313 大阪市・南部

2013年11月12日 (火)

京セラドーム大阪 ポール・マッカートニーの「アウト・ゼアー ジャパン・ツアー」に行ってきました!

Osakapaul13111
-アウト・ゼアー ジャパン・ツアー-

 昨日(11月11日)、京セラドーム大阪で行われた「ポール・マッカートニー」の「アウト・ゼアー ジャパン・ツアー」に行ってきました。以下はネタバレなので注意して下さい。
 
 S席16,500円(別途手数料)と高かったので、悩みに悩んだのですが、「ポール・マッカートニー」は71歳、今回行かないと一生後悔すると思ったので思いっ切って行きました。
 「ポール・マッカートニー」のライブを見に行くのは、1993年11月の「東京ドーム」以来20年ぶりでした。
  
アウト・ゼアー ジャパン・ツアーの日程
① 2013年11月11日(月) 京セラドーム大阪(追加公演)
② 2013年11月12日(火) 京セラドーム大阪
③ 2013年11月15日(金) 福岡ヤフオク!ドーム
④ 2013年11月18日(月) 東京ドーム
⑤ 2013年11月19日(火) 東京ドーム
⑥ 2013年11月21日(木) 東京ドーム
 
 
Osakapaul13112
● グッズ売り場

 グッズ売り場です。年齢は40代以上の方が多かったです。多くの方が1万円以上グッズを買っていましたが、私は財布の中身に寒風が吹いていたので、マフラータオル(1,500円)とプログラム(3,000円)だけで我慢しました。
  
 
Osakapaul13113
● 写真撮影OK

 開場は午後5時の予定でしたが、リハーサル等が長引いて5時30分の開場になりました。外は寒かったので建物内で待ちました。
 
 ライブ前・ライブ中も写真撮影OK(フラッシュ厳禁)でした。当たり前ですが動画撮影やプロ機材でのカメラ撮影は厳禁です。
 日本人アーティストの日本公演と違い、アメリカやイギリスでは撮影OKが一般的ですが、日本でも来日したアーティストの撮影OKの会場が増えています。
 
 
Osakapaul13114
どんどん客席が埋まっていきます。最初はこんな上段のクソ席がS席16,500円? と思っていましたが、傾斜の無いアリーナ席の後ろより遥かに見やすいです。
 
 基本的に超高層ビルヲタクは高いところが好きなので、徐々にいい場所のように思えてきました。展望台からの定点観測のような気分です(笑)。
 
 
Osakapaul13115
ステージ両側の大型スクリーンの映像が動き出してテンションが高まってきます。
 
 
Osakapaul13116
● ステージ

 ステージはこんな感じです。花道はありません。ステージ両側に縦型の大型スクリーンがあります。
 
 
Osakapaul13117
● 開演は10分遅れの午後7時10分

 開演は午後7時の予定でしたが、10分遅れの午後7時10分でした。開場が30分遅れたのでもっと遅れると思いましたが、意外と早かったです。
 
 最初のMCで、「まいど、おおさか、ただいま」と挨拶して大阪のファンの心を鷲づかみです(笑)。その後も歌い終えるたびに「サンキュー、ありがとう、おおきに」を連発していました。
 
 
Osakapaul13118
● 観客約3万6000人

 「京セラドーム大阪」の2日目、「福岡ヤフオク!ドーム」、「東京ドーム」の3日間は完売しています。
 
 追加公演だった「京セラドーム大阪」の1日目は、発売開始が10月27日と遅かったので、なかなか完売せず、開場後も当日券を販売していました。
 そのため客席が一部空いていないか心配しましたが、このようにビッシリ埋まっていたので、ホッとしました。執念の追い込みですね。
 
 
Osakapaul131110
● Back In The U.S.S.R.
 「Back In The U.S.S.R.(バック・イン・ザ・U.S.S.R.)」はめちゃめちゃ盛り上がりました。
 
