231 千葉県・千葉市

2024年5月24日 (金)

幕張新都心 超高層シニアレジデンス 地上28階、高さ約105mの「パークウェルステイト幕張ベイパーク」 2024年5月上旬の建設状況

Chibamakuhari210911
-幕張ベイパーク-
 「千葉県企業庁」は、千葉市美浜区若葉三丁目の「幕張新都心若葉住宅地区」の総面積17.5ha(正確には175,808.59㎡)に共同住宅などを建設する事業予定者を総合評価方式で選定した結果、「三井不動産レジデンシャル」を代表企業とする「(仮称)幕張新都心若葉住宅地区街づくり検討グループ」を特定しています。

 最終的には、「A区画、B-1街区、B-2街区、B-3街区、B-4街区、B-5街区、B-6街区、B-7街区」の8区画が開発され、約4,500戸の住宅機能を整備し、約1万人が暮らす街が整備される予定です。

 第一弾の「幕張ベイパーク クロスタワー&レジデンス」、第二弾の「幕張ベイパーク スカイグランドタワー」、第三弾の「幕張ベイパーク  ミッドスクエアタワー」は竣工済です。

 第四弾として超高層シニアレジデンス「(仮称)幕張新都心若葉住宅地区計画(B-5街区)」が建設予定です。「B-5街区」は、当初計画では、2029年の竣工予定で、地上46階、総戸数703戸の超高層タワーマンションが建設予定でしたが、超高層シニアレジデンスに計画変更されました。

パークウェルステイト幕張ベイパーク
 「三井不動産レジデンシャル」は、千葉県千葉市美浜区において、首都圏最大級となるシニアレジデンス「(仮称)パークウェルステイト 幕張 計画」を2021年8月31日に着工しました。正式名は「パークウェルステイト幕張ベイパーク」です。

 引用資料 三井不動産レジデンシャル(PDF:2021/09/02)
 ~大規模複合開発 が進行する幕張ベイパーク に「三井のシニアサービスレジデンス」~ 「(仮称)パークウェルステイト幕張 計画」着工 首都圏最大級 地上 28階、 617 室 2024年 秋 開業予定

 公式ホームページ
 パークウェルステイト幕張ベイパーク

パークウェルステイト幕張ベイパークの概要
◆ 計画名-(仮称)幕張新都心若葉住宅地区計画(B-5街区)
◆ 所在地-千葉県千葉市美浜区若葉三丁目1番23(地番)
◆ 交通-JR京葉線「海浜幕張」駅徒歩18分
◆ 階数-地上28階、地下0階
◆ 高さ-最高部105.60m
◆ 敷地面積-24,589.34㎡
◆ 建築面積-6,955.81㎡
◆ 延床面積-49,701.93㎡
◆ 構造-鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
◆ 基礎工法-場所打ちコンクリート拡底杭、既製コンクリート杭
◆ 地震対策-免震構造
◆ 用途-住宅型有料老人ホーム、飲食店、クリニック、事務所
◆ 総戸数-617室(一般居室534室、介護居室83室)
◆ 建築主-三井不動産レジデンシャル
◆ 設計者・監理者-熊谷組
◆ 施工者-熊谷組
◆ 着工-2021年08月31日
◆ 竣工-2024年05月予定
◆ 開業-2024年09月予定


Chibamakuhari210912
「タワー棟外観完成イメージ」です。


Chibamakuhari210913
「ランドスケープ鳥瞰イメージ」です。


Chibamakuhari210914
「完成予想イメージ」です。


Chibamakuhari210915
「幕張ベイパーク全体敷地図」です。


Chibamakuhari210916
「計画地案内図」です。


Chibamakuhari240571
「幕張ベイパーク」です(写真提供読者さん)。


Chibamakuhari240572
「パークウェルステイト幕張ベイパーク」の2024年5月上旬の建設状況です(写真提供読者さん)。


Chibamakuhari240573
外観は完成しています(写真提供読者さん)。


Chibamakuhari240574
角度を変えて見た様子です(写真提供読者さん)。


Chibamakuhari240575
角度を変えて見た様子です(写真提供読者さん)。


Chibamakuhari240576
角度を変えて見た様子です(写真提供読者さん)。


Chibamakuhari240577
アップです(写真提供読者さん)。


Chibamakuhari240578
角度を変えて見た様子です(写真提供読者さん)。


Chibamakuhari240579
低層棟の様子です(写真提供読者さん)。


Chibamakuhar210413
「(仮称)パークウェルステイト幕張計画」となる「(仮称)幕張新都心若葉住宅地区計画(B-5街区)」の建築計画のお知らせです(写真提供読者さん)。



|

2024年5月 9日 (木)

幕張新都心 「幕張ベイパーク」により人口急増 千葉市立幕張新都心若葉住宅地区小学校(仮称) 2024年5月上旬の状況

Chibamakuhari231111
-幕張ベイパーク-
 「千葉県企業庁」は、千葉市美浜区若葉三丁目の「幕張新都心若葉住宅地区」の総面積17.5ha(正確には175,808.59㎡)に共同住宅などを建設する事業予定者を総合評価方式で選定した結果、「三井不動産レジデンシャル」を代表企業とする「(仮称)幕張新都心若葉住宅地区街づくり検討グループ」を特定しています。

 最終的には、「A区画、B-1街区、B-2街区、B-3街区、B-4街区、B-5街区、B-6街区、B-7街区」の8区画が開発され、約4,500戸の住宅機能を整備し、約1万人が暮らす街が整備される予定です。

