127 東京都・江東区

2018年3月 6日 (火)

江東区潮見二丁目 JR京葉線潮見駅前 延床面積約33,450㎡、客室数605室の「プリンスホテル」を建設!

Tokyoprincehotels180311
-江東区潮見にプリンスホテル-

 「プリンスホテル」は、「有限会社潮見ランドパーク」が東京都江東区潮見で開発するホテル事業の運営受託に関する契約を締結し、2020年夏に新規ホテルを開業する予定です。

 引用資料 プリンスホテル(PDF:2018/02/27)
 東京湾岸エリア「江東区潮見」で約600室規模の新規ホテルの運営を受託

 ホテル最寄駅であるJR京葉線「潮見駅」は、「東京駅」と「舞浜駅」の中間地点に位置するため多くの観光 客の利用が見込まれるほか、東京国際フォーラム・東京ビッグサイト・幕張メッセなどの大型イベント施設へのアクセスもよく、ビジネス客の利用も見込まれます。

 「プリンスホテル」は、地上11階、延床面積約33,450㎡、605室の客室、約400席のレストランを有するホテルの運営を受託します。

江東区潮見二丁目のプリンスホテルの概要
◆ 所在地-東京都江東区潮見二丁目2番2号(地番)
◆ 交通-JR京葉線潮見駅から徒歩約1分
◆ 階数-地上11階
◆ 高さ-(不明)
◆ 敷地面積-約10,400㎡
◆ 延床面積-約33,450㎡
◆ 用途-ホテル
◆ 客室数-605室
◆ 付帯施設-レストラン(約400席) ほか
◆ 事業主-有限会社潮見ランドパーク
◆ 運営-社プリンスホテル(運営形態 運営受託方式)
◆ 着工-2018年07月予定
◆ 開業-2020年夏予定


Tokyoprincehotels180312
「プリンスホテル」のプレスリリースに地図が載っていないので、正確な場所が分かりません。Googleマップで「東京都江東区潮見二丁目2番2号」を検索すると矢印の区画がヒットします。

 この場所で間違いないと思いますが、違っているかもしれません。いずれにしても「JR京葉線潮見駅から徒歩約1分」なのですぐ近くです。


Tokyoprincehotels180313
「東京都江東区潮見二丁目2番2号」を別角度から見た様子です。


Tokyoprincehotels180314
「東京都江東区潮見二丁目2番2号」のアップです。ビルヲタには有名な「久米設計」の本社ビルの隣です。



|

2018年2月23日 (金)

江東区 地上33階、高さ約114m「(仮称)有明北2-1-A街区開発計画」の建設予定地

Tokyoariake170611
-(仮称)有明北2-1-A街区開発計画-

 「東京建物」は、江東区有明一丁目に地上33階、地下1階、高さ約114mの超高層ワーマンション「(仮称)有明北2-1-A街区開発計画」を建設します。

 引用資料 建設通信新聞( 2017/06/22) リンク切れ
 3.1万㎡、18年8月着工/免震構造を採用/東京建物 有明北2-1-A街区計画 

 建設予定地は、「補助315号線(豊洲・有明連絡道路)」沿いで、「有明スポーツセンター」の北側、「ブリリア有明シティタワー」の南側になります。

 「有明北2-1街区」の東南に位置する敷地面積約4,900㎡で、敷地西側に超高層タワーマンションを建設し、東側の約1,000㎡は交流広場とします。
 建物は免震構造を採用し、1階にカフェ、2階には保育所や地域サークル活動室などの地域貢献施設、シェアオフィスなどを整備します。

 このあたりの超高層タワーマンションは、最高部が119m台、軒高が114m台の物件が多いので、塔屋を含む最高部は119m台の可能性が高いです。

(仮称)有明北2-1-A街区開発計画の概要
◆ 所在地-東京都江東区有明一丁目
◆ 階数-地上33階、地下1階
◆ 高さ-約114m
◆ 敷地面積-約4,900㎡
◆ 延床面積-約31,000㎡
◆ 構造-鉄筋コンクリート造
◆ 地震対策-免震構造
◆ 用途-共同住宅、商業、保育施設、地域貢献施設、シェアオフィス、駐車場
◆ 総戸数-約300戸
◆ 延床面積-東京建物
◆ 着工-2018年08月予定
◆ 竣工-2021年03月予定


Tokyoariake170612
「整備計画図」です。


Tokyoariake180211
「(仮称)有明北2-1-A街区開発計画」の建設予定地です。


Tokyoariake180212
東側から見た様子です。奥の建物は「ヤマト運輸」の物流倉庫です。当面はお台場方向の眺望も安泰です。


Tokyoariake180213
北東側から見た様子です。


Tokyoariake180214
ブリリア有明シティタワー

 すぐ北側には「ブリリア有明シティタワー」が建っています。地上33階、塔屋1階、地下1階、高さ(最高部119.40m、軒高114.4m)、総戸数600戸(他に保育所1区画)の超高層タワーマンションです。


Tokyoariake180215
マクラーレン東京 テクニカルセンター

 「ブリリア有明シティタワー」のすぐ南東側には、「マクラーレン」の日本正規ディーラーである「エムティーインターナショナル」が運営する「マクラーレン東京」のサービスセンター「マクラーレン東京 テクニカルセンター」があります。


|

2018年2月22日 (木)

有明一丁目に誕生した「ユニクロ」の新拠点 ユニクロ シティ トウキョウ(UNIQLO CITY TOKYO)

Tokyouniqlo180211
-ユニクロ シティ トウキョウ-

 「UR都市機構東日本都市再生本部」は、江東区有明一丁目の「江東区有明北地区(1街区)」の譲渡先を「大和ハウス工業」に決定していました。譲渡価額は421億7000万円(坪単価約384万円)と高額でした。

 「大和ハウス工業」と「ファーストリテイリング」は、東京都江東区有明一丁目に、ファーストリテイリング専用物流倉庫を建設しました。

 「ファーストリテイリング」は、ユニクロの有明新本部「ユニクロ シティ トウキョウ」を2017年2月に稼働させました。建物の1~4階と5階の半分が「有明倉庫」で、5階の残り半分は都内湾岸エリアから移設したユニクロの仮想店舗です。

● 有明本部(Ariake Office)
 「有明本部(Ariake Office)」は6階にあります。オフィスの面積は約16,500㎡です。エリアはほとんど壁で仕切らず、開放的な雰囲気となっています。
  ミッドタウン・タワーの「東京本部(Tokyo Office)」約2,000人の社員のうち、ユニクロの商品開発や物流などの担当社員1,000人が2017年2月に移動しました。

 ちなみにユニクロの拠点は、「東京本部(Tokyo Office)」と「有明本部(Ariake Office)」ですが、「本社(Head Office)」は、現在でも 山口県山口市にあります。

ユニクロ シティ トウキョウの概要
◆ 計画名-(仮称)Dプロジェクト有明Ⅰ新築工事
◆ 所在地-東京都江東区有明一丁目6-7
◆ 階数-地上6階、地下0階
◆ 高さ-最高部48.300m、軒高44.360m
◆ 敷地面積-36,309.00㎡
◆ 建築面積-19,546.78㎡
◆ 延床面積-113,148.63㎡
◆ 構造-鉄筋コンクリート造+鉄骨造
◆ 基礎工法-杭基礎
◆用途-倉庫、オフィス
◆ 建築主-ディエイチ・ディベロップメント・ワン特定目的会社
◆ 設計者・監理者-大和ハウス工業
◆ 施工者-大和ハウス工業
◆ 着工-2014年11月15日
◆ 竣工-2016年04月08日(工事完了)
◆ 可動-2017年02月(ユニクロ シティ トウキョウ)


Tokyouniqlo180212
「ユニクロ シティ トウキョウ(UNIQLO CITY TOKYO)」です。「有明本部(Ariake Office)」は6階にあります。


Tokyouniqlo180213
「ユニクロ+大和ハウス工業」のロゴです。


Tokyouniqlo180214
道路を挟んだ東側では、大和ハウス工業により「(仮称)Dプロジェクト有明Ⅱ新築工事」が建設中です。


Tokyouniqlo180215
「(仮称)Dプロジェクト有明Ⅱ新築工事」の建築計画のお知らせです。用途は「スポーツ練習場、保育所、飲食店、店舗」となっています。



|

2018年2月20日 (火)

豊洲ぐるり公園 レインボーブリッジも一望出来る素敵な公園 開場予定の「豊洲市場」の西端にひっそりと開園

Tokyotoyosu180211
-豊洲ぐるり公園-

 「豊洲市場」は、すったもんだがありまして当初は2016年11月7日に開場予定でしたが、2018年10月11日と約2年開場が延期になりました。この2年間はいったい何だったのでしょうか?

 開場予定の「豊洲市場」の西端にひっそりと「豊洲ぐるり公園」が開園しているのをご存知でしょうか? なかなか素敵な公園なので、「豊洲市場」が開場すると賑わうと思います。

 「豊洲ぐるり公園」は、約8.5ha(市場部分を除く)という江東区立公園の中でも広大な面積を誇る公園で、水際では散歩やランニング等を楽しむことができ、豊洲六丁目先端部ではレインボーブリッジ等を一望できます。2017年7月7日に一部開園したようです。


Tokyotoyosu180212
名称は「豊洲ぐるり公園」です。


Tokyotoyosu180213
「施設位置図」です。「豊洲ぐるり公園」は、豊洲六丁目をぐるりと囲んでいます。

 引用資料 江東区・公式ホームページ
 豊洲ぐるり公園


Tokyotoyosu180214
「芝生」の植栽がありいい感じです。


Tokyotoyosu180215
高台の部分には「芝生」がありません。先端部ではレインボーブリッジ等を一望できます。


Tokyotoyosu180216
汚れていた謎の塔も美装化されました。この塔は、東京ガスのガバナステーションの「放散塔」です。ガスホルダーやガバナステーションなどガス供給設備に設置され、地震などの緊急時にガスを安全に上空に放散するための塔です。


Tokyotoyosu180217
知らなかったのですが、「SKYZ TOWER&GARDEN(スカイズ タワー&ガーデン)」近くの護岸部も「豊洲ぐるり公園」のようです。



|

2017年12月21日 (木)

東京ビッグサイト(東京国際展示場) 「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向けて、「東京国際展示場(28)増築工事」が本格化!

Tokyobigsight16061
-東京ビッグサイト(東京国際展示場)-

 東京都財務局は、江東区有明にある「東京ビッグサイト(東京国際展示場)」の「東京国際展示場(28)増築工事」の一般競争入札(WTO対象)を行い、306億円で「清水建設・錢高組・村本建設・共立建設JV」に決定しています。

 引用資料 東京都・公式ホームページ(PDF)
 東京ビッグサイトの計画の目的及び内容 

 増築後の「東京ビッグサイト」は、2020年東京大会において「IBC(国際放送センター)、MPC(メインプレスセンター)」として利用される計画となっています。

 東京ビッグサイトは国内最大となる約80,000㎡の総展示面積を有する展示会場です。増築棟が完成すると展示面積約20,000㎡が追加されて、総展示面積約100,000㎡となります。世界標準の最低ラインである100,000㎡になんとか到達します。

東京ビッグサイト増築棟の概要
◆ 計画名-東京国際展示場(28)増築工事
◆ 所在地-東京都江東区有明三丁目11-1ほか
◆ 階数-地上7階、地下0階
◆ 高さ-最高部約40m
◆ 敷地面積-131314.85㎡(施設全体)、約33,000㎡(増築棟)
◆ 建築面積-26,069.37㎡(増築棟)
◆ 延床面積-66,495.10㎡(増築棟)
◆ 構造-鉄骨造
◆ 基礎工法-鋼管杭、既製コンクリート杭
◆ 用途-展示場
◆ 建築主-東京都
◆ 設計者-佐藤総合計画
◆ 施工者-清水建設・錢高組・村本建設・共立建設JV
◆ 着工-2017年01月01日
◆ 竣工-2019年06月30日予定


Tokyobigsight16062
「位置図」です。


Tokyobigsight16063
「緑地計画図」です。


Tokyobigsight171211
「東京ビッグサイト(東京国際展示場)」です。


Tokyobigsight171212
「ゆりかもめ」の車窓から見た様子です。


Tokyobigsight171213
「東京国際展示場(28)増築工事」の建設現場です。


Tokyobigsight171214
少し角度を変えた様子です。



|

2017年12月 1日 (金)

江東区 地上50階、高さ約180mの「(仮称)豊洲地区1-1街区開発計画」 都市計画決定 & 完成予想図を公開!

Tokyotoyosu171211
-(仮称)豊洲地区1-1街区開発計画-

 「豊洲地区1-1街区」は、「東電堀」近くの「豊洲西小学校」と「新交通ゆりかもめ」の高架橋に挟まれた敷地面積約24,300㎡の広大な敷地です。

 「東急不動産、NIPPO、大成有楽不動産」が、東京都江東区豊洲五丁目で計画中の「(仮称)豊洲地区1-1街区開発計画」が、2017年11月30日に、都市計画決定が告示さました。

 引用資料 東急不動産(2017/11/30)
 ~新たな都心居住のモデルとなる、うるおいとにぎわいある水辺のライフスタイルを創出~ (仮称)豊洲地区1-1街区開発計画 都市計画決定 2021年度 完成予定 

(仮称)豊洲地区1-1街区開発計画の概要
◆ 所在地-東京都江東区豊洲五丁目1号
◆ 交通-東京メトロ有楽町線「豊洲」駅徒歩4分
◆ 階数-(住宅棟)地上50階、地下1階、(生活利便施設棟)地上2階、地下0階、(保育所棟)地上2階、地下0階
◆ 高さ-(住宅棟)約180m、(生活利便施設棟)約10m、(保育所棟)約10m
◆ 敷地面積-約24,300㎡
◆ 延床面積-約148,000㎡(B街区全体)、約145,000㎡(住宅棟)、約1,600㎡(生活利便施設棟)、約1,400㎡(保育所棟)
◆ 用途-共同住宅、店舗、保育所
◆ 総戸数-約1,230戸
◆ 建築主-東急不動産、NIPPO、大成有楽不動産
◆ 都市計画決定-2017年11月30日
◆ 着工-2018年度予定
◆ 竣工-2021年度予定


Tokyotoyosu171212
「配置図」です。「(仮称)豊洲地区1-1街区開発計画」は、「A街区」と「B街区」に分かれます。


Tokyotoyosu171213
「位置図」です。


Tokyotoyosu171214
住宅棟・保育所棟

 地上50階、地下1階、高さ約180m、延床面積約145,000㎡、総戸数約1,230戸の「住宅棟」の建設予定地です。写真右側の奥に、地上2階、延床面積約1,400㎡の「保育所棟」が建設されます。


Tokyotoyosu171215
奥に見えるのが「豊洲西小学校」です。居住人口の増加に伴い小学校施設が不足するため、3社は敷地東側の「豊洲西小学校」に隣接する敷地約2,6000㎡を江東区に譲渡し、江東区が校舎を増築する予定です。


Tokyotoyosu171216
生活利便施設棟

 敷地の南西側に、地上2階、延床面積約1,600㎡の「生活利便施設棟」が建設される予定です。


Tokyotoyosu171217
B街区(豊洲変電所)
 敷地の北端に東京電力の「豊洲変電所」があります。この部分が「B街区」となります。「豊洲変電所」は、地下変電所に建て替えられる予定です。



|

2017年11月18日 (土)

国家戦略特区「(仮称)有明北3-1地区」 高さ約119mのトリプルタワーマンション「シティタワーズ東京ベイ」

Tokyoariake170611
-(仮称)有明北3-1地区-
 「住友不動産」は、「ARIAKE Garden City~住・商・業・文化が複合したまちづくり~」で、総事業費約1028億円(用地代含む)を投じ、住宅や大型ショッピングセンターなど総延床面積約28万㎡超の大規模開発を行い、2015年年1月の一部開業を目指す予定でした。

 リーマンショックなどもあり、計画が凍結されていましたが、総延床面積約46万㎡超と更に規模を拡大して、超巨大プロジェクトが動き出しました。全体での工期は、2016年10月~2026年3月中旬(予定)と10年近くに及びます。

● シティタワーズ東京ベイ
 最初に南側の「3-1-A街区」が着工されました。「(仮称)東京ベイ トリプルタワープロジェクト」として、公式ホームページがオープンしていましたが、正式名称が「シティタワーズ東京ベイ」に決定しています。

 引用資料 公式ホームページ
 シティタワーズ東京ベイ 

 「ウエストタワー、セントラルタワー、イーストタワー」の3棟が建設されます。全体での延床面積は160,823.83㎡(ペデストリアンデッキ318.86㎡を含む)で、共同住宅、商業、駐車場、幼保連携型認定こども園等で構成されます。共同住宅の総戸数は1,539戸となります。

シティタワーズ東京ベイの概要
◆ 計画名-(仮称)有明北3-1地区(3-1-A街区)計画
◆ 所在地-東京都江東区有明二丁目1番210、211、219、235、238、239(地番)他
◆ 交通-交通東京臨海高速鉄道りんかい線「国際展示場」駅から徒歩4分、ゆりかもめ「有明」駅から徒歩3分
◆ 階数-(ウエストタワー)地上32階、 搭屋2階、地下1階、(セントラルタワー)地上33階、 搭屋2階、地下0階、(イーストタワー)地上33階、 搭屋2階、地下0階
◆ 高さ-最高部118.97m、軒高113.87m
◆ 敷地面積-32,627.38㎡(ペデストリアンデッキ敷地2,415.68㎡を含む)、販売対象面積30,862.12㎡
◆ 建築面積-11,220.15㎡(ペデストリアンデッキ1,130.66㎡を含む)
◆ 延床面積-160,823.83㎡(ペデストリアンデッキ318.86㎡を含む)、販売対象面積160,504.97㎡
◆ 構造- 鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
◆ 基礎工法-場所打ち鋼管コンクリート拡底杭(110本)
◆ 地震対策-免震構造(積層ゴム、ダンパー等)
◆ 用途- 共同住宅、商業、駐車場、幼保連携型認定こども園等
◆ 総戸数-1,539戸(施設全体)
◆ 事業主-住友不動産
◆ 設計者・監理者-前田建設工業
◆ 施工者-前田建設工業
◆ 着工-2016年10月15日
◆ 竣工-2019年07月下旬予定
◆ 入居開始-2020年04月下旬予定(家族に江東区立の小学校および中学校に通学を希望する児童・生徒がいる購入者は2020年03月下旬予定)


Tokyoariake15092
配置図です。「3-1-A街区」の「シティタワーズ東京ベイ」は街区の南側に建設されます。

 引用資料 首相官邸・内閣府(PDF:2015/08/31)
 資料8 都市計画(素案)臨海副都心有明北地区


Tokyoariake171111
「シティタワーズ東京ベイ」の全景です。街区の南東側に「首都高速道路湾岸線」と「国道357号」が走っています。将来的にも眺望は安泰です。


Tokyoariake171112
南西側から見た様子です。


Tokyoariake171113
「ウエストタワー」の建設現場です。


Tokyoariake171114
鉄筋を「地組(じぐみ)」しています。


Tokyoariake171115
職人技ですね!


Tokyoariake171116
「ウエストタワー」の東側に建設されている鉄骨造の建物は、地上3階、搭屋1階、地下1階の「共用棟」だと思われます。


Tokyoariake171117
「セントラルタワー」の建設現場です。


Tokyoariake171118
南東側から見た様子です。


Tokyoariake171119
「イーストタワー」の建設現場です。


Tokyoariake171120
一番東側に建設されているのは、地上3階、搭屋1階、地下1階の「駐車場棟」だと思われます。


Tokyoariake171126
「(仮称)有明北3-1地区(3-1-A街区)計画」の建築計画のお知らせです。高さが最高部119.40m、軒高114.30mから最高部118.97m、軒高113.87mに変更になっていました。


Tokyoariake171122
「区画道路17号」を西側から見た様子です。現在は工事車両のみ通行出来ます。


Tokyoariake171123
「3-1-B街区」の工事も始まっています。


Tokyoariake171124
「区画道路17号」を東側から見た様子です。


Tokyoariake171125
2022年10月着工予定の「3-1-C街区」です。



|

2017年11月 1日 (水)

地上36階、高さ約180mの「(仮称)豊洲二丁目駅前地区第一種市街地再開発事業 2‐1街区 AC棟」 2017年9月末の建設状況

Tokyotoyosu161211
豊洲二丁目駅前地区第一種市街地再開発事業-
 「三井不動産」は、豊洲二丁目駅前地区で推進中の「(仮称)豊洲二丁目駅前地区第一種市街地再開発事業 2-1街区 新築工事」の「AC棟」を2016年12月1日に着工し起工式を執り行いました。

 引用資料 三井不動産(2016/12/01)
 「(仮称)豊洲二丁目駅前地区第一種市街地再開発事業2‐1街区 AC棟」着工 ~BCPを強化するエネルギーセンターを備えた、オフィス、商業、ホテルのミクストユースの大規模再開発~

 敷地面積27,831.65㎡(2-1街区全体)の広大な敷地に2016年12月1日に着工した「AC棟」と2017年12月に着工予定の「B棟」を建設します。
 総延床面積約259,000㎡と、都内湾岸エリアにおける新たなランドマークとなる、豊洲エリア最大規模のプロジェクトとなります。

豊洲二丁目駅前地区(2-1街区・AC棟)の概要
◆ 計画名-(仮称)豊洲二丁目駅前地区第一種市街地再開発事業 2-1街区 新築工事 AC棟
◆ 所在地-東京都江東区豊洲二丁目15番12
◆ 交通-東京メトロ有楽町線「豊洲」駅、ゆりかもめ「豊洲」駅直結 
◆ 階数-地上36階、塔屋1階、地下2階
◆ 高さ-最高部約180m
◆ 敷地面積-27,831.65㎡(施設全体)、19,127.66㎡(AC棟)
◆ 建築面積-約9,300㎡(AC棟)
◆ 延床面積-約259,000㎡(施設全体)、約184,000㎡(AC棟)
◆ 構造-鉄骨造
◆ 基礎工法-杭基礎工法
◆ 地震対策-中間階免震構造
◆ 用途-オフィス、商業、ホテル、自動車車庫、エネルギー供給施設
◆ 客室数-約225室(三井不動産グループ直営のホテル)
◆ 建築主-三井不動産
◆ 都市計画・基本計画・監理-日建設計
◆ 設計者-大成建設
◆ 施工者-大成建設
◆ 着工-2016年12月01日
◆ 竣工-2020年04月予定
◆ オープン-2020年06月下旬予定(ホテル)、2020年度上期(商業施設)

豊洲二丁目駅前地区(2-1街区・B棟)の概要
◆ 計画名-(仮称)豊洲二丁目駅前地区第一種市街地再開発事業 2-1街区 新築工事 B棟
◆ 所在地-東京都江東区豊洲二丁目15番12
◆ 交通-東京メトロ有楽町線「豊洲」駅、ゆりかもめ「豊洲」駅直結 
◆ 階数-地上24階、塔屋1階、地下1階
◆ 高さ-最高部約125m
◆ 敷地面積-27,831.65㎡(施設全体)、8,055.02㎡(B棟)
◆ 建築面積-約3,640㎡(B棟)
◆ 延床面積-約259,000㎡(施設全体)、約75,000㎡(B棟)
◆ 構造-鉄骨造
◆ 基礎工法-杭基礎工法
◆ 地震対策-中間階免震構造
◆ 用途-オフィス、自動車車庫
◆ 建築主-三井不動産
◆ 都市計画・基本計画・監理-日建設計
◆ 設計者-大成建設
◆ 施工者-大成建設
◆ 着工-2017年12月予定
◆ 竣工-2020年度下期予定


Tokyotoyosu161212
「A棟」の外観パースです。「A棟」のオフィスは、基準階専有面積が約3,300㎡(約1,000坪)という大規模フロアプレートを実現しています。

 ホテルゾーンは、「A棟」の上層部(33階~36階)に設置し、三井不動産グループ直営のホテルを計画しています。客室数は約225室を予定しています。


Tokyotoyosu161213
「用途構成図」です。「A棟」と「B棟」は、地震対策として「中間階免震構造」を採用している事が分かります。「C棟」には、開発区域内外に「電気」と「熱」を供給するエネルギーセンターが設置されます。


Tokyotoyosu161214
「敷地配置図」です。


Tokyotoyosu161215
「周辺施設との接続」です。「アーバンドック ららぽーと豊洲」と2ヶ所、「豊洲シビックセンター」と1ヶ所、2階デッキで接続されます。「豊洲公園」とはブリッジで接続されます。


Tokyotoyosu171111
「豊洲シビックセンター」の2階デッキから見た「(仮称)豊洲二丁目駅前地区第一種市街地再開発事業 2-1街区 新築工事 AC棟」の建設現場です。


Tokyotoyosu171112
東側が「A棟」の建設現場です。


Tokyotoyosu171113
中央が「C棟」の建設現場です。


Tokyotoyosu171114
「AC棟」は、「逆打ち工法」を採用しています。「逆打ち工法」では最初に1階床を構築します。


Tokyotoyosu171115
1階床から地下を掘削中です。


Tokyotoyosu171116
敷地西側です。


Tokyotoyosu171117
西側が「B棟」の建設予定地です。2017年12月着工予定です。「B棟」は、地下1階しかないので、「順打ち工法」を採用すると思われます。


Tokyotoyosu171118
東側の「交通広場」です。



|

2017年10月18日 (水)

江東区 ゆりかもめの市場前駅前 「清水建設」が、総延床面積約116,000㎡のオフィスとホテルを開発!

Tokyotoyosu171011
豊洲六丁目の4-2街区・4-3街区-
 「清水建設」は、江東区の新交通ゆりかもめ「市場前駅」前で、総延床面積約116,000㎡のオフィスとホテルを開発します。2019年3月の着工、2021年3月末の竣工を目指します。

 引用資料 日刊建設工業新聞(2017/10/17)
 清水建設/市場前駅前(東京都江東区)でオフィスとホテル開発/自社で19年3月着工

 引用資料 建設通信新聞(2017/10/17)
 2棟総延べ11.6万㎡/豊洲に事務所、ホテル 19年3月着工/清水建設

 計画地は、ゆりかもめ「市場前駅」の北西側に位置する「4-2街区(敷地面積約16,170㎡)」と「4-3街区(敷地面積約8,300㎡)」です。市場前駅側の4-2街区に「オフィス棟」、豊洲大橋側の4-3街区に「ホテル棟」を建設します。

 「オフィス棟」は、地上11階、塔屋1階、延床面積約84,000㎡で、国際的なビジネス拠点となる1フロア当たり約6,600㎡の大規模オフィスとする計画です。「ホテル棟」は、地上14階、塔屋1階、延床面積約32,000㎡で、約500~600室の客室を設ける予定です。

 「環状2号線」沿いに歩道状空地を設け、歩道と一体となった歩行者空間の創出に取り取り組みます。ゆりかもめ「市場前駅」と「歩行者デッキ」で接続し、回遊性を確保します。

豊洲六丁目の4-2街区・4-3街区の概要
◆ 所在地-東京都江東区豊洲六丁目(4-2街区、4-3街区)
◆ 交通-ゆりかもめ「市場前」駅直結
◆ 階数-(オフィス棟)地上11階、塔屋1階、(ホテル棟)地上14階、塔屋1階
◆ 敷地面積-(オフィス棟)約16,170㎡、(ホテル棟)約8,300㎡
◆ 延床面積-(オフィス棟)約84,000㎡、(ホテル棟)約32,000㎡
◆ 構造-鉄骨造
◆ 用途-オフィス、ホテル
◆ 客室数-約500~600室
◆ 建築主-清水建設
◆ 設計者-清水建設
◆ 施工者-清水建設
◆ 都市計画決定-2018年06月予定
◆ 着工-2019年03月予定
◆ 竣工-2021年03月末予定


Tokyotoyosu171012
「ホテルの完成イメージ」です。


Tokyotoyosu171019
「開発位置図」です。


Tokyotoyosu171014
ゆりかもめ「市場前駅」から見た開発予定地です。そろそろ開発されるかな? と思って今回撮影しておきました。手前の市場前駅側が「4-2街区」、奥が「4-3街区」です。


Tokyotoyosu171015
環状2号線の「豊洲大橋」です。現在は工事関係車両のみ通行可能となっています。豊洲大橋側の「4-3街区」にホテル棟が建設されます。


Tokyotoyosu171016
街区の東側には、「東京ガス豊洲スマートエネルギーセンター」があります。


Tokyotoyosu171017
ゆりかもめ「市場前駅」の南西側には、「豊洲新中央卸売市場」の開業に備えて、長方形の大規模な「歩行者デッキ」が整備されています。「オフィス棟」は、「歩行者デッキ」と直結します。


Tokyotoyosu171018
ゆりかもめ「市場前駅」から、「歩行者デッキ」へ接続する通路のシャッターは閉じられています。「豊洲新中央卸売市場」の開業まで閉じられたままだと思われます。

 言いたい事はたくさんありますが、この件について書くと「衆議院議員選挙」の最中なので、「公職選挙法」に触れそうなので止めておきます(笑)。



|

2017年8月14日 (月)

江東区 東京ワンダフルプロジェクト 竣工した地上31階、高さ約110mの「BAYZ TOWER&GARDEN」

Tokyotoyosu170821
-東京ワンダフルプロジェクト-

 「東京ワンダフルプロジェクト」は、東京電力・新東京火力発電所跡地の「豊洲六丁目3-2街区」で行わた大規模プロジェクトです。西側の「B3街区」と東側の「B2街区」で構成されています。

 先に西側の「B3街区」が竣工しました。「B3街区」の計画名は「(仮称)豊洲3-2街区[B3街区]開発計画」で、正式名称は「SKYZ TOWER&GARDEN(スカイズタワー&ガーデン)」となっています。

 東側の「B2街区」には、「(仮称)豊洲3-2街区計画B2街区新築工事」が建設されました。正式名称は「BAYZ TOWER&GARDEN(ベイズタワー&ガーデン)」です。

 2棟合わせると総戸数1,660戸の大規模プロジェクトです。「SKYZ TOWER&GARDEN」と「BAYZ TOWER&GARDEN」に入っている施設などは団地共用部分となっています。住民は2棟のマンションを行き来して共用施設をすべて利用できます。

● BAYZ TOWER&GARDEN
 BAYZ TOWER&GARDEN(ベイズタワー&ガーデン)」は、地上31階、地下1階、高さ110.0m、総戸数550戸の超高層タワーマンションです。2016年7月下旬に竣工しました。

BAYZ TOWER&GARDENの概要
◆ 計画名-(仮称)豊洲3-2街区計画B2街区新築工事
◆ 所在地-東京都江東区豊洲六丁目10-9(地番)
◆ 交通-東京メトロ有楽町線「豊洲」駅より徒歩11分、新交通ゆりかもめ「新豊洲」駅より徒歩6分
◆ 階数-地上31階、地下1階
◆ 高さ-最高部110.0m、軒高103.3m
◆ 敷地面積-21,242.52㎡(施設全体)、11,094.98㎡(B2街区)
◆ 建築面積-3,305.00㎡
◆ 延床面積-66,156.13㎡
◆ 構造-鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
◆ 基礎工法-場所打ちコンクリート拡底杭
◆ 地震対策-免震構造(基礎と建物の間に「積層ゴム」を設置)、制震構造(建物内部に「U型鋼材ダンパー」60基を設置)
◆ 用途-共同住宅
◆ 総戸数-550戸
◆ 建築主-(建物売主)東京建物、三井不動産レジデンシャル、三菱地所レジデンス、東急不動産、住友不動産、野村不動産、(土地売主)東京電力
◆ 設計者・監理者-清水建設
◆ 施工者-清水建設
◆ 着工-2013年07月01日
◆ 竣工-2016年07月下旬
◆ 入居開始-2016年10月下旬


Tokyotoyosu150811
配置図です。


Tokyotoyosu170822
南西側の「木遣り橋(東雲運河上)」から見た「BAYZ TOWER&GARDEN」です。


Tokyotoyosu170823
最高部です。


Tokyotoyosu170824
北東側から見た様子です。


Tokyotoyosu170825
南西側から見た様子です。


Tokyotoyosu170826
少し角度を変えた様子です。


Tokyotoyosu170827
南側から見た様子です。


Tokyotoyosu170828
南東側から見た様子です。


Tokyotoyosu170829
南東側から見た下層階の様子です。


Tokyotoyosu170830
植栽です。


Tokyotoyosu170831
周囲には広い「公開空地」が整備されています。


Tokyotoyosu170832
「東雲運河」と「東電堀」沿いには、津波や高潮から守る堤防を兼ねているプロムナード(遊歩道)が整備されています。



|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

101 テレビドラマ・映画ロケ地めぐり | 102 経済ニュース | 103 いろいろなランキング | 104 鉄道(新線・高架化・複々線化、その他) | 105 大学キャンパスめぐり | 106 巨大工場めぐり | 107 巨大スタジアム・ホール・展示場めぐり | 108 大規模商業施設めぐり | 121 東京都・千代田区① | 121 東京都・千代田区② | 122 東京都・港区① | 122 東京都・港区② | 123 東京都・中央区 | 124 東京都・新宿区 | 125 東京都・渋谷区 | 126 東京都・豊島区 | 127 東京都・江東区 | 128 東京都・品川区 | 129 東京都・目黒区 | 130 東京都・文京区 | 131 東京都・台東区 | 132 東京都・荒川区 | 133 東京都・墨田区(東京スカイツリー) | 134 東京都・中野区 | 135 東京都・世田谷区 | 136 東京都・大田区 | 137 東京都・練馬区 | 143 東京都・23区内その他 | 151 東京都・ 23区以外 | 201 神奈川県・横浜市 | 202 神奈川県・川崎市 | 203 神奈川県・その他 | 231 千葉県・千葉市 | 232 千葉県・浦安市 | 233 千葉県・成田市(成田空港) | 234 千葉県・湾岸部 | 235 千葉県・内陸部 | 251 埼玉県・さいたま市 | 252 埼玉県・川口市 | 253 埼玉県・所沢市 | 254 埼玉県・その他 | 271 茨城県 | 281 栃木県 | 282 群馬県 | 311 大阪市・北部 | 312 大阪市・中部 | 313 大阪市・南部 | 314 大阪市・湾岸部 | 321 大阪府・堺市 | 325 大阪府・その他 | 351 兵庫県・神戸市 | 355 兵庫県・尼崎市 | 356 兵庫県・西宮市 | 357 兵庫県・芦屋市 | 359 兵庫県・その他 | 401 空撮じゃないけれど 札幌市編 | 411 空撮じゃないけれど 仙台市編 | 501 空撮じゃないけれど 香港(ホンコン)編 | 511 空撮じゃないけれど 澳門(マカオ)編 | 601 ちょっとひと休み