202 神奈川県・川崎市

2020年5月 5日 (火)

武蔵小杉 Kosugi 3rd Avenue 地上38階、高さ約142mの「コスギ サード アヴェニュー ザ・レジデンス」

Kawasakikosugi200511
-Kosugi 3rd Avenue(コスギ サード アヴェニュー)-
 
「プラウドタワー武蔵小杉」と「エクラスタワー武蔵小杉」の間に「小杉町3丁目東地区第一種市街地再開発事業」が建設されています。2016年11月15日に既存建物の解体工事に着手し、2017年3月27日に起工式が開催され着工されました。施設名称は「Kosugi 3rd Avenue」、住宅部分は「コスギ サード アヴェニュー ザ・レジデンス」となっています。

 引用資料 公式ホームページ
 コスギ サード アヴェニュー ザ・レジデンス

 地上38階、地下2階(建築基準法上 地上39階、地下2階)、高さ約142m、総戸数519戸(販売総戸数465戸、事業協力者戸数54戸含む)その他、店舗・事務所等となっています。

コスギ サード アヴェニュー ザ・レジデンスの概要
◆ 計画名-小杉町3丁目東地区第一種市街地再開発事業
◆ 所在地-神奈川県川崎市中原区小杉町三丁目600番(地番)
◆ 交通-東急東横線「武蔵小杉」駅徒歩2分、東急目黒線「武蔵小杉」駅徒歩2分、南武線「武蔵小杉」駅徒歩1分、横須賀線「武蔵小杉」駅徒歩1分(ホームまでは連絡通路利用でさらに徒歩6分要する)
◆ 階数-地上38階、地下2階(建築基準法上 地上39階、地下2階)
◆ 高さ-最高部約142m
◆ 敷地面積-8,347.32㎡
◆ 建築面積-5,007.82㎡
◆ 延床面積-68,795.14㎡
◆ 構造-鉄筋コンクリート造、鉄骨造
◆ 基礎工法-直接基礎(管理人の推測)
◆ 地震対策-制振構造
◆ 用途-共同住宅、商業・業務施設、小杉こども文化センター、総合自治会館、駐車場・駐輪場
◆ 総戸数-519戸(販売総戸数465戸、事業協力者戸数54戸含む)
◆ 建築主-小杉町3丁目東地区市街地再開発組合(売主 三井不動産レジデンシャル、東急不動産)
◆ 設計者・監理者-大成建設
◆ 施工者-大成建設
◆ 解体-2016年11月15日(既存建物の解体工事)
◆ 着工-2017年03月27日(起工式)
◆ 竣工-2020年06月末予定
◆ 入居開始-2020年12月中旬予定


Kawasakikosugi200512
「外観完成予想CG」です。


Kawasakikosugi200513
「外観完成予想CG」です。


Kawasakikosugi200514
「外観完成予想CG」です。


Kawasakikosugi200515
「外観完成予想CG」です。


Kawasakikosugi200516
「位置図」です。



|

2020年4月27日 (月)

JR武蔵小杉駅北口駅前が大きく変わる? 川崎市が「小杉駅北口駅前まちづくり方針(案)」を取りまとめ 駅前広場の再配置も視野!

Kawasakikosugi200411
-小杉駅北口駅前まちづくり方針(案)-

 「川崎市」は、小杉駅北口駅前約1.5haを対象に、民間の土地利用を適切に誘導するとともに、駅北側で進むまちづくりを支える駅前広場などの都市基盤を強化するため、「小杉駅北口駅前まちづくり方針(案)」を2020年4月24日に取りまとめました。

 引用資料 川崎市(2020/04/24)
 小杉駅北口駅前まちづくり方針(案)について

 建設通信新聞(2020/04/27)
 川崎市/小杉駅北口駅前1.5haまちづくり方針案/駅広再配置も視野

 市民意見募集などを経て2020年7月にも方針を固めます。「JR東日本、UR都市機構、三井不動産レジデンシャル」などの地権者らとともに開発事業を具体化する考えです。

 駅前広場の再配置の可能性もあり、この広場の両サイドにゾーニングした「にぎわい・交流ゾーン」について工事着手後5年程度での整備完了を目指します。

 駅北口駅前は、低未利用な土地が残っているとともに、歩行者の安全性やバリアフリーなどの面で多くの課題がみられます。これらの課題に対応し、土地利用に「小杉駅北側の玄関口としてのさまざまな都市機能の集積」「快適で居心地のよいにぎわい・交流機能の充実」などを掲げるまちづくり方針を策定します。