 
Osakapaul13119
● 「Live And Let Die」で炎と花火の演出
 
日本は消防法が厳しくて、ライブ会場での「炎」や「花火」の扱いも海外に比べて大きく制限されています。
 
 今回は「炎」や「花火」の演出は無いのかなあ?と思っていたら「Live And Let Die(007 死ぬのは奴らだ)」で、ドッカーンとやってくれました。
 
 炎や花火が何度も上がって、大音響で迫力がありました。日本でここまで出来たら大したものです。でも海外のライブでの「Live And Let Die」はこの何倍も迫力があります。

(訂正)
 動画サイトに投稿された「Live And Let Die」を再度確認すると「炎」だけで「花火」はありませんでした。
 私の見間違いでした。日本では「炎」と「花火」の共演に許可が下りなかったのかも知れません。
 
 日本の消防法が厳しいのと海外は屋根無しのスタジアムでの公演がほとんどなので「炎」と「花火」の共演が可能なんでしょね。 
 
 
Osakapaul131111
● アンコールでポールが日本国旗を振る

 アンコールでは、日本国旗とイギリス国旗を持って入場してきました。ポールが日本国旗を振る姿には目頭が熱くなりました。
 
 ステージ両側の縦型スクリーンに「ポール・マッカートニー」が映った写真をもっとたくさん撮影しましたが、写真撮影OKとは言え、個人のブログでも肖像権の問題があると思うのでこれくらいにしておきます。
 
◆ 感想およびセットリスト
 
オープニングの「Eight Days A Week」から、2回のアンコールを挟んで、ラストの「Golden Slumbers」まで「ザ・ビートルズ」や「ウイングス」時代の曲を中心に37曲(メドレーを含むと39曲)むを歌い切り、午後9時48分頃終了しました。
 
 1曲目の「Eight Days A Week」から31曲目の「Hey Jude」まで1回も休憩をしないで歌い切りました。とても71歳とは思えない物凄い体力です。
 
 「Ob-La-Di, Ob-La-Da(オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ)」と「Hey Jude(ヘイ・ジュード)」は会場全体で合唱になりました。特に、「Hey Jude」は会場全体が ”♪lalalalalalalalalalala hey jude♪” の大合唱でした。
 
 「Listen to What the Man Said(あの娘におせっかい)」では懐かしくて泣きそうになりました。個人的には、ウイングス時代の「Jet(ジェット)」や「Getting Closer(ゲッティング・クローサー)」も聞きたかったのですが、贅沢を言ったらキリがありません・・・
 
 私は、「ザ・ビートルズ」や「ウイングス」の曲を、学生の頃にカセットテープが擦り切れるくらい聞きました。
 約2時間40分は夢のような時間で本当に楽しかったです。無理して行って本当に良かったです!
 
セットリスト(京セラドーム大阪/2013年11月11日)
01 Eight Days A Week(ザ・ビートルズ)
02 Save Us(新作”NEW”に収録)
03 All My Loving(ザ・ビートルズ)
04 Listen To What The Man Said(ウイングス)
05 Let Me Roll It(ウイングス)
06 Paperback Writer(ザ・ビートルズ)
07 My Valentine(ソロ)
08 Nineteen Hundred And Eighty-Five(ウイングス)
09 The Long And Winding Road(ザ・ビートルズ)
10 Maybe I'm Amazed(ソロ)
11 I've Just Seen A Face(ザ・ビートルズ)
12 We Can Work It Out(ザ・ビートルズ)
13 Another Day(ソロ)
14 And I Love Her(ザ・ビートルズ)
15 Blackbird(ザ・ビートルズ)
16 Here Today(ソロ)
17 NEW(新作”NEW”に収録)
18 Queenie Eye(新作”NEW”に収録)
19 Lady Madonna(ザ・ビートルズ)
20 All Together Now(ザ・ビートルズ)
21 Lovely Rita(ザ・ビートルズ)
22 Everybody Out There(新作”NEW”に収録)
23 Eleanor Rigby(ザ・ビートルズ)
24 Being For The Benefit Of Mr. Kite!(ザ・ビートルズ)
25 Something(ザ・ビートルズ)
26 Ob-La-Di, Ob-La-Da(ザ・ビートルズ)
27 Band On The Run(ウイングス)
28 Back In The U.S.S.R.(ザ・ビートルズ)
29 Let It Be(ザ・ビートルズ)
30 Live And Let Die(ウイングス)
31 Hey Jude(ザ・ビートルズ)
 
