254 埼玉県・その他

2020年9月 3日 (木)

JR蕨駅西口 高さ約100mと高さ約96mの超高層ツインタワーマンション「蕨駅西口地区第一種市街地再開発事業」 市街地再開発組合を設立!

Saitamawarabi200911
-蕨駅西口地区第一種市街地再開発事業-

 「蕨駅西口地区第一種市街地再開発事業」は、1995年2月14日に施行区域の面積を約2.4haで都市計画の決定を行いました。しかし、その後の社会経済状況の変化に対応した土地の高度利用と都市機能の更新を図るため、2005年3月16日に、施行区域の面積を約1.9haに縮小するとともに、事業区域を3つの工区に分割し段階的な整備を進めるとした都市計画の変更を行い、「第1工区(7番街区)」については、組合施行により先行的に整備が行われました。

 残る工区については、依然として先行き不透明な社会経済状況及び厳しい市の財政状況が続いている中、更なる見直しを進め、2019年2月15日に、駅前広場等の公共施設を適正な規模に縮小することに併せて敷地及び施設建築物の規模の拡大を図るとともに、事業の早期実現を目指して残る工区を一体的に整備するために工区を再編する都市計画変更を行いました。

● 市街地再開発組合を設立!
 
「住友不動産」は、埼玉県蕨市中央一丁目他で事業推進に協力してきた「蕨駅西口地区第一種市街地再開発事業」が、2020年8月28日に再開発組合の設立認可を受け、9月1日に組合を設立しました。

 引用資料 住友不動産(PDF2020/09/02)
 地域の歴史と調和し賑わい創出を図る駅前コンパクトシティ「蕨駅西口地区第一種市街地再開発事業」再開発組合設立

 「A棟」と「B棟」の超高層ツインタワーマンションを建設します。「A棟」は、地上29階、塔屋2階、地下1階、高さ99.86m、延床面積約23,188㎡、「B棟」は、地上27階、塔屋2階、地下1階、高さ95.63m、延床面積約31,698㎡です。総戸数は、「A棟」と「B棟」を合わせて415戸となります。

蕨駅西口地区第一種市街地再開発事業の概要
◆ 所在地-埼玉県蕨市中央一丁目内
◆ 交通-JR京浜東北線「蕨」駅に隣接
◆ 階数-(A棟)地上29階、塔屋2階、地下1階、(B棟)地上27階、塔屋2階、地下1階
◆ 高さ-(A棟)99.86m、(B棟)95.63m
◆ 施行地区面積-約13,000㎡
◆ 延床面積-(A棟)約23,188㎡、(B棟)約31,698㎡
◆ 構造-(A棟)鉄筋コンクリート造、(B棟)鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
◆ 用途-(A棟)商業業務施設、共同住宅、(B棟)商業業務施設、公共公益施設(図書館・行政センター)、共同住宅
◆ 総戸数-415戸(A棟+B棟)
◆ 建築主-蕨駅西口地区市街地再開発組合(参加組合員 住友不動産、首都圏不燃建築公社)
◆ 事業協力者-戸田建設
◆ 総合コンサルタント・基本設計-アイテック計画
◆ 着工-2021年07月末予定
◆ 竣工-2025年01月予定
◆ 総事業費-265億6200万円


Saitamawarabi200912
「街なみのイメージパース図」です。


Saitamawarabi200613
「建物等配置図」です。

 引用資料 蕨市・公式ホームページ
 蕨駅西口のまちづくり 


Saitamawarabi200611
「蕨駅西口地区第一種市街地再開発事業」の予定地です。


Saitamawarabi200612
「蕨駅西口地区第一種市街地再開発事業」の予定地です。


Saitamawarabi200614
シティタワー蕨

 JR蕨駅の西口では「蕨駅西口地区第一種市街地再開発事業」が行われています。第1工区として、「蕨駅西口地区7番街区第一種市街地再開発事業施設建築物新築工事」が行われました。正式名称は「シティタワー蕨」です。

 概要は、地上30階、地下1階、高さ106.08m、総戸数285戸です。2010年6月8日に竣工しました。敷地東側の公共公益棟には、「蕨市民会館、蕨市立文化ホール くるる、 蕨市立旭町公民館」などが整備されています。
  
シティタワー蕨の概要
◆ 計画名-蕨駅西口地区7番街区第一種市街地再開発事業施設建築物新築工事
◆ 所在地-埼玉県蕨市中央一丁目200番
◆ 交通-JR京浜東北線「蕨」駅徒歩2分
◆ 階数-地上30階、地下1階
◆ 高さ-最高部106.08m、軒高99.98m
◆ 敷地面積-4,616.33㎡
◆ 建築面積-2,006.39㎡
◆ 延床面積-31,628.36㎡
◆ 構造-鉄筋コンクリ-ト造、一部鉄骨造
◆ 用途-共同住宅、店舗、保育所、公民館、多目的ホール
◆ 総戸数-285戸
◆ 建築主-蕨駅西口地区7番街区市街地再開発組合(売主 住友不動産)
◆ 設計者-アイテック計画
◆ 施工者-戸田建設
◆ 着工-2008年03月
◆ 竣工-2010年06月08日
◆ 入居開始-2010年09月上旬



|

2020年8月15日 (土)

埼玉県狭山市 「東急不動産」の独自開発としては最大規模の物流施設 「LOGI'Q狭山日高」が着工!