Kawasakikosugi200412
「対象区域図」です。


Kawasakikosugi200413
駅前広場の再配置も視野に入れています。


Kawasakikosugi200414
正面が敷地面積約1,646㎡の「小杉ビルディング」です。私は今回の「建設通信新聞」の記事で、所有者が「JR東日本」だと初めて知りました。


Kawasakikosugi200415
(仮称)小杉駅北口地区開発計画

 「三井不動産レジデンシャル」が、「(仮称)小杉駅北口地区開発計画」を計画している用地です。街区には「ホテル・ザ・エルシィ跡地(現在は駐車場)、旧:NEC小杉ビル」があります。

(仮称)小杉駅北口地区開発計画の概要
◆ 高さ-建物高さ約170m
◆ 敷地面積-約4,000㎡
◆ 建築面積-約2,500㎡
◆ 延床面積-約50,000㎡
◆ 建築主-三井不動産レジデンシャル


Kawasakikosugi200416
「ホテル・ザ・エルシィ跡地(現在は駐車場)」です。「UR都市機構」が所有しています。


Kawasakikosugi200417
「旧:NEC小杉ビル」です。「三井不動産レジデンシャル」が所有しています。



|

2020年3月28日 (土)

JR東日本の大規模複合型まちづくり「川崎駅西口開発計画」 2021年4月全体完成 街区名称を「KAWASAKI DELTA(カワサキデルタ)」に決定!

Kawasakiir200311
-川崎駅西口開発計画-
 JR東日本は、「川崎駅西口大宮町地区」において、川崎市の中心的な広域拠点としての商業・業務エリアの形成を目指し、複合的土地利用による都市機能の強化を図るために、業務・宿泊・商業施設を新設する計画を進めています。このプロジェクトは、以前は「大宮町地区 A-2街区」と呼ばれていました。

 JR東⽇本は、「川崎駅⻄⼝開発計画」について、2018年4⽉より準備⼯事等を進めていましたが、2018年5月18日に「起工式」を執り⾏い、本体建設⼯事に着⼿しました。

● KAWASAKI DELTA
 JR東日本は、街区名称を「KAWASAKI DELTA(カワサキデルタ)」に決定し、2021年4月に全体完成を迎えます。街区内は「JR川崎タワー オフィス棟・商業棟」と「ホテルメトロポリタン 川崎」、歩行者デッキ上の中央広場「デルタプラザ」による構成とします。

 引用資料 JR東日本(PDF:2020/03/26)
 川崎駅西口開発計画 2021年4月全体完成 街区名称を「KAWASAKI DELTA」に決定

 街区全体の完成は2021年4月予定ですが、先行して「ホテルメトロポリタン 川崎」が、2020年5月18日に先行開業予定です。客室数は全304室(スイートルーム×1室、ツインルーム×101室、クイーンルーム×202室)となっています。

KAWASAKI DELTA(カワサキデルタ)の概要
◆ 計画名-川崎駅西口開発計画
◆ 所在地-神奈川県川崎市幸区大宮町1番地5
◆ 交通-JR「川崎」駅と歩行者デッキで直結
◆ 階数-(オフィス高層棟)地上29階、塔屋2階、地下2階、(オフィス低層棟)地上5階、地下1階、 (ホテル棟)地上16階、塔屋1階、地下0階
◆ 高さ-(オフィス高層棟)最高部約135m、軒高128.25m、(オフィス低層棟)約27m、(ホテル棟))最高部約65m、軒高約59m
◆ 敷地面積-12,429.60㎡(施設全体)
◆ 建築面積-11,050.75㎡(施設全体)
◆ 延床面積-136.468.85㎡(施設全体)
◆ 構造-鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 基礎工法-場所打ちコンクリート拡底杭
◆ 用途-オフィス、ホテル、商業施設
◆ 客室数-全304室(スイートルーム×1室、ツインルーム×101室、クイーンルーム×202室)
◆ 建築主-JR東日本(東日本旅客鉄道)
◆ 設計者・監理者-ジェイアール東日本建築設計事務所(オフィス棟構造設計協力 大成建設)
◆ ホテルインテリアデザイン監修-SUPPOSE DESIGN OFFICE Co., Ltd.
◆ 施工者-大成建設
◆ 着工-2018年05月18日(起工式)
◆ 竣工-2021年04月30日予定
◆ オープン-2020年05月18日予定(ホテル)


Kawasakiir200312
歩行者デッキ上アプローチ「多摩川ペイブ」です。


Kawasakiir200313
中央広場「デルタプラザ」です。


Kawasakiir200314
歩行者デッキ上アプローチ「多摩川ペイブ」です。


Kawasakiir200315
「街区構成 断面イメージ」です。


Kawasakiir200316
「街区構成 平面図」です。



|

2020年3月27日 (金)

JR東日本 横須賀線「武蔵小杉駅」 混雑緩和に向け「下りホーム」を新設してホームを2面2線化 新設工事に着手!

