業協力者戸数44戸含む)の共同住宅になります。

 共同住宅部分の正式名称は「ザ・タワー横須賀中央」となっています。販売総戸数253戸は、すでに全戸完売しています。

ザ・タワー横須賀中央の概要
◆ 計画名-大滝町2丁目地区第一種市街地再開発事業施設建築物等建設工事
◆ 所在地-神奈川県横須賀市大滝町二丁目6番(地番)
◆ 交通-京浜急行電鉄本線「横須賀中央」駅より徒歩3分
◆ 階数-地上38階、塔屋2階、地下2階
◆ 高さ-最高部約144m
◆ 敷地面積-6,103.28㎡(開発総面積)、3,997.53㎡(敷地面積)
◆ 建築面積-3,379.62㎡
◆ 延床面積-49,571.83㎡
◆ 構造-鉄筋コンクリート造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 基礎工法-直接基礎
◆ 地震対策-制震構造(摩擦ダンパーを3階~33階に設置、粘性制震装置を1階・2階に設置) 
◆ 用途-共同住宅(5階~38階)、店舗・オフィス(1階~4階)
◆ 総戸数-297戸(販売総戸数253戸、事業協力者戸数44戸含む)
◆ 建築主-大滝町2丁目地区市街地再開発組合(売主 京浜急行電鉄、大和ハウス工業)
◆ 設計者・監理者-INA新建築研究所 
◆ 施工者-浅沼組 
◆ 竣工-2015年11月中旬予定
◆ 入居開始-2015年11月下旬予定


Yokosukaotaki150712_2
「横須賀中央駅」前のペデストリアンデッキから見た様子です。


Yokosukaotaki150713
撮影時、すでに最高階の38階に到達していました。現在は塔屋も含め外観は完成していると思われます。


Yokosukaotaki150714
南側から見た様子です。


Yokosukaotaki150715
南側から見た下層階の様子です。


Yokosukaotaki150716
西側から見た様子です。


Yokosukaotaki150717
西側から見た下層階の様子です。


Yokosukaotaki150718
北側から見た様子です。


Yokosukaotaki150719
北側から見た下層階の様子です。


Yokosukaotaki150720
東側から見た様子です。


Yokosukaotaki150721
東側から見た下層階の様子です。


Yokosukaotaki150722
竣工前ですが、すでに全戸完売しています。

|

横須賀市 地上26階の「サンコリーヌタワー横須賀中央駅前」 2015年5月末の建設状況

Yokosukaotaki150731
-サンコリーヌタワー横須賀中央駅前-

 京急本線の「横須賀中央駅」のすぐ近くに「サンコリーヌタワー横須賀中央駅前」という名称のタワーマンションが建設中です。

 このマンションは、リーマンショック前に地上31階、延床面積約20,664㎡、総戸数335戸で計画されていた「京急中央駅前ルネサンスタワー開発事業」が復活したプロジェクトだと思われます。

サンコリーヌタワー横須賀中央駅前の概要
◆ 所在地-神奈川県横須賀市若松町三丁目24番1他(地番)
◆ 交通-京急本線「横須賀中央」駅徒歩2分
◆ 階数-地上26階、地下2階
◆ 高さ-88.78m
◆ 敷地面積-6,975.54㎡(開発区域面積)、5,653.96㎡(販売対象面積/広場状公開空地2ヶ所合計313.53㎡含む)
◆ 建築面積-1,249.53㎡
◆ 延床面積-26,242.27㎡
◆ 構造-鉄筋コンクリート造
◆ 基礎工法-場所打ちコンクリート拡底杭(33本)
◆ 地震対策-制振構造(壁式摩擦ダンパー方式の制振装置を設置)
◆ 用途-共同住宅
◆ 総戸数-280戸(管理事務室含む)
◆ 建築主-(株)ヤマザキ
◆ 設計者・監理者-岩本建築計画設計、久米設計
◆ 施工者-東急建設
◆ 竣工-2015年08月下旬予定
◆ 入居開始-2015年09月下旬予定


Yokosukaotaki150732
北西側の「ザ・タワー横須賀中央」の建設現場あたりから見た様子です。


Yokosukaotaki150733
塔屋も含め外観は完成しています。


Yokosukaotaki150734
東側から見た様子です。高台に建設しています。


Yokosukaotaki150735
基礎工法は、「場所打ちコンクリート拡底杭(33本)」、地震対策として、「制振構造(壁式摩擦ダンパー方式の制振装置を設置)」を採用しています。

|

2015年5月 2日 (土)

小田急相模原駅 駅前再開発の第3弾「小田急相模原駅前西地区第一種市街地再開発事業」

Zama15051
-小田急相模原駅前西地区第一種市街地再開発事業-

 小田急相模原駅前では、相模原市側で「小田急相模原駅北口A地区第一種市街地再開発事業」と「小田急相模原駅北口B地区第一種市街地再開発事業」が行われました。

 第3弾として、今度は「座間市」側で再開発が計画されています。場所は相模原市側の「ラクアル・オダサガ」の道路を挟んだすぐ南側の区画です。
 再開発予定地は、小田急相模原駅に接し、利便性が良い場所ですが、道路等の基盤が未整備であり老朽化した木造建物が密集しています。

 「小田急相模原駅前西地区市街地再開発組合」は、再開発事業の特定業務代行者を「長谷工コーポレーション・梓設計JV」に決めたことを明らかにしました。
 特定業務代行者は、設計・監理、既存建築物の解体、再開発施設の施工、保留床の処分を行います。