 第一弾の「幕張ベイパーク クロスタワー&レジデンス」、第二弾の「幕張ベイパーク スカイグランドタワー」、第三弾の「幕張ベイパーク  ミッドスクエアタワー」は竣工済です。

 現在は、第四弾の超高層シニアレジデンス「パークウェルステイト幕張ベイパーク」と第五弾の「(仮称)幕張新都心若葉住宅地区計画(B-4街区)」が建設中で、正式名称が「幕張ベイパーク ライズゲートタワー」となっています。

● 千葉市立幕張新都心若葉住宅地区小学校(仮称)
 相次ぐ超高層タワーマンションの建設で人口が急増しています。そのため「幕張ベイパーク」のすぐ北側に、2026年4月開校に向けて、美浜区の幕張新都心若葉住宅地区に、打瀬小学校から分離して新設小学校を建設します。

 引用資料 千葉市・公式HP
 千葉市立幕張新都心若葉住宅地区小学校(仮称)について

幕張新都心若葉住宅地区小学校(仮称)の概要
◆ 計画名-千葉市立幕張新都心若葉住宅地区小学校(仮称)新築工事
◆ 所在地-千葉県千葉市美浜区若葉三丁目1番26
◆ 交通-JR京葉線「海浜幕張」駅
◆ 階数-地上3階、地下0階
◆ 高さ-最高部13.10m
◆ 敷地面積-18,313.73㎡
◆ 建築面積-4,299.54㎡
◆ 延床面積-8,608.75㎡
◆ 構造-鉄骨造 
◆ 基礎工法-杭基礎
◆ 用途-小学校
◆ 建築主-千葉市
◆ 設計者-千都建築設計事務所
◆ 施工者-(未定)
◆ 着工-2024年02月01日予定
◆ 竣工-2026年03月31日予定


Chibamakuhari231112
「配置図」です。


Chibamakuhari231113
「位置図」です。すぐ北側には、「千葉市立新病院整備工事」が建設されています。概要は、延床面積38,832.22㎡(施設全体)、病床数349床(成人・高齢者病床222床、周産期・小児・移行期病床127床)です。


Chibamakuhari240561
「千葉市立幕張新都心若葉住宅地区小学校(仮称)」の建設予定地の2024年5月上旬の状況です(写真提供読者さん)。


Chibamakuhari240562
内部の様子です(写真提供読者さん)。


Chibamakuhari240563
現在は「地盤改良工事」を行っています(写真提供読者さん)。


Chibamakuhari240564
内部の様子です(写真提供読者さん)。


Chibamakuhari240565
「油圧ショベル」です(写真提供読者さん)。


Chibamakuhari240566
内部の様子です(写真提供読者さん)。


Chibamakuhari240567
「ロードローラー」です(写真提供読者さん)。


Chibamakuhari231117
「千葉市立幕張新都心若葉住宅地区小学校(仮称)新築工事」の建築計画のお知らせです(写真提供読者さん)。



|

2024年5月 7日 (火)

幕張ベイパークの第五弾 地上38階、高さ約142mの「幕張ベイパーク ライズゲートタワー」 2024年5月上旬の建設状況

Chibamakuhari231021
-幕張ベイパーク-
 「千葉県企業庁」は、千葉市美浜区若葉三丁目の「幕張新都心若葉住宅地区」の総面積17.5ha(正確には175,808.59㎡)に共同住宅などを建設する事業予定者を総合評価方式で選定した結果、「三井不動産レジデンシャル」を代表企業とする「(仮称)幕張新都心若葉住宅地区街づくり検討グループ」を特定しています。

 最終的には、「A区画、B-1街区、B-2街区、B-3街区、B-4街区、B-5街区、B-6街区、B-7街区」の8区画が開発され、約4,500戸の住宅機能を整備し、約1万人が暮らす街が整備される予定です。

 第一弾の「幕張ベイパーク クロスタワー&レジデンス」、第二弾の「幕張ベイパーク スカイグランドタワー」、第三弾の「幕張ベイパーク  ミッドスクエアタワー」は竣工済です。現在は、第四弾の超高層シニアレジデンス「パークウェルステイト幕張ベイパーク」が建設中です。

● 幕張ベイパーク ライズゲートタワー
 幕張ベイパークの第五弾として「(仮称)幕張新都心若葉住宅地区計画(B-4街区)」が建設中です。地上38階、地下0階、高さ141.60m、延床面積85,023.00㎡、総戸数768戸の超高層タワーマンションになります。

 「(仮称)幕張新都心若葉住宅地区計画(B-4街区)」の正式名称が「幕張ベイパーク ライズゲートタワー」に決定し、公式ホームページがオープンしました。

 引用資料 公式ホームページ
 幕張ベイパーク ライズゲートタワー

幕張ベイパーク ライズゲートタワーの概要
◆ 所在地-(仮称)幕張新都心若葉住宅地区計画(B-4街区)
◆ 所在地-千葉県千葉市美浜区若葉三丁目1番13(地番)
◆ 交通-JR京葉線「海浜幕張」駅徒歩16分
◆ 階数-地上38階、地下0階
◆ 高さ-最高部141.60m、建築物132.90m
◆ 敷地面積-17,911.69㎡
◆ 建築面積-6,950.11㎡
◆ 延床面積-85,023.00㎡
◆ 構造-鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造、木造
◆ 基礎工法-場所打ちコンクリート拡底杭、既製コンクリート杭
◆ 地震対策-中間免震構造(1階と2階の間に積層ゴム等を設置)
◆ 用途-共同住宅、駐車場、店舗
◆ 総戸数-768戸
◆ 建築主-三井不動産レジデンシャル、野村不動産、三菱地所レジデンス、伊藤忠都市開発、東方地所、富士見地所、袖ヶ浦興業
◆ 設計者・監理者-熊谷組
◆ 施工者-熊谷組
◆ 着工-2022年11月01日
◆ 竣工-2025年10月下旬予定
◆ 入居開始-2026年03月下旬予定