Saitamasayama200811
-LOGI'Q狭山日高-
 大型物流倉庫の建設は、2000年代は外資が中心でしたが、2010年代中頃から一気に国内の大手不動産会社が参入しました。現在は外資・国内の大手不動産会社が入り乱れて凄まじい建設ラッシュにになっています。「東急不動産」も例外ではありません。

 「東急不動産」は、シリーズ展開している物流施設「LOGI'Q(ロジック)」ブランドにおいて、新たに「LOGI'Q狭山日高(埼玉県狭山市)」及び「LOGI'Q京都久御山(京都府久世郡久御山町)」の2物件を2020年8月に着工しました。

 引用資料 東急不動産(2020/08/11)
 物流施設「LOGI'Q狭山日高」、「LOGI'Q京都久御山」着工

 「LOGI'Q狭山日高」は、首都圏中央道路自動車道「狭山日高I.C.」から約0.3km、国道407号線から約0.2kmと、首都圏をはじめ関東全域に配送可能な立地です。

 大手物流会社向けのBTS型物流施設として設計し、「東急不動産」の独自開発としては最大規模の施設となる予定です。テナントのニーズに応じ、倉庫内機械化に対応するためボックス型の形状とし、フレキシブルな庫内利用が可能なノンブレース工法を採用しました。

 建物耐震対策としては免震構造を採用しており、災害時でも即時に物流機能を回復することができるBCP対策を支援する構造となっています。また、倉庫内の全館空調や歩車動線の完全分離など、働き手に配慮した施設計画を行っています。

LOGI’Q狭山日高の概要
◆ 所在地-埼玉県狭山市大字下広瀬字上久保736-1 他66筆(土地区画整理事業地内)
◆ 階数-地上4階
◆ 敷地面積-52,391.46㎡
◆ 延床面積-113,966.78㎡
◆ 建物構造-鉄筋コンクリート造+鉄骨造
◆ 地震対策-免震構造
◆ 用途-倉庫(倉庫業を営む倉庫)
◆ 建築主-合同会社アリス(東急不動産がプロジェクト・マネジメント業務を受託)
◆ 設計者-フクダ・アンド・パートナーズ
◆ 施工者-フジタ
◆ 着工-2020年08月01日
◆ 竣工-2022年02月末予定


Saitamasayama200812
「LOGI'Q狭山日高 広域図」です。


Saitamasayama200813
LOGI'Q京都久御山

 「LOGI'Q京都久御山」は、京滋バイパス「久御山I.C.」から約1.6km、第二京阪道路「久御山南I.C.」から約1.8kmと交通利便性に優れています。地上4階、賃貸面積26,014.87㎡のボックス型の建物で、工業専用地域に位置しているため24時間365日の操業が可能です。



|

2020年6月17日 (水)

JR蕨駅西口 高さ約100mと高さ約96mの超高層ツインタワーマンション「蕨駅西口地区第一種市街地再開発事業」

Saitamawarabi200611
-蕨駅西口地区第一種市街地再開発事業-

 「蕨駅西口地区第一種市街地再開発事業」は、1995年2月14日に施行区域の面積を約2.4haで都市計画の決定を行いました。しかし、その後の社会経済状況の変化に対応した土地の高度利用と都市機能の更新を図るため、2005年3月16日に、施行区域の面積を約1.9haに縮小するとともに、事業区域を3つの工区に分割し段階的な整備を進めるとした都市計画の変更を行い、「第1工区(7番街区)」については、組合施行により先行的に整備が行われました。

 残る工区については、依然として先行き不透明な社会経済状況及び厳しい市の財政状況が続いている中、更なる見直しを進め、2019年2月15日に、駅前広場等の公共施設を適正な規模に縮小することに併せて敷地及び施設建築物の規模の拡大を図るとともに、事業の早期実現を目指して残る工区を一体的に整備するために工区を再編する都市計画変更を行いました。

● 事業計画案の縦覧
 「蕨駅西口地区第一種市街地再開発事業」について、市街地再開発組合の設立認可申請がなされたので、都市再開発法第16条第1項の規定に基づき、事業計画案の縦覧を行っています。縦覧期間は、2020年6月9日(火)~6月22日(月)までです。