Kawasakikosugi200311
-JR横須賀線・武蔵小杉新駅-

 JR横須賀線「武蔵小杉新駅」は、超高層タワーマンションの建設ラッシュでの人口急増に対応するために、2010年3月13日に暫定開業しました。2011年6月25日から本格的に供用開始されました。

 「JR東日本」と「川崎市」は、武蔵小杉駅や駅周辺の混雑緩和に向けた取り組みを進めるため、両者で覚書を締結しました。横須賀線ホームは、現在は島式1面2線です。現在の横須賀線ホームの東側に、新たに「下り専用ホーム」を新設します。現在のホームは「上り専用ホーム」とし、2面2線化します。事業費は、「JR東日本」が負担します。

 新しい「改札口」を横須賀線側施設の東京寄りに設置します。駅構内と駅周辺の歩行者を分散することによる混雑緩和や、南武線北側からのアクセス性の向上を図ります。新改札口の設置にかかる事業費は、「川崎市」が負担します。

● 新設工事に着手!
 横須賀線武蔵小杉駅の抜本的な混雑緩和対策として、下りホーム新設(2面2線化)の計画を進めていましたが、設計が進捗しホーム新設についての国の認可が得られたことから、ホーム新設などの工事に着手します。新下りホーム利用開始は2022年度末頃を予定しています。

 引用資料 JR東日本(PDF:2020/03/26)
 横須賀線武蔵小杉駅の混雑緩和に向けて下りホーム新設工事に着手します

計画概要
◆ 新下りホーム-ホーム長311m(15両編成対応)
◆ ホーム幅員-基本幅員約5m
◆ 設備-エレベーター×1基、エスカレーター×2基、階段×2箇所
◆ 備考-コンコースは、新下りホームへのエレベーター、エスカレーター、階段への通路となる部分の拡張、既設ホームについては上り専用ホームとし、現在の下り線側には柵を設置
◆ 着工-2020年04月予定(ヤード整備は2019年12月より実施中)
◆ 利用開始-2022年度末頃予定


Kawasakikosugi200312
「新下りホームイメージ」です。


Kawasakikosugi200313
「計画概要図」です。


Kawasakikosugi190711
現在のJR横須賀線「武蔵小杉新駅」は、島式1面2線です。本来なら島式2面4線で整備されるべきでしたが、西側が「東海道新幹線」、東側が「NEC玉川事業場」となっており、その間の狭い場所に建設されたため島式1面2線となりました。


Kawasakikosugi190712
「湘南新宿ライン」の電車が次々とやってきます。


Kawasakikosugi190713
「横須賀線」の電車も次々とやってきます。


Kawasakikosugi190715
西側を「東海道新幹線」がガンガン走っていきます。西側の「東海道新幹線」側には、ホームを新設するスペースがありません。


Kawasakikosugi190716
そのため、東側の「NEC玉川事業場」側のフェンスの更に東側に、「下り専用ホーム」を新設します。現在のホームは「上り専用ホーム」となります。


Kawasakikosugi190717
このあたりに新規改札口を設置します。



|

2020年3月 6日 (金)

川崎市 地上25階、約116mの「川崎市新本庁舎整備事業」  再入札で「大成建設」に落札者が決定 やっと本格着工へ!

Kawasakicity200311
-川崎市新本庁舎整備事業-

 「川崎市」は、戦後急速に発展し人口が急増したため次々と周辺に庁舎を増やしていきました。それだけでは足りず民間のビルを借りています。典型的なタコ足市役所です。

 庁舎機能は、市所有の4棟の庁舎と8棟の民間賃借ビルの計12棟の建物に分散しています。分散化により、行政サービスの低下や庁内執行体制の非効率化が生じており、民間ビルの賃借に伴い多額の賃借料負担が生じています。

 「川崎市」は建て替えにより、新本庁舎と第3庁舎、民間ビル1棟(川崎御幸ビル)の計3棟に機能を集約します。建築史的価値が高いとされる現本庁舎はいったん解体し、1938年に創建された当時の姿の一部を超高層棟の南側に新築して復元します。

 「川崎市役所第2庁舎」は、暫定的な耐震補強工事を実施していますが、抜本的な耐震対策のために建て替えが不可避となっています。第2庁舎は解体し、跡地にイベントが開催できる広場を整備します。

 引用資料 川崎市・公式ホームページ
 本庁舎等の建替えについて

● 再入札で大成建設が落札者に決定!
 「川崎市」は「川崎市新本庁舎超高層棟新築工事」の着工を2019年7月を予定していました。しかし、「川崎市新本庁舎超高層棟新築工事」について、建設コストの上昇等により、条件を満たす応札が無かったことから入札不調となりました。