アンコール(1回目)
32 Day Tripper(ザ・ビートルズ)
33 Hi, Hi, Hi(ウイングス)
34 Get Back(ザ・ビートルズ)
 
アンコール(2回目)
35 Yesterday(ザ・ビートルズ)
36 Helter Skelter(ザ・ビートルズ)
37 Golden Slumbers/Carry That Weight/The End(ザ・ビートルズ)
 
(備考)
 「福岡ヤフオク!ドーム」では、アンコール(1回目)の34曲目が、「Get Back」から「I Saw Her Standing There」に変更になっています。

|

2010年10月16日 (土)

なんば再開発 「南海電鉄」が南海難波駅南側にコンサートホール併設の複合ビルを建設!

Osakananba10100
-南海電鉄・難波に複合ビル建設-
 日経新聞によると、「南海電気鉄道」は南海難波駅南側の再開発地域に、2011年度中にも複合ビルを着工するそうです。
 駅に隣接する「南海会館ビル」にある現本社を移転するほか、コンサートホールを最有力候補として集客施設を併設する方針だそうです。 
 

 旧大阪球場跡地の開発主体である「大阪市難波土地区画整理組合(南海電鉄、高島屋、クボタ、ニッピなどで構成)」との間で、2010年9月下旬に土地の売買契約を締結しました。
 敷地面積は約8,000㎡、取得額は25億円前後だそうです。複合ビルが超高層ビルになるのかどれくらいの延床面積になるのか具体的にはまだ発表されていません。
  
 これによりかねてより計画されていた難波再開発の集大成といえる老朽化が進む「南海会館ビル」の建て替え計画が前進します。
 「南海会館ビル」の建て替えは、オフィスや商業施設を組み合わせた超高層ビルになると言われているのでめちゃめちゃ期待できると思います。
 現在、容積率の緩和を受けるため、大阪市と具体的な協議を進めているそうです。

(注意) 建設予定地はあくまでも管理人が推定で書いたものです。取得額25億円前後は不景気とはいえあまりにも安すぎるので「クボタ」の本社の更に南側の可能性もあります。
 
 「クボタ」の本社の南側と「なんば グランドマスターズタワー」の間にも同じくらいの駐車場として使用されている敷地があります。


(追記) 日経新聞の紙面版を見ると上記の空撮写真の場所ではなくクボタ本社の南側でした。駅から距離が遠いのでコンサートホールを併設しても導線をきっちり確保しないと集客はかなり厳しいと思います。
 
 
Osakananba101002
「南海会館ビル」です。東西の幅が非常に狭いですが、それでも30mくらいあるので敷地的には超高層ビルの建設には問題がありません。
 
 
Osakananba101003

ただ隣の「スイスホテル南海大阪」と「T字」もしくは「L字」の配置になるのでどう配置しても「スイスホテル南海大阪」からの眺望を一部遮ってしまいます。この問題をどう解決するか知恵の見せ所ですね。

|

2009年2月 4日 (水)

ビックリ仰天! セブン&アイ・ホールディングスが「そごう心斎橋店」をJ.フロント リテイリングの「大丸」に売却?

Osakashinsaibashi09021
-そごう心斎橋本店売却-

 昨日(2月3日)ビックリするようなニュースが飛び込んできました。「セブン&アイ・ホールディングス」が、「そごう心斎橋本店」を「大丸」と「松坂屋」を傘下にもつ「Jフロントリテイリング」に売却すると交渉に入ったこと一斉に伝えられました。
 今回の100年1度と言われている金融危機がいかに凄まじいか理解出来るニュースでした。「そごう心斎橋本店」は、そごう再生をかけて2005年9月7日に再オープンしたばかりです。たとえ本店でも不採算店舗は整理対象になるということです。

 大阪市内では凄まじい百貨店戦争が始まろうとしています。2010年秋には難波の「高島屋大阪店」が売場面積78,000㎡に増床され、2011年春には大阪駅の北側「ジェイアール大阪三越伊勢丹」が売場面積50,000㎡でオープンし、その南隣では「大丸梅田店」が売場面積64,000㎡に増床されます。
 怒涛の増床ままだまだ続き2012年には「阪急百貨店梅田本店」の建て替えが完了して売場面積84,000㎡の巨大店舗になり、2014年には「近鉄百貨店阿倍野本店」の建て替えも完了して売場面積が日本最大の100,000㎡の巨艦店舗になります。