Chibamakuhari240111
「ランドスケープ完成予想CG」です。


Chibamakuhari240112
「ビオガーデン完成予想CG」です。


Chibamakuhari240113
「ブロッサムゲート完成予想CG」です。


Chibamakuhari231023
免震構造

 建物1階と2階の間に設置した積層ゴム等の免震層が揺れを吸収・分散し、地震エネルギーを建物に伝わりにくくする「中間免震構造」を採用しています。地震の激しい横揺れを低減し、建物の倒壊につながるゆがみや変形から守るとともに、家具の転倒などによる室内での二次災害防止にも効果的です。


Chibamakuhari230711
「街区完成予想CG」です。

 
Chibamakuhari230713
「敷地配置概念イラスト」です。


Chibamakuhari230714
「位置図」です。


Chibamakuhari240551
「幕張ベイパーク ライズゲートタワー」の2024年5月上旬の建設状況です(写真提供読者さん)。


Chibamakuhari240552
角度を変えて見た様子です(写真提供読者さん)。


Chibamakuhari240553
タワークレーン2基で建設しています(写真提供読者さん)。


Chibamakuhari240554
角度を変えて見た様子です(写真提供読者さん)。


Chibamakuhari240555
「プレキャストコンクリート」の柱と梁です(写真提供読者さん)。


Chibamakuhari240556
アップです(写真提供読者さん)。


Chibamakuhari240557
内部の様子です(写真提供読者さん)。


Chibamakuhari240558
「プレキャストコンクリート」です(写真提供読者さん)。


Chibamakuhari240559
「プレキャストコンクリート」です(写真提供読者さん)。


Chibamakuhari231029
  「(仮称)幕張新都心若葉住宅地区計画(B-4街区)」の建築計画のお知らせです(写真提供読者さん)。



|

2024年5月 6日 (月)

幕張新都心 「幕張ベイパーク」のすぐ北側 千葉市の新拠点病院「千葉市立新病院整備工事」 2024年5月上旬の建設状況

Chibamakuhari231211
-千葉市立新病院整備事業-
 
「千葉市」は、「海浜病院」に代わる新病院の建設に向け、「千葉市立新病院整備事業」を進めています。建設予定地は、早期の着工が可能で、新病院の建設に必要な広さが確保でき、移転の影響も少なく、千葉市西部の医療ニーズに対応できる場所に建設することが望ましいと考えられるため、幕張新都心若葉住宅地区小学校・公益施設用地内を建設予定地とします。

 地震対策として「免震構造」を採用し、「液状化対策(地盤改良)」を行います。浸水対策として地盤のかさ上げを行います。災害時に傷病者を受け入れる防災ひろば、講堂などを設け、本体棟の北東側に将来の増築可能スペースと想定し、病院機能の拡張に対応できるようにします。

● 2023年12月19日に着工!
 千葉市の新拠点病院である「千葉市立新病院整備工事」は、「鹿島・鵜沢特定建設工事共同企業体」の施工で2023年12月19日に着工しました。契約金額は312億9500万円です。工事費の高騰は凄まじく、4度の値上げで、最終的には概算工事費約313.5億円(約220億円 → 約238億円 → 約266億円から変更)となりました。

 引用資料 千葉市・公式HP(
2023/12/19)
 千葉市立新病院整備実施設計(詳細設計)が完了し、工事に着手しました~新病院の完成イメージ動画を公開~

千葉市立新病院整備事業の概要
◆ 計画名-千葉市立新病院整備工事
◆ 所在地-千葉県千葉市美浜区若葉三丁目1番27、1番41の一部(地番)
◆ 交通-JR京葉線「海浜幕張」駅、JR京葉線「検見川浜」駅
◆ 階数-地上5階、塔屋1階、地下0階
◆ 高さ-最高部30.642m、軒高24.542m
◆ 敷地面積-34,992.47㎡
◆ 建築面積-(合計)11,843.73㎡、(病院部分)8,584.86㎡
◆ 延床面積-(合計)38,832.22㎡、(病院部分)33,637.15㎡
◆ 構造-(柱)鉄筋コンクリート造、(梁)鉄骨造 
◆ 基礎工法-直接基礎(管理人の推測)
◆ 地震対策-免震構造(基礎免震構造)
◆ 用途-病院、保育所、物販店舗、自動車駐車場
◆ 診療科-内科、消化器内科、循環器内科、呼吸器内科、小児科、新生児科、外科、消化器外科、呼吸器外科、心臓血管外科、整形外科、形成外科、脳神経外科、泌尿器科、産科、 婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、救急科、麻酔科、病理診断科、リハビリテーション科、 歯科口腔外科 等
◆ 病床数-349床(成人・高齢者病床222床、周産期・小児・移行期病床127床)
◆ 建築主-千葉市
◆ 設計者-(基本設計)日建設計・システム環境研究所JV、(実施設計)日建設計
◆ 監理者-日建設計
◆ 施工者-鹿島・鵜沢特定建設工事共同企業体(鹿島建設、鵜沢建設JV)
◆ 着工-2023年12月19日
◆ 竣工-2026年03月18日予定
◆ 開院-2026年秋頃予定
◆ 概算工事費-約313.5億円(約220億円 → 約238億円 → 約266億円から変更)