 引用資料 蕨市・公式HP(2020/06/08)
 蕨駅西口のまちづくり

 建設通信新聞(2020/06/11)
 蕨駅西口再開発/2棟5.5万㎡、総事業費265億

 「A棟」と「B棟」の超高層ツインタワーマンションを建設します。「A棟」は、地上29階、塔屋2階、地下1階、高さ99.86m、延床面積約23,188㎡、「B棟」は、地上27階、塔屋2階、地下1階、高さ95.63m、延床面積約31,698㎡です。総戸数は、「A棟」と「B棟」を合わせて415戸となります。

蕨駅西口地区第一種市街地再開発事業の概要
◆ 所在地-埼玉県蕨市中央一丁目内
◆ 交通-JR京浜東北線「蕨」駅すぐ
◆ 階数-(A棟)地上29階、塔屋2階、地下1階、(B棟)地上27階、塔屋2階、地下1階
◆ 高さ-(A棟)99.86m、(B棟)95.63m
◆ 施行地区面積-約13,000㎡
◆ 延床面積-(A棟)約23,188㎡、(B棟)約31,698㎡
◆ 構造-(A棟)鉄筋コンクリート造、(B棟)鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
◆ 用途-(A棟)商業業務施設、共同住宅、(B棟)商業業務施設、公共公益施設(図書館・行政センター)、共同住宅
◆ 総戸数-415戸(A棟+B棟)
◆ 建築主-蕨駅西口地区市街地再開発準備組合(参加組合員予定者 住友不動産、首都圏不燃建築公社)
◆ 事業協力者-戸田建設
◆ 総合コンサルタント・基本設計-アイテック計画
◆ 着工-2021年07月末予定
◆ 竣工-2025年01月予定
◆ 総事業費-265億6200万円


Saitamawarabi200612
「蕨駅西口地区第一種市街地再開発事業」の予定地です。


Saitamawarabi200613
「建物等配置図」です。


Saitamawarabi200614
シティタワー蕨

 JR蕨駅の西口では「蕨駅西口地区第一種市街地再開発事業」が行われています。第1工区として、「蕨駅西口地区7番街区第一種市街地再開発事業施設建築物新築工事」が行われました。正式名称は「シティタワー蕨」です。

 概要は、地上30階、地下1階、高さ106.08m、総戸数285戸です。2010年6月8日に竣工しました。敷地東側の公共公益棟には、「蕨市民会館、蕨市立文化ホール くるる、 蕨市立旭町公民館」などが整備されています。
  
シティタワー蕨の概要
◆ 計画名-蕨駅西口地区7番街区第一種市街地再開発事業施設建築物新築工事
◆ 所在地-埼玉県蕨市中央一丁目200番
◆ 交通-JR京浜東北線「蕨」駅徒歩2分
◆ 階数-地上30階、地下1階
◆ 高さ-最高部106.08m、軒高99.98m
◆ 敷地面積-4,616.33㎡
◆ 建築面積-2,006.39㎡
◆ 延床面積-31,628.36㎡
◆ 構造-鉄筋コンクリ-ト造、一部鉄骨造
◆ 用途-共同住宅、店舗、保育所、公民館、多目的ホール
◆ 総戸数-285戸
◆ 建築主-蕨駅西口地区7番街区市街地再開発組合(売主 住友不動産)
◆ 設計者-アイテック計画
◆ 施工者-戸田建設
◆ 着工-2008年03月
◆ 竣工-2010年06月08日
◆ 入居開始-2010年09月上旬



|

2020年2月25日 (火)

事業延長約3.5km(伊勢崎線1.6km、野田線1.9km) 東武鉄道伊勢崎線・野田線連続立体交差事業(春日部駅付近)

Saitamakasukabe200211
-東武鉄道伊勢崎線・野田線連続立体交差事業(春日部駅付近)-

 春日部駅付近には、3箇所の「開かずの踏切」を含む10箇所の踏切があり、多くの歩行者、自転車、自動車の交通の妨げとなっています。特に、東武鉄道伊勢崎線第124号踏切(県道さいたま春日部線)はピーク時に1時間当たり56分遮断しており、県内ワーストの開かずの踏切となっています。

 「東武鉄道伊勢崎線・野田線連続立体交差事業(春日部駅付近)」は、春日部駅を中心とし、東武鉄道伊勢崎線(東武スカイツリーライン)及び野田線(東武アーバンパークライン)の鉄道を高架化し、10箇所の踏切を除却するものです。

 「埼玉県」と「東武鉄道」、「東武鉄道伊勢崎線・野田線連続立体交差事業(春日部駅付近)」について、費用負担や事業の役割分担等を取り決める施行協定を2020年1月24日に締結しました。2031年度の完成を目指します。