 これらが完成すると売場面積50,000㎡でも中型店舗扱いになってしまいます。まして「そごう心斎橋本店」は40,780㎡、「大丸心斎橋店」は37,490㎡しか売場面積がありません。
 「そごう心斎橋本店」の生き残りが不可能と決断した「セブン&アイ・ホールディングス」と東京と大阪に経営資源を集中させる「Jフロントリテイリング」の利害が一致し今回の売却交渉になったと思われます。
 今回の交渉がまとまると「大丸心斎橋店」は3館体制になり、売場面積は78,270㎡の巨大店舗になります。
 現在行われている増床・建て替えや今回の売却交渉は、大阪市内の各百貨店の魅力が高まるので私的には大歓迎ですが、当事者は崖に向かって全速力で車を走らせる「チキンレース」を行っている心境だと思います。
 

 そもそも百貨店業界は、金融危機の前からずっと冬の時代と言われていました。売上高も右肩下がりが続いています。でも実際各店舗ではどれくらい売上高が減ったのでしょうか?
 昔から流通業界大好き人間だったので「日経流通新聞」の切り抜きを保管していますので、バブル最盛期の1989年と比べてみたいと思います。
 大阪市内だけの数値で比較しましたが、全国的にも同様の傾向です。百貨店業界の苦境が数字からも理解できます。


売上高比較(店名-2007年度-1989年度)
① 阪急百貨店梅田本店     1730億円-2296億円
② 高島屋大阪店               1570億円-2074億円
③ 近鉄百貨店阿倍野本店  1360億円-(未上場だったため不明)
④ 阪神百貨店本店            1020億円-1078億円
⑤ 大丸心斎橋店                 850億円-1768億円
⑥ 大丸梅田店                    650億円- 831億円
⑦ そごう心斎橋本店            440億円-1205億円

-Google Earth5.0登場-
 「Google」が、「Google Earth」を5.0にバージョンアップしました。今度はなんと海底の地形の様子を観察できるようになったほか、過去に遡って衛星航空画像を表示したり出来るようになっています。
 また火星を見る「Google Mars」も機能が強化され高解像度画像や3Dで地形状況を探索できるようになりました。
 
 でも私の中では一番の萌え機能は、過去に遡って衛星航空画像を表示出来る機能ですね。ツールバーにある時計アイコンをクリックすると「タイムスライダー」が表示され、マウスでドラッグすると過去の画像を時系列で表示していきます。
 昨日は、テレビのニュースで盛んに取り上げられていました。「六本木ヒルズ」の過去の画像を扱ったテレビ局が多かったですね。

 マイクロソフトの「Live Search」の斜め4方向からの鮮明な空撮写真や今回の「Google Earth5.0」の新機能を見ているとこのブログの存在価値がますます低くなっていくようでさみしいです・・・(涙)

 ここからバージョンアップ出来ます。 → Google Earth5.0

|

2008年7月25日 (金)

高さ日本一の310m 「阿倍野橋ターミナルビル」建設予定地の空撮!

Osakaabeno08071
-阿倍野橋ターミナルビル整備計画-
 
JRの各線が集中する天王寺駅や近鉄あべの橋駅がある阿倍野周辺は、大阪のキタ、ミナミに次ぐ第3の拠点ですが、もともとキタやミナミに比べ商業施設の集積度が低い上に、阿倍野の再開発計画が大幅に遅れていたため、再開発計画が次々と進行しているキタやミナミに比べ大幅に遅れをとっていました。

 しかし、阿倍野地区の逆襲が始まろうとしています。その中で最大規模のプロジェクトが「阿倍野橋ターミナルビル整備計画」です。地上59階、地下5階、高さ約310mの日本一高い超高層ビルが建設されます。
 もうひとつが、「阿倍野A1地区第2種市街地再開発事業 A2棟」です。阿倍野再開発の中で最大の規模になります。超高層棟や大型百貨店はなくなりましたが、総合スーパー、大型専門店、専門店で構成される巨大なショッピングセンターが建設されます。