Chibamakuhari231212
「外観イメージ(花見川通り側)」です。


Chibamakuhari231213
「外観イメージ(花見川通り側)」です。


Chibamakuhari231214
「外観イメージ(県立幕張総合高校側)」です。


Chibamakuhari231215
「内観イメージ(総合受付)」です。


Chibamakuhari231216
「内観イメージ(外来モール)」です。


Chibamakuhari231217
「断面構成図」です。地上5階、塔屋1階、地下0階、最高部の高さは30.642mです。


Chibamakuhari231218
「配置計画」です。


Chibamakuhari221016
「新病院建設予定地」です。「幕張ベイパーク」の北側で、「千葉県立幕張総合高等学校」の東隣に位置します。


Chibamakuhari231219
「事業スケジュール」です。概算工事費及び事業スケジュールの見直しが行われました。


Chibamakuhari240521
「千葉市立新病院整備事業」の2024年5月上旬の建設状況です(写真提供読者さん)。


Chibamakuhari240522
現在は「地盤改良工事、擁壁躯体工事」を行っています(写真提供読者さん)。


Chibamakuhari240523
内部の様子です(写真提供読者さん)。


Chibamakuhari240524
5台の「三点式パイルドライバ」が稼働しています(写真提供読者さん)。


Chibamakuhari240525
「三点式パイルドライバ」で「地盤改良工事」を行っています(写真提供読者さん)。


Chibamakuhari240526
「三点式パイルドライバ」です(写真提供読者さん)。


Chibamakuhari240527
「三点式パイルドライバ」です(写真提供読者さん)。


 Chibamakuhari240528
サンドコンパクションパイル工法

 「サンドコンパクションパイル工法」で、「地盤改良工事」を行っていると思われます。網の中のロート状の部分には「砂」が蓄えられています。バイブロハンマーを用いて「ケーシングパイプ」を用い、貫入、引抜き、打戻しを繰り返す「打戻し式施工」によって、軟弱地盤中に径の大きいよく締まった「砂杭」を造成し、地盤の安定を図る工法です(写真提供読者さん)。


Chibamakuhari240529
「ケーシングパイプ」です。「ケーシングパイプ」で地中に砂を送り出します(写真提供読者さん)。


Chibamakuhari240530
「タダノ」の高所作業車「AT-280XTG」です。「タダノ」は香川県高松市に本社を置く世界最大手級の建設用クレーンメーカーです(写真提供読者さん)。


Chibamakuhari240156
「千葉市立新病院整備工事」の建築計画のお知らせです(写真提供読者さん)。



|

2024年5月 5日 (日)

JR東日本 海浜幕張駅の南東側に新改札口を設置 「京葉線海浜幕張駅新改札口(仮称)」 2024年5月上旬の建設状況

Chibamakuhari230451
-JR海浜幕張駅-

 千葉市では、「JR東日本、幕張新都心若葉住宅地区街づくりグループ(三井不動産レジデンシャル、野村不動産、三菱地所レジデンス、伊藤忠都市開発、東方地所、富士見地所、袖ヶ浦興業)」とともに、京葉線海浜幕張駅の蘇我方への改札口増設について、交通結節機能の強化や利用者の利便性向上が期待できることから設置に向けた検討を進めてきました。三者で協力して改札口を増設することとなり、基本協定を締結しました。

 新改札口の設計及び工事は「JR東日本」が行い、それに要する費用は「千葉市、JR東日本、幕張新都心若葉住宅地区街づくりグループ」の各者が3分の1を負担することを基本とします。

 「三井不動産レジデンシャル、野村不動産、三菱地所レジデンス、伊藤忠都市開発、東方地所、富士見地所、袖ヶ浦興業」は、「幕張ベイパーク 」を建設していますが、 JR海浜幕張駅には、東京方面にしか改札口が無いので遠回りする必要があります。

● 京葉線海浜幕張駅新改札口(仮称)の工事に着手!
 「千葉市」と「JR東日本」は、京葉線海浜幕張駅における新改札口設置に関する基本協定(2021年1月締結)に基づき、海浜幕張駅の交通結節機能強化や利便性向上を目的として駅の蘇我方に新たな改札口の検討を進めてきました。このたび準備が整ったことから工事に着手します。

 引用資料 JR東日本(PDF:2023/04/18)
 京葉線海浜幕張駅新改札口(仮称)の工事に着手します

京葉線海浜幕張駅新改札口(仮称)の概要
◆ 所在地-千葉県千葉市美浜区ひび野二丁目108,109
◆ 施設面積-新改札口約550㎡
◆ 改札設備-(改札内)階段2箇所、エレベーター2基、改札口1箇所、(改札外)階段2箇所、エレベーター1基、スロープ1箇所
◆ 着工-2023年04月
◆ 竣工-2025年03月予定
◆ 開業-2025年春予定


Chibamakuhari230452
「平面図」です。


Chibamakuhari230453
「位置図」です。南東側の蘇我方面に改札口を増設します。


Chibamakuhari240511
「京葉線海浜幕張駅新改札口(仮称)」の2024年5月上旬の建設状況です(写真提供読者さん)。


Chibamakuhari240512
「南口」側の建設現場です(写真提供読者さん)。


Chibamakuhari240513
アップです(写真提供読者さん)。


Chibamakuhari240514
正面から見た様子です(写真提供読者さん)。


Chibamakuhari240515
「階段」の建設現場です(写真提供読者さん)。


Chibamakuhari240516
「階段」の建設現場です(写真提供読者さん)。


Chibamakuhari240517
高架下の工事の様子です(写真提供読者さん)。


Chibamakuhari240518
高架下の工事の様子です(写真提供読者さん)。


Chibamakuhari240519
「北口」側の建設現場です(写真提供読者さん)。


Chibakaihin201211
「JR海浜幕張駅」の空撮です。


Chibamakuhari190715
「既存改札口」です。現在は東京方面にしか改札口が無いので、「幕張ベイパーク 」方面には向かうには遠回りする必要があります。



|

2024年1月26日 (金)