 川崎市は、設計・積算の一部見直しや見積もり再徴集を行った上で再公告しました。「川崎市新本庁舎超高層棟新築工事」を一般競争入札した結果、「大成建設」を落札者に決定しました。

 川崎市・公式ホームページ(2020/03/04)
 川崎市新本庁舎超高層棟新築工事(建築、電気その他、空気調和、昇降機)の落札者が決定しました

川崎市新本庁舎整備事業の概要
◆ 所在地-神奈川県川崎市川崎区宮本町1番地 ほか5筆の一部
◆ 階数-地上25階、地下2階
◆ 高さ-最高部116.00m
◆ 事業区域面積-7,833.28㎡
◆ 敷地面積-6,002.11㎡(新本庁舎敷地)、約1,309㎡(第2庁舎跡地広場)
◆ 建築面積-4,355.00㎡
◆ 延床面積-63,200.00㎡(容積率対象面積54,400.00㎡)
◆ 構造-(地上)鉄骨造、(地下)鉄骨造、鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 基礎工法-場所打ち鋼管コンクリート拡底杭、既成コンクリート杭
◆ 地震対策-中間階免震構造(天然ゴム系積層ゴム支承、鉛プラグ挿入型積層ゴム支承、弾性すべり支承、オイルダンパー)、オイルダンパー、座屈拘束ブレース
◆ 用途-庁舎
◆ 建築主-川崎市
◆ 設計者-久米設計
◆ 施工者-大成建設
◆ 竣工-2023年03月31日予定(新本庁舎の完成)、2024年06月下旬予定(広場の完成) 


Kawasakicity171112
「階層構成計画」です。


Kawasakicity171113
「25階平面図」です。360度、ほぼ全周を見る事が出来る「展望ロビー」と「スカイデッキ」が整備されます。これは本当にうれしいですね!


Kawasakicity171114
「断面計画」です。


Kawasakicity171115
「構造計画概要」です。超高層棟の構造は「(地上)鉄骨造、(地下)鉄骨造、鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造」で、基礎工法は「場所打ち鋼管コンクリート拡底杭」です。

 地震対策として、4階下に「免震層」を設ける「中間階免震構造(天然ゴム系積層ゴム支承、鉛プラグ挿入型積層ゴム支承、弾性すべり支承、オイルダンパー)」を採用します。免震下部にも「オイルダンパー、座屈拘束ブレース」を設置します。


Kawasakicity171116
「動線計画」です。


Kawasakicity190811
「川崎市新本庁舎整備事業」の予定地を南西側から見た様子です。手前に「復元棟」、奥に「超高層棟」を建設します。


Kawasakicity190812
「超高層棟」の建設予定地を北東側から見た様子です。


Kawasakicity190815
「第2庁舎」は、解体されて広場が整備されます。



|

2019年11月22日 (金)

小田急電鉄小田原線柿生駅前 地上30階、高さ約110mの「(仮称)柿生駅前南地区第一種市街地再開発事業」

Kawasakikakio191111
-(仮称)柿生駅前南地区第一種市街地再開発事業-

 小田急小田原線の「柿生駅(かきおえき)」周辺の再整備は1980年代から検討が進められている30年来の課題です。特に駅南口は狭小な駅前広場や歩道のない道路といった課題も多い地域です。「川崎市」は、2018年3月に柿生町田線の整備などを含めた「周辺地区まちづくりビジョン」を策定しました。

 「(仮称)柿生駅前南地区第一種市街地再開発事業」は、約300戸の共同住宅や商業機能、バスロータリーを含む広場なども盛り込まれており、長年検討を継続してきた柿生駅周辺の再開発の起爆剤として計画を推進します。

 概要は、地上30階、地下1階、高さ約110m(軒高約105m)、延床面積約37,500㎡(容積対象面積約25.850㎡)、用途は「共同住宅、店舗、駐車場を予定しています。 事業協力者として「フジタ」が参画します。

 引用資料 川崎市(環境アセスメント)
 柿生駅前南地区施設建築物建設計画

柿生駅前南地区施設建築物建設計画の概要
◆ 計画名-(仮称)柿生駅前南地区第一種市街地再開発事業
◆ 所在地-神奈川県川崎市麻生区上麻生五丁目
◆ 交通-小田急小田原線「柿生」駅すぐ
◆ 階数-地上30階、地下1階
◆ 高さ-最高部約110m、軒高約105m
◆ 敷地面積-約5,170㎡
◆ 建築面積-約2,700㎡
◆ 延床面積-約37,500㎡(容積対象面積約25.850㎡)
◆ 構造-(高層棟)鉄筋コンクリート造、(低層棟)鉄骨造
◆ 用途-共同住宅、店舗、駐車場
◆ 総戸数-約300戸
◆ 建築主-柿生駅前南地区市街地再開発準備組合
◆ 事業協力者-フジタ
◆ 着工-2021年04月予定
◆ 竣工-2024年10月予定