 将来的には、まだ具体的には何も発表されていませんが、JR西日本は大阪駅周辺の整備が完了すると、次は天王寺駅周辺の再開発を行う考えがあるようです。その場合は「天王寺駅」の再整備や「ステーションプラザてんのうじ」の建て替え等が検討されると思われます。
 
 
Osakaabeno08072
2008年9月9日(火)にグランドオープンが予定されている近鉄百貨店が建設している新商業施設「and(アンド)」です。Hoopの更に南側に建設中です。写真は南東側から見た様子です。
 最大のテナントは、Hoopから拡大移転してくる「ロフト」です。近鉄百貨店阿倍野本店の8階にあった「大阪府パスポートセンター阿倍野分室」が「and(アンド)」の4階に移転してくるそうです。私はここでパスポートを作りましたが、現在は兵庫県民なので次回の書き換えは別の場所でする事になります。

 新商業施設「and(アンド)」の概要について(PDF:2008/06/23)
 
 
Osakaabeno08073
「and(アンド)」を南西側から見た様子です。


Osakaabeno08074
「阿倍野橋ターミナルビル」です。手前の低い部分が解体され、地上59階、地下5階、高さ約310mの日本一高い超高層ビルが建設されます。
 手前の歩道橋も全面的に架け替えられるのでこのあたりの雰囲気は激変します。
 
概要

◆ ビル名-阿倍野橋ターミナルビル
◆ 階数-地上59階、地下5階
◆ 高さ-最高部約310m
◆ 延床面積210,000㎡(立替え部分)
◆ 構造-鉄筋鉄骨コンクリート造、鉄骨造
◆ 用途-百貨店、オフィス、ホテル、美術館、展望台
◆ 竣工-2014年春
◆ 総事業費-700億~900億円

 近畿日本鉄道・ニュースリリース(PDF:2007/08/08)
 
 
Osakaabeno08075
「阿倍野A1地区第2種市街地再開発事業 A1-2棟」が計画されている部分です。地上24階、塔屋2階、地下2階、高さ101,950mのホテル、共同住宅(分譲)、店舗で構成される複合ビルが建設される予定です。手前の草が生えている部分あたりまで「あべの筋」が拡幅される予定です。
 
 

Osakaabeno08076
「阿倍野A1地区第2種市街地再開発事業 A2棟」が計画されている部分です。阿倍野再開発の中で最大の規模になります。超高層棟や大型百貨店はなくなりましたが、総合スーパー、大型専門店、専門店で構成される巨大なショッピングセンターになります。
 このあたりの北東側一帯は、最後まで飲食店などが残っていましたが、最近は解体が進みほとんど更地になりました。

概要
◆ 敷地面積-約37,800㎡
◆ 建築面積-30,205㎡
◆ 延床面積-171,322㎡
◆ 店舗専有面積-21,403㎡(イトーヨーカドー)、11,872㎡(東急ハンズ)、34,472㎡(専門店)、6,357㎡(エンターテイメント)、937㎡(ホール)
◆ 構造-鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 階数-地上7階、塔屋1階、地下1階(一部地下2,3階)

★ 阿倍野A1地区第2種市街地再開発事業 A2棟特定建築者(運営事業者)及びA1-2棟特定建築者の決定について

 詳しくは → 大阪市建設局(2006/06/15)
 
 
Osakaabeno08077
あべのルシアスやアポロビルの南側の「阿倍野銀座」アーケード両側は、昔は阿倍野の中心でした。再開発計画が最終段階を迎え、今ではこのように店がすっかりなくなりました。
 
 
Osakaabeno08078
路面電車が走っている「あべの筋」は、道路が大幅に拡幅されます。道路にあるアーケードの奥の部分まで道路になります。道路が広くなる上に、「阿倍野A1地区第2種市街地再開発事業」がかなり道路からセットバックされて建設されるので雰囲気が劇的に変わると思います。