 引用資料 東武鉄道・公式HP(PDF:2020/01/27)
 東武鉄道伊勢崎線・野田線連続立体交差事業(春日部駅付近)の施行協定を締結しました

 引用資料 埼玉県・公式HP
 東武鉄道伊勢崎線・野田線(春日部駅付近)

 事業延長は、約3.5km(伊勢崎線1.6km、野田線1.9km)、事業期間は、2019年度~2031年度(予定)、全体事業費約650億円(過年度分を除く)、費用負担は 埼玉県が約510億円 (国及び春日部市の負担を含む)、東武鉄道が約140億円です。


Saitamakasukabe200212
縦断図(イメージ)です。


Saitamakasukabe200213
「駅部」の横断図(イメージ)です。


Saitamakasukabe200214
「一般部」の横断図(イメージ)です。



|

2018年10月19日 (金)

IHI 航空エンジン需要の拡大に対応 新たな民間航空エンジンの生産拠点を、埼玉県鶴ヶ島市に建設!

Saitamaihi181011
-航空エンジンは世界の3強が牛耳る-

 私は中学校1年からの「軍事ヲタ」です。陸・海・空共に好きです。その関係で民間航空機も大好きです。そのため「民間航空エンジン」にも非常に興味があります。

 ご存知のように、世界の民間航空機は「ボーイング、エアバス」の2巨人が世界を牛耳っています。航空エンジンも同じような状況で、世界の3強が牛耳っています。

 圧倒的な1位がアメリカのGEグループの「GE・アビエーション」、2位を争っているがアメリカの複合企業ユナイテッド・テクノロジーズの一部門である「プラット・アンド・ホイットニー」とイギリスの「ロールス・ロイス・ホールディングス」です。

IHIの民間航空エンジン事業の新拠点
 
日本のメーカーは、世界3強に全く歯が立たないので、開発や製造のパートナーとして、航空エンジンを製造しています。その中でも「IHI」は、高い技術力で存在感を示しています。

 「IHI」は、埼玉県鶴ヶ島市に、新たな生産拠点を建設するため、埼玉県と土地売買契約を締結しました。成長著しい民間航空エンジン事業を拡大するため、民間航空エンジン向け整備工場を建設し、2019年内の稼働開始を目指します。

 引用資料 IHI・プレスリリース(2018/10/18)
 新たな民間航空エンジンの生産拠点を,埼玉県鶴ヶ島市に建設 ~航空エンジン需要の拡大に対応 21年ぶりとなる新拠点を開設~

 「IHI」は、主力事業である航空エンジン事業において、様々な民間航空エンジンの国際共同開発事業に主要パートナーとして参画し、エンジンの設計・開発・製造からメンテナンスまでのライフサイクル全般で事業を展開しています。

 航空エンジンは、約30万点にも及ぶ部品で複雑に構成されており、航空機の安全で快適な運航のため、厳しい品質管理と20年以上の長期にわたるライフサイクルサポートが求められます。

 「IHI」はこれまで、航空エンジンの分解・洗浄・検査・部品修理・組立・試運転といった航空エンジン整備に必要な全工程を瑞穂工場で行っており、その高い整備能力は、世界19カ国の航空当局から認められています。

 「IHI」は、新拠点を加えた新たな生産体制のもと、航空エンジン事業における世界トップレベルの競争力の獲得に努め、この新拠点の有効な活用によって地域経済の発展に貢献するとともに、今後も,環境性能に優れる様々な航空エンジンを提供し、世界中の航空機の安心・安全・快適な運航を支えていきます。

新工場の概要 
◆ 所在地-埼玉県鶴ヶ島市大字太田ヶ谷字沼北176-1ほか 
◆ 敷地面積-約136,100㎡ 
◆ 延床面積-約35,000㎡ 
◆ 稼働開始- 2019年内予定 
◆ 投資額-約245億円(2021年03月までの計画) 


Saitamaihi181012
「新工場のイメージ図」です。


Saitamaihi181013
「航空エンジンの生産拠点ネットワーク」です。


Saitamaihi181014
豊洲IHIビル
 
「IHI」の本社がある「豊洲IHIビル」です。「IHI」は、総合重工業メーカーとして、資源・エネルギー、社会インフラ、産業機械、航空・宇宙の4つの事業分野を中心に新たな価値を提供しています。

 「IHI」は、1853年創設の日本初の近代的造船所「石川島造船所」を起源としています。石川島造船所の流れをくむ石川島重工業が1960年に播磨造船所と合併して「石川島播磨重工業」となった後、2007年にグローバルブランドの強化を促進するため、社名を「IHI」に変更しました。