幕張新都心 「幕張ベイパーク」により人口急増 千葉市立幕張新都心若葉住宅地区小学校(仮称) 2024年1月上旬の状況

Chibamakuhari231111
-幕張ベイパーク-
 「千葉県企業庁」は、千葉市美浜区若葉三丁目の「幕張新都心若葉住宅地区」の総面積17.5ha(正確には175,808.59㎡)に共同住宅などを建設する事業予定者を総合評価方式で選定した結果、「三井不動産レジデンシャル」を代表企業とする「(仮称)幕張新都心若葉住宅地区街づくり検討グループ」を特定しています。

 最終的には、「A区画、B-1街区、B-2街区、B-3街区、B-4街区、B-5街区、B-6街区、B-7街区」の8区画が開発され、約4,500戸の住宅機能を整備し、約1万人が暮らす街が整備される予定です。

 第一弾の「幕張ベイパーク クロスタワー&レジデンス」、第二弾の「幕張ベイパーク スカイグランドタワー」、第三弾の「幕張ベイパーク  ミッドスクエアタワー」は竣工済です。

 現在は、第四弾の超高層シニアレジデンス「パークウェルステイト幕張ベイパーク」と第五弾の「(仮称)幕張新都心若葉住宅地区計画(B-4街区)」が建設中で、正式名称が「幕張ベイパーク ライズゲートタワー」となっています。

● 千葉市立幕張新都心若葉住宅地区小学校(仮称)
 相次ぐ超高層タワーマンションの建設で人口が急増しています。そのため「幕張ベイパーク」のすぐ北側に、2026年4月開校に向けて、美浜区の幕張新都心若葉住宅地区に、打瀬小学校から分離して新設小学校を建設します。

 引用資料 千葉市・公式HP
 千葉市立幕張新都心若葉住宅地区小学校(仮称)について

幕張新都心若葉住宅地区小学校(仮称)の概要
◆ 計画名-千葉市立幕張新都心若葉住宅地区小学校(仮称)新築工事
◆ 所在地-千葉県千葉市美浜区若葉三丁目1番26
◆ 交通-JR京葉線「海浜幕張」駅
◆ 階数-地上3階、地下0階
◆ 高さ-最高部13.10m
◆ 敷地面積-18,313.73㎡
◆ 建築面積-4,299.54㎡
◆ 延床面積-8,608.75㎡
◆ 構造-鉄骨造 
◆ 基礎工法-杭基礎
◆ 用途-小学校
◆ 建築主-千葉市
◆ 設計者-千都建築設計事務所
◆ 施工者-(未定)
◆ 着工-2024年02月01日予定
◆ 竣工-2026年03月31日予定


Chibamakuhari231112
「配置図」です。


Chibamakuhari231113
「位置図」です。すぐ北側には、「千葉市立新病院整備工事」が建設されています。概要は、延床面積38,832.22㎡(施設全体)、病床数349床(成人・高齢者病床222床、周産期・小児・移行期病床127床)です。


Chibamakuhari240191
「幕張ベイパーク」の超高層タワーマンションの建設により人口が急増しています(写真提供読者さん)。


Chibamakuhari240192
「千葉市立幕張新都心若葉住宅地区小学校(仮称)」の建設予定地の2024年1月上旬の状況です(写真提供読者さん)。


Chibamakuhari240193
角度を変えて見た様子です(写真提供読者さん)。


Chibamakuhari240194
奥の工事現場は、千葉市の新拠点病院「千葉市立新病院整備工事」の建設現場です(写真提供読者さん)。


Chibamakuhari231117
「千葉市立幕張新都心若葉住宅地区小学校(仮称)新築工事」の建築計画のお知らせです(写真提供読者さん)。



|

2024年1月15日 (月)

幕張新都心 「幕張ベイパーク」のすぐ北側 千葉市の新拠点病院「千葉市立新病院整備工事」 2024年1月上旬の建設状況

Chibamakuhari231211
-千葉市立新病院整備事業-
 
「千葉市」は、「海浜病院」に代わる新病院の建設に向け、「千葉市立新病院整備事業」を進めています。建設予定地は、早期の着工が可能で、新病院の建設に必要な広さが確保でき、移転の影響も少なく、千葉市西部の医療ニーズに対応できる場所に建設することが望ましいと考えられるため、幕張新都心若葉住宅地区小学校・公益施設用地内を建設予定地とします。

 地震対策として「免震構造」を採用し、「液状化対策(地盤改良)」を行います。浸水対策として地盤のかさ上げを行います。災害時に傷病者を受け入れる防災ひろば、講堂などを設け、本体棟の北東側に将来の増築可能スペースと想定し、病院機能の拡張に対応できるようにします。

● 2023年12月19日に着工!
 千葉市の新拠点病院である「千葉市立新病院整備工事」は、「鹿島・鵜沢特定建設工事共同企業体」の施工で2023年12月19日に着工しました。契約金額は312億9500万円です。工事費の高騰は凄まじく、4度の値上げで、最終的には概算工事費約313.5億円(約220億円 → 約238億円 → 約266億円から変更)となりました。