Osakaabeno08079
国道43号線が将来拡幅されることを考えて新たに建て替えられた建築物はほぼ一直線に道路から後退して建設されています。奥の(西側)阪神高速道路松原線周辺の買収が一部終わっていないため拡幅工事がまだ行われていませんが、いつでも拡幅できるように用地が確保されています。

|

2008年7月 1日 (火)

「高島屋大阪店新本館新築工事」&「南海ビル美装化改修工事」の空撮

Osakatakashimaya08071
-高島屋大阪店新本館新築工事-

 第1期工事は2007年12月に完成しました。2008年1月から北側部分の既存建築物の解体に入り、現在は第2期工事が行われています。第2期工事は2009年秋に完成予定です。完成後は、売場面積78,000㎡(増床部分22,000㎡)の巨大百貨店になります。

 銭高組・ダイジェスト(完成予想図等)

概要(面積と竣工予定が変更されています)
◆ 階数-地上11階、塔屋2階、地下2階
◆ 高さ-58m
◆ 敷地面積-34,252㎡(施設全体)
◆ 建築面積-4,081㎡(増築のみ)
◆ 延床面積-44,427㎡(増築のみ)
◆ 着工-2006年11月(
第1期工事)
◆ 竣工-2009年秋予定(
第2期工事) 
 
 

Osakatakashimaya08072
北側の第2期工事は2009年秋に完成予定です。すでに完成している南側の1期工事とほぼ同じ規模の棟が建設されます。
 
 
Osakatakashimaya08073
-南海ビル美装化改修工事-
 磨かれてピカピカになりました。美人になったでしょ!(笑) 南海ビル」は大規模改装時や関空開港時にも美装化工事が行われましたが、こんなに大規模に行うのは私が見た中では初めてです。
 
 南海電気鉄道(PDF:2007/05/14)
 「南海ターミナルビル」等の再生計画に着手します
  
 
Osakatakashimaya08074
磨かれた右半分と磨かれてない左半分の違い分かります? 
 
 
Osakatakashimaya08075
まだ右側(西側)はフェンスで囲まれ「美装化改修工事」が行われています。上に新たに追加されたガラス張りの構造物ですが、新旧のマッチングがちょっと微妙ですね・・・ 慣れたら気にならないのでしょうか? 

|

2008年6月29日 (日)

大阪市・大国町駅 「(仮称)ZEUS(ゼウス)サウスタワー」建設予定地の空撮!

Osakananba080611
-「(仮称)ZEUS(ゼウス)サウスタワー」-

 ホームページの読者の方から「大国町で超高層マンションの建築計画お知らせの看板を発見しました。42階建てのタワーマンションのようです。」というメールを頂いたので早速見てきました。

 全くノーマークの場所だったのでメールを見た時は「えっ?大国町?」と驚いてしまいました。地下鉄(御堂筋線・四つ橋線)の大国町駅を降りて現地に向かいました。ありました!地上42階、塔屋2階、高さ144.0mの立派なタワーマンションの「建築計画のお知らせ」が!
 建設予定地は、まさに「大国町駅」直結と言っていい場所です。大国町駅は、地下鉄の駅では珍しい島式2面4線の駅で、御堂筋線と四つ橋線の兼用になっていて、ホーム上で乗り換える事の出来る大変便利な構造になっています。
 
 
Osakananba080612
北西側から見た様子です。「アローズ」があった場所ですが、現在は解体されて駐車場になっています。
 
 
Osakananba080613
南西側から見た様子です。
 
 
Osakananba080614
「建築計画のお知らせ」です。(注意)画像処理ソフトで一部文字を消去しています。
 
 
Osakananba080615
少し東側では、「(仮称)難波タワープロジェクト」が建設中です。地上33階、地下1階、高さ106.51m、総戸数321戸のタワーマンションです。計画名は「(仮称)ルネ難波Ⅱ新築工事」です。


場所はここです。

大きな地図で見る

|

2008年6月22日 (日)

大阪ミナミ namBa HIPS(ナンバヒップス)周辺の空撮!