 日刊建設工業新聞(2015/04/30)
 相模原駅前西地区再開発(神奈川県座間市)/業務代行者に長谷工・梓JV/組合 

 引用資料 座間市(PDF)
 小田急相模原駅前西地区

 地上20階の「住宅棟」と地上5階の「商業・公共施設棟」の2棟を建設します。総延床面積約16,800㎡(住宅棟約12,900㎡、商業・公共施設棟約3,900㎡)で、総戸数は152戸を予定しています。この他に歩道状空地、広場などを整備します。

小田急相模原駅前西地区第一種市街地再開発事業の概要
◆ 所在地-神奈川県座間市相模が丘一丁目
◆ 階数-(住宅棟)地上20階、(商業・公共施設棟)地上5階
◆ 高さ-約64m
◆ 地区面積-約4,000㎡
◆ 敷地面積-約2,700㎡
◆ 建築面積-約1,900㎡
◆ 延床面積-約16,800㎡(容積対象床面積約13,500㎡)
◆ 構造-鉄筋コンクリート造、鉄骨造
◆ 用途-商業施設、業務施設、共同住宅
◆ 総戸数-152戸
◆ 建築主-小田急相模原駅前西地区市街地再開発組合
◆ 特定業務代行者-長谷工コーポレーション・梓設計JV
◆ 着工-2016年09月予定
◆ 竣工-2019年03月予定
◆ 総事業費-約62億円


Zama15052
「区域図」です。


Sagamiharaodasaga140417
小田急相模原駅北口
 小田急相模原駅前では、相模原市側で先に再開発が行われました。「小田急相模原駅」のすぐ南側は「座間市」の市域になります。

 写真左側が、先に開発されA地区の「ラクアル・オダサガ(小田急相模原駅北口A地区第一種市街地再開発事業)」です。
 写真右側が、「ペアナード・オダサガ(小田急相模原駅北口B地区第一種市街地再開発事業)」です。

 B地区の「ペアナード・オダサガ」は、先に開発されA地区の「ラクアル・オダサガ」と一体的に整備されました。


Sagamiharaodasaga11105
駅前再開発の第1弾「ラクアル・オダサガ」
 第1弾として、2007年10月31日に竣工した「小田急相模原駅北口A地区第一種市街地再開発事業」です。地上20階、地下4階、高さ約70mです。全体工事は2008年3月に完成しています。

 街区ネーミングは「ラクアル・オダサガ」となっています。1~4階がスーパーマーケット、銀行、専門店、飲食店などの商業施設、5~20階が総戸数136戸の「グランタワー小田急相模原ル・ソレイユ」です。


Sagamiharaodasaga140411
駅前再開発の第2弾「ペアナード・オダサガ」
 第2弾として、2013年9月30日に竣工した「小田急相模原駅北口B地区第一種市街地再開発事業」です。

 
地上29階、塔屋1階、地下1階、高さ103.790m、総戸数212戸(非分譲住戸15戸含む、他に共用施設、店舗、事務所等)です。
 街区ネーミングは「ペアナード・オダサガ」となっています。5階~29階の共同住宅部分が「ステーションスカイタワー小田急相模原」です。

|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

101 テレビドラマ・映画ロケ地めぐり | 102 経済ニュース | 103 いろいろなランキング | 104 鉄道(新線・高架化・複々線化、その他) | 105 大学キャンパスめぐり | 106 巨大工場めぐり | 107 巨大スタジアム・ホール・展示場めぐり | 108 大規模商業施設めぐり | 121 東京都・千代田区① | 121 東京都・千代田区② | 122 東京都・港区① | 122 東京都・港区② | 123 東京都・中央区 | 124 東京都・新宿区 | 125 東京都・渋谷区 | 126 東京都・豊島区 | 127 東京都・江東区 | 128 東京都・品川区 | 129 東京都・目黒区 | 130 東京都・文京区 | 131 東京都・台東区 | 132 東京都・荒川区 | 133 東京都・墨田区(東京スカイツリー) | 134 東京都・中野区 | 135 東京都・世田谷区 | 136 東京都・大田区 | 137 東京都・練馬区 | 143 東京都・23区内その他 | 151 東京都・ 23区以外 | 201 神奈川県・横浜市 | 202 神奈川県・川崎市 | 203 神奈川県・その他 | 231 千葉県・千葉市 | 232 千葉県・浦安市 | 233 千葉県・成田市(成田空港) | 234 千葉県・湾岸部 | 235 千葉県・内陸部 | 251 埼玉県・さいたま市 | 252 埼玉県・川口市 | 253 埼玉県・所沢市 | 254 埼玉県・その他 | 271 茨城県 | 281 栃木県 | 311 大阪市・北部 | 312 大阪市・中部 | 313 大阪市・南部 | 314 大阪市・湾岸部 | 321 大阪府・堺市 | 325 大阪府・その他 | 351 兵庫県・神戸市 | 355 兵庫県・尼崎市 | 356 兵庫県・西宮市 | 357 兵庫県・芦屋市 | 359 兵庫県・その他 | 401 空撮じゃないけれど 札幌市編 | 411 空撮じゃないけれど 仙台市編 | 501 空撮じゃないけれど 香港(ホンコン)編 | 511 空撮じゃないけれど 澳門(マカオ)編 | 601 ちょっとひと休み