Kawasakikakio191112
「立面図(東側)」です。


Kawasakikakio191113
「土地利用計画図」です。


Kawasakikakio191114
「位置図」です。再開発予定地は、小田急小田原線の「柿生駅(かきおえき)」の南口です。



|

2019年8月16日 (金)

川崎市 入札不調により着工が遅れる新本庁舎 地上25階、約116mの「川崎市新本庁舎整備事業」はいつ着工するのか?

Kawasakicity171111
-川崎市新本庁舎整備事業-

 「川崎市」は、戦後急速に発展し人口が急増したため次々と周辺に庁舎を増やしていきました。それだけでは足りず民間のビルを借りています。典型的なタコ足市役所です。

 庁舎機能は、市所有の4棟の庁舎と8棟の民間賃借ビルの計12棟の建物に分散しています。分散化により、行政サービスの低下や庁内執行体制の非効率化が生じており、民間ビルの賃借に伴い多額の賃借料負担が生じています。

 「川崎市」は建て替えにより、新本庁舎と第3庁舎、民間ビル1棟(川崎御幸ビル)の計3棟に機能を集約します。建築史的価値が高いとされる現本庁舎はいったん解体し、1938年に創建された当時の姿の一部を超高層棟の南側に新築して復元します。

 「川崎市役所第2庁舎」は、暫定的な耐震補強工事を実施していますが、抜本的な耐震対策のために建て替えが不可避となっています。第2庁舎は解体し、跡地にイベントが開催できる広場を整備します。

 引用資料 川崎市・公式ホームページ
 本庁舎等の建替えについて

● 川崎市新本庁舎超高層棟新築工事の入札不調
 「川崎市」は「川崎市新本庁舎超高層棟新築工事」の着工を2019年7月を予定していました。しかし、2019年3月8日に入札、2019年月20日に開札の「川崎市新本庁舎超高層棟新築工事」について、建設コストの上昇等により、条件を満たす応札が無かったことから入札不調となりました。

 川崎市 公式ホームページ(PDF:2019/03/25)
 川崎市新本庁舎超高層棟新築工事の入札不調及び関連工事の入札中止について

 川崎市は、設計・積算の一部見直しや見積もり再徴集を行った上で、2019年11月にも再公告する方針です。「川崎市新本庁舎超高層棟新築工事」の契約は当初予定より12カ月遅れの2020年4月になる見通しです。

川崎市新本庁舎整備事業の概要

◆ 所在地-神奈川県川崎市川崎区宮本町1番地 ほか5筆の一部
◆ 階数-地上25階、地下2階
◆ 高さ-最高部116.00m
◆ 事業区域面積-7,833.28㎡
◆ 敷地面積-6,002.11㎡(新本庁舎敷地)、約1,309㎡(第2庁舎跡地広場)
◆ 建築面積-4,355.00㎡
◆ 延床面積-63,200.00㎡(容積率対象面積54,400.00㎡)
◆ 構造-(地上)鉄骨造、(地下)鉄骨造、鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 基礎工法-場所打ちコンクリート拡底杭
◆ 地震対策-中間階免震構造(天然ゴム系積層ゴム支承、鉛プラグ挿入型積層ゴム支承、弾性すべり支承、オイルダンパー)、オイルダンパー、座屈拘束ブレース
◆ 用途-庁舎
◆ 建築主-川崎市
◆ 設計者-久米設計
◆ 着工-2019年07月上旬予定(当初計画)
◆ 竣工-2022年度予定(新本庁舎の完成)、2024年06月下旬予定(広場の完成)
◆ 概算事業費-約440億円(当初計画)


Kawasakicity171112
「階層構成計画」です。


Kawasakicity171113
「25階平面図」です。360度、ほぼ全周を見る事が出来る「展望ロビー」と「スカイデッキ」が整備されます。これは本当にうれしいですね!