 引用資料 千葉市・公式HP(
2023/12/19)
 千葉市立新病院整備実施設計(詳細設計)が完了し、工事に着手しました~新病院の完成イメージ動画を公開~

千葉市立新病院整備事業の概要
◆ 計画名-千葉市立新病院整備工事
◆ 所在地-千葉県千葉市美浜区若葉三丁目1番27、1番41の一部(地番)
◆ 交通-JR京葉線「海浜幕張」駅、JR京葉線「検見川浜」駅
◆ 階数-地上5階、塔屋1階、地下0階
◆ 高さ-最高部30.642m、軒高24.542m
◆ 敷地面積-34,992.47㎡
◆ 建築面積-(合計)11,843.73㎡、(病院部分)8,584.86㎡
◆ 延床面積-(合計)38,832.22㎡、(病院部分)33,637.15㎡
◆ 構造-(柱)鉄筋コンクリート造、(梁)鉄骨造 
◆ 基礎工法-直接基礎(管理人の推測)
◆ 地震対策-免震構造(基礎免震構造)
◆ 用途-病院、保育所、物販店舗、自動車駐車場
◆ 診療科-内科、消化器内科、循環器内科、呼吸器内科、小児科、新生児科、外科、消化器外科、呼吸器外科、心臓血管外科、整形外科、形成外科、脳神経外科、泌尿器科、産科、 婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、救急科、麻酔科、病理診断科、リハビリテーション科、 歯科口腔外科 等
◆ 病床数-349床(成人・高齢者病床222床、周産期・小児・移行期病床127床)
◆ 建築主-千葉市
◆ 設計者-(基本設計)日建設計・システム環境研究所JV、(実施設計)日建設計
◆ 施工者-鹿島・鵜沢特定建設工事共同企業体(鹿島建設、鵜沢建設JV)
◆ 着工-2023年12月19日
◆ 竣工-2026年03月18日予定
◆ 開院-2026年秋頃予定
◆ 概算工事費-約313.5億円(約220億円 → 約238億円 → 約266億円から変更)


Chibamakuhari231212
「外観イメージ(花見川通り側)」です。


Chibamakuhari231213
「外観イメージ(花見川通り側)」です。


Chibamakuhari231214
「外観イメージ(県立幕張総合高校側)」です。


Chibamakuhari231215
「内観イメージ(総合受付)」です。


Chibamakuhari231216
「内観イメージ(外来モール)」です。


Chibamakuhari231217
「断面構成図」です。地上5階、塔屋1階、地下0階、最高部の高さは30.642mです。


Chibamakuhari231218
「配置計画」です。


Chibamakuhari221016
「新病院建設予定地」です。「幕張ベイパーク」の北側で、「千葉県立幕張総合高等学校」の東隣に位置します。


Chibamakuhari231219
「事業スケジュール」です。概算工事費及び事業スケジュールの見直しが行われました。


Chibamakuhari240151
「千葉市立新病院整備事業」の2024年1月上旬の建設状況です(写真提供読者さん)。


Chibamakuhari240152
内部の様子です(写真提供読者さん)。


Chibamakuhari240153
重機が稼働しています(写真提供読者さん)。


Chibamakuhari240154
内部の様子です(写真提供読者さん)。


Chibamakuhari240155
内部の様子です(写真提供読者さん)。


Chibamakuhari240156
「千葉市立新病院整備工事」の建築計画のお知らせです(写真提供読者さん)。



|

2024年1月13日 (土)

幕張新都心 超高層シニアレジデンス 地上28階、高さ約105mの「パークウェルステイト幕張ベイパーク」 2024年1月上旬の建設状況

Chibamakuhari210911
-幕張ベイパーク-
 「千葉県企業庁」は、千葉市美浜区若葉三丁目の「幕張新都心若葉住宅地区」の総面積17.5ha(正確には175,808.59㎡)に共同住宅などを建設する事業予定者を総合評価方式で選定した結果、「三井不動産レジデンシャル」を代表企業とする「(仮称)幕張新都心若葉住宅地区街づくり検討グループ」を特定しています。

 最終的には、「A区画、B-1街区、B-2街区、B-3街区、B-4街区、B-5街区、B-6街区、B-7街区」の8区画が開発され、約4,500戸の住宅機能を整備し、約1万人が暮らす街が整備される予定です。

 第一弾の「幕張ベイパーク クロスタワー&レジデンス」、第二弾の「幕張ベイパーク スカイグランドタワー」、第三弾の「幕張ベイパーク  ミッドスクエアタワー」は竣工済です。

 第四弾として超高層シニアレジデンス「(仮称)幕張新都心若葉住宅地区計画(B-5街区)」が建設予定です。「B-5街区」は、当初計画では、2029年の竣工予定で、地上46階、総戸数703戸の超高層タワーマンションが建設予定でしたが、超高層シニアレジデンスに計画変更されました。

パークウェルステイト幕張ベイパーク
 「三井不動産レジデンシャル」は、千葉県千葉市美浜区において、首都圏最大級となるシニアレジデンス「(仮称)パークウェルステイト 幕張 計画」を2021年8月31日に着工しました。正式名は「パークウェルステイト幕張ベイパーク」です。

 引用資料 三井不動産レジデンシャル(PDF:2021/09/02)
 ~大規模複合開発 が進行する幕張ベイパーク に「三井のシニアサービスレジデンス」~ 「(仮称)パークウェルステイト幕張 計画」着工 首都圏最大級 地上 28階、 617 室 2024年 秋 開業予定