Kobenamba08061
-namBa HIPS(ナンバヒップス)-
 
「namBa HIPS(ナンバヒップス)」は、2007年12月13日にオープンしました。パチンコ・アミューズメント・リゾート・不動産事業などを展開する平川商事により総事業費約180億円で建設されました。

 ビルは、アミューズメント・ゴルフ・スパ・飲食店等で構成される商業ビルです。御堂筋沿いの壁面には日本初のビル壁面設置型フリーフォール「ヤバフォ」が設置されています。
 なお「ヤバフォ」は、公式ホームページによると2008年6月22日時点で、安全が確認できるまで運転を休止しているようです。

 ビルの概要ですが、地上11階、塔屋2階。地下2階、高さは最高部86.8m(建築物51.6m)と書いてある資料が手元にありますが、公式ホームページには「"namBa HIPS(ナンバヒップス)"は地上12階建ての複合レジャー施設として・・・」と書いてあるので変更になったのかも知れません。
 なお「namBa HIPS(ナンバヒップス)」の「NAMBA」は、「B」を大文字にして、それ以外を小文字にするロゴが正しいようです。

|

2008年6月 2日 (月)

大阪ミナミ 難波周辺の空撮!

Osakananba08061
-難波周辺-

 こうやって空から見ると難波周辺も超高層ビルが増えてきました。難波周辺の超高層ビル街は2つの核があります。南海難波駅を中心とするブロックとJR難波駅を中心とするブロックです。
 これら2つのブロックが合体すると迫力を増すと思いますが、間に雑居ビルが多く地権者の利害関係の調整が難しいので一体的な開発は難しそうです。

 阪神高速道路以南の難波周辺では、現在3棟の超高層ビルが建設中もしくは計画中です。奥から
◆ (仮称)マルイト難波ビル新築工事-地上31階、塔屋2階、地下1階、高さ144.0m
◆ (仮称)ルネ難波Ⅱ新築工事-地上33階、地下1階、高さ106.51m
◆ (仮称)難波Tower-地上31階、高さ不明

 「難波Tower」は、不動産関連企業の「リプラス」により建設される予定です。この土地は大阪の某不動産会社に売却されていましたが、現在は「リプラス」が所有しています。
 建設される超高層ビルは地上31階で、オフィス・住宅・店舗で構成される複合ビルになるようです。延床面積は約60,000㎡で投資総額は330億円を予定しています。

 「リプラス」は、賃貸住宅を対象とした不動産ファンドの管理事業と滞納家賃保証システム事業が2本柱の不動産関連企業です。会社は非常に若く2002年9月設立です。
 2004年12月に東証マザーズに上場しましたが、私はこの会社に少し思い出があります。IPO(新規株式公開)時に株の初値買いに参戦し、ちょっとだけ儲けさせてもらいました。

|

2008年5月 8日 (木)

ルネッサなんば地区 「(仮称)マルイト難波ビル新築工事」の空撮!

Osakananba08051
-ルネッサなんば地区-

 「ルネッサなんば」は、旧国鉄貨物ヤード跡地を中心とした遊休地の再開発プロジェクトです。バブル期には、関西国際空港の開港も近い事があって超高層ビルが林立する副都心が計画されました。

 バブルは崩壊し、当初計画されていた中で「OCAT」のみが、関西国際空港の玄関、鉄道、高速道路、ハイウェイバスなどの交通機関の結節点として整備されました。
 長らく「OCAT」のみでしたが、ここ最近になって景気回復により急速に遊休地が埋まり次々とタワーマンションやオフィスビルが建設されていきました。

 その中で最大のプロジェクトが「(仮称)マルイト難波ビル新築工事」です。地上31階、塔屋2階、地下1階、高さ144.0m、延床面積124,000.34㎡の大規模な超高層ビルが建設中です。店舗、オフィス、ホテルで構成される複合ビルになります。
 日本の超高層オフィスビルでは珍しいSRC造(鉄骨鉄筋コンクリート造)です。地上からの写真を見ていると下層階は間違いなくSRC造ですが、上層階を見るとS造(鉄骨造)のようにも見えます。写真では良くわからないので今度行った時にじっくり見てみようと思います。


Osakananba08052
地上から見た
(仮称)マルイト難波ビル新築工事」の建設現場です。

|

2007年10月 1日 (月)