豊洲IHIビルの概要
◆ 計画名-(仮称)TXビル新築工事
◆ 所在地-東京都江東区豊洲三丁目1番1号
◆ 階数-地上25階、塔屋3階、地下2階
◆ 高さ-最高部125.3m、軒高123.4m
◆ 敷地面積-18,184.99㎡
◆ 建築面積-9,856.61㎡
◆ 延床面積-97,738.82㎡
◆ 構造-鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 基礎工法-場所打コンクリート拡底杭
◆ 用途-オフィス、店舗
◆ 建築主-特定目的会社TX(石川島播磨重工業)
◆ 設計者・監理者-(仮称)TXビル新築工事設計共同企業体 日建設計、久米設計、松田平田設計、佐藤総合計画
◆ 施工者-(仮称)TXビル新築工事建設共同企業体 清水建設、大林組、奥村建設JV
◆ 着工-2003年09月15日
◆ 竣工-2006年01月20日(工事完了)、2006年01月31日(竣工)
◆ オープン-2006年02月13日(順次業務開始)



|

2016年1月 7日 (木)

JR東日本 旧武蔵野操車場跡地に開業した「武蔵野線」で最も新しい駅「吉川美南駅」 Part2・吉川美南駅の橋上駅舎編

Saitamayoshikawa51
-吉川美南駅(よしかわみなみえき)-

 「吉川美南駅(よしかわみなみえき)」は、埼玉県吉川市にあるJR東日本の「武蔵野線」の駅です。「旧武蔵野操車場跡地」に「請願駅」として建設されました。

 「吉川美南駅」の開業は2012年3月17日で、「武蔵野線」では最も新しい駅です。「旧武蔵野操車場跡地」は、「三郷市(みさとし)」側の開発はほぼ終わっていますが、「吉川市(よしかわし)」側の開発は進行中のため、2014年度の一日平均乗車人員は2,975人と「武蔵野線」では最も少なく、唯一10,000人を下回っています。

 「吉川美南駅」は、相対式1面1線+島式1面2線=2面3線のホームを持つ地上駅で、橋上駅舎となっています。
 西口と東口が整備されましたが、西口側は「旧武蔵野操車場跡地」の開発が急ピッチで行われていますが、東口側は一面が田園地帯です。

吉川美南駅のホーム
◆ 1番線ホーム-(武蔵野線下り)新松戸・西船橋・東京方面
◆ 2番線ホーム-(武蔵野線下り)新松戸・西船橋・東京方面の一部の列車、(武蔵野線上り)南越谷・南浦和・西国分寺・府中本町方面の一部の列車
◆ 3番線ホーム-(武蔵野線上り)南越谷・南浦和・西国分寺・府中本町方面

(備考) 基本的には、上り列車が3番線ホーム、下り列車が1番線ホームからの発着となります。


Saitamayoshikawa52
改札内コンコースから見た「発車標」と「改札口」です。


Saitamayoshikawa53
改札内コンコースを1番線ホーム側に見た様子です。「吉川美南駅」は、橋上駅舎となっています。


Saitamayoshikawa54
1番線ホーム側の「エスカレーター(上り・下り×各1基)」です。南越谷・南浦和方面にあります。


Saitamayoshikawa55
1番線ホーム側の「エレベーター」です。中央にあります。


Saitamayoshikawa56
1番線ホーム側の「階段」です。新松戸・西船橋方面にあります。


Saitamayoshikawa57
改札内コンコースを3番線・2番線ホーム側に見た様子です。


Saitamayoshikawa58
3番線・2番線ホーム側の「エスカレーター(上り・下り×各1基)」です。南越谷・南浦和方面にあります。


Saitamayoshikawa59
3番線・2番線ホーム側の「エレベーター」です。中央にあります。


Saitamayoshikawa60
3番線・2番線ホーム側の「階段」です。新松戸・西船橋方面にあります。


Saitamayoshikawa61
東口です。東口側は一面が田園地帯です。


Saitamayoshikawa62
西口です。西口側は「旧武蔵野操車場跡地」の開発が急ピッチで行われています。

|

2016年1月 5日 (火)

JR東日本 旧武蔵野操車場跡地に開業した「武蔵野線」で最も新しい駅「吉川美南駅」 Part1・吉川美南駅のホーム編

Saitamayoshikawa11
-吉川美南駅(よしかわみなみえき)-

 お正月から「Perfume」のメンバー「のっち」とお笑いタレント「マンボウやしろ」の交際が話題になっています。クールビューティーの「のっち」とブサイク芸人ランキングで殿堂入りの「マンボウやしろ」のなんとも不思議な組み合わせです。
 真偽はともかく、Perfumeファンとしてはショックだけれど、男としては「よくやった!」と応援したい複雑な心境です・・・(笑)

 本題に戻って、「吉川美南駅(よしかわみなみえき)」は、埼玉県吉川市にあるJR東日本の「武蔵野線」の駅です。「旧武蔵野操車場跡地」に「請願駅」として建設されました。

 「吉川美南駅」の開業は2012年3月17日で、「武蔵野線」では最も新しい駅です。「旧武蔵野操車場跡地」は、「三郷市(みさとし)」側の開発はほぼ終わっていますが、「吉川市(よしかわし)」側の開発は進行中のため、2014年度の一日平均乗車人員は2,975人と「武蔵野線」では最も少なく、唯一10,000人を下回っています。

 「吉川美南駅」は、相対式1面1線+島式1面2線=2面3線のホームを持つ地上駅で、橋上駅舎となっています。
 西口と東口が整備されましたが、西口側は「旧武蔵野操車場跡地」の開発が急ピッチで行われていますが、東口側は一面が田園地帯です。

吉川美南駅のホーム
◆ 1番線ホーム-(武蔵野線下り)新松戸・西船橋・東京方面
◆ 2番線ホーム-(武蔵野線下り)新松戸・西船橋・東京方面の一部の列車、(武蔵野線上り)南越谷・南浦和・西国分寺・府中本町方面の一部の列車
◆ 3番線ホーム-(武蔵野線上り)南越谷・南浦和・西国分寺・府中本町方面

(備考) 基本的には、上り列車が3番線ホーム、下り列車が1番線ホームからの発着となります。


Saitamayoshikawa12
3番線・2番線ホームの北西端から北西側(南越谷・南浦和方面)を見た様子です。


Saitamayoshikawa13
3番線・2番線ホームの北西端です。


Saitamayoshikawa14
3番線・2番線ホームは島式となっています。


Saitamayoshikawa15
ホーム床は、アスファルトでは無く、「路面タイル」で綺麗に美装化されています。


Saitamayoshikawa16
自動販売機の「本田翼」があまりにも可愛かったので1枚(笑)。


Saitamayoshikawa29
「発車標」です。外側(南側)の3番線ホームは「(武蔵野線上り)南越谷・南浦和・西国分寺・府中本町方面」となります。

 内側の2番線ホームは「(武蔵野線上り)南越谷・南浦和・西国分寺・府中本町方面の一部の列車、(武蔵野線下り)新松戸・西船橋・東京方面の一部の列車」となります。
 基本的には、上り列車が3番線ホーム、下り列車が1番線ホームからの発着となるので、2番線の「発車標」は1行表示と狭く、なおかつ多くの時間帯で表示されていません。


Saitamayoshikawa17
一番北西側に上り・下り×各1基の「エスカレーター」があります。


Saitamayoshikawa18
次に「エレベーター」があります。


Saitamayoshikawa19
次に「待合室」があります。


Saitamayoshikawa20
一番南東側に「階段」があります。


Saitamayoshikawa21
「ベンチ」です。


Saitamayoshikawa22
3番線・2番線ホームの南東端です。


Saitamayoshikawa23
3番線・2番線ホームの南東端から南東側(新松戸・西船橋方面)を見た様子です。


Saitamayoshikawa24
線路2本を挟んで1番線ホームがあります。


Saitamayoshikawa25
1番線ホームは、相対式1面1線となっています。1番線ホームは「武蔵野線下り」となります。


Saitamayoshikawa26
一番北西側に上り・下り×各1基の「エスカレーター」があります。


Saitamayoshikawa27
次に「エレベーター」があります。


Saitamayoshikawa28
一番南東側に「階段」があります。

|

2014年4月14日 (月)

埼玉県上尾市 竣工した「A-GEO・TOWN(エージオタウン)のシティタワー上尾駅前」

Saitamaageo140411
-A-GEO・TOWN(シティタワー上尾駅前)-

 JR上尾駅の東口に「上尾中山道東側地区第一種市街地再開発事業 施設建築物新築工事」が建設されました。
  
 概要は、地上28階、塔屋2階、地下1階、高さ99.84m、総戸数297戸(非分譲住戸4戸含む、住戸の他に店舗18区画、事務所3区画)です。
 
 住宅と商業施設等を兼ね備えた施設全体の名称は「A-GEO・TOWN(エージオタウン)」となっています。
 その中で、高層棟の住宅フロア(3階~28階)、店舗フロア(1階・2階)の一部、パーキング棟の一部、住宅用タワーパーキングの部分が「シティタワー上尾駅前」となります。
 
A-GEO・TOWN(シティタワー上尾駅前)の概要
◆ 計画名-上尾中山道東側地区第一種市街地再開発事業 施設建築物新築工事
◆ 所在地-埼玉県上尾市宮本町1100番1、上町一丁目1000番(地番)
◆ 交通-湘南新宿ライン(高崎線・東海道線)「上尾」駅から徒歩2分、JR高崎線「上尾」駅から徒歩2分
◆ 階数-地上28階、塔屋2階、地下1階
◆ 高さ-99.84m (注意)建築物もしくは軒高の可能性があります。
◆ 敷地面積-5,585.83㎡(施設全体)
◆ 建築面積-3,812.32㎡(施設全体)
◆ 延床面積-39,296.88㎡(施設全体)
◆ 構造-鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
◆ 基礎工法-場所打ちコンクリート拡底杭(50本)
◆ 地震対策-制震構造(5階~24階に壁式摩擦ダンパー方式の制震装置「WFD」を採用)
◆ 用途-共同住宅、店舗、オフィス
◆ 総戸数-297戸(非分譲住戸4戸含む、住戸の他に店舗18区画、事務所3区画)
◆ 建築主-上尾中山道東側地区市街地再開発組合(売主 住友不動産)
◆ 設計者-アイテック計画
◆ 監理者-アイテック計画、松田平田設計
◆ 施工者-大成建設
◆ 着工-2010年03月15日
◆ 竣工-2012年12月27日
◆ 入居開始-2013年05月上旬
 
 
Saitamaageo140412
JR上尾駅東口のペデストリアンデッキから見た様子です。快晴の日に撮影出来て一発卒業出来ました。毎回、上尾駅まで撮影に行くのは遠くて大変だったので助かりました。
 
 
Saitamaageo140413
「シティタワー上尾駅前」は、地震対策として5階~24階に「壁式摩擦ダンパー方式の制震装置(WFD)」を採用した制震構造となっています。
 
 
Saitamaageo140414
真横から見た様子です。
 
 
Saitamaageo140415
下層階の様子です。
 
 
Saitamaageo140416
JR上尾駅東口と「A-GEO・TOWN(エージオタウン)」の2階は、ペデストリアンデッキで直結しています。
 
 
Saitamaageo140417
ペデストリアンデッキは、上尾市所有の施設であり、2013年3月17日に完成記念式典が行われ供用開始されました。
 
 
Saitamaageo140418
「A-GEO・TOWN(エージオタウン)」側から見たペデストリアンデッキです。この下の道路は江戸時代の五街道の一つである「旧中山道」です。
 
 
Saitamaageo140419
「A-GEO・TOWN(エージオタウン)」の2階です。反対側に抜ける事が出来ます。
 
 
Saitamaageo140420
「A-GEO・TOWN(エージオタウン)」のロゴです。
 
 
Saitamaageo140421
東側から見た様子です。
 
 
Saitamaageo140422
東側から見た下層階の様子です。 

|

2014年4月 7日 (月)

埼玉県戸田市 竣工した「北戸田ファーストゲートタワー」 

Saitamatoda14041
-北戸田ファーストゲートタワー-

 「北戸田駅東1街区第一種市街地再開発事業」は、JR埼京線北戸田駅の東口の再開発プロジェクトです。正式名称は「北戸田ファーストゲートタワー」となっています。
   
 地上30階、地下1階、高さ約99m、総戸数220戸(地権者住戸11戸含む、他に店舗4戸)の超高層タワーマンションと地上4階の駐車場棟で構成されます。下層階には店舗が入っています。
 
北戸田ファーストゲートタワー
◆ 計画名-北戸田駅東1街区第一種市街地再開発事業
◆ 所在地-埼玉県戸田市新曽2219番3他(地番)
◆ 交通-埼京線「北戸田」駅下車徒歩1分
◆ 階数-地上30階、地下1階
◆ 高さ-約99m
◆ 敷地面積-3,990.27㎡
◆ 建築面積-2,525.51㎡
◆ 延床面積-29,745.50㎡(容積対象外面積9,794.15㎡含む)
◆ 構造-鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
◆ 基礎工法-場所打ちコンクリート拡底杭(52本)
◆ 地震対策-制振構造(タワー内部に設置した制震柱)
◆ 用途-共同住宅、店舗、オフィス
◆ 総戸数-220戸(地権者住戸11戸含む)、店舗4戸
◆ 建築主-北戸田駅東1街区市街地再開発組合(売主 近鉄不動産、大京)
◆ 設計者・監理者-都市空間研究所、あい設計、四谷協同設計
◆ 施工者-戸田建設、ユーディケー、市ヶ谷組JV
◆ 着工-2011年05月10日
◆ 竣工-2013年09月20日
◆ 入居開始-2013年09月25日
 
 
Saitamatoda14042
南東側から見た様子です。地震対策として「制振構造(タワー内部に設置した制震柱)」を採用しています。
 
 
Saitamatoda14043
下層階の様子です。下層階は商業施設となっています。
 
 
Saitamatoda14044
東側から見た様子です。
 
 
Saitamatoda14045
北西側から見た様子です。
 
 
Saitamatoda14046
JR埼京線沿いは、歩道が整備されています。
 
 
Saitamatoda14047
敷地の北西側には「自走式駐車場棟」が整備されています。
 
 
Saitamatoda14048
「自走式駐車場棟」を東側から見た様子です。「自走式駐車場棟」は地上4階です。
 
 
Saitamatoda14049
JR埼京線北戸田駅のホームから見た様子です。このあたりの埼京線の高架は高さが非常に高く、ホーム床面が「北戸田ファーストゲートタワー」の6階の高さに相当します。

|

2013年6月11日 (火)

JR東北本線蓮田駅 地上27階、高さ約99mの「蓮田駅西口第一種市街地再開発事業」

Saitamahasuda13061
-蓮田駅西口第一種市街地再開発事業-

 「高崎線」と「東北本線」は、大宮駅を過ぎてから分岐します。「蓮田駅(はすだえき)」は、埼玉県蓮田市にあるJR東日本の東北本線の駅です。
 
 「宇都宮線」の愛称区間に含まれているため「宇都宮線」の方が分かりやすいと思います。「蓮田駅」には、新宿駅経由の「湘南新宿ライン」も停車します。
 
 蓮田市は、市施行による「蓮田駅西口第一種市街地再開発事業」の事業協力者を、「東急不動産、都市環境研究所JVに決めました。
 
 概要は、地上27階、地下1階、高さ99.1m、延床面積約38,113㎡です。用途は、共同住宅(総戸数234戸)、店舗、公共施設となっています。
 
 蓮田市・トピックス(2013/06/10)
 蓮田駅西口第一種市街地再開発事業の事業協力者が決定しました 
 
 建設通信新聞(2013/06/10)
 協力者に東急不JV/延べ3.8万㎡ 設計委託準備/蓮田駅西口再開発 
 
蓮田駅西口第一種市街地再開発事業の概要
◆ 所在地-埼玉県蓮田市本町
◆ 階数-地上27階、地下1階
◆ 高さ-99.1m
◆ 施行区域-約19,000㎡
◆ 建築面積-約4,641㎡
◆ 延床面積-約38,113㎡
◆ 用途-共同住宅、店舗、公共施設、
◆ 総戸数-234戸
◆ 建築主-蓮田市
◆ 事業協力者-東急不動産、都市環境研究所
◆ 着工-2015年度予定
◆ 竣工-2018年度予定
 
 
Saitamahasuda13062
「蓮田駅西口第一種市街地再開発事業」の完成予想図です。 概要は、地上27階、地下1階、高さ99.1m、延床面積約38,113㎡、総戸数234戸となっています。 

|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

101 テレビドラマ・映画ロケ地めぐり 102 経済ニュース 103 いろいろなランキング 104 鉄道(新線・高架化・複々線化、その他) 105 大学キャンパスめぐり 106 巨大工場めぐり 107 巨大スタジアム・ホール・展示場めぐり 108 大規模商業施設めぐり 121 東京都・千代田区① 121 東京都・千代田区② 122 東京都・港区① 122 東京都・港区② 123 東京都・中央区 124 東京都・新宿区 125 東京都・渋谷区 126 東京都・豊島区 127 東京都・江東区 128 東京都・品川区 129 東京都・目黒区 130 東京都・文京区 131 東京都・台東区 132 東京都・荒川区 133 東京都・墨田区(東京スカイツリー) 134 東京都・中野区 135 東京都・世田谷区 136 東京都・大田区 137 東京都・練馬区 143 東京都・23区内その他 151 東京都・ 23区以外 201 神奈川県・横浜市 202 神奈川県・川崎市 203 神奈川県・その他 231 千葉県・千葉市 232 千葉県・浦安市 233 千葉県・成田市(成田空港) 234 千葉県・湾岸部 235 千葉県・内陸部 251 埼玉県・さいたま市 252 埼玉県・川口市 253 埼玉県・所沢市 254 埼玉県・その他 271 茨城県 281 栃木県 282 群馬県 311 大阪市・北部 312 大阪市・中部 313 大阪市・南部 314 大阪市・湾岸部 321 大阪府・堺市 325 大阪府・その他 351 兵庫県・神戸市 355 兵庫県・尼崎市 356 兵庫県・西宮市 357 兵庫県・芦屋市 359 兵庫県・その他 401 空撮じゃないけれど 札幌市編 411 空撮じゃないけれど 仙台市編 501 空撮じゃないけれど 香港(ホンコン)編 511 空撮じゃないけれど 澳門(マカオ)編 601 ちょっとひと休み