 公式ホームページ
 パークウェルステイト幕張ベイパーク

パークウェルステイト幕張ベイパークの概要
◆ 計画名-(仮称)幕張新都心若葉住宅地区計画(B-5街区)
◆ 所在地-千葉県千葉市美浜区若葉三丁目1番23(地番)
◆ 交通-JR京葉線「海浜幕張」駅徒歩18分
◆ 階数-地上28階、地下0階
◆ 高さ-最高部105.60m
◆ 敷地面積-24,589.34㎡
◆ 建築面積-6,955.81㎡
◆ 延床面積-49,701.93㎡
◆ 構造-鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
◆ 基礎工法-場所打ちコンクリート拡底杭、既製コンクリート杭
◆ 地震対策-免震構造
◆ 用途-住宅型有料老人ホーム、飲食店、クリニック、事務所
◆ 総戸数-617室(一般居室534室、介護居室83室)
◆ 建築主-三井不動産レジデンシャル
◆ 設計者・監理者-熊谷組
◆ 施工者-熊谷組
◆ 着工-2021年08月31日
◆ 竣工-2024年05月予定
◆ 開業-2024年09月予定


Chibamakuhari210912
「タワー棟外観完成イメージ」です。


Chibamakuhari210913
「ランドスケープ鳥瞰イメージ」です。


Chibamakuhari210914
「完成予想イメージ」です。


Chibamakuhari210915
「幕張ベイパーク全体敷地図」です。


Chibamakuhari210916
「計画地案内図」です。


Chibamakuhari240131
「パークウェルステイト幕張ベイパーク」の2024年1月上旬の建設状況です(写真提供読者さん)。


Chibamakuhari240132
外観は完成しています(写真提供読者さん)。


Chibamakuhari240133
角度を変えて見た様子です(写真提供読者さん)。


Chibamakuhari240134
角度を変えて見た様子です(写真提供読者さん)。


Chibamakuhari240135
角度を変えて見た様子です(写真提供読者さん)。


Chibamakuhari240136
下層階の様子です(写真提供読者さん)。


Chibamakuhari240137
低層棟の様子です(写真提供読者さん)。


Chibamakuhar210413
「(仮称)パークウェルステイト幕張計画」となる「(仮称)幕張新都心若葉住宅地区計画(B-5街区)」の建築計画のお知らせです(写真提供読者さん)。



|

2024年1月10日 (水)

幕張ベイパークの第五弾 地上38階、高さ約142mの「幕張ベイパーク ライズゲートタワー」 2024年1月上旬の建設状況

Chibamakuhari231021
-幕張ベイパーク-
 「千葉県企業庁」は、千葉市美浜区若葉三丁目の「幕張新都心若葉住宅地区」の総面積17.5ha(正確には175,808.59㎡)に共同住宅などを建設する事業予定者を総合評価方式で選定した結果、「三井不動産レジデンシャル」を代表企業とする「(仮称)幕張新都心若葉住宅地区街づくり検討グループ」を特定しています。

 最終的には、「A区画、B-1街区、B-2街区、B-3街区、B-4街区、B-5街区、B-6街区、B-7街区」の8区画が開発され、約4,500戸の住宅機能を整備し、約1万人が暮らす街が整備される予定です。

 第一弾の「幕張ベイパーク クロスタワー&レジデンス」、第二弾の「幕張ベイパーク スカイグランドタワー」、第三弾の「幕張ベイパーク  ミッドスクエアタワー」は竣工済です。現在は、第四弾の超高層シニアレジデンス「パークウェルステイト幕張ベイパーク」が建設中です。

● 幕張ベイパーク ライズゲートタワー
 幕張ベイパークの第五弾として「(仮称)幕張新都心若葉住宅地区計画(B-4街区)」が建設中です。地上38階、地下0階、高さ141.60m、延床面積85,023.00㎡、総戸数768戸の超高層タワーマンションになります。

 「(仮称)幕張新都心若葉住宅地区計画(B-4街区)」の正式名称が「幕張ベイパーク ライズゲートタワー」に決定し、公式ホームページがオープンしました。

 引用資料 公式ホームページ
 幕張ベイパーク ライズゲートタワー

幕張ベイパーク ライズゲートタワーの概要
◆ 所在地-(仮称)幕張新都心若葉住宅地区計画(B-4街区)
◆ 所在地-千葉県千葉市美浜区若葉三丁目1番13(地番)
◆ 交通-JR京葉線「海浜幕張」駅徒歩16分
◆ 階数-地上38階、地下0階
◆ 高さ-最高部141.60m、建築物132.90m
◆ 敷地面積-17,911.69㎡
◆ 建築面積-6,950.11㎡
◆ 延床面積-85,023.00㎡
◆ 構造-鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造、木造
◆ 基礎工法-場所打ちコンクリート拡底杭、既製コンクリート杭
◆ 地震対策-中間免震構造(1階と2階の間に積層ゴム等を設置)
◆ 用途-共同住宅、駐車場、店舗
◆ 総戸数-768戸
◆ 建築主-三井不動産レジデンシャル、野村不動産、三菱地所レジデンス、伊藤忠都市開発、東方地所、富士見地所、袖ヶ浦興業
◆ 設計者・監理者-熊谷組
◆ 施工者-熊谷組
◆ 着工-2022年11月01日
◆ 竣工-2026年02月下旬予定
◆ 入居開始-2026年03月下旬予定


Chibamakuhari240111
「ランドスケープ完成予想CG」です。


Chibamakuhari240112
「ビオガーデン完成予想CG」です。


Chibamakuhari240113
「ブロッサムゲート完成予想CG」です。


Chibamakuhari231023
免震構造

 建物1階と2階の間に設置した積層ゴム等の免震層が揺れを吸収・分散し、地震エネルギーを建物に伝わりにくくする「中間免震構造」を採用しています。地震の激しい横揺れを低減し、建物の倒壊につながるゆがみや変形から守るとともに、家具の転倒などによる室内での二次災害防止にも効果的です。