近鉄・上本町駅周辺

Osakauehonmachi1











-上本町-
 関西在住でない方はあまりなじみがないかも知れませんが、上本町周辺から南側の天王寺区は関西では非常に人気の高い住宅地です。
 人気の理由としては、都心に近い割に静かな住環境と大阪市内で最高の文教地区であり、国立・公立・私立のレベルの高い高校・中学校がそろっているためです。
 つい最近までタワーマンションはありませんでしたが、100mを超えるタワーマンションが1棟が竣工、4棟が現在建設中です。

左から(竣工時)
(1) 「タワー ザ 上町台」、地上31階、高さ106.215m
(2) 「ウェリス上本町ローレルタワー」、地上41階、塔屋1階、地下1階、高さ145.55m
(3) 「桃坂コンフォガーデン・上本町ヒルズマーク(竣工済)」、地上37階、地下1階、高さ 125.96m
(4) 「ザ・上本町タワー」、地上37階、塔屋1階、高さ121.65m(軒高)
(5) 「 レジデンスタワー上本町」
、地上35階、高さ不明

 近鉄上本町駅は、近鉄大阪線・奈良線のターミナルになっています。少し複雑な構造になっていて地下に難波から続く難波線・奈良線の駅があります。万博前はこの駅が奈良方面への表玄関でしたが、万博の開幕に合わせ1970年3月に難波まで延長されました。2009年春には阪神なんば線を経由して尼崎や神戸の三宮まで乗り入れるようになります。
 近鉄大阪線の上本町駅は地上にあり奈良県南部への表玄関になっています。難波から奈良県南部へ行く場合上本町駅で乗り換える必要がありますが、上下動が面倒くさいので多くの場合は同一ホームで乗り換えの出来る鶴橋駅で乗り換えます。だだどうしても座りたい場合は始発である上本町駅を使うとほとんどの場合座れます。

 近鉄上本町駅周辺は、近鉄劇場跡地への新歌舞伎座の移転も決まっており、また上本町再開発の先がけとなったハイハイタウン南側にも再開発計画があります。

|

その他のカテゴリー

101 テレビドラマ・映画ロケ地めぐり | 102 経済ニュース | 103 いろいろなランキング | 104 鉄道(新線・高架化・複々線化、その他) | 105 大学キャンパスめぐり | 106 巨大工場めぐり | 107 巨大スタジアム・ホール・展示場めぐり | 108 大規模商業施設めぐり | 121 東京都・千代田区① | 121 東京都・千代田区② | 122 東京都・港区① | 122 東京都・港区② | 123 東京都・中央区 | 124 東京都・新宿区 | 125 東京都・渋谷区 | 126 東京都・豊島区 | 127 東京都・江東区 | 128 東京都・品川区 | 129 東京都・目黒区 | 130 東京都・文京区 | 131 東京都・台東区 | 132 東京都・荒川区 | 133 東京都・墨田区(東京スカイツリー) | 134 東京都・中野区 | 135 東京都・世田谷区 | 136 東京都・大田区 | 137 東京都・練馬区 | 143 東京都・23区内その他 | 151 東京都・ 23区以外 | 201 神奈川県・横浜市 | 202 神奈川県・川崎市 | 203 神奈川県・その他 | 231 千葉県・千葉市 | 232 千葉県・浦安市 | 233 千葉県・成田市(成田空港) | 234 千葉県・湾岸部 | 235 千葉県・内陸部 | 251 埼玉県・さいたま市 | 252 埼玉県・川口市 | 253 埼玉県・所沢市 | 254 埼玉県・その他 | 271 茨城県 | 281 栃木県 | 311 大阪市・北部 | 312 大阪市・中部 | 313 大阪市・南部 | 314 大阪市・湾岸部 | 321 大阪府・堺市 | 325 大阪府・その他 | 351 兵庫県・神戸市 | 355 兵庫県・尼崎市 | 356 兵庫県・西宮市 | 357 兵庫県・芦屋市 | 359 兵庫県・その他 | 401 空撮じゃないけれど 札幌市編 | 411 空撮じゃないけれど 仙台市編 | 501 空撮じゃないけれど 香港(ホンコン)編 | 511 空撮じゃないけれど 澳門(マカオ)編 | 601 ちょっとひと休み