Kawasakicity171114
「断面計画」です。


Kawasakicity171115
「構造計画概要」です。超高層棟の構造は「(地上)鉄骨造、(地下)鉄骨造、鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造」で、基礎工法は「場所打ちコンクリート拡底杭」です。

 地震対策として、4階下に「免震層」を設ける「中間階免震構造(天然ゴム系積層ゴム支承、鉛プラグ挿入型積層ゴム支承、弾性すべり支承、オイルダンパー)」を採用します。免震下部にも「オイルダンパー、座屈拘束ブレース」を設置します。


Kawasakicity171116
「動線計画」です。


Kawasakicity190811
「川崎市新本庁舎整備事業」の予定地を南西側から見た様子です。手前に「復元棟」、奥に「超高層棟」を建設します。


Kawasakicity190812
「超高層棟」の建設予定地を北東側から見た様子です。


Kawasakicity190813
内部の様子です。


Kawasakicity190814
旧庁舎地下解体工事を先行!

 既存建物の地上躯体の解体工事はかなり前に終わっています。「旧庁舎地下解体工事」は2019年度に先行して分割発注する予定で、2019年9月にも工事着手する予定です。新築工事着手までに地上躯体の解体工事を完了させておくことで、コスト的リスク要因を減少させるとともに、全体工期の短縮を図ります。


Kawasakicity190815
「第2庁舎」は、解体されて広場が整備されます。



|

2019年8月15日 (木)

東急田園都市線鷺沼駅前 (仮称)鷺沼駅前地区第一種市街地再開発事業 地上37階、高さ約146mと地上20階、高さ約92mの再開発ビルを建設!

Kawasakisaginuma190711
-(仮称)鷺沼駅前地区第一種市街地再開発事業-
 2019年8月13日に川崎市から「(仮称)鷺沼駅前地区第一種市街地再開発事業に係る条例環境影響評価方法書」が公開され、川崎市宮前区の東急田園都市線鷺沼駅(さぎぬまえき)前で計画されている再開発計画の概要が明らかになりました。2019年度中の都市計画決定、2021年度の工事着手を目指しています。

 引用資料 川崎市・公式HP(2019/08/13)
 (仮称)鷺沼駅前地区第一種市街地再開発事業に係る条例環境影響評価方法書

 地上37階、地下2階、最高高さ約146m、延床面積約86,000㎡の「駅前街区」と地上20階、地下2階、最高高さ約92m、延床面積約29,000㎡の「北街区」が建設されます。容積率は500%で、両ビルで合計530戸の共同住宅を計画しています。

 川崎市は再開発に合わせて、宮前区役所と市民館、図書館などを移転する方針を示しており、「駅前街区」のビルの3階~5階部分に「市民館、図書館、ホール」が入る計画となっています。また、「北街区」のビルの2階~5階部分に「区役所」が移転する予定です。

(仮称)鷺沼駅前地区第一種市街地再開発事業の概要
◆ 所在地-神奈川県川崎市宮前区鷺沼三丁目1番2外
◆ 交通-東急田園都市線「鷺沼」駅前
◆ 階数-(駅前街区)地上37階、地下2階、(北街区)地上20階、地下2階
◆ 高さ-(駅前街区)最高部約146m、軒高約140m、(北街区)最高部約92m、軒高約86m 
◆ 敷地面積-(施設全体)約14,850㎡、(駅前街区)約11,170㎡、(北街区)約3,680㎡
◆ 建築面積-(施設全体)約12,300㎡、(駅前街区)約9,150㎡、(北街区)約3,150㎡
◆ 延床面積-(施設全体)約115,000㎡、(駅前街区)約86,000㎡、(北街区)約29,000㎡
◆ 容積対象床面積-(施設全体)約74,250㎡、(駅前街区)約55,850㎡、(北街区)約18,400㎡
◆ 構造-(駅前街区)鉄筋コンクリート造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造、(北街区) 鉄筋コンクリート造
◆ 用途-(駅前街区)商業、業務等、共同住宅、交通広場、(北街区)共同住宅、業務等
◆ 総戸数-(施設全体)約530戸、(駅前街区)約390戸、(北街区)約140戸
◆ 建築主-鷺沼駅前地区再開発準備組合(東急電鉄、JAセレサ川崎、横浜銀行、ほか)  
◆ 都市計画決定-2019年度予定
◆ 着工-2021年度予定


Kawasakisaginuma190712
「航空写真」です。東急田園都市線鷺沼駅(さぎぬまえき)前で計画されています。


Kawasakisaginuma190713
「断面図(南北断面)」です。


Kawasakisaginuma190714
「断面図(東西断面)」です。



|

2019年7月17日 (水)

JR横須賀線「武蔵小杉駅」 混雑緩和に向け「下りホーム」を新設してホームを2面2線化 工事着手前の現状 

Kawasakikosugi190711
-JR横須賀線・武蔵小杉新駅-

 JR横須賀線「武蔵小杉新駅」は、超高層タワーマンションの建設ラッシュでの人口急増に対応するために、2010年3月13日に暫定開業しました。2011年6月25日から本格的に供用開始されました。

● 横須賀線ホームを2面2線化!
 「JR東日本」と「川崎市」は、武蔵小杉駅や駅周辺の混雑緩和に向けた取り組みを進めるため、両者で覚書を締結しました。横須賀線ホームは、現在は島式1面2線です。現在の横須賀線ホームの東側に、新たに「下り専用ホーム」を新設します。現在のホームは「上り専用ホーム」とし、2面2線化します。事業費は、「JR東日本」が負担します。

 引用資料 JR東日本(PDF:2018/07/17)
 JR横須賀線武蔵小杉駅及び駅周辺の混雑緩和に向けた取組を進めます

 新しい「改札口」を横須賀線側施設の東京寄りに設置します。駅構内と駅周辺の歩行者を分散することによる混雑緩和や、南武線北側からのアクセス性の向上を図ります。新改札口の設置にかかる事業費は、「川崎市」が負担します。

 横須賀線ホームの2面2線化は、2023年度の供用開始を目指します。また、新規改札口は、ホーム新設後の供用開始とします。


Kawasakikosugi180711
「計画概要図」です。


Kawasakikosugi190712
「湘南新宿ライン」の電車が次々とやってきます。


Kawasakikosugi190713
「横須賀線」の電車も次々とやってきます。


Kawasakikosugi190714
ホーム北端です。JR横須賀線「武蔵小杉新駅」は、島式1面2線です。本来なら島式2面4線で整備されるべきでしたが、西側が「東海道新幹線」、東側が「NEC玉川事業場」となっており、その間の狭い場所に建設されたため島式1面2線となりました。


Kawasakikosugi190715
西側を「東海道新幹線」がガンガン走っていきます。西側の「東海道新幹線」側には、ホームを新設するスペースがありません。


Kawasakikosugi190716
そのため、東側の「NEC玉川事業場」側のフェンスの更に東側に、「下り専用ホーム」を新設します。現在のホームは「上り専用ホーム」となります。


Kawasakikosugi190717
このあたりに新規改札口を設置します。


Kawasakikosugi190718
ホームはかなり湾曲しています。


Kawasakikosugi190719
南側から見た様子です。


Kawasakikosugi190720 
ホームの幅は結構広いですが、朝のラッシュ時には乗降客であふれ返ります。今回はJR川崎駅前のホテルを拠点として撮影したので、社会勉強と思って1度朝のラッシュ時にJR横須賀線「武蔵小杉駅」に行ってみました。凄まじい混雑で面食らってしまいました(笑)。朝はとても撮影出来るような状態ではかなったので、撮影は午後の空いている時に行いました。


Kawasakikosugi190721
ホーム南側には、西側の「東海道新幹線」との間に結構広いスペースがあります。しかし、ホーム北側にはスペースが無いため、西側にホームを新設するのは不可能です。



|

2019年7月 1日 (月)

「羽田空港」の多摩川対岸 川崎市が開発を進める「キング スカイフロント」 「(仮称)殿町プロジェクトIII新築工事」の建設現場

Kawasakikingskyfront190111
-(仮称)殿町プロジェクトIII新築工事-

 「羽田空港」の多摩川対岸「川崎区殿町地区」に川崎市が開発を進める「キング スカイフロント」は、世界的な成長が見込まれる健康・医療・福祉、環境分野を中心に、世界最高水準の研究開発から新産業創出を目指す地域です。既に70近い企業や国立研究機関、大学などが進出および進出を表明しています。

 「国土交通省」は、都市再生特別措置法に基づき、「大和ハウス工業、芙蓉総合リース」が手掛ける「(仮称)殿町プロジェクトIII新築工事」を民間都市再生事業計画に認定しています。

 引用資料 国土交通省(2019/02/05)
 民間都市再生事業計画((仮称)殿町プロジェクト3)新築工事)を認定 ~羽田空港近接地に最先端のイノベーション創出拠点を形成~

 「(仮称)殿町プロジェクトIII新築工事」は、主にライフサイエンス・環境分野の最先端技術を持つ企業や研究機関を誘致して国内外の雇用を促進すると共に、先端産業の集積・発信拠点を整備することで経済成長や国際競争力の強化に資する拠点形成を図りますまた公園や緑地など施設利用者や近隣住民などの憩いの場となる公園や緑地も整備します。

● Shimadzu Tokyo Innovation Plaza
 「(仮称)殿町プロジェクトIII新築工事」の一部である床面積約9,549㎡には、「島津製作所」の「Shimadzu Tokyo Innovation Plaza」が進出します。

 島津製作所 プレスリリース(2019/01/15)
 
川崎市に計測事業の新拠点を創設 羽田空港に近い好立地でオープンイノベーションを加速

 好立地を生かして、国内外の顧客や近隣の研究機関とともに、先端分析手法の開発およびSolutionの提供、共同研究推進、さらには国際的な学会や学術会議、セミナーを招聘して、新たな知の創造・交流空間を目指していきます。

(仮称)殿町プロジェクトIII新築工事の概要
◆ 所在地-神奈川県川崎市川崎区殿町三丁目101-1他
◆ 階数-地上4階、地下0階
◆ 高さ-23.74m
◆ 敷地面積-14,675.32㎡
◆ 建築面積-6,202.83㎡
◆ 延床面積-22,027.23㎡
◆ 構造-鉄骨造
◆ 基礎工法-既成コンクリート杭
◆ 用途-オフィス
◆ 建築主-大和ハウス工業、芙蓉総合リース
◆ 設計者・監理者-大和ハウス工業
◆ 施工者-大和ハウス工業
◆ 着工-2019年01月10日
◆ 竣工-2020年01月20日予定


Kawasakikingskyfront190112
「(仮称)殿町プロジェクトIII新築工事」のイメージです。


Kawasakikingskyfront190113
(仮称)Dプロジェクト川崎殿町

 「大和ハウス工業」は、殿町地区のうち、「A地区」と呼ばれる約46,300㎡で「(仮称)Dプロジェクト川崎殿町」の計画を進めています。

 引用資料 大和ハウス工業・公式ホームページ
 (仮称)Dプロジェクト川崎殿町(殿町プロジェクト)のご紹介


Kawasakikingskyfront190114
大和ハウス工業が計画している「(仮称)Dプロジェクト川崎殿町」の中で、「(仮称)殿町プロジェクトIII新築工事」は最大規模になります。


Kawasakikingskyfront190115
殿町国際戦略拠点キング スカイフロント
 
「川崎市川崎区殿町地区」の配置図です。近くには巨大な物流倉庫「ヨドバシカメラアッセンブリーセンター川崎」があります。


Kawasakikingskyfront190711
「(仮称)殿町プロジェクトIII新築工事」の建設現場を北側から見た様子です。


Kawasakikingskyfront190712
南西側から見た様子です。


Kawasakikingskyfront190713
仮囲いの透明なアクリル板から内部を覗いてみました。「既成コンクリート杭」が並べられていました。基礎工法は「既成コンクリート杭」である事が分かります。


Kawasakikingskyfront190714
「三点式パイルドライバ」で、「既成コンクリート杭」を建込んでいます。  


Kawasakikingskyfront190715
南東側から見た様子です。


Kawasakikingskyfront190716
竣工済みの「ⅡA棟、ⅡB棟、Ⅰ棟」です。


Kawasakikingskyfront190717
「(仮称)殿町プロジェクトIII新築工事」の事業計画のお知らせです。



|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

101 テレビドラマ・映画ロケ地めぐり 102 経済ニュース 103 いろいろなランキング 104 鉄道(新線・高架化・複々線化、その他) 105 大学キャンパスめぐり 106 巨大工場めぐり 107 巨大スタジアム・ホール・展示場めぐり 108 大規模商業施設めぐり 121 東京都・千代田区① 121 東京都・千代田区② 122 東京都・港区① 122 東京都・港区② 123 東京都・中央区 124 東京都・新宿区 125 東京都・渋谷区 126 東京都・豊島区 127 東京都・江東区 128 東京都・品川区 129 東京都・目黒区 130 東京都・文京区 131 東京都・台東区 132 東京都・荒川区 133 東京都・墨田区(東京スカイツリー) 134 東京都・中野区 135 東京都・世田谷区 136 東京都・大田区 137 東京都・練馬区 143 東京都・23区内その他 151 東京都・ 23区以外 201 神奈川県・横浜市 202 神奈川県・川崎市 203 神奈川県・その他 231 千葉県・千葉市 232 千葉県・浦安市 233 千葉県・成田市(成田空港) 234 千葉県・湾岸部 235 千葉県・内陸部 251 埼玉県・さいたま市 252 埼玉県・川口市 253 埼玉県・所沢市 254 埼玉県・その他 271 茨城県 281 栃木県 282 群馬県 311 大阪市・北部 312 大阪市・中部 313 大阪市・南部 314 大阪市・湾岸部 321 大阪府・堺市 325 大阪府・その他 351 兵庫県・神戸市 355 兵庫県・尼崎市 356 兵庫県・西宮市 357 兵庫県・芦屋市 359 兵庫県・その他 401 空撮じゃないけれど 札幌市編 411 空撮じゃないけれど 仙台市編 501 空撮じゃないけれど 香港(ホンコン)編 511 空撮じゃないけれど 澳門(マカオ)編 601 ちょっとひと休み