Chibamakuhari230711
「街区完成予想CG」です。

 
Chibamakuhari230713
「敷地配置概念イラスト」です。


Chibamakuhari230714
「位置図」です。


Chibamakuhari240114
「幕張ベイパーク ライズゲートタワー」の2024年1月上旬の建設状況です(写真提供読者さん)。


Chibamakuhari240115
角度を変えて見た様子です(写真提供読者さん)。


Chibamakuhari240116
「仮囲い」の一部が透明になっています(写真提供読者さん)。


Chibamakuhari240117
地上躯体の建設が始まっています(写真提供読者さん)。


Chibamakuhari240118
アップです(写真提供読者さん)。


Chibamakuhari240119
角度を変えて見た様子です(写真提供読者さん)。


Chibamakuhari231029
  「(仮称)幕張新都心若葉住宅地区計画(B-4街区)」の建築計画のお知らせです(写真提供読者さん)。



|

2023年12月21日 (木)

幕張新都心 千葉市の新拠点病院「千葉市立新病院整備工事」 「鹿島・鵜沢特定建設工事共同企業体」の施工で2023年12月19日に着工!

Chibamakuhari231211
-千葉市立新病院整備事業-
 
「千葉市」は、「海浜病院」に代わる新病院の建設に向け、「千葉市立新病院整備事業」を進めています。建設予定地は、早期の着工が可能で、新病院の建設に必要な広さが確保でき、移転の影響も少なく、千葉市西部の医療ニーズに対応できる場所に建設することが望ましいと考えられるため、幕張新都心若葉住宅地区小学校・公益施設用地内を建設予定地とします。

 地震対策として「免震構造」を採用し、「液状化対策(地盤改良)」を行います。浸水対策として地盤のかさ上げを行います。災害時に傷病者を受け入れる防災ひろば、講堂などを設け、本体棟の北東側に将来の増築可能スペースと想定し、病院機能の拡張に対応できるようにします。

● 2023年12月19日に着工!
 千葉市の新拠点病院である「千葉市立新病院整備工事」は、「鹿島・鵜沢特定建設工事共同企業体」の施工で2023年12月19日に着工しました。契約金額は312億9500万円です。工事費の高騰は凄まじく、4度の値上げで、最終的には概算工事費約313.5億円(約220億円 → 約238億円 → 約266億円から変更)となりました。

 引用資料 千葉市・公式HP(
2023/12/19)
 千葉市立新病院整備実施設計(詳細設計)が完了し、工事に着手しました~新病院の完成イメージ動画を公開~

千葉市立新病院整備事業の概要
◆ 計画名-千葉市立新病院整備工事
◆ 所在地-千葉県千葉市美浜区若葉三丁目1番27、1番41の一部(地番)
◆ 交通-JR京葉線「海浜幕張」駅、JR京葉線「検見川浜」駅
◆ 階数-地上5階、塔屋1階、地下0階
◆ 高さ-最高部30.642m、軒高24.542m
◆ 敷地面積-34,992.47㎡
◆ 建築面積-(合計)11,843.73㎡、(病院部分)8,584.86㎡
◆ 延床面積-(合計)38,832.22㎡、(病院部分)33,637.15㎡
◆ 構造-(柱)鉄筋コンクリート造、(梁)鉄骨造 
◆ 基礎工法-直接基礎(管理人の推測)
◆ 地震対策-免震構造(基礎免震構造)
◆ 用途-病院、保育所、物販店舗、自動車駐車場
◆ 診療科-内科、消化器内科、循環器内科、呼吸器内科、小児科、新生児科、外科、消化器外科、呼吸器外科、心臓血管外科、整形外科、形成外科、脳神経外科、泌尿器科、産科、 婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、救急科、麻酔科、病理診断科、リハビリテーション科、 歯科口腔外科 等
◆ 病床数-349床(成人・高齢者病床222床、周産期・小児・移行期病床127床)
◆ 建築主-千葉市
◆ 設計者-(基本設計)日建設計・システム環境研究所JV、(実施設計)日建設計
◆ 施工者-鹿島・鵜沢特定建設工事共同企業体(鹿島建設、鵜沢建設JV)
◆ 着工-2023年12月19日
◆ 竣工-2026年03月18日予定
◆ 開院-2026年秋頃予定
◆ 概算工事費-約313.5億円(約220億円 → 約238億円 → 約266億円から変更)


Chibamakuhari231212
「外観イメージ(花見川通り側)」です。


Chibamakuhari231213
「外観イメージ(花見川通り側)」です。


Chibamakuhari231214
「外観イメージ(県立幕張総合高校側)」です。


Chibamakuhari231215
「内観イメージ(総合受付)」です。


Chibamakuhari231216
「内観イメージ(外来モール)」です。


Chibamakuhari231217
「断面構成図」です。地上5階、塔屋1階、地下0階、最高部の高さは30.642mです。


Chibamakuhari231218
「配置計画」です。


Chibamakuhari221016
「新病院建設予定地」です。「幕張ベイパーク」の北側で、「千葉県立幕張総合高等学校」の東隣に位置します。


Chibamakuhari231219
「事業スケジュール」です。概算工事費及び事業スケジュールの見直しが行われました。


Chibamakuhari231031
「千葉市立新病院整備事業」の予定地です(写真提供読者さん)。


Chibamakuhari231034
「千葉市立新病院整備工事」の建築計画のお知らせです(写真提供読者さん)。



|

より以前の記